不安神経症 接し方(数えの10)

不安神経症 接し方(数えの10)

☆不安神経症 接し方に関する説明☆誰にでもあることですが、不安神経症 接し方 に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで不安神経症 接し方に関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。


心臓神経症の症状を訴える中で最も多いのが胸痛で、心臓がチクチク痛むという訴えが多く、息切れを訴える人も多いです。第五に、狭心症のように5分から長くて10分間ぐらいの痛みとか、心筋梗塞のように激痛が走り、30分間以上それが持続し、たいがい気を失うような痛みとは違って、一日中持続するような痛みか、反対に数秒間で消えてしまうような痛みだということです。そして、この上で、目的本位や「あるがまま」など森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、不安を必要以上に大きくしなくて済み、少しずつ症状が改善してくるものなのです。その他の症状としては、息切れ、呼吸困難、手足のしびれ、疲れやすい、頭痛、不眠など多彩な症状を伴うことがあります。電車や飛行機に乗っている時などに、突然、心臓が痛くなり、このまま死んでしまうのではないかという不安や死の恐怖(不安発作)を感じることが多いものです。いろいろ検査をしても特に異常が見られず、しかし、突然の動悸や心臓の痛みを感じるという場合に、心臓神経症の可能性が強くなるということなのです。



心臓には内科的な病気がないにもかかわらず、胸痛、胸部不快感、動悸などの心臓の症状をきたす場合に、心臓神経症と言っています。神経症的な素因のある人に起こりやすく、心電図検査で心配する必要のない不整脈を指摘されたことがきっかけとなることも少なくありません。ストレス、過労、不安感などは心臓のはたらきを活発にする交感神経を刺激します。胸や心臓の痛み、動悸といった、心臓神経症の特徴的な症状が起こった時に「これは、大変だ」とか、「このまま死んでしまったら、どうしよう」と考えてしまうと、さらに不安を大きくし症状を強くしてしまうものなのです。心臓神経症の治療法ですが、心理的な治療を中心に行います。これらの原因となるものは、心臓のはたらきを活発にする交感神経を刺激します。



第六に、めまいや失神などの症状はそれ単独では起こらずに、必ず、激しい動悸や息ぎれが伴っていることです。心臓神経症はストレスや狭心症や突然死などに対する精神的な不安がきっかけとなって起こりやすく、心理的な面が大きいです。神経質な人や、子どもから手が離れ、暇な時間ができたために自分の体の状態が気になるようになった女性、心臓病に対して強い不安感を抱いている人などによくみられます。ただ、心臓神経症の場合も、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、心臓の違和感に対する「とらわれ」が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。つまり、今は神経症に悩んでいる最中だから、胸や心臓の痛みが起こって当然なんだと受け止めていくと、不安を必要以上に大きくせずに済むものなのです。左胸のごくせまい部分に限定して痛みを感たり、手でおさえると痛みが強くなったり、手でさすると痛みがおさまってくる、といった点が、心臓自体の痛みとは異なる点です。



心臓神経症の主な症状は、動悸(どうき)、めまい、胸の痛み、息切れ、呼吸困難、手足のしびれ、疲れやすい、不眠、頭痛、など。心不全などの心臓病を持っている人に多い、浅く早い呼吸と違って、呼吸は普通より深く大きく、時々ため息をつくなどの特徴があります。心臓神経症は神経循環無力症、不安神経症、パニック障害ともいわれる病気です。心臓神経症の症状は狭心症などの心臓病の症状と似ていて、おおかたの人が、「自分は狭心症、あるいは心臓に疾患があるのではないか」と誤解してしまいます。心臓は生死に直結する重要な器官ですので、ちょっとした動悸や胸部不快感も気になって不安になります。ところが、胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなど、心臓の病気のような症状があるにもかかわらず、心臓や血管の検査しても何も異常が見つからないことがあります。

397

116

食欲の誘惑に勝つには

398

不安神経症 接し方(数えの10)関連エントリー

不安神経症 接し方(数えの1)
●不安神経症 接し方についての投稿記事●不安神経症 接し方 について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。不安神経症 接し方はそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。
不安神経症 接し方(数えの2)
●不安神経症 接し方についての投稿記事●不安神経症 接し方 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。不安神経症 接し方 の基本的知識が深まるといいですね。
不安神経症 接し方(数えの3)
○不安神経症 接し方についての解説○不安神経症 接し方 について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。不安神経症 接し方はそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。
不安神経症 接し方(数えの4)
★不安神経症 接し方に関する記事★不安神経症 接し方 について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。不安神経症 接し方はそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。
不安神経症 接し方(数えの5)
☆不安神経症 接し方に関する説明☆不安神経症 接し方 について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。不安神経症 接し方はそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。
不安神経症 接し方(数えの6)
□不安神経症 接し方のやさしい解説□誰にでもあることですが、不安神経症 接し方 に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで不安神経症 接し方に関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。
不安神経症 接し方(数えの7)
◆不安神経症 接し方の解説◆不安神経症 接し方 について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。不安神経症 接し方はそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。
不安神経症 接し方(数えの8)
不安神経症 接し方 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。不安神経症 接し方 の基本的知識が深まるといいですね。
不安神経症 接し方(数えの9)
○不安神経症 接し方についての解説○誰にでもあることですが、不安神経症 接し方 に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで不安神経症 接し方に関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。