総合農協その他

総合農協その他エントリー一覧

総合農協その他
総合農協とは、貯金の受入れ、資金の貸出しの業務を行う信用事業をはじめとし、米・野菜等の販売、肥料・飼料・農業機械の共同仕入れ等の業務を行う経済事業、各種生命共済、自動車共済等の業務を行う共済事業などのさまざまな事業を兼営している農業協同組合の総称。欧米諸国の農協が酪農、青果などの作物ごと、生産資材購入、農作物販売などの機能ごとであるのに対して、日本の農協は規模、事業範囲、政治力のいずれでも、世界的に抜きん出た存在となっている。特に、農協の金融事業の利用等を目的とした非農業者の準組合員の増加や、組...
専門農協
専門農協(せんもんのうきょう)は、畜産や園芸など、農業の中でも一部事業に特化した協同組合。そして、農協の自動車保険して差し引いた残金から、ローン返済が開始されることになります。農協の自動車保険は、やはり毎月の負担を軽減するには、非常に有効な手段と言えます。住宅ローンを借りる時に、無理なく返済できる額を設定するのは難しいもので、農協の自動車保険は、そうした時にとても便利な手段と言っていいでしょう。借入金3000万円で、返済期間25年、金利3%の返済方法の場合、約100万円を農協の自動車保険すると、...
農業政策
政府の行政刷新会議が農協からの金融や保険の分離を検討する見通しになった。規制・制度改革に関する分科会のワーキンググループが21日にも開く会合で確認する。信用と呼ばれる金融、共済と呼ばれる保険の事業は、ともに農協の収益の柱。農林水産省が2008年度末に全国770の総合農協を調べたところでは経常利益は合計2159億円。金融が2013億円、保険が1734億円の黒字を生み、農業や営農指導といった事業の赤字を補っていた。自民党の長期政権の下で、産業界と政治は密接に結びついた。建設業界、農協をはじめとする農...
農協と農業
関税や非関税障壁の撤廃を原則とする環太平洋連携協定(TPP)に反対する運動と農漁業の再生をめぐって、参院議員(党農林・漁民局長)は12日、農漁業の中央団体幹部と意見交換しました。小学生の農業体験を受け入れている宮城県加美町の下新田上集落営農組合(78戸)は、体験児童が住む地域でコメを販売し、代金の一部を農業体験資金として積み立てる「ふれあい田んぼ教室夢基金」を創設した。国の補助金に頼らず、農家と農業体験に参加した児童の地域が協力して交流を支えるユニークな取り組みだ。TPP参加が国内の各分野・各層...
JAと保険事業
トップは県民共済や都民共済、全労済、JA共済、生協などの「共済」。医療保険加入者の22.7%が加入している。でも、変動型だとリスクはないの?と心配される方もいるでしょう。しかし、JA共済の年金保険は、たとえ予定利率が下がり続けても、「最低保証予定利率」というもので歯止めを掛けてあるので、年金額が下がり続ける心配はないのです。この点こそが、JA共済の個人年金が高い評価を受けている点でしょう。年金保険は期間の長い保険なので、JA共済の長年にわたる経営実績も、加入する際の検討材料になるはずです。JA共...