口座・カード

口座・カード

JAバンク・JA・農協の口座・カードについて。

 

一部の地域ではコンビニATMに代えて
JAバンクのATMをコンビニエンスストアの
店内に設置しているケースがある
(一部の店舗ではコンビニATMと
JAバンクのATMを店内か駐車場等に
併設するケースもある)。

 

なお、三重県についてはほとんどこれに
当てはまらないため、多少事情が異なる。

 

JAの総合口座は「引出す・預入れる」の
基本機能に加え、給与や年金の
「受取り」、公共料金などの自動
引落としといった「支払い」、
毎月決まった日に普通貯金から
定期積金に振替えて確実に
「貯める」など便利な機能
満載です。

 

与・ボーナス・年金などを決められた
日に受取ることができます。
紛失・盗難の心配がなく、安全・確実です。

 

このことはあまり知られていませんが、
JAバンクのキャッシュカードがあれば、
全国の銀行、信金、信組、労金、
郵便局およびセブンイレブン・イトーヨーカドー
(セブン銀行)のATMを利用できます。
JAバンクへ給与をお振込み
いただければ、全国どこでも
お引出しが便利です。

 

お引出しは便利な
「JAバンクのキャッシュカード」で

 

これはATMを設置しているコンビニが
各地域のJAまたはJA傘下の関連会社に
より経営されている(すなわちコンビニ店舗
自体がJAの購買部としての位置づけがある)
場合に多い。

 

 

JAバンクなら、一度お手続きを
するだけで、国民年金・厚生年金など
各種年金が自動的にお客さま
の貯金口座に振込まれます。

 

JAバンクキャッシュカードによる三菱東京UFJ銀行
ATM・CDでの出金手数料が平日8:45〜18:00の間に
限り無料で利用できる(それ以外の時間帯や
曜日は原則税込105円)。三菱東京UFJ銀行
キャッシュカードによるJAバンクATM・CDの
取引も同様。

 

 

お客さまの口座に自動的に振込まれますので
「支払通知書」の未着や紛失と
いった面倒なトラブルの心配もありません。

 

この場合は一般のJA店舗内外設置の
ATMと同様の稼動時間帯となり、
深夜には使用できない。設置されているのが
JAバンクATMであることから、銀行の
コンビニATM利用手数料優遇サービス
がほとんど受けられない、
クレジットカードの融資サービスも銀行系カードでの
一括返済のキャッシングに限られ、
コンビニのハウスカードによるキャッシングができない、
またネット銀行のキャッシュカードや
証券カードや生保カード等による
取引もできないなど、
一般的なコンビニATMに比べて
多くの制約がある。

 

JAのキャッシュカード一枚で、
全国のJAおよびセブン銀行・
ゆうちょ銀行のCD・ATMで

 

JA・JAバンク・農協で口座開設する場合、必要なものは、印鑑と本人確認書類です。

 

<本人確認>のために必要
なものは以下の通りです。

 

(個人の場合)
・運転免許証
・各種健康保険被保険者証
・年金手帳
・外国人登録証明書
・住民基本台帳(顔写真入り)
・印鑑登録証明書
・住民票の写し等

 

※上記の中のどれか
ひとつでOKです。
※子供の口座を親権者が
代理で作成する場合は、
子供の本人確認書類と
親権者の本人確認書類の両方が必要です。

 

三重県内のローソン(一部を除く県内
各店舗)に設置されているJAバンクの
ATMはJA三重信連の出張所扱い。

 

県内の地元地方銀行からローソン・
エイティエム・ネットワークス(LANs)との
提携を拒否されていたところ、全国に
先駆けてJA三重信連が営業推進策の
一つとして、法的な制約を受け入れた上で
例外的にJAバンクのATMを単独で展開する
ことになったのが設置の理由である。

 

現金の引き出し・預け入れができます。
また、JFマリンバンク・都銀・地銀・
第二地銀・信託銀・信金・信組・
労金のCD・ATMで引き出しが
できます。

 

毎月決まった日に普通
貯金から定期積金に振り
替えて、無理なく着実に
貯めることができます。

 

(注意・・・三菱東京UFJ銀行のICキャシュカードで
JAバンクATMでの現金引き出しはできない。
三菱東京UFJ銀行のキャシュカードを
使って振込みや入金もできない。
普通キャシュカードのみJAバンクATMでの
現金引き出しができる。基本的にJAバンクを
利用する場合は、出金のみであり、
かなり制約される。)

 

三菱東京UFJ銀行が管理する
コンビニATM(イーネット・ローソンATM)は
無料提携対象外。

 

貯蓄貯金

 

使い道の決まらないお金を預けて
増やしながら、いつでも使える貯金です。

 

JAのCD・ATMは、土日や夜間も稼働して
いるので、出張や旅行中でも、
時間に縛られずに利用できます。

 

三重県以外では今のところ、同様に都道府県
単位によりコンビニ店内にJAバンクのATMを
設置する動きはない。なお、当該設置店舗の
市町内を管轄するJAは以下の通り
(各市町内にローソンがない、
あるいはローソンにATMがないケースもある)。

 

 

すなわち、12,000台のJAバンクの
CD・ATMだけでなく、こうした提携先金融機関の
CD・ATM約11,000台すべてが利用可能です。

 

ボーナスや年金などの大切なお金を
普通貯金より有利に運用しながら、
いつでも引出せるようにして
おきたいときに便利です。

 

通帳へのご記帳につきましては、
お取引のあるJAおよびお取引のある
JAと同一県内のJAにて可能です。

 

年金受取に必要な書類
老齢給付裁定請求書
(JAバンクの窓口でご用意しております)
添付書類
戸籍謄本、住民票、本人と配偶者の
課税(非課税)証明書、年金加入
期間確認請求書等

 

郵便局・JAバンク・労働金庫
郵便局のインターネットバンキング

 

郵便局のインターネットバンキング
について紹介します。郵便局のインターネットバンキングの
主なサービスは、電信振替(口座間振替)、
税金など各種料金の振込み、残高照会、
受入照会、取扱内容照会、Pay-easyの支払い、
web連動振替決済サービスです。

 

郵便局のインターネットバンキングを利用した
電信振替(口座間振替)では、郵便貯金
口座ぱるるか郵便振替口座へ送金が
出来ます。

 

ぱるる口座または郵便振替口座から受取人の
自宅へ現金を送る、居宅送金と呼ばれる
サービスも行っているようです。

 

MICS加盟の各金融機関(LONGS加盟の
新生銀行・あおぞら銀行・商工組合
中央金庫を除く)とは、キャッシュカードによる
出金・残高照会が相互に利用可能
(出金時には下記の例外を除いて
手数料が発生する)。

 

 

それぞれのケースに応じて、
必要でないものやほかに必要な書類があります。
持参するもの
(年金手帳、基礎年金番号通知書、
印鑑(認印)など)

 

簡単なお手続きで、
公共料金や家賃など、毎月の
お支払いが口座から自動的
にできます。

 

ぱるるへ送金する場合は、送金内容を受取人へ
郵便で通知するため通知手数料が100円
かかります。

 

また、郵便振替口座への送金する場合は、
受入明細送付の選択や通信文の有無に
関係なく受取人へ送金内容を通知してもらえ、
通知手数料も無料です。

 

今持つなら「新JAカード
(平成18年10月発行開始)」です。
JAバンクでは、組合員・利用者の皆様に、
より一層の安心・便利をご提供するため、
3種類の新たなカード「ICキャッシュカード」、
「JAカード」、「JAカード(一体型)」の
発行を開始しました。

 

普通貯金

 

(法人の場合)
・登記事項証明書
・印鑑登録証明書
・その他官公庁から発行・
発給された書類等。

 

※上記の他に、窓口に来た
人の本人確認書類の提示も必要です。

 

 

◎◎◎口座開設時に本人確認書類の
提示が必要なのは、犯罪収益移転防止法
(犯罪による収益の移転防止に
関する法律)の規定に基づいています。

 

しかし、郵便局のATMは稼動時間内であれば時間外手数料がかからないという利点や他の銀行と多く提携してるなどの利点があります。また、都市部以外では主となる金融機関が郵便局となってしまうところもあるので、少し手間はかかりますが他行のインターネットバンキングと組み合わせて利用することによって、割安でお金を引き出すこともできます。よって、郵便局のインターネットバンキングは、目的に合わせて利用すると良いと思います。

 

JA・JAバンク・農協で口座を開設し、
キャッシュカードを持っている人なら、
北海道から沖縄まで全47都道府県各地に
約12,000台設置されているJAバンクの
CD・ATMを利用できます。

 

日常生活に必要なお金を、
お取引のあるJAの窓口で自由に
出し入れができます。

 

なお、キャッシュカードをご利用の場合には、
全国のJAのATM・CDで終日無料で
出し入れができます。

 

ATM・CDのご利用可能時間は
JA、ATM・CDにより異なります。

 

定期積金

 

インターネットバンキングの大きな利点の
一つに振込み手数料の安さがあると
思いますが、郵便局のインターネットホームサービスは
他の銀行への振込みができないため、
他のインターネットバンキングと比較する
とサービスが充実しているとは
いいにくい部分もあります。

 

 

ATMでの振込については、
一部の都道府県を除き10万円までの
現金扱いでも、キャッシュカードでも
振込が可能。但し、キャッシュカードでの
振込は、貯金口座を開設したJAバンク内の
本支店(所)のみ振込可能。
(同一都道府県のATMを使用しても
振込ができないので要注意。)

 

自分が決めた目標額にあわせて、
毎月の預入れ指定日に積み立てます。

 

毎月の給料日などに普通貯金から
自動的に振替えることもできます。

 

お引き出し・お預け入れは便利な
「JAのキャッシュカード」で

 

JAバンクのキャッシュカードをお持ちの
お客様は、下記ATMでのお取引が
大変「便利」で「お得」です。

 

JAバンクのインターネットバンキング
JAバンクのインターネットバンキングは、
通称JAネットバンクと呼ばれています。

 

JAバンクのインターネットバンキングサービスでは
残高照会、入出金明細照会、
振込・振替、税金・各種料金の払込みなどが
利用できます。

 

JAバンクのインターネットバンキングサービスは、
既にJAバンクの口座を持っている方が
利用できます。

 

JAバンクのインターネットバンキングサービスを
利用する際の手数料などについては、
各地域のJAバンクによって
変わってきますが、各地域のJA
バンクのホームページにて調べることができます。

 

JA・JAバンク・農協の総合口座には、
デビットカード機能があり、
国内J-Debit加盟店の全国約30万ヶ所
以上のスーバー・百貨店などで
利用できます。

 

JA・JAバンク・農協の口座を解約するには、
解約する通帳と通帳印(届出印)が
必要になります。

 

通帳の解約だけでなく、定期貯金も
同時に解約する際、その金額が
高額の場合などは、運転免許証などの
本人確認書類が必要になることもあります。

 

JA・JAバンク・農協の口座を解約
できるのは、口座を開設した店舗
のみです。本店や他の支店では
できません。

 

よって、JAパンクに自分の口座が
ない場合は、先にJAバンクの窓口にて
口座を開設する必要があります。

 

その際、全国のどのCD・ATMで入金、
出金しても、時間帯にかかわらず、
無料で利用できます。

 

予定として2011年5月までには、
47都道府県全てのJAのATMで通帳記入等が
使用できる様、新システム(JASTM)の
入替を行っている。

 

この新システムの導入に伴い、貯金通帳の
絵柄も全てサザエさんの物が導入される。
(一部都道府県のJAでは通常通りサザエさんの
絵柄がない、一般通帳も発行している。

 

JAバンクのATMによるご入金、ご出金、
残高照会のサービスを終日無料で
ご利用いただけます。

 

JFマリンバンクのATMによるご出金、
残高照会のサービスを終日無料で
ご利用いただけます。
三菱東京UFJ銀行のATMによるご出金、
残高照会のサービスを平日日中時間帯は
無料でご利用いただけます。

 

JAバンクのインターネットバンキングは、
メンテナンス時間などを除いて
24時間利用できるところがほとんどです。
一般的にJAバンクのインターネットバンキングの
利用時間は、平日:00:40〜23:40、
土曜:00:40〜23:40、日曜:06:30〜23:40、
祝日:00:40〜23:40、年末日: 00:40〜23:40、
と利用時間が決められているので
覚えておきましょう。

 

JAバンクATM(JA・信連)については
いずれもJA以外の幹事行による
共同店舗は除く(これらは各幹事行
ATMの取扱に準じる)。

 

JAバンクのインターネットバンキングの
セキュリティは、128bitSSLの
高度な暗号化技術が採用されており、
また不正利用を防止のために複数の
パスワードによる本人確認も
行われているので安心して
利用できると思います。

 

全国共通
全国のJAバンクATM(JA・信連)にて、
他の都道府県発行のJAバンクの
キャッシュカードによる入出金の
利用手数料が、ATM稼働時間内に
おいて終日無料で利用できる
(対象となるATMには原則として
「サザエさん」のステッカーが貼り
付けられているが、いまだ貼付されて
いないATM・CDも存在するが、
実際無料化の対象となっている)。

 

通帳による取引は、その口座を
開設した各都道府県に所属する
JA・信連の窓口・ATMしか取引できず、
隣の地域である他都道府県とまたがって
の利用はできない。

 

また、貯金口座を開設したJA・信連以外の
窓口(同一都道府県内のJA)では
入金(貯金)のみ取扱可能。

 

(その逆もある)但し、キャッシュカードについては、
サザエさんのデザインされたキャッシュカードは
発行されていない。)

 

 

他の銀行によるインターネットバンキングと
比べるとサービスの種類が
少なかったり、各地域のJAバンクによって
手数料がやや高めであったりと
見劣りする点があるかもしれませんが、
農業を営んでいるなど普段からJA
バンクをメインバンクにしているような方なら、
入出金明細をダウンロードして
資産管理ソフトに取り込むといった
こともできるので便利だと思います。

 

農協観光協定施設で
優待割引等が受けられます。
初年度年会費無料。
(ゴールドカード除く)

 

(1)年間12万円以上のカードショッピング利用
(2)電気料金のJAカード支払い
(3)携帯電話料金のJAカード支払い

 

JA・JAバンク・農協では団体名義の
口座を開設できます。

 

JAで団体名義の口座を開設するには、
届出印(届印)と実際に窓口で
入金等をする人の本人確認書類が必要になります。

 

 

JA・JAバンク・農協で団体名義の
口座開設をする場合、その団体の目的、
構成員、会費等が記載された内部
規約の提出が必要です。

 

セブン銀行およびゆうちょ銀行のATMに
よるご入金、ご出金、残高照会の
サービスを平日日中時間帯は
無料でご利用いただけます。

 

労働金庫のインターネットバンキング
労働金庫は労働金庫法に基づいて設立された
営利を目的としない金融機関ですが、
業務内容は他の金融機関と変わりません。

 

そして、労働金庫は全国に13の組織
がありますが、どの組織であっても
インターネットバンキングのサービス内容
についてはほとんど同じのようです。

 

労働金庫のインターネットバンキングサービスは、
労働金庫に既に口座を持っている方が
利用できます。

 

このインターネットバンキングの
セキュリティに関しては、SSL方式
(128bit)を採用し、ソフトウェアキーボードの
導入や複数のパスワードを使用するなど、
安心して利用できるレベルにあります。

 

積立期間は自由に選べます。
あなたの計画にそって無理なく、
目標額を達成できます。

 

今持つなら、「新JAカード」です。

 

さらに、定期預金をセットしておけば、
普通預金残高よりも多くのお金が
必要になった時、JAが定めた金額まで
自動的に借入できます。

 

一般の金融機関の預金(貯金)取引では、
現金の入出金や手形や小切手の取立・振込、
各種口座振替がメインだが、
JAの場合通常の貯金取引の他に、
米や肥料の他にも農機具や一部の食品(Aコープの商品)・
葬儀代金等の決済を全て貯金口座からの
振替払にするだけで支払が完了する
システムを導入している。

 

労働金庫のインターネットバンキングの
主なサービス内容は、残高・入出金照会、
振込・振替、公共料金の自動引き落とし
手続き、Pay-easy(ペイジー)の
払い込みなどです。

 

「JAならでは」の特典を始めとした
お得なサービスがJAカード
(一体型)にも満載です。

 

 

より安全に
新JAカードは全てICチップを
搭載したクレジットカード。
より安全になりました。

 

よりお得、より便利に
新JAカードには「JAならでは」の
特典を始めとしたお得なサービスが満載です。
JA−SS、ホクレンSSで割引が受けられます。

 

※たとえば、仲間内の「○○親睦会」と
いう名称で口座を開設する場合で、
初代会計担当が田中さんというケースでは、
それ相応の届出印(届印)と
田中さん本人の免許証等が
要になるわけです。

 

「JAバンク会員」の責務
1JAバンクの一体的事業推進
JAバンクにおいて基本とする
システム・事務により、全国統一された
商品・サービスを提供。

 

6組織統合ルール
経営継続上の重大問題発生の場合、
一定期間内に連合会段階に
信用事業譲渡等を実施。

 

→事業譲渡後、法令に基づき
業務代理を行うことができる。

 

7指定支援法人への財源拠出
指定支援法人に対して、
基準に基づき、毎年度必要な
財源拠出等を行う。

 

拠出割合は、各県の問題発生
有無等に応じて、格差を付けるものとする。

 

そのため、JAバンクの総合的戦略
による一体的な事業推進を行う。

 

2JAバンク全体の安全・効率運用確保
JAバンク全体での安全・効率運用のため、
基準に基づいた資金の預入等を行う。

 

3経営状況の報告等
農林中金に対し、経営管理資料、
体制整備状況等を提出、報告。

 

資産内容、体制整備状況に問題有の
場合、農林中金は中央会等と
連携し資産精査、
業務執行体制の実査を行う。

 

4資金運用制限ルール
体制・能力を超えた資金運用
(貸出・有価証券)を防止するため、
基準に該当する場合は資金運用範囲を制限。

 

「JAバンク会員」が享受するメリット
「JAバンク会員名簿」に
登録のうえ、組合員・利用者等に周知。

 

本方針に基づく経営改善・組織統合の
際の、指定支援法人からの支援。

 

5経営改善ルール
一定の基準に該当した場合、
資本増強、体制見直し等の
経営改善策を実行。

 

この場合、前提条件を充足のうえ、
指定支援法人より支援が受けられる。

 

インターネットバンキングを利用する場合に、
手数料を必要とする労働金庫もありますし、
無料のところもあります。

 

また、労働金庫のインターネットバンキングは
インターネットのみでの申し込みも
できないので、新しく口座を開いて
インターネットバンキングを利用したいという方
用というよりも、既に労働金庫に
口座を持っている方のためのオプション
サービスと考えられます。

 

JAカード(一体型)も、
より安全、お得、便利に。

 

JA・JAバンク・農協の口座には、
一般の金融機関同様に「総合口座」があります。

 

JA“バンク”を自称しているが、
公認会計士等による外部監査は任意であり、
ほとんど行われていないという点が銀行と
大きく異なり、規制改革会議などでその
信頼性が問題視されている。
ただし、小切手法上は銀行と
同等と見なされている。

 

 

全国統一されたシステムの利用、
機能・商品の取扱い。

 

「JAバンク」商標、およびこれを
使用した通帳・カード等共通資材の活用。

 

最近では、
一部の信託業務(遺言信託)を
行っているJAもある。

 

この総合口座では、預金を引き出したり、
預け入れたり、年金・給与を受け
取ったり、公共料金の自動引き
落としをしたりと、通常の決済
機能はすべて揃っています。

 

また、毎月決まった日に普通貯金から
定期積金に自動振り替えする
機能もあります。

 

基本方針等を遵守しない
会員に対する措置(ペナルティー)

 

本方針を遵守しない会員に対して
、勧告・警告を行い、改善が
認められない場合は、「JAバンク」商標の
使用禁止、指定支援法人の支援対象からの
除外、会員からの強制脱退、等、
ペナルティー措置を講じる。

 

このように、振込み等の手数料については
各労働金庫で異なるので、自分の口座の
ある労働金庫ごとに確認をする必要があります。

 

(2)信連は「JAバンク県本部」を設置し、
本方針に基づいて管内JAに指導し、
JAは信連の指導を遵守。
なお、県内合意により、本方針より
厳しい基準による指導が可能。

 

(3)信連は、JAバンクの総合的戦略に
基づく県域戦略を策定し、
一体的な事業推進に取組む。

 

また、利用時間は基本的に24時間ですが、
Pay-easyなど一部利用時間が限られている
サービスもありますので、
急いでいる時は注意しましょう。

 

したがって、公共料金などが「残高不足」で
引き落とし不能になる事態を防ぐ
ことができます。

 

JA・JAバンク・農協の口座を
解約するには、解約する通帳と
通帳印(届出印)が必要になります。

 

JA・JAバンク・農協の口座を
解約できるのは、口座を開設した
店舗のみです。本店や
他の支店ではできません。

 

より安全に
新JAカード(一体型)は、キャッシュカード・
クレジットカードともにICチップでの取引に対応。
より安全を1枚にしました。

 

よりお得、より便利に
ICキャッシュカード機能とクレジットカード
機能が1枚になり便利になりました。

 

今持つなら、「新JAカード
(平成18年10月発行開始)」です。

 

JA・JAバンク・農協の定期貯金(定期預金)には、
次のような特徴があります。

 

というか、一般の銀行の定期貯金
(定期預金)と特別変わったところはありませんが。

 

通帳の解約だけでなく、
定期貯金も同時に解約する際、
その金額が高額の場合などは、
運転免許証などの本人確認書類が
必要になることもあります。

 

【JA・JAバンク・農協の定期貯金
(定期預金)の特徴】

 

・預け期間は1ヶ月以上の
決められた期間
・預入時の利率が満期日まで
変わらない確定利回り
・総合口座にセットすれば、
自動融資が受けられる。
そのため、公共料金の自動引き落としで、
通常の残高が不足してる場合でも、
定期貯金(定期預金)の
範囲内で自動融資が行われるために、
「残高不足」になる心配がない
・通帳への記帳は、取引のある
JAおよび取引のあるJAと
同一県内のJAのATM・CDにて可能

 

さて、定期積金のより具体的な利用方法については、下記を参考にして下さい。

 

JAネットバンクとは
JAネットバンクとは、
JAバンクが行なっている
インターネットバンキングサービスです。

 

「JAバンク会員」の役割等
1.農林中金の役割
(1) JAバンクの総合的戦略を樹立し、
本方針に基づいて信連・JAへ必要な指導を実施。
(2) 経営管理委員会の下に
信連・JAの代表者等からなる
「JAバンク中央本部」を設置し、
JAバンクシステムの適切な運営を行う。

 

2.JA・信連の役割
(1) 本方針および本方針に
基づく農林中金の指導の遵守。

 

都市部に住んでいる人にとって、JA・JAバンク・
農協というのは馴染みが薄く、そのため、
「JAの口座」と聞いてもピンと来ないかもしれません。

 

しかし、地方に住んでいる人にとっては、
○○銀行や△△信用組合、あるいは郵便局
などと同様に、とても身近な存在です。

 

新JAカードは、初年度年会費無料に
加えて、(1)年間12万円以上の
カードショッピング利用、
(2)電気料金のJAカード支払い、
(3) 携帯電話料金のJAカード支払い
のいずれかに該当すれば、
家族カード年会費を含めて、
次年度年会費無料となります。
(ゴールドカードは対象外)

 

 

JA・JAバンク・農協で定期貯金(定期預金)に
加入していて、途中で解約したり、あるいは、
満期になったので満期手続きをしたりする
やり方は下記の通りです。

 

 

【JA・JAバンク・農協で定期貯金
(定期預金)を解約する方法】
@定期貯金(定期預金)証書と
印鑑と本人確認書類を持参する
印鑑は契約時に押印したもの。
本人確認書類は運転免許証や保険証など。

 

「JAバンク」は、ただ単に「JA」と呼ばれたり、
「農協」と呼ばれたりしますが、
より厳密に言うと、JA業務全体の中で
「銀行業務」を担当している部署、
それが「JAバンク」ということになります。

 

 

全国どこでも、良質で高度な
金融サービスの提供。
資金を安全・効率的に運用し、
経営態勢・体力を超えた資金運用を防止。

 

破綻未然防止のため、早期に経営指導を行い、
改善困難な場合は速やかに
組織統合を実施。

 

当サイトでは、JA・JAバンク・農協と
まとめて記述させていただきます。

 

A定期貯金(定期預金)を契約した
JAの店舗で手続きを行う
JA・JAバンク・農協の場合、
契約した店舗でないと解約等の
手続きはできません。これは、
通帳の解約などでも同じです。

 

JA・JAバンク・農協というのは、
全国に点在していますが、これは、
いってみればコンビニの支店網の
ようなものです。

 

それは、基本的に、各店が独立採算で、
経営者も異なるからです。
JA・JAバンク・農協の場合も、
取り扱っている商品は、コンビニ同様、
ほぼ同じものですが、
仕入れや経理などは別々に行っているので、
定期貯金(定期預金)の解約と
いった重要な手続きは、初めに契約した
店舗でないとできないのです。

 

この点が、都市銀行や地方銀行の
支店網と異なる点です。

 

(ちなみにJAバンクとは、JA(農業協同組合)、
信連、農林中金というJAバンク会員で
構成されたグループの名称です
(キャラクター<ちょきんぎょ>が有名で、
各種グッズも出ています))。

 

セブンイレブンのA店で買った商品に
問題があったからといって、B店に行って
クレームをいっても、「買ったお店に行って下さい」と
いわれるだけでしょう。

 

 

JA−SS、ホクレンSSで割引が受けられます。
農協観光協定施設で優待割引等が受けられます。
初年度年会費無料。(ゴールドカード除く)

 

このページでは、JA・JAバンク・農協の
定期貯金(定期預金)をご紹介していますが、
これとはちょっと違う貯蓄の仕方
として定期積金という方法があります。

 

JA・JAバンク・農協に口座を持って
いる人なら、口座から自動で積立を
することができます。
下記のような利用方法があるので,
参考にして下さい。

 

通帳へのご記帳につきましては、
お取引のあるJAおよびお取引の
あるJAと同一県内のJAのATM・CDにて可能です。

 

セキュリティーについて

 

JA・JAバンク・農協のATMは、
JA同士のATM提携はもちろんのこと、
一般の銀行、郵便局、コンビニのATMとも
提携しており、ATMのネットワークの広さに
おいて、最大級の利便性を
有していると言えます。

 

JAバンクでは、暗号化技術
SSL128bitを採用したり、
複数のパスワードを使用するなどして、
不正利用を防ぐ試みをしています
(個人で振り込み限度額の
上限を変更することもできます)。

 

「JAバンクシステム」の基本的方向
「JAバンク会員」(JA、信連、農林中金)は、
本方針を遵守し、以下の事項に
ついて一体的に取組むことにより、
「JAバンクシステム」を確立する。

 

JA・信連・農林中金の総合力を
結集し、実質的に一つの金融機関
として機能する運営システムの確立。

 

指定支援法人に基金を設定し、
これを財源に経営改善や
組織統合に必要な支援を実施。

 

原則はそれぞれの機関(農業協同組合は
個別の組合ごと)で独立採算制と
なっているが、貯金事業については
「JAバンクシステム」と呼ばれる事業の
一体化・相互支援を行うことで
JAバンクブランドによる一体化した
取扱(基本的に信連単位で共通の扱い、
ATMサービスなどは全国で共通の取扱)が
行われており、JAバンク全体で民間最大級の
金融機関と見なす事ができる。

 

JA・JAバンク・農協のキャッシュカードを
持っていれば、日本全国どこへ行っても、
JAまたは提携先ATMが使えるので、
特に困ることはないでしょう。

 

 

通帳へのご記帳につきましては、お取引の
あるJAおよびお取引のあるJAと
同一県内のJAにて可能です。

 

公共料金の自動支払いや、給与・年金の
自動受取りなどが利用できます。

 

JA・JAバンク・農協の口座について
解説する前に、まず、その呼び名に
ついてご説明しておきます。

 

JA・JAバンク・農協の場合、
厳密に言うと、定期預金ではなく、
定期貯金といいます。
郵便局と同じですね。

 

【JA・JAバンク・農協のATM提携先】
○全国に点在するJAのATM
○MICS提携金融機関
(都銀・地銀・第二地銀・
信金・信組など)のATM
○コンビニのATM
 ・セブンイレブン・イトーヨーカ堂
のセブン銀行ATM
 ・ローソンATM
 ・イーネット加盟のコンビニATM
(ファミリーマート・ミニストップ・ヤマザキデイリーストア
・サークルKサンクスなど
○郵便局のATM

 

「JAバンクシステム」は、JAバンクの
信頼性を確保する「破綻未然防止システム」と、
スケールメリットときめ細かい顧客接点を
生かした金融サービス提供の充実・
強化を目指す「一体的事業推進」の
2つの柱で成り立っています。

 

また、ログイン履歴・取引履歴が
保存されているので、そちらを
確認することで、細かな対応が可能です。

 

郵便局でも定期預金を
定期貯金と言います。
また、通常の預け入れの
ことを貯金といいます、郵便局もJAも。
一般の銀行では預金
といいますが。

 

全国に広く点在しているJAバンクは、
JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で
構成するグループの名称です。

 

提携ATMすべてにおいて
「出金」と「残高照会」が利用できます。
「入金」ができるATMは、上記の中で、
JAのATMとセブン銀行のATMだけに限られます。

 

銀行における預金に相当するJA貯金・農協貯金を
中心に、資産運用や各種ローン
(住宅ローン・マイカーローン・消費者金融など)、
JAカードの受付等を取り扱う。

 

 

組合員・利用者の皆さまから一層
信頼され利用される信用事業を確立
するために、「再編強化法(農林中央金庫及び
特定農水産業協同組合等による
信用事業の再編及び強化に関する法律)」
に基づき、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)
総意のもと、平成14年1月に
「JAバンク基本方針」を策定しています。

 

この「JAバンク基本方針」に基づき、
JA・信連・農林中金が一体的に
取組むしくみを「JAバンクシステム」といいます。

 

JA・JAバンク・農協のATMで「入金」ができるATMは?
はい。
「出金」と「残高照会」はJAと提携して
いるすべてのATMでできますが、
「入金」ができるATMは、次の2つだけです。
1)JA各店舗のATM
2)セブンイレブン・イトーヨーカ堂のセブン銀行ATM

 

JAの金融事業であることから担い手
支援などの農家向け融資メニューが
充実しているのが特徴。

 

なお、MICS提携金融機関
(都銀・地銀・第二地銀・信金・信組など)の
ATMでも、ご出金、残高照会の
サービスをご利用いただけます。

 

JA・JAバンク・農協では、一般の
金融機関と同じように、口座を開設する
ことができます。

 

ただ、JAは農家が主なお客さんので農家が
多いところに店舗があることが大半です。

 

JA・JAバンク・農協ではコンビニの
ATMとも提携していますか?
はい。
大手のコンビニのほとんどと
提携しているので、
それら提携先コンビニのATMを利用できます。

 

 

【JAバンク・農協と提携しているコンビニATM】
 ・セブンイレブン・イトーヨーカ堂のセブン銀行ATM
 ・ローソンATM
 ・イーネット加盟のコンビニATM(ファミリーマート・ミニストップ・ヤマザキデイリーストア・サークルKサンクスなど

 

利便性は期待できませんね。
最近は手数料無料でセブン銀行や
郵便局のATMで引き出しできるようですが

 

JAネットバンクのメリット
単純に言って、インターネットを
通じて上記の内容が行なえるというのが、
最大のメリットです。

 

特にPay-easyを利用した払い込みは、
重宝される人が多いのではないでしょうか。

 

つまりは、JAバンクに口座を開きたい人、
または現に持っている人で、
上記のサービス内容に興味が
ある人向けといえるでしょう。

 

定期貯金(定期預金)は、すでに
手元にまとまったお金がある場合の
貯蓄方法ですが、定期積金は、例えば、
月々1万円ずつ貯金をして、1年後に
12万円と利息を受け取る、
といった貯蓄の方法です。

 

口座の内容に関しても、一般の金融機関と
ほとんど同じと考えて差し支えありません。

 

提携ATMすべてにおいて、「出金」
と「残高照会」が利用できます。
「入金」ができるATMは、セブン銀行
のATMだけです(もちろん、
JA自身のATMでも「入金」はできます)。

 

JA・JAバンク・農協の口座は、実際に
利用してみても、利便性において、
都市銀行や地方銀行の口座と
何ら変わりありません。

 

新千葉の農業会館の中にある
JAバンク千葉はいわば「JAのための銀行」の
ようなものなので(もちろん個人業務もやっていますが)、
グッズなどが欲しければ、地元のJAで
口座を作ることです。

 

また、出資も地元の農協なら
大歓迎のはずです。
都銀や地銀は貯金しても最近は何もくれませんが、
JAは結構今でもそれなりにグッズをくれますし、
出資者には配当も出されます
(配当は決算次第ですが)

 

幕張だと武石ICのところにJA千葉
みらいの支店がありますので、
そこでお尋ねになってみるかJA千葉みらい
のHPをご参照になるといいのではないでしょうか。

 

JA・JAバンク・農協の定期積金の利用法

 

・1年後に発売予定のデジタル
一眼レフカメラの新型(予想価格15万円)を
買うために、毎月口座から
15,000円を自動で積み立てている

 

・毎年5月になると、自動車税その他で
出費が重なるので、4月の末に定期積金の
満期がくるように、1年単位の積立をしている

 

・特に目的はないけれど、
3万円ずつ積立をしている

 

・2年に1度友人と海外旅行に行くので、
目標額にあわせて月々積立をしている

 

※上記の利用法は、いずれも、
申し込みをしておけば、JA・JAバンク
・農協の口座から毎月自動で
行うことができます。

 

JAネットバンクのサービスを使える
ようになったからといって、
ことさらJAバンクと手数料が
変わるわけではありません。

 

ですので、そういった面での
メリットは期待できません。
あくまでJAバンクのオプショナル・サービスと
いった位置付けです。

 

 

詳しくは、キャッシュカードを発行している
JAまでお問い合わせください。

 

給与・ボーナス・年金などのお受取り
口座としてご利用いただけます。

口座・カード関連エントリー

住宅ローン
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。住宅ローンについて。
カーローン
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。カーローンについて。
教育ローン
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。教育ローンについて。