住宅ローン

住宅ローン

(4)
VELTRA ベルトラ Alan1 アランワン|評判 口コミ

 

ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA

 

セブンカードプラスはポイント付与率(還元率)が高い

 

未払い残業代請求 方法 時効
伝封堂 激安 オリジナル伝票印刷 複写伝票印刷 コストダウン

 

---------------------------------------------------------
(4)
九州ムラコレ市場 通販|評判と口コミ 安くて安全

 

幻冬舎ルネッサンスで出版した方の評判・口コミ
ピアノウォンテッドの買取はすべてのタイプのピアノが対象
浜海道は北海道発のタラバガニ・毛がに・ズワイガニなど海産物の宝庫

 

 

JA・JAバンク・農協の住宅ローンについて。

 

JAバンクの住宅ローンで
融資可能な金額は、
10万円以上5,000万円以内で、
期間は3年以上35年以内、
ボーナス併用返済が可能で
元利均等返済とされています。

 

住宅ローンを提供している
民間金融機関には都市銀行、
信託銀行にほかに労働金庫や
農協、ネット銀行、ノンバンクなどもあります。

 

低金利、段階式長期固定金利の
JA 住宅ローン

 

JA(農協)の住宅ローンは、
JAバンクが提供している
2段階長期固定金利型の住宅ローンです。

 

農業関係以外の人でも実は
利用できるJA 住宅ローンを
詳しく調べてみました。

 

農業関係者以外も
利用できます

 

各金融機関グループによって
金利や利用条件が異なります。

 

金利だけでなく利用条件も
検討してください。

 

都市銀行では、収入などの
条件面が整えば比較的借りやすく、
制約は少ないです。

 

給与振込先に指定するなど
自分のメーンバンクとして
利用し、優遇金利を適用出来る
ようにすることが得策です

 

JAバンクの住宅ローンを
検討したい場合、一度シミュレーション
されることをお勧めします。

 

JAのホームページでは、簡単に
毎月の返済額やボーナス月の
返済額を計算することができるので、
シミュレーションしてみましょう。

 

しかし、このシミュレーションで
出てきた数値というものは、入力した
項目に基づいた概算の値ですので、
返済の「目安」と考えるようにしてください。

 

ただし、各JAによって
住宅ローンを受けられる
資格や条件が異なる場合が
ありますので、注意しましょう。

 

詳しくは担当のJA窓口へ
確認することをお勧めします。

 

さらに公庫や一般の金融機関では
別途、0.3%程度の団体信用生命保険料が
かかるのに対し、JA住宅ローン
「JAあんしん計画」の金利では
団体信用生命保険料込みと
なっているため、実質的には公庫より
0.4%金利が低い計算になりJAの
住宅ローンの金利は非常に魅力的な
ものになっています。

 

「JAバンク」は、地域によっては
青森銀行、静岡銀行などの銀行と
提携しています。

 

家、持っていますか!

 

自分の家を持つのは
大変ですよねー、
特に資金面が。

 

家を購入しようかなと思っても、
貯金が少ないので融資して
くれるところを探さないといけません、
どんなところがあるんでしょうか。

 

普通は銀行から借りますが、
最近、「あなたの街のライフパートナー」って
コマーシャルしているところありますよねー。

 

そう、JAバンクのコマーシャルです、
JAは昔は農業協同組合、
略して農協って言っていた所ですよねー、
初めてJAと聞いたときは
外資系の会社かと思いましたよ。

 

この、農協のJAバンクにも
住宅ローンのサービスが
あるそうなんですが、普通の
勤め人に貸してくれるんでしょうか?

 

また、ATMもJAバンク店舗以外に
コンビニなどのATMとの提携も
すすめており、使い勝手が
よくなっているようです。

 

またJAのホームページでは、
簡単なシミュレーションを行うこともできます。
無理のない、ゆとりのある返済
計画をたてる際に参考になるので
一度是非活用してみてはいかがですか?

 

JAバンクの住宅ローンにはどんなものがあるか

 

民間金融機関が
提供している住宅ローンの
金利を比較します。

 

JAバンクの住宅ローンの
代表的なものに、通常JA住宅ローン、
所要資金全額が借り入れ
可能な「100% 応援型住宅ローン」、
また、こちらも所要資金100まで
借入れ可能な「借り換え応援型住宅ローン」、
JAの扱う住宅金融支援機構融資と
併用する人を対象とした
「併用無担保型住宅ローン」等があります。

 

この住宅ローンが原因で
マイホームを手放さざるを得ない状況に
なった人や、自己破産をした
人もたくさんいます。

 

JA(農協)の住宅ローン
「JAあんしん計画」は、正組合員もしくは、
准組合員が借りることができます。

 

正組合員は、地区内で農業を
営んでいる必要がありますが、
准組合員は出資金を出して
JAを利用していれば、サラリーマンでも
借りる事が可能です。

 

段階金利とは公庫の住宅ローンで
昭和57年から平成17年まで採用
されていた方式で、最初の10年間と
11年目以降返済終了までの間の
金利が異なるものです。

 

10年目までの金利を「基準金利」、
11年目以降に上昇する金利を「段階金利」といいます。

 

「100%応援型住宅ローン」は、
利用者の手元資金不足に
対応する住宅ローンサービスであり、
住宅の新築 、購入のほか
増改築や改装、補修に際する
資金融資を提供しています。

 

ゆとり返済・ステップ返済または
同様の返済方式の住宅ローンを利用している人

 

ゆとり返済・ステップ返済または
同様の返済方式の住宅ローンは、
返済負担が将来増加する非常に
ハイリスクな住宅ローンです。

 

できるだけ早い段階で固定金利の
住宅ローンへ借り換えましょう。

 

11年目以降の段階金利は
4%となっているものが多く、現在の
長期固定金利の住宅ローンよりも
かなり不利になります。

 

そのため、最近では借り換えを
する人が急増しています。

 

最近では平成9年〜10年頃に借りた
人が段階金利が近づくにしたがって
次々と民間金融機関の長期固定金利住宅ローンへ
借り換えをおこなっています。

 

そう、JAバンクのコマーシャルです、
JAは昔は農業協同組合、
略して農協って言っていた所ですよねー、
初めてJAと聞いたときは
外資系の会社かと思いましたよ。

 

この、農協のJAバンクにも
住宅ローンのサービスが
あるそうなんですが、普通の
勤め人に貸してくれるんでしょうか?

 

 

JAでは、住宅ローンの相談会も
実施されているので、シミュレーション
や相談会を上手に利用して、納得する
までJA住宅ローンをじっくりと
検討してくださいね

 

住宅ローンには
さまざまな種類が展開
されていますが、JAバンクの
長期固定型の住宅ローン
「JAあんしん計画」をご存知でしょうか。

 

今の長期固定金利水準はまだまだ
歴史的にみれば割安といえます。

 

変動金利が適用される前に
長期固定の住宅ローンに借り
換えて将来のリスクを回避しましょう。

 

 

農協が目指していることは。

 

借入時の年齢には
条件があり、20歳以上66歳未満、
最終償還時は80歳未満で
あることとされています。

 

ちなみに、平成9年の基準金利は
約3%で段階金利は4%です。

 

民間金融機関の現在(2007年4月)の
長期固定金利が2%台であることを考えると、
返済総額にかなりの違いがでてしまうわけです。

 

 

また、年収についても条件があり、
前年度の税込年収が200万円
以上でかつ3年以上の勤続
年数が必要です。

 

農協は、農業に取組んで
いる人たちと地域の人々が
「組合員」となった組織だそうです。

 

固定金利選択型の
住宅ローンを利用している人

 

この段階金利という制度はすでに
廃止されていますが、廃止前に
このタイプのローンを借りてしまった人は、
早急に借り換えを検討したほうがいいでしょう。

 

具体的な見直し(借り換え)の方法ですが、
いくつかのパターンがあります。

 

まず、段階金利がせまっている人やすでに
段階金利に突入してしまった人は、
すぐにでも民間金融機関の
長期固定金利住宅ローンへ借り換えを
おこなうべきです。

 

1%のキャンペーン金利(固定金利選択型)で
借りた人など、一定期間だけ固定金利が
採用されるタイプの住宅ローンを
利用している人は、できるだけはやく
長期固定金利の住宅ローンに
借り換えることをお勧めします。

 

なぜならこれから金利上昇が
予想されるからです。

 

1)国民みんなの食料が、いつも
不足することなく生産されていること
2)農業とともに、自然や環境
を守り育てること
3)農業をはじめとする地域の
産業が盛んになり、みんなの
暮らしが豊かになること
4)地域全体が希望に溢れ、
明るくなり、地域の文化が
つくられていること
だそうです。

 

JAは農業協同組合・信連・農林中央金庫で
構成されるグループの総称で、
JAバンクは住宅ローンの
他にもマイカーローンなどの
各種ローンやJA貯金、
資産運用などの業務も執り行っています。

 

「JAあんしん計画」は、
住宅金融公庫の直接融資業務が
平成18年度末で終了に
なることを受け、長期固定型の
住宅ローンに対応する
商品として企画されたのです。

 

今後住宅ローン金利は上昇することが
予想されるため、はやければはやいほど
低金利で長期固定金利の住宅ローンへ
借り換えることが可能です。

 

まだ借りて間もない人の場合は、基準金利や
今後の経済見通しによって
借り換えに対するアプローチが変わります。

 

住宅購入時には、建売物件や
マンションの場合、自分のライフスタイルに
応じて改装したいとの希望や
諸経費の問題があると思います。

 

段階金利で11年目以降をむかえた
方も該当します。

 

1000万円を超える住宅ローン借入
において1%の差は支払総額で200万円以上の
違いを生みます。

 

まず、現在契約している住宅ローンの
基準金利が現在の長期固定金利よりも
高い場合ですが、このような方は、すぐに低利の
長期固定金利ローンに借り換えた
ほうがいいでしょう。

 

長期固定金利が上昇する前に
はやめに借り換えを実施するべきです。

 

シミュレーションや相談会といった
ものを大いに活用し、最適な
住宅ローンを見つけましょう。

 

 

また、「農林中金」は
農林中央金庫といい、JAと
漁業協同組合、森林組合の
3者が出資した全国的な金融機関。

 

そして、「JA信連」とは、JAの
活動をサポートするための
都道府県単位の連合会組織。

 

そこでこのような利用者の
資金需要に応え、設定した担保価格の
範囲内までやその範囲を拡大して
融資するのがこのローンの特徴です。

 

 

JAの住宅ローンって
審査遅いし会員しか
使えないイメージ有るけど、
田んぼ何反有るとか、
牛何頭持ってるとかで
判断するのかな?
普通のリーマンでも
取引可能?

 

JAで住宅ローン
組むには共済に1000円
で加入しないといけないが、
それだけ。

 

現在契約している住宅ローンの
基準金利が現在の長期固定金利よりも
安い場合には、すぐには借り換えを
おこなわずに内入れや毎月の
返済額を増額して低金利のうちに返済を
加速させるという選択肢もあります。

 

たとえば平成13年の7月ごろには
基準金利2.5%という超低金利で
住宅ローンを組むことができました。

 

 

もう少し詳しくJAの住宅ローンに
ついてシミュレーションしたい
という場合には、JAの住宅ローンの
相談会も実施されているので、
一度足を運んでみるのもよいでしょう。

 

自分に最適の返済方法に
ついてアドバイスもしてくれるそうです。

 

現在の長期固定金利よりも高い
固定金利のローンを利用している人

 

この低利の間に内いれ(繰上げ返済)を
おこなったり、返済額を増額して
借入金残高をできるだけ減らしておき、
4%に金利が上昇する11年目に突入する
直前に長期固定金利に借り換えるわけです。

 

現在固定金利の住宅ローンを利用して
いる方でも、固定金利の住宅ローンで
さらに低利のものがあれば借り換えを
検討してみましょう。

 

また、「借り換え応援型住宅ローン」は、
他の金融機関から借入れ
返済中の住宅ローンを借り換える
サービスですが、このローンの
特徴は、借り換えと合わせて
増改築や改装、補修をしようとする
場合にも所定の範囲内で費用
の調達が可能となることです。

 

 

家を購入したいけど
住宅ローンは組める
のだろうか?
審査が不安・・・

 

この段階金利は通常 4%程度であり、
2007年現在に借りられる固定金利よりも
1%以上高くなっています。

 

1%の差でも返済総額では数百万円もの
違いになりますので、ぜひ
段階金利よりも低利の
固定金利住宅ローンへ
借り換えを検討されることをお勧めします。

 

2段階というのは、最初の10年間と
11年以降の金利が異なることから
きています。

 

 

農協から住宅ローンの
サービスを受けるのは無理
なのかもと思っていましたが・・
農協の組合員には「正組合員」と
「准組合員」があって、農協の住宅
ローンなどのサービスには「正」と「准」の
差はなさそうなんですよね。

 

 

出来るだけ低金利で
金利も変動が心配・・・。

 

ただしこの方法にもリスクがあります。
それは長期固定金利が速いペースで上昇した
場合です。現在は長期固定金利が2%台ですが、
あと数年後もこの水準である保証はどこにもありません。

 

 

JAの住宅ローンは、独立した
金融機関である各JAが営業
エリア内で販売するという仕組み
になっています。

 

住宅ローンの利用者は、
居住地や勤務先のエリアを
管轄する最寄のJAから借り
入れるという形態をとります。

 

たとえば、普通、金融機関は
「兼業をおこなう」ことに
ついてはいろいろ制限
されていますが、農協の
場合はその制限はとてもゆるやかです。

 

むしろ、今後の上昇が予想される
現状ではあまり借り換えを先延ばしにするのは
賢い選択とは言えないかもしれません。

 

銀行のような業務から商社
のような業務まで行えるのは
そういう歴史があったからなのですね。

 

18年度末で住宅金融公庫の
直接融資業務が終了となり、
長期固定型の住宅ローンのニーズに
対応する商品として企画され、
注目を集めたのが「JAあんしん計画」です。

 

JA住宅ローンの金利は、2段階
長期固定金利型となっています。

 

段階金利適用が近づいている人

 

公庫を利用された方などは11年目以降に
段階金利が適用されて金利が
上昇するタイプの住宅ローンを利用
されている場合が多いと思います。

 

 

農協の住宅ローンなどの
各種サービスを受けられる、「正組合員」は
農業を営む人で、「准組合員」は地域に
住む勤労者や自営業者、またはその家族だそうです。

 

可能な借入資金は、
担保評価額に対して何種類かあり、
各地域を管轄するJAで
条件が異なるので、興味
のある方は、最寄りの
JAやJAバンクに問い合わ
せてみることをお勧めします。

 

このやり方を選択される場合には長期固定金利を
まめにウォッチして、金利が上昇し始めたら
段階金利に切り替わるまでまだ時間が
あったとしてもすぐに借り換えを行なうという
判断が必要になるでしょう。

 

いずれにせよ、長期固定金利が4%を下回る
水準である限り、段階金利で借りた人は
借り換えを検討したほうが得であるといえます。

 

2段階となっているJA住宅ローンの
金利は、公庫より0.1%程度低く
設定されています。

 

 

住宅ローンの一つの選択肢
として、JAの住宅ローン
「あんしん計画」を検討して
みてはいかがでしょうか。

 

金利については、
固定金利型・固定変動選択型・
変動金利型・3種類が展開されており、
住宅の新築や購入、増改築、
宅地の購入、他の金融機関からの
借換えとして利用可能です。

 

変動金利は、最も一般的な
住宅ローン金利タイプのひとつです。

 

長期固定金利よりも低利で
借りることができるのが特徴ですが、
金利上昇局面においては利息が
急速に増加し、返済総額が
雪だるま式に増加し、未払い利息が
発生するというリスクもあります。

 

住宅ローン金利は年2回程度の
見直し時に市場金利の変動を
反映させて決定されます。

 

大手都市銀行はそれぞれ
優遇金利を設けて、得意顧客に
住宅ローンを低金利で
提供しています。

 

 

JAバンクの
住宅ローンを利用するには、
JAの組合員なることが
必要ですが、も一つ重要
なのが、JAバンクが
各都道府県単位で組織
されており、それらの
住宅ローンの金利や融資条件等に
若干の違いがあることです。

 

住宅ローンを利用するにあたり、
返済総額がどのくらいになるのか
把握している人は意外と少ないものです。

 

「農協(JA)」とは、
いうまでもなく農業協同組合=JA(ジェイエイ、
Japan Agricultural Cooperatives)のことです。

 

農林水産省の、あたかも
出先機関のようなスタンスにもいたため、
いくつかの特権的扱いを
受けているといわれます。

 

現在はまだ金利が上昇し始めて
間もない状況で、これから
中長期的に上昇トレンドを描くことが予想されます。

 

変更された場合でも5年間は
返済額は変わらないのが特徴で、
その間は、返済額に占める利息分の
割合が増えて元金分の割合が
減少します。

 

6年目になるとその時の金利で
次の5年間の返済額が算出されます。

 

また、企業の業績も2006年
頃から急速に回復しており、
2007年の新卒採用では完全に
学生側の売り手市場になっている
点からも景気拡大→金利上昇と
いう流れが予想できます。

 

アメリカやその他先進国の
住宅ローン金利はだいたい5%〜7%程度です。

 

ちなみに、金利が1%上昇するだけで、
返済額は数百万円増加します。

 

この方式では、金利が下降する
局面においては下降分を元金部分に
充当して住宅ローン残額返済を加速する
ことができますが、上昇局面では
住宅ローン残額が急増し未払い利息が
発生してしまうため、長い期間で
多額の住宅ローンを組むには適していません。

 

未払い利息とは、金利見直しによって
金利が上昇した結果、月々の住宅ローン
返済額では毎月の利息分を支払い
切れない場合に発生します。

 

 

ですから現在変動金利で住宅ローンを
利用している人は、今の長期固定金利が
低いうちにぜひ借り換えを検討
したほうがよいと思います。

 

JA(農協)住宅ローンは、
近くに農協があったからという
理由や以前から農協と
お付き合いがあったからと
いう理由が挙げられています。

 

 

いくつかの農協=JAのサイトを
見てみると変動で2パーセント台から、
固定で3パーセント台から。

 

 

人生で最も大きい買い物の
「住宅」。けどいざ家を購入
しようとしても何を基準に
住宅ローンの会社を
選んだら良いのか?

 

JA(農協)住宅ローンを
ご存知でしょうか?

 

「JA」は、農業協同組合・信連・
農林中央金庫で構成される
グループの総称です。

 

このことは、なんとなくでも
ご存知かもしれません。

 

過去平均が4.4%であるということを
考えると、今から20年、30年という
住宅ローンを組む場合は最低でも
5%くらいまでは見込んでおく必要があるでしょう。

 

できれば6%以上になったとしても
返済が可能なようにシミュレーション
しておくことをお薦めします。

 

JAバンクの住宅ローンは、
先述の通り各地域間で異なり、
金利キャンペーンもその
利率やキャンペーン期間も
異なっています。

 

変動金利の住宅ローンでは利息が
上昇しても5年間は住宅ローン
返済額が増額されません。

 

結果として返済額に占める利息の
割合が100%となってしまい、
それでも毎月の利息を返しきれずに
支払っていない利息がどんどん積み
上がってしまう・・・つまり未払い
利息が発生してしまう可能性が
あるのです。

 

JAバンクは、マイホームの
新築・購入、増築、リフォームから
ローンの借り換えまで、
さまざまな住宅ローンプランに
対応しています。

 

両期間とも、公庫より0.1%
低く設定されています。

 

それでは、実際にどのレベルまで
住宅ローン金利は上昇するのでしょうか?

 

実際のところは誰にもわかりませんが、
過去の金利水準から判断する限り、
近い将来5%程度にまで上昇
したとしても別に不思議ではありません。

 

なぜなら過去20年間の変動金利の
平均は約4.4%だからです。

 

1000万円を借り入れた場合でも
1%金利が上昇すれば200万円以上は
利息が増えるのです。
(金利変動が返済額に与える影響
についてはコチラのページをご覧下さい)

 

これらの事実を考えると、現在変動金利で
住宅ローンを組むことは非常にリスクが
高く、現在の水準でも決して高い
とはいえない長期固定金利で
住宅ローンを組んだほうが
よいということになります。

 

毎6年目以降には住宅ローン月次返済額が
増額されますが、その場合でも旧返済額の
1.25倍までが上限という制約があるため
元金がほとんど減らない場合もあるわけです。

 

このように変動金利の住宅ローンは、
金利上昇局面では非常にリスクの高い
借り入れ方法であるといえるでしょう。

 

つまり、農協の住宅ローンなどの融資を
受けるには、農協の「組合員」になれば良いということで、
地区内勤務者で給与所得者でも
住宅ローンの融資が可能だとなります。

 

 

ちなみにバブル期には8.5%という
数値に達したこともありました。

 

 

さらに公庫では別途、0.3%
相当の団体信用生命保険料が
かかるのに対し、JAの住宅ローン
「JAあんしん計画」の金利は
団体信用生命保険料込み。

 

実質的には公庫より0.4%
金利が低い計算になります。

 

諸費用もあるよね?

 

「JAバンク」とは、「農協(JA)」、
「農林中金」、「JA信連」の3つの
団体が構成するグループの名称です。

 

それぞれの金融店舗には、
「JAバンク会員マーク」を掲示しています。

 

新しいローンで差額分を上乗せして
設定するため、ローン残高が
大きくても借り換えることが可能なのです。
以上が、住宅ローン借り換えの
概要です。

 

住宅ローン返済期間が比較的短期で
住宅ローン総額も多くないような場合
であれば、変動金利は長期固定金利
よりも低利で借入が可能ですから
利用するのもよいと思います。

 

なんとなくイメージできたでしょうか?
次章以降は、より詳細に
ついて検討していきたいと思います。

 

公庫廃止後は、新しく独立行政法人を
創立して融資金を引き継ぐことに
なりますが、それにともない
民間金融機関の貸出競争が激しくなりました。

 

諸費用などは各都道府県地区の
JAごとに設定されていて、
取扱手数料は0?3万円程度、
繰り上げ返済手数料は0?数千円程度、
ローン保証料は原則、借入額の
0.2%程度となっています。

 

中には、3年固定で1.3パーセント
という貸出金値もあり、条件に
よってはさらに安くなるという
記述もありました(時期や
JAによって異なりますので
実際にご利用の際はご確認ください)。

 

しかし、金額が大きく期間が
長期にわたるような借入では、
1%の金利上昇は数百万円以上の
利息増額を意味します。

 

金利は各市のJAバンクに
よって異なりますので、
お近くのJAバンクに
確認する必要があります。

 

主要市であれば各市
JAバンクホームページ上で
住宅ローン金利を公開していますが、
金利を表示していない
JAや、住宅ローンを扱っていない
JAもありますので、詳しくは
最寄のJAにお問い合わせください。

 

変動金利で住宅ローンを
借りている人

 

現在のような低金利市場では、
変動金利住宅ローンよりも固定金利住宅ローンの
ほうが有利です。
今後住宅ローン金利はあがることは
あってもこれ以上の低水準になることは
考えにくいからです。

 

歴史的にもても、先進国他国をみても
5%程度の水準まで金利が上昇することは
十分現実的といえます。

 

 

 

2007年5月15日から、
松平健さんと小池栄子さんの
ユニークなJAバンクのCMが
放送されています。

 

 

最近JAバンクでも住宅ローンに
力を入れ、住宅ローンとくとく
プランと呼ばれる金利優遇
キャンペーンを実施していますが、
その内容は、様々なので
一般の方がJA バンクの
住宅ローンを検討する場合は、
特に最寄りのJAバンクに
相談することが必要です。

 

だから、JA住宅ローンと聞くと
農業関係の人を対象にしているものと
想像しがちですが、農業関係以外の
人も利用できるのですよ。

 

ここでは、住宅ローン金利と
返済総額の関係を表にしてわかりやすく
把握できるようにしました。1%の住宅ローン
金利変動がどの程度の負担増になるのか
イメージできると思います。
(すべて元利均等返済・ボーナス払い
なしで計算しています)

 

現在のような超低金利局面では、
今後住宅ローン金利は
上がりこそすれ下がることは
考えにくいため、このような状況で
変動金利の住宅ローンを
選択するのはあまりおすすめできません。

 

もし現在利用している
住宅ローンが変動金利の場合には、
金利が上昇する前に
長期固定金利の住宅ローンに
借り換えたほうがいいでしょう。

 

 

 

農協の住宅ローンは
比較的安い金利の
融資として知られています。

 

 

農協の住宅ローンは、
住宅を購入する時、住宅ローンの
借換時にも、サラリーマンをはじめ、
自営業者であっても融資可能です。

 

農協というと、農協の組合員でないと
融資してもらえないと思ったら、
そうではありません。

 

住宅ローン借り換えにかかる手数料

 

借り換えローンでは、現在利用中の
住宅ローンを完済させて、新規の
融資を受けるという手続きになるため、現在の
担保物件に付いている抵当権を抹消したのち
再度あらたに抵当権を設定するという手順になります。

 

 

ご存知の方もいるかも
しれませんが、JA、農協の住宅ローンは、
ほかの金融機関の金利より、実は、
とてもお得な利率になっています。

 

このCMに釘付けになったという
方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

JA(農協)は従来よりJAバンクを
ご利用いただいている
お客さまだけではなくて、
いままでJA(農協)を利用
したことのない方にも親
しんでもらえるように、
「JAバンクの力」に気づいて
もらえるシチュエーションを
設定したそうです。

 

住宅ローンというと、融資実行時の
審査はあるにせよ、数千万円という
額を数十年にわたって返済していきます。

 

 

農協で扱う住宅ローンでは
「借換応援型」というものもあり、
新規の住宅取得時だけでなくても
利用することができます。

 

そのため、以下の手数料が発生します。

 

・印紙税(〜2万円)
・登記手数料(10万円程度:一般的なケース)
・事務手数料/完済手数料
(無料〜数万円程度:公庫/銀行により異なる)
・保証料(2000万円30年ローンの場合で60万円弱)

 

JA(農協)住宅ローンのポイント

 

農協は1992年に「JA」と
名称を変更しましたが、それでも昔から
なじみのある「農協」という言葉の
ほうが言いやすいと思って
いるのは私だけでしょうか。

 

農協(JA)のローンを利用
したいけれど、農協(JA)は
農業従事者だけしか利用できないと
勘違いされている方がいらっしゃるようです。

 

JA(農協)住宅ローンの
人気が最近高まりつつあります。

 

自己資金はどのくらい必要?

 

マイホームを取得する場合にどの
程度の自己資金を準備すればいいのかは
悩ましいところです。

 

もちろん、多いに越したことはありませんが、
物件の規模、世帯の収入状況や住宅ローンの
条件によっても変わってくるでしょう。

 

2001年に特殊法人改革の
一環として、住宅金融公庫が
廃止されることになり、
公庫融資が段階的に縮小されることになりました。

 

 

もし、「ゆとりローン」や
「ステップ返済」などを利用していて、
「金利が上がってしまって
支払いに困っている」と
いうような人は、
「借り換え時」の選択肢の
ひとつとして農協住宅ローンを
検討できると思います。

 

農業関係者は、JAの正組合員
となり無条件で住宅ローンを条件
さえ満たせば受けることが出来ますが、
農業関係者以外の人は、所定の
出資金を支払ってJAの准組合員に
なることによってJA住宅ローン
を利用できるようにまります。

 

 

牛やら田んぼやらは全く
関係ない。
普通の金融機関と
変わらない

 

准組合員になりたいのですが、
出資金額ってどれくらい?

 

一般には物件取得額の2割〜3割程度を
準備すればいいといわれますが、当サイトでは
3割以上を準備されることをおすすめしたいと思います。

 

 

正組合員と准組合員を
足した数がずっと横ばい
状態であり、正組合員数が
減っていることからも
わかるように、准組合員数が
年々増えています。

 

それだけ農協(JA)が
地域密着型の協同組合として、
地域の方に高い評価を
受けているあかしだと言えます。

 

<Q>JA・JAバンクの住宅ローン
(JA共済・農協の住宅ローン)の
審査では転職の直後はダメですか?

 

これからの時代、雇用はますます
流動的になり、住宅ローン金利は上昇する
ことが予想されます。

 

マイホームのように借入金をともなう大きな買い物は
極力リスクを避けて保守的にすすめた
ほうが安全です。(もちろん、金利は長期固定金利で
将来のリスクを減らします)

 

自己資金として準備する必要があるのは以下の3つです。

 

・ローンの頭金
・諸経費
・予備資金

 

正組合員との違いは、
総会での議決権や役員の
選挙権などJAの運営に
関与できないという点です。

 

 

農協の住宅ローンについて
調べていると「JAバンク」と
いう銀行名が出てきます。

 

そもそも、最近の地価下落の
影響もあって、多くのケースでは
担保評価額がローン残高を下回っているのです。

 

 

農協(JA)は正組合員と准組合員から
成り立っていて、正組合員は
農業従事者に限られますが、
准組合員はJAの定めた出資金を
払えばJAのさまざまな事業を
利用することが可能です。

 

■正組合員

 

農協(JA)の正組合員は
農業者等が条件になります。
各地区のJAごとに定款で
その基準を定めています。

 

住宅ローンの頭金がどのくらい必要かは
金融機関によってかわりますが、
最低でも2割は準備しましょう。

 

できれば3割あれば安心です。
もっと準備できればもちろん安全性は高まります。

 

 

<A>転職した直後だと審査は
厳しくなります。多くのJAでは、
「勤続3年」が審査条件のひとつと
なっているので、これより短い場合、
すなわち、転職直後である場合には、
審査が通らない可能性は大きくなります
(3年より短いと自動的にアウト
というわけではありませんが)。

 

 

全国各地にその窓口は
あるのですが、では、
「JAバンク」という
巨大銀行があるかというと、
そうではありません。

 

けれど心配ご無用です。担保評価額が
住宅ローン残高より少なくても
借り換えは問題なくできます。

 

ところで、なぜ頭金が少ないと
リスクがあるのでしょうか?

 

それは物件を売却せざるを得ない
状況になった時に問題がおきるからです。

 

住宅ローンの頭金が少ないと、
マイホームを取得してからしばらくの間、
「マイホーム時価 < 住宅ローン残高 」
という状況になってしまいます。

 

これを「逆ザヤ」というのですが、実は
この状態ではマイホームを売却することができません。

 

売却するには担保をはずす
必要があります。

 

返済方法・融資額・融資期間等も
選択が可能です。

 

 

金利はどれくらい?

 

 

出資金額は各地のJAに
より異なりますが、数千円から
数万円程度。原則、完済後に払い
戻すことも可能です。

 

 

どのような用途に利用できる?

 

■准組合員

 

農業者以外の方でも、
JAごとに定めた一定の
出資金を払えば、准組合員として
組合に加入することができます。

 

■JA・JAバンクの
住宅ローン(JA共済・農協の
住宅ローン)では、原則として
「勤続3年」以上であることが
審査の条件のひとつになっています。

 

しかし、物件を担保にして住宅ローンを
貸し出している金融機関は、逆ザヤと
なっている差額分の現金を差し出さないと
担保を外しません。

 

 

もちろん、逆ザヤの状態でも着実に返済を実行できて
いればいいのですが、マイホームを手放さなければ
成らないような場合にトラブルとなってしまうのです。

 

JAによって多少の違いは
あるようですが、
だいたいこの線です。

 

 

准組合員は、JAの事業を
正組合員と同じように利用できます。

 

2002年では、正組合員数と
准組合員数が6対4でしたが、
半々になるのは時間の
問題だと思います。

 

住宅の新築、増改築、
中古住宅の購入、住宅用の土地の購入、
住宅ローンの借り換えなどに
利用できます。

 

人生に予想もしなかった激変が
起きる可能性は誰も否定できません。

 

リストラ、収入減、転勤、離婚・・・もちろん大半の
場合はこのような事態は経験せずに済みますが、
万が一のケースもやはり想定しておいた
ほうがいいのではないでしょうか。

 

最近では頭金をほとんど必要としない
住宅ローンもありますが、やはり最低でも2割は
頭金として逆ザヤを防ぐ、ないし逆ザヤと
なっている期間をできるだけ短くするべきです。

 

次に諸経費です。 これもしっかりと
見積もっておく必要があります。

 

 

住宅ローン残高が担保評価額よりも
多いけれど大丈夫?

 

借り換えと聞くと、「うちは住宅ローン
残高が多くて担保評価額より
大きいから無理」と思われる方もいます。

 

つまり、現在利用している
住宅ローンの借入残高のほうが、
物件の担保評価額(時価)よりも
多いため、古い住宅ローンの完済が
できないのではと心配されているわけです。

 

金利は当初10年間と11年目以降で
金利が異なる段階金利制です。

 

たとえ、金利が0.数%変わったら、
生涯の支払い額は、借りるお金
、数百万円の総支払額の差がでてしまうのです。

 

であるなら、極力、金利の安い
低金利住宅ローンにするのが
賢いのです。

 

農協(JA)の住宅ローンは
金利が魅力だといわれます。

 

なぜ3年かというと、やはり、
融資するJAの側からすると、
転職したばかりでは、
どうしても仕事・収入・会社に
おける立場が安定しないだろう、と思えるからです。

 

しかしいつまでこの状況が続く
かわかりません。ですから、
今こそ長期固定金利の
住宅ローンを利用するタイミングといえます。

 

具体的には、住宅ローンにかかる
諸経費と物件登記にかかる諸経費、
その他費用の3種類があります。

 

住宅ローン諸経費としては、印紙税、
融資手数料、保証会社保証料、登録免許税、
団体信用生命保険特約料、火災保険料などがあり、
借入金額や借入期間にもよりますが
トータルで数十万円以上必要です。

 

今から、およそ、10年前は、住宅ローンの
金利は最低水準だったのですが、
10年経った今、住宅ローンの上昇分の
金利は、現在の金利より高くなります。

 

 

 

 

借り換え融資にも対応
しているので「ゆとりローン」
「ステップ返済」など金利で
悩んでいる方には検討の
価値ある住宅ローンです。

 

准組合員は年々増えています。
【2004年度】
・正組合員数  505万人
(1975年は577万人で▲42万人)
・准組合員数  409万人

 

全国に農協(JA)の窓口が
便利。

 

住宅ローン諸経費としては、印紙税、
融資手数料、保証会社保証料、登録免許税、
団体信用生命保険特約料、火災保険料などがあり、
借入金額や借入期間にもよりますがトータル
で数十万円以上必要です。

 

物件取得にかかる諸経費としては、登録免許税、
土地家屋調査士報酬、司法書士報酬、印紙税、
不動産取得税などがあげられます。

 

これらも物件の規模にもよりますが
数十万円〜数百万円はかかります。

 

それ以外に、土地に調査が必要な場合や、
古家を解体する場合には多額の費用が発生しますし、
引っ越し、地鎮祭、上棟式、仮住まい、
水道負担金、修繕積立金といった
コストも忘れずに見積もりましょう。

 

 

ところで農協の住宅ローンは、
農業をやっている
農家でないと使えないのではないか?

 

転職にもいろんなケースが
あって、たとえば、ヘッドハンティングなどで、
転職前より収入が跳ね上がっていることも
あるでしょう。

 

 

最近では松平健さんと小池栄子さんの
CMで一段とJAバンクが
注目されているようです。

 

また、借入れの時の年齢が、
20歳以上66歳未満で、最終償還時の
年齢は80歳未満であることが
JA住宅ローンの審査基準。

 

という疑問があると思います。
まず、農協の銀行であるJAバンクは、
あくまでも普通の民間銀行
として考えることができます。

 

 

フラットなんかよりJA住宅
ローン審査のが断然通りやすい
というか、地域にもよるが、
他行が幅聞かせている
地域だったら他行で蹴られた
案件を引き取ってくれる。

 

住宅ローンを利用する際に加入しておきたい
保険の一つに、団体信用生命保険と
並び「火災保険」があります。

 

たいていの人が加入している
団体信用生命保険では、住宅ローン利用者に
万一のことがあった場合保険で残りの債務を返済して
もらうことができますが、住宅が火災などに
あった場合には何の保証もありません。

 

もし、「火災保険」に加入していない状態で、
住宅ローンの返済がまだ残っているのに、
火災に遭ったら、家は火事で無くなって
しまったのに住宅ローンの返済は続けて
いかなければならないという、
最悪の事態に陥ってしまいます。

 

住宅ローンは、概ね、
10年経つと金利がアップ
した形で、毎月の支払額が変わります。

 

現在の日本の金利水準は、安いとはいえ、
金利は上昇局面を迎えています。

 

ただ、そういう場合であっても、
その高い年収はまだほんの
少しの期間しか支払われていないわけで、
つまり「実績」がないと見なされるのです。

 

したがって、審査条件にあるように、
転職したばかりで、「勤続3年」より
短いケースでは、事前審査(仮審査)の
段階で落とされる可能性大です。

 

ぐっと親近感がアップしましたね。
JAバンクはJA、信連、農林中金で
構成するグループの名称です。このJAバンク
のJA住宅ローンやJAマイカーローンは
比較的利用しやすいことで人気があります。

 

ですから、住宅ローンを利用して住宅を
購入する際には、必ず「火災保険」に
加入しておくことをおすすめします。

 

また、最近の金融機関では、融資をする際に
「火災保険」への加入を義務付け
ているところも多いようです。

 

また、平成18年入居の場合は、
控除対象限度額3,000万円で、
1から7年目までは控除率1%8から
10年目までは控除率0.5%となっています。

 

原則として、この住宅ローン控除と、
居住用財産の3,000万円特別控除は同時に
受けることができない仕組みになっています。

 

 

どのような住宅ローンに
借り換えればいい?

 

住宅ローンの借り換えを検討する
場合は、固定金利の住宅ローンに
借り換えましょう。

 

2006年から金利を低く抑える政策も
解除され、今後は金利の上昇が予想されます。

 

今現在の住宅ローン固定金利の
水準は歴史的にみても諸外国先進国の
状況をみてもまだまだ低金利です。

 

 

ならば、高い金利の住宅ローンを払うより、
安い金利の住宅ローンに借り換えた方が、
絶対におとくです。

 

そこで、農協の住宅ローンと言うわけです。

 

JAの住宅ローンは、新規の住宅ローンを
はじめ、借り換えローンも行っています。

 

しかし、平成16年度の税制改正で、
住宅ローン控除制度は規模を段階的に
縮小していくことが決定されました。

 

住宅ローンを利用する際に、
住宅ローンアドバイザーに相談してみてはどうでしょう。

 

住宅ローンアドバイザーとは、
国土交通省の調査研究会
(住宅供給業者を通じた住宅ローンの
供給方策に向けての調査研究会のこと)の中で、
育成を提言された資格保持者のことです。

 

今や住宅ローンの市場は、
住宅金融公庫を始め、銀行、
信用金庫、信用組合、
労働金庫、商工中金、農協組合など
いろいろとあり、それぞれに特徴がある上、
金利だけでも10種類以上が存在しています。

 

その他、金融の自由化により
「モーゲージバンク」と呼ばれる、
住宅ローン専用のノンバンクなどもあり、
住宅ローンを利用する側としては、
自分にとって何処を利用すれば
一番良いのか困ってしまいます。

 

これは、これからマイホームを購入しようと
考えている方は、早めにこの制度を
知っておいた方がよさそうですね。

 

 

おそらくそれは全国共通。

 

JAバンクでは、
以前から住宅ローンの
取り扱いをしていますが、
農業をしていないので借り
られない、とあきらめている
方も多いのではないでしょうか。

 

実はこれは大きな誤解で、
農家でなければ住宅ローンの
借り入れができないわけではなく、
たとえ農業をしていなくても、
所定の出資金を払えばJAの
准組合員として認められるので、
実は誰でも利用可能なのです。

 

各市JAの住宅ローン
金利を探しやすいよう、
各県内のJAホームページリンクなどを
以下に
掲載しましたのでご利用ください。

 

この住宅ローン控除制度、実は99年度の
税制改正により、マイホームの購入・新築
のために住宅ローンを借りた人を対象とした
所得税返還、つまり住宅ローン控除制度が
大幅に拡充されました。

 

 

■では、JA・JAバンクの
住宅ローン(JA共済・農協の
住宅ローン)の場合、転職直後に
申し込まれた案件はすべて通ら
ないのかというと、そうでもありません。
ほんの一部ですが、審査が通る
ケースもあります。

 

 

各市JAホームページで、
「住宅ローン」「キャンペーン情報」、
「最新金利情報」「金融商品一覧」などの
リンクを探してください。
(各JAでHPの仕様が異なるので、
掲載位置や内容が様々となっています。)

 

そんな時、住宅ローンアドバイザーに
相談してみてください。

 

住宅ローンアドバイザーは、
各金融機関の住宅ローンを熟知しており、
たくさんある住宅ローン商品を
分かりやすく説明できるスキル(技能)を
もったアドバイザーなので、
あなたにとって最良のアドバイスを
してくれると思います。

 

 

農協は、最近では
一般的に「JA」と呼ばれていますね。

 

家具備品を新調する場合にももちろん
費用がかかります。

 

最後の予備資金というのは、想定外の
出費が発生したときに生活を圧迫しない
ように準備しておく資金です。3ヶ月分程度の
生活費を準備しておけば安心です。

 

これらを考えると、物件の規模にもよりますが
やはり最低でも物件取得額の3割程度の現金は
自己資金として準備したほうがいいのではないでしょうか。

 

住宅ローンを利用する際に
受けることのできる減税措置として
『住宅ローン減税制度』というのがあります。

 

そこで今回は、住宅ローン減税の
対象となる住宅について説明したいと思います。

 

住宅ローン減税の対象となる住宅には
4種類あり以下のようになっています。
●住宅を新築する際に、
床面積50u以上の住宅
●新築の住宅を取得する際に、
床面積50u以上の住宅
●既存住宅(中古住宅のこと)を
取得する際に、床面積50u以上の住宅で、
築後20年以内(耐火建築物は25年)又は、
地震に対する安全上必要な
構造方法に関する技術的基準に適合する住宅
●住宅を増改築する際に、床面積50u以上の住宅
となっており、どの住宅も
“主として居住の用に供する”となっています。

 

住宅ローン控除とは、自宅やマンションなどの
購入したときにどうしても、かかってしまう
お金のひとつが住宅ローンですが、支払った
住宅ローンのうち、条件を満たした場合には
還付金として税金が戻ってくる仕組みが住宅ローン控除です。

 

この制度を利用するには当然、税務署に
行っての確定申告が必要になります。

 

全国農業協同組合連合会と
聞くとカタイイメージでしたが、
JAという名称になってから15年。

 

 

多くの場合、農家でない人でも
出資金を出して加入手続きを
行えば准組合員となる
ことができます。

 

それは、たとえば、JAに定期貯金等が
数千万円あって、この定期貯金を
住宅ローンの担保にできる場合とか、
借り主の妻や両親などが
高所得者で、その高所得者たちが
連帯で保証人に名を連ねることが
可能な場合などは、おそらく
審査に通るでしょう。

 

住宅ローンを借りるにあたって、
審査に通るかどうかは、非常に重要な問題です。

 

中央労働金庫では、住宅ローンの
正式な審査の前に、インターネットで
仮審査が申し込めるというシステムを採用しています。

 

対象となるのは、無担保型の住宅ローン
のみですが、条件にあてはまる方は、
一度試してみられてもいいのではないでしょうか。

 

それでは中央労働金庫の住宅ローンの
仮審査の流れをご説明しましょう。

 

まず、仮審査申し込みのフォームに
必要事項(住所・氏名・生年月日・勤務先の
情報・年収・申し込み希望金額・現在の
ローン借り入れ状況など)を入力し、
送信します。

 

 

つまり、そうやって准組合員
になれば、原則、誰でも
利用できるということです。

 

 

そして融資金額が10万円以上から
5000万円以内に決められています。

 

ここは、しっかり記憶してください。
控除額において大きな差となってきます。
間違っても「忘れてたと。」いうことはいけません。

 

また、住宅ローン控除の条件には返済期間が
10年以上のものや、住宅の建物及び
敷地を取得するために借りたローンであることや、
社内融資の場合は、金利動向等を勘案して
変動という融資の条件もあります。

 

やっぱ、重要な事ですのでいろんな条件がありますね。

 

その融資可能期間は3年以上
35年以内とされています。

 

その他、各エリアによってJA住宅ローンを
受けられる条件が異なる可能性が
あるため、詳しくは最寄のJAに
相談して確認して下さい。

 

 

JAバンクの住宅ローン
「あんしん計画」は、長期
固定型で低金利という魅力的な
住宅ローンのひとつです。

 

仮審査後、中央労働金庫の営業店から
連絡が入りますので、仮審査に
通ったら、正式に住宅ローンに
申し込みをします。

 

労働金庫の住宅ローンの審査に通るか
どうか不安な方は、インターネットで簡単に
できる仮審査を受けてみるのもいいかもしれませんね。

 

公庫融資やフラット35以上に有利な
住宅ローンを扱っている場合が多いので、
出資金を払って組合員になっても、
十分に元を取ることが可能と思われます。

 

では、JAバンクの住宅ローン
について、基礎知識を
ご説明しましょう。

 

 

■JA・JAバンクの住宅ローン
(JA共済・農協の住宅ローン)に
限らないと思いますが、以上の
理由から、家を建てたりマンションを
購入したりする予定がある人は、
とにかく転職前に借り入れ
手続きを終了して下さい。

 

住宅ローンの取り扱いを
行っている金融機関は様々ですが、
それぞれの機関によって、特徴があります。

 

一般的な住宅ローン取り扱い機関として、
住宅金融公庫などの公的金融機関が
ありますが、その特徴は、低金利、収入
基準などの審査が厳しくない、審査が長い、
書類が多い、物件に制限が多いといったところです。

 

銀行の住宅ローンの特徴は、住宅ローン
金利の選択肢が多い、収入基準などの審査が
厳しい、担保評価が厳しい
というものです。

 

保険会社の住宅ローンの特徴は、長期ローンが
可能、保険契約者得の優遇があることです。

 

住宅ローンのコンサルタントに
お聞きしてもらってもよいでしょう。

 

日銀は再度ゼロ金利政策を導入、
住宅ローンの金利は既に
これ以上下がらないところ
まで来ており、住宅ローンの
借り換えを検討している方に
とっては大きなチャンスです。

 

例えば、借入金3,000万円、
元利金等35年返済の場合、
金利3.0%から1%上がれば総返済額が
700万円以上増加します。

 

譲渡益が3,000万円を超えているときは、
3,000万円を差引いた残額に税金がかかります。

 

この3,000万円特別控除を受けていると、
住宅ローン控除は受けられないということですね。

 

金利を選択する場合、今の時代のリスクを
考えれば、多少高くても固定金利型が
個人的に良いと思っています。

 

また、信販会社の住宅ローンを利用することも
あるようですが、金利も高く、利用限度額も
小さいため、住宅販売会社との提携などがない限り、
あまり利用することがないのではないでしょうか。

 

それぞれの金融機関の特徴を理解し、
住宅ローンを利用するときの参考にしてみてください。

 

よの中の動きが激しいので、取れる
リスクは今のうちに取っておいたほうが
よいと思います。

 

ですから、JAバンクは農家以外の
方々にも門戸を開いており、
地域の方ならどなたでも
口座を作ることができます。

 

他の章で詳しく述べますが、
2%半ばの固定金利でローンを組んだ
人以外は、ほとんどの人にとって
借り換えはメリットがあります。

 

JA(農協)の住宅ローンを紹介します。

 

全宅住宅ローンの住宅ローン“フラット35”の
金利と手数料について紹介します。

 

全宅住宅ローンの“フラット35”には、金利のタイプが
Aタイプ・Bタイプとあり、それぞれで手数料が異なります。

 

まず、Aタイプの方は年利2.761%で、融資手数料が
“融資額×2.1%(消費税込)”となっており、毎月の返済金額を
抑えたいと考えている方にむいています。

 

そして、Bタイプの方は年利2.96%で、融資手数料が
“一律105,000円(消費税込)”となっており、住宅ローン
融資時の初期費用を抑えたいと考えている方にむいています。

 

JA(農協)の住宅ローンは、JAバンクが
提供している“2段階長期固定金利型”の
住宅ローンです。

 

これを居住用財産の譲渡の
特別控除といいます。

 

特別控除により、自宅を売ったときの
譲渡益が3,000万円以下なら税金はかかりません。

 

 

この、JA(農協)の住宅ローンは、
出資金を出してJAを利用していれば、
農業関係の人に関わらずサラリーマンの
方でも利用することができます。

 

出資金額は各地のJAによって
異なりますが、大体において
数千円〜数万円程度で、
完済後に払い戻すことも可能です。

 

金利は“2段階長期固定金利型”なので、
最初の10年間と11年目以降の
金利は異なりますが、
どちらの期間とも公庫よりは、
0.1%ほど低く設定してあります。

 

住宅ローン控除の条件の中で、
3,000万円特別控除を受けていないのが条件となっています。

 

ただし、この金利は平成19年4月の融資金利なので、
常時この金利で利用できる訳ではなく、
融資実行時の利率(申し込み時の利率ではない)が
融資金利となり、借入期限まで適用されることになります。

 

どちらが良いかは、全宅住宅ローンの方と
相談して自分に適した方を選ばれることをオススメします。

 

この3,000万円特別控除と言うのは
自宅を売ったときは、譲渡益
(収入金額から取得価額を控除した金額を言いますが)から
3,000万円を差引いて譲渡所得(土地や建物などの
資産を譲渡したときや、交換したことによって
生まれる所得のことをいいます。)を
計算することができます。

 

たとえば、公庫の住宅ローン(固定金利)を
借りた人でも11年目以降は
段階金利が採用されるため、段階金利
よりも低い固定金利の民間ローンに
借り換えることはぜひ検討したほうがよいでしょう。

 

 

多くのJAでは、「あんしん計画」と
いう長期の固定金利型住宅ローンを
取り扱っています。

 

全宅住宅ローンの
住宅ローンを紹介します。

 

まず、全宅住宅ローンとは平成16年11月に
都道府県宅建協会会員の協力において、
住宅金融公庫が提供する長期・固定・低利の
住宅ローン“フラット35”を専門に取り扱う
金融機関として設立された会社です。

 

ですから、当然この全宅住宅ローンが
扱う住宅ローンは、“フラット35”ということになります。

 

利用できる方は、“申し込み時の年齢が
満70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満の方
”“日本国籍を有する方、又は永住権のある
外国人の方”となっています。

 

基本的に「あんしん計画」の金利は
段階金利となっていますが、
中には全期間固定金利のところもあります。

 

ただJAは各地の機関が独立して
経営を行っているので、「あんしん計画」の
適用金利も各地によって違っている
点には注意が必要です。

 

 

この買い換え特例というのは、
住宅の所有期間が10年を超えて、居住期間が
10年以上の自宅を買い換えたとき、 売却金額より
買い換えた住宅の購入金額が大きければ、税金は
かからないという制度です。

 

 

また金利は期間限定のキャンペーン
金利の場合がほとんどです。

 

キャンペーンを行っているかどうかで
金利に大きな差が生じてきますので、
利用を検討する方はお近くの
JAに問い合わせてみましょう。

 

短期固定や変動金利で借りている人は
金利上昇した局面を考え返済計画を
見直したほうがよいでしょう。

 

借入金額は、100万円以上8,000万円以内
(1万円単位)で、住宅建設費または住宅購入価格
の90%以内とされており、借入期間が“15年以上
35年以内(申込者が60歳以上の場合は10年以上)”か、
“完済時の年齢が80歳となるまでの年数”になります。

 

住宅ローンの借り換えを検討するので
あればできるだけ早く、長期固定で
低金利の住宅ローンを
検討することをお薦めします。

 

借り換えをするメリットは?
たとえば、以下の
ようなことができます。

 

取得した年とその前後2年間、
これは合計で5年間ですね。

 

この間に、3,000万円特別控除や
居住用財産買い換え特例を受けていないことです。

 

そんな制度があったんですね。

 

 

また、公庫や一般の金融機関で
かかる団体信用生命保険の保険料が、
JA(農協)の住宅ローン
「JAあんしん計画」では金利の
中に組み込まれているので、
実質的には公庫より0.4%も金利が
低い計算になります。

 

農林中央金庫やJAバンクが出資してなる、
住宅ローン専門会社の協同住宅ローンの
特徴を紹介します。

 

協同住宅ローンには、5つの特徴があります。
まず1つ目は「スピーディー」で、
申し込みから借入までの手続や
審査をスピーディーに行ってくれます。
2つ目は「保証料不要」です。

 

結構な金額が必要となる保証料が不要なので、
その分他にまわすことができ、
少し余裕が生まれます。

 

使い道は、新築・増改築・中古住宅の
購入、住宅用の土地購入、
借り換えなどに利用でき、
融資額10万円〜5,000万円、
返済期間最長35年以内になっており、
返済方法等選ぶことができます。

 

また、控除を受ける年の所得が3,000万円
以下であることが条件です。

 

まあ、年収が3000万もある時点で住宅ローンに
頼る必要なんか無いのでしょうが。

 

住宅ローン控除を必要としている以上、この
条件は気にしなくても良いですね。

 

 

その他、住宅ローン融資にかかる諸費用も
公庫や一般金融機関よりも少ないのも魅力です。

 

・返済総額を数百万円も
少なくする
・長期固定金利に借り換える
ことで今後の金利上昇のリスクを回避する
・低金利に借り換え、さらに
返済期間を短くして返済総額を大幅に節約
・低金利に借り換え、返済期間は
そのままにして月々の返済額を少なくする
などなど・・・

 

住宅を購入した際にぜひとも知っておきたいのが、
住宅ローン控除制度ですが、そもそも
住宅ローン控除とは一体どういう意味なんでしょうか。

 

住宅ローン控除とは、正式には
「住宅借入金等特別控除」といいます。

 

住宅ローンを用いて住宅を取得した場合に
一定の条件に当てはまれば、納めた
税金からいくらか還付されるという制度のことです。
つまり所得税が還付される減税制度です。

 

住宅ローン控除は知っておいた方が良い制度ですね。

 

3つ目は「団体信用生命保険料は
協同住宅ローン負担」です。
(ただし、フラット35という商品の
場合にはお客様負担になります)
4つ目は「新たな口座開設不要」で、今
つかっている口座がそのまま使えます。

 

5つ目は「豊富な実績」です。
提携会社を通して、現在約2万人以上の
方が利用中です。

 

以上のように、協同住宅ローンには
安心して利用するための特徴があります。

 

そもそも、住宅ローンとは、宅地の取得や
住宅の新築・改築などの目的のため、
住宅を抵当として銀行や住宅金融会社が
行う資金の貸付ですが、通常は物件価格の
80%まで資金を借りることが出来ます。

 

住宅を買う多くの人がローンを利用しますが、
大きな金額なので将来に亘って
返済できる借り方ができているか、
細部にわたって詳しく検討する必要があります。

 

きっとJA、農協の金利が安いの
がわかっていただけると思います。

 

住宅ローン控除とは、正式には
「住宅借入金等特別控除」といいます。

 

住宅金融公庫が提携している
民間金融機関の住宅ローンに、
フラット35がありますが、
フラット35を利用する際に、対象となる
住宅の条件を紹介します。

 

住宅ローンのフラット35を利用できる
住宅の条件は、次の通りです。

 

新築・中古住宅に共通する条件「住宅の床面積」
●一戸建て・連続建て・重ね建て
住宅の場合→70u以上(上限の制限なし)

 

●マンションなどの共同住宅の
場合→30u以上(上限の制限なし)
  新築・中古住宅に共通する条件
「住宅の耐久性などについて」

 

●住宅金融公庫が定めた技術基準に
適合する住宅(適合証明機関による物件検査が必要)

 

住宅ローンを用いて住宅を取得した
場合に一定の条件に当てはまれば、納めた税金から
いくらか還付されるという制度のことです。

 

住宅ローン控除を受けられる人の条件としては、
住宅を購入してから、6ヶ月以内に入居して、
控除を受ける年の12月31日まで居住する
ことが前提となっています。

 

 

原則として、JAの住宅ローンを
利用する場合には、組合員である
必要があります。組合員になるためには
出資金を支払わなければなりませんが、
その多くはそれほど高くありません。

 

 

心配になります。
住宅ローンを
選ぶポイントは、
・金利は他に比べて
低金利か?
・繰り上げ返済などの
金利以外の手数料は
いくらか?
・変動金利なのか?固定金利なのか?
これらを注意するだけで
支払総額で数百万変わってくる事も・・・。

 

変動金利がいいの?

 

日銀、ゼロ金利政策を解除。
住宅金融公庫は住宅金融支援機構へ。

 

分からないことがある場合は、この
相談コーナーを活用してみるのも良いですね。

 

また現在はインターネットで申告される
方も多くなりました。

 

サポート体制もありますので、
問い合わせしてみてください。

 

 

今、住宅ローンが変わりつつあります。

 

 ・新築住宅の場合は、共通条件と
建設費または、購入価格が1億円未満
 (なお、建設費には、建設に付随する土地の購入費、
設計費用、敷地の調査費、生地の費用、
外構工事費、敷地内における
既存家屋等の取壊し及び除去費用などを含みます。)

 

 ・中古住宅の場合は、共通条件と
購入価格が1億円未満であること、借入申し
込み日において購入する中古住宅の
築後年数が2年を超えている住宅、
及び、すでに人が住んだことのある住宅、

 

店舗と併用でない住宅
などが条件となります。

 

公庫ローンから民間金融機関の
ローンへの借り換え、民間金融機関から
別の民間金融機関のローンへの
切り替えといったケースが該当します。

 

民間金融機関のローンから公庫ローンに
借り換えるということはできません。

 

おそらくあらゆる種類のローンの中で、
もっとも有利な融資条件のローン
だといえますね。また、住宅ローンには、
住宅購入目的以外にもリフォームローンと
呼ばれるものもあります。

 

住宅金融公庫が民間金融機関の
バックアップをしている住宅ローンに、フラット35がありますが、
その住宅ローンのフラット35を利用する
場合の、融資条件は次のようになっています。

 

●申し込み時の年齢が70歳未満の人
(ただし70歳以上であっても、親子リレー返済を利用すればOK)
●安定した収入があること
●日本国籍の人、または永住許可を
うけている外国人
●月々の返済額の4倍以上の
月収があること
  (夫婦・親子など血縁関係の
ある同居者の収入を合算してもOK)

 

住宅を購入するだけでも莫大な費用が
かかってしまいます。すこしでも費用を
抑えられたらと言うのが住宅ローン控除ですね。

 

各金利でのローンシミュレーションが
可能です。(新規・借り換えの
どちらにも対応)

 

 

ゼロ金利政策の解除に住宅金融公庫の廃止、
さらには民間金融機関の参入で、
今住宅ローンは多様化、
競争化の時代を迎えました。

 

「どう借り、どう返すのがよいのか」 
後悔しない住宅ローン選びをまずは
しっかりと研究してきましょう。

 

毎月の住宅ローン返済額を
見直して家計にゆとりを

 

まずは、住宅ローン等を利用して新築や
中古住宅の購入、増改築した場合で、
一定の条件に該当すれば、各年分の
所得税が控除される制度です。

 

また、要件を満たせば、各年の所得税額から
一定の控除を最長10年間受けられる特例があります。

 

この特例を受けるためには、控除を受ける
初めての年、翌年2月16日〜3月15日の
期間中に、確定申告を行う必要があります。

 

対象となる住宅は、住宅の新築の場合、
床面積50平方メートル以上で、これは、
新築住宅の取得と既存住宅の取得、
増改築島でも変わらないです。

 

●フラット35を含めたローン
すべての借入金の年間返済額が、
  年収に占める割合が一定の
基準を満たしていること
など、以上がフラット35を利用する
際の“利用者の条件”になります。

 

次に、使い道などの条件は、
利用者本人が居住するための建設資金や
新築・中古などの住宅の購入資金
になり、リフォームや住宅ローンの
借り換えには利用できません。

 

 

ただし、中古住宅の場合は、耐火構造は
築25年以内で、それ以外は、
築20年以内と定められています。

 

確定申告の期間は翌年
の2月16日〜3月15日です。

 

確定申告の時期は、税務署内にて
確定申告書や控除対象額の計算書の
記入方法などについて相談コーナーを設けています。

 

転職前にどんなに高収入が
続いていたとしても、また、
転職後の会社からも高収入を
約束されていたとしても、転職直後は、
住宅ローンの審査はどうしても
厳しくなります。

 

今、公的な金融機関であった住宅金融公庫は
なくなり、住宅金融支援機構が
後を引き継いでいますが、農協の
住宅ローンは、その機構の金利より
安いです。

 

 

JA住宅ローンの審査基準が
いくつかあります。

 

ソニー銀行の住宅ローンの
金利について、紹介します。

 

ソニー銀行の住宅ローンの金利には、
固定金利と変動金利があります。

 

JA(農協)のローンには、
いわゆるローン商品の大体のものがそろっています。

 

まず、JA(農協)の住宅ローン。
人生最大の買い物といわれる住宅購入のためのローンで、
やはり金額が大きいので、
安心できるところ、審査や金利などの
条件のいいところから借入したいということで、
民間最大規模のJAバンクに相談する方が多いようです。

 

そして、ソニー銀行の住宅ローンでは、
適用条件を満たした方に限り、
住宅ローンの金利優遇制度が適用されます。

 

適用条件は、
●2007年12月30日までに“仮審査お申し込み”
を受付、2008年3月31日までに借入を行った方
(2007年12月30日以降の制度のことについては、
2007年9月28日までにサイトにて報告あり)

 

主なものとして、以下の書類が
必要となります。

 

所得を証明する書類、住民票、
健康保険証、契約書、
重要事項説明書、
登記簿謄本、平面図、敷地測量図

 

住宅ローンの借り換えとは、
今の住宅に住み続けながら
現在よりも有利な条件の住宅ローンに
変更することで、これによって月々の
返済額を少なくしたり、返済総額を
数百万円節約することができたりします。

 

 

先程、農業関係以外の人は
出資金が必要と説明しましたが、
それも条件の1つとなりますが
その他にもいくつか存在します。

 

また、他社で住宅ローンを組んでいたけれど、
JA(農協)の住宅ローンがいいと聞いて、
借り換えをするケースもあります。

 

JA(農協)の住宅ローンについては
シュミレーションをしてみる価値はありますね。

 

 

まず、JA住宅ローンは、住宅の
新築の購入や住宅の増改築、宅地購入、
他の金融機関からの借り換え
として利用できます。

 

ATMの利用手数料や年末年始に利用可能時間、
営業時間などは、各ATMによってちがいますので、
お使いになるJA(農協)ATMに表示してある案内をご覧ください。

 

また、店舗・事務所など併用住宅または
増改築の場合は、居住部分が
全体の2分の1以上であることが
条件となっています。

 

また、残高は、公的融資と民間融資を
あわせて最高5,000万円までとなっており、
増改築の場合は100万円を超える工事に、
必要とした借入金が対象となります。

 

申告しにいって得することはあっても、
損することはないので積極的に行きましょう。

 

JA(農協)のマイカーローン。
これは、自動車ローン、オートローン、
モーターローンなどと呼ばれることもありますが、
いわゆる車のローンです。

 

もっとも身近なローンといえるかもしれません。

 

金利優遇などのキャンペーンを
行っていることも多いので、
JA(農協)のマイカーローン情報は要チェックです。

 

●住宅ローンを新規で利用する方
●借入までに、“給与振込み”“積立定期預金
”“外貨普通預金”“クレジットカード”などの
取引を行っている方
と、なっています。

 

優遇内容は、住宅ローンの借入全期間、
すべての金利タイプでソニーバンクの
住宅ローン基準金利から、年利一律0.9%の
優遇を受けることができ、金利タイプの変更後も優遇されます。

 

 

借入期間10年以上の分割返済する借入金や、
親戚などからの個人的な借入金、勤務先からの
無利子又は1%に満たない利率による
借入金は適用条件外です。注意しましょう。

 

JA(農協)のATM(現金自動預け払い機)は、
まず、最寄のJA(農協)内にあります。

 

また、「JAバンクのATM」で探せば、
ショッピングセンターのATMコーナーなど、多くの
場所にJA(農協)のATMもしくは、
提携ATMが設置してあります。

 

JA(農協)ATMの設置が比較的多い地区です。
横浜、兵庫六甲、沖縄、愛知(あいち)、
広島市、兵庫西、岡山、福岡、さがみ、京都、大阪、長野

 

JA(農協)ATMの利用がさかんな地域です。
鹿児島、なら、兵庫南、静岡、茨城、香川、岐阜、紀南、山形、新潟、佐賀、北海道、東京、熊本

 

老後や教育資金づくりのために
住宅ローンを見直しませんか。

 

 

近年は、終身雇用は当たり
前ではなくなり、転職組も多数
出現していますから、以前に
比べれば、審査にも多少の幅が
あると言われています。

 

JA(農協)の教育ローン。
これも安心のJAバンクにまかせたい
ローンといえます。
学資ローンといったりします。

 

これは、今までの目的ローンと系統が
ちがいますが、JAネットバンクの無担保ローン。

 

他社の無担保ローンに比べて、
有利な面が多いです。

 

また、住宅ローン控除を受けられない
条件の一つに、借入金については
適用外となります。

 

減額承認 

 

ローン借り入れの申し込みをして
審査をした結果、審査は否認にならなかったけれども、
希望金額よりも少ない金額で
融資の承認が出た時のことをいいます。

 

一言で減額といっても、100万円から
1000万以上までの開きがあります。

 

しかし、転職したばかりの人が、
転職先の会社で立場が不安定で
あることは,やはり事実でしょう。

 

お金を用立てる側はそう見なします。

 

 

 

ほとんどの場合、多少の
出資金を払うことで組合員に
なることができ、住宅ローンを
利用することができます。

 

ソニー銀行の住宅ローンを紹介します。
ソニー銀行の住宅ローンの条件として、
融資金額500万円以上1億円以下
(10万円単位)で、返済期間1年以上
35年以下(1ヶ月きざみ)となっています。

 

利用資格の条件としては、
●ソニーバンクに円普通預金口座を
持っている方

 

繰上返済手数料 

 

属性には問題がないものの、その他の
借入などがある場合、返済負担率を
考慮して、“あなたはこれくらいなら
返済できるでしょうから、これだけ
でしたら融資できますよ”と
いった感じで融資金額を
制限されてしまう時のことをいいます。

 

自己資金があれば対応できますが、
全くない場合には、
物件そのものの価格を借入可能
金額に見合うものに変え
なければなりません。

 

 

繰り上げ返済をする為に
必要な手数料のことです。

 

固定金利を利用しているか、
変動金利を利用しているか等で変わってきます。

 

窓口での返済よりも、
インターネット上での返済のほうが手数料が
低い場合もありますし、
銀行によっては繰り上げ返済手数料が
無料のところもあります。

 

 

 

JA(農協)の住宅ローン商品は、
幅広くそろっていて、低金利のメリットを
生かし、とりあえずの返済負担を抑えたいアナタには、
「固定金利期間選択タイプ」がありますし、
頭金不足でも利用できる商品もあります。

 

固定金利

 

契約時に設定されたローンの
金利が固定されて適用されることを言います。

 

固定期間が2年の場合、2年間は
支払金額・支払い内容ともに変わりません。

 

固定期間は1年・2年・3年・5年・
10年・15年・・・などと決まっていて、
契約時に選択することができますが、
選択した固定期間が終了するまでは、
途中で他の固定金利や変動金利に
変えることはできません。

 

住まい関係では、住宅ローンの
ほかに、JA(農協)アパートローン、
JA(農協)リフォームローンなどもあります。

 

建てて終わりではない住宅ですから、
日ごろから各ローンの特色を確認しておきたいものです。

 

融資内容などは、各JA(農協)によって
ことなるので、詳しいローンの内容や
金利などの融資条件、審査の手続き
などについては、最寄のJA(農協)に
問い合わせてみてください。

 

 

●申し込み時の年齢が、満20歳
以上で満65歳未満の、最終返済時の
年齢が満80歳の誕生日までの方

 

繰上返済(返済額軽減型)

 

繰り上げ返済のうち、当初の
返済期間は変えずに月々の返済額を
軽減する方法のことをいいます。

 

自営業者 ・個人事業主

 

勤務している会社の経営者または
代表者を、自分自身で務めて
いる人のことをいいます。

 

役員を務めている場合は、多くの
場合はサラリーマンとして
考えられますが、会社の業績が
ローン借入に影響します。
(決算書の提示が必要です。)

 

期間短縮型にくらべて、利息軽減効果は
劣りますが、借り換えを考えている場合や、
教育費用などが数年後に
かかることが分かっている場合には月々
の負担を減らすために有効な
場合があります。

 

 

 

●前年の年収(自営業の方は申告所得)が
400万円以上の方

 

 

では、「農家でないと融資して
もらえないの?」「誰もが農協の住宅ローンを
利用するということはできないの?」 
と思われるかもしれませんが、
そうではありません。

 

実行(実行日) 

 

ローンで借入した金額が、
実際に銀行から支払われる日のことをいいます。

 

ローン債務者の銀行口座にいったん
振り込まれた後、同時に住宅購入を
した業者に全額支払い(送金)されます。

 

実際に債務者の目の前に現金が
用意されるわけではありません。

 

住宅ローンの金利が高い時期に
住宅ローンを組まれた方の場合、
現在の低金利のもとで借り換える
事によりローン返済額を大きく
減らすことができる可能性があります。

 

繰上返済(期間短縮型)

 

繰り上げ返済のうち、当初の
返済期間を短くする方法です。

 

同じ金額を繰り上げ返済するなら、
“返済額軽減型”よりも“期間短縮型”の
ほうが利息軽減効果が高くなります。

 

また、目的によっては返済額軽減以外での
メリットもみつかるかもしれません。

 

収入合算 

 

ローン借入金額が、あなた一人の
年収では限度を超えてしまう場合、
夫婦であれば妻の収入もローン返済に
充てることができます。

 

収入合算する妻の勤務体系は、
パートやアルバイトでは認められず、
正社員または派遣社員・契約社員で
ある必要があります。

 

(派遣社員や契約社員の場合、
勤務年数が3年以上ある場合に可能です。)

 

現在は色々な金融機関が
「全期間1.5%金利優遇」「当初10年間は1.95%」
「全期間完全固定2%台」などの
多種多様な住宅ローンを出していて、
とても魅力的です。その一方で、
「ある銀行に住宅ローンの申し込み
をしたが断られた!」と言う話も
よく耳にします。

 

3500万の住宅ローンを組んで
新築一戸建てのマイホームを
購入したいのですが、大丈夫でしょうか?

 

今回はBさんの素朴な疑問に、
一般的な銀行審査はどのように
行われるか解説しましょう。

 

承認 

 

ローン借入の申し込みをして、
審査の結果がOKで借入が
できると認められた時に、
承認になったといいます。

 

融資が約束されたという意味で、
承認になった案件はよっぽどのことがない限りそのまま契約・実行となります。

 

ただし、申込者が取り下げを
希望した場合は、契約をしなくては
ならないということはなく、違約金なども発生しません。

 

住宅ローンの控除を受ける
条件として、当たり前ですが、実際にマイホームに
住んでいるということが挙げられます。

 

この住宅ローン控除制度は、所得税法に
よる取り決めなので、対象となる税金は所得税です。

 

JA(農協)の住宅ローンは、
人生最大の買い物だけに、
利用者が多いです。

 

JA(農協)の住宅ローンシュミレーションは、
ぜひ一度やってみるべき。

 

住宅ローン金利での、JA(農協)の優位性がよくわかります。

 

JA(農協)のローンは、JAネットバンク以外で
申し込む場合、全国各地のJAに相談する
ことになります。

 

繰上返済 

 

通常のローン返済額とは別に、
ローン残高の一部を返済する方法です。

 

諸費用   

 

住宅を取得する際に、住宅本体の
価格以外に発生するすべての費用のことを言います。

 

ローン保証料、仲介手数料、契約書類に
関する印紙代、火災保険料、
不動産担保設定費用なども諸費用に含まれます。

 

土地購入にかかる費用も、同じく
土地価格以外にかかる費用は諸経費と考えます。

 

家具購入代金や外溝工事費用は
借入できる諸費用とはなりません。

 

リフォーム代金は諸経費ではなく、
住宅本体価格に含まれるものとなります。

 

 

 

当初の返済期間を変えずに月々の
返済金額を減らす方法と、月々の
返済金額は変えずに、返済期間を
短くする方法があります。

 

東京、大阪、愛知、横浜、神奈川、兵庫、
福岡、大体の大都市から地方各地に
JA(農協)ローン、JA共済の窓口がありますので、
まずは資料をもらいにいくというような、
気軽な気持ちで相談してみましょう。

 

JA(農協)の住宅ローンは、住宅の新築・増改築、
新築・中古住宅の購入、居住用土地の購入、
借り換えなどの資金に利用できます。

 

特徴的なのは、保証人で、
農業信用基金協会などの保証をつけるため、
保証人は原則として不要です。(JA(農協)の
ローンを利用する前提として、出資金を
出して農協の准組合員になっておく必要はあります。)

 

金利の優遇期間 

 

店頭金利から、優遇を受けられる
期間のことを言います。

 

契約時に決めるもので、2年間とか
10年間などの期間を決めておくと、
店頭金利にかかわらず、決めた
金利の優遇を受けることができます。

 

税金を払い過ぎないためにも、確定申告の
手続きをしましょう。もし、住宅ローン控除の
申請を忘れていても、過去5年間
さかのぼって請求することができます。

 

あきらめないで、もう一度、確認をしてみましょう。

 

審査 

 

住宅ローンの借入を申し込みすると、
申込者に支払い能力があるかどうかの
審査が行われます。

 

審査には仮審査と本審査があり、
実際のローン契約は本審査に
基づいて行われます。

 

仮審査にOKがでても本審査に
承認になるという保証はありません。

 

 

 

借り換え(住宅ローン)のポイントを要約すると

 

・金利差が1%以上あること
・ローン残高が1,000万円以上ある
・返済期間があと10年以上ある
というのが概ねの目安となっています。

 

●ソニーバンク指定の団体信用生命保険に
加入可能な方(保険料はソニーバンク負担)

 

金利の見直し 

 

期間満了とともに、金利の
優遇が変わることが多く、
また、次に固定金利を選ぶのか、
変動金利を選ぶのかによっても
金利が変わってきますので、
金利の見直しが行われます。

 

金利の見直しが行われると、
あたらしい返済予定表が
作成され、月々の返済金額も
変わります。

 

●日本国籍または、永住権のある方

 

属性

 

住宅ローンの審査を行う上で
必要になる項目を、あなたに属する
ものとして判断基準にするもので、
年齢や職業、年収などの総合評価の
ようなものです。

 

属性が良ければ承認、属性が
悪ければ否認となります。

 

誰でも金融機関の審査に断られるのは、
気分のよいものではありませんし、
不安もあるでしょう。住宅ローンを
申し込むためには多くの書類準備を
しなくてはいけません。

 

金消契約 

 

ローン審査が終わり、
住宅ローンの契約を
銀行と締結することを言います。

 

契約後2〜3日後にあなたの
口座に借入金額が全額振り込まれます。

 

団体信用生命保険 

 

銀行から融資を受けている人を
被保険者、生命保険金の受取人を
融資先の銀行とする生命保険で、融資を
受けている人が死亡または高度障害状態に
なった場合には、その保険金でローン債務が
全額支払われるというものです。

 

銀行でローンの借り入れをする
ときには必ず加入が必要になります。

 

保険金は金利に含まれており、
被保険者が保険金を支払う必要はありません。

 

住宅支援機構の融資・
フラット35買取型での加入は
任意となります。

 

それらの準備が無駄
にならないためにも、
住宅ローン申し込み前には
必ずチェックしましょう。

 

 

●購入予定の土地や
住居等に第1順位の
抵当権が設定できる方
となっています。

 

その他同居が条件で、夫婦の連帯債務としての
利用もできますし、親子共有名義での利用もできます。

 

平成2年には金利が8%台だった
こともありましたので、現在の
金利と比較すると相当の負担差があります。

 

いまや常識といわれる借り換え住宅ローン。

 

給与所得者 

 

勤務している会社から給料を
もらっている人のことを言います。

 

つまりはサラリーマンのことです。

 

抵当権設定費用 

 

マイホームを取得したら、
自分のものであるということで、土地や
家の持ち主として役所に届出をし、
権利を確定しなければなりません。

 

設定は個人でするのは難しいことと、
銀行としては貸し出しと同時に行って
もらう必要があるため、司法書士に依頼して行います。

 

 

その気になる出資金の金額なのですが、
これは各地のJAにより違って、
一般的に数千円から数万円程度
とされています。

 

 

それから、
JA住宅ローンを利用できる人は、
安定した就職に就いている人、
前年度の税込み年収200万円以上の
人で勤続年数が原則 3年以上が
必要とされています。

 

キャンペーン

 

物件価格により税金が変わりますが、
15万円〜30万円が必要になります。

 

その時々でさまざまなキャンペーンがあり、
キャンペーン期間内であれば、通常より
有利な金利等で借入できる等の
メリットがあります。

 

保証料無料キャンペーンなどを行う
金融機関もありますので、
情報を集めることが必要です。

 

店頭金利

 

銀行の店頭に表示されている金利です。

 

ローン借入の際に基本となる
金利となり、毎月変わります。

 

横浜銀行の住宅ローンを紹介します。

 

一般にはなかなか公開されない、
住宅ローン審査の基準をお知らせしています。

 

住宅ローン審査の申し込みをして否認になると、
次回の審査の時にも不利に働きます。

 

申込をする前に、審査が承認になるか、
否認になるかの判断をあなた自身で行いましょう。

 

 

住宅ローンの審査の基準は、
なかなか表には出ないものになりますので、
誰もが不安なまま申し込みをすることになると言えます。

 

当然、否認になってしまってもその
原因が分からずに、悩んで
いらっしゃる方も方も多いのではないでしょうか。

 

元利均等返済

 

原則として、毎回の支払金額が
一定になるように返済していく方式です。

 

否認 

 

ローン借入の申し込みをして
審査をした結果、審査結果がNO
になったときのことをいいます。

 

審査が否認になったことは履歴
として残り、次回、別の銀行でローン
申し込みをして、審査をする
際の参考資料にもなります。

 

数回続けて否認になると、審査
に影響があるといわれています。

 

毎月の支払金額は同じでも、
返済当初は利息の返済に充てられる
割合が大きく、元金部分の返済に
充てられる割合が少ないので、
なかなか元金が減っていかない
時期があります。

 

横浜銀行の住宅ローンには、返済額が
5年間変わらない「変動金利型」、
一定期間金利を固定できる「固定金利指定型」、
金利が上昇しても最終返済日まで金利が
変わらない「固定金利型と超長期固定金利型」があります。

 

月々の返済額・返済期間、
借り換えた時のメリットなど、
少しでも負担が軽くなるようにと
誰もが思っています。

 

元金均等返済 

 

借入金額を返済回数で割って
出した毎回同額の元金に、
残高に対する利息を上乗せ
して返済する方法です。

 

返済期間 

 

ローンを支払う期間のことを言います。

 

最長で35年となり、1年刻みで
自由に選ぶことができます。

 

毎回一定額の元金を返済
できるので、元利均等返済と
比べてローン残高が減るのが
早いのが特徴です。

 

返済金額は一定ではなく、
支払当初の金額が一番大きく、
毎月少しづつ少なくなっていきます。

 

そんな時この新生銀行の住宅ローン
返済シュミレーションを利用してみてください。

 

今後の生活設計をたてるのに、
とても役に立つと思います。

 

 

借入金額は、1億円以内(超長期固定金利型の
場合は8,000万円以内)で、借入期間は
35年以内となっています。

 

完済   

 

住宅ローンの残高を全て
返済することを言います。

 

変動金利 

 

この金利返済方式を選択すると、
その時々の金利情勢により
金利の見直しが行われます。

 

一般的に半年ごとに金利の見直し
が行われ、返済内容(毎月の返済金額の
中の利息金額)の変更がありますが、
返済金額自体は5年間変わりません。

 

同じ金額を返済していても、金利が
高い時には返済金額の
中の利息の割合が増え、利息が
低い時には返済金額の
中の利息の割合が低くなり、
元金部分の返済が大きくなります。

 

完済には、ローンを払い続けて
期間満了で完済になる場合と、
借り換えなどで他で借入を起こして
既存の残債を返済する場合、
自己資金(貯金や退職金など)で
返済する場合などがあります。

 

完済後は、不動産の抵当権の
設定が解除されます。

 

横浜銀行の住宅ローンを利用
できる方の条件は、
●借入時の年齢が満20歳以上で最終返済時の
年齢が満82歳未満の方

 

JA基準内に、全ての借入金の
年間元利返済額の年収に対する
割合が納まっていないとJA住宅
ローンの審査基準外となり利用
できないようです。

 

しかし、完済後に払い戻す
こともできるそうです。

 

そんな不安なあなたの為に、これなら
審査に通りやすい、これでは審査に
不利になる、という住宅ローン審査の
基準情報をまとめました。

 

仮審査

 

住宅ローンの本審査の
申し込みをする前に、ためしに
行う審査になります。

 

借入限度額や、属性などから、借入が
可能かどうかを簡易的に判断するものになり、
仮審査に通ったからと言って
本審査で承認になるとは
限りません。

 

すべて読んでいただければ、ご自分で
ローンの借り入れができるかどうかの
判断ができるようになりますので、
申し込んでからの不安な夜を
過ごすこともなくなります。

 

返済負担率

 

返済負担率とは、あなたの年収に
占める住宅ローンやその他の
ローンの支払合計金額の割合を
指します。

 

返済負担率が○%などといいます。

 

 

 

農協の住宅ローンは、
一般のサラリーマンでも利用可能です。

 

 

そして農協の住宅ローンには、
固定金利特約型(3年、5年、10年) 、
変動金利型の金利型のタイプの他に、
リフォームローン、借換え専用住宅ローンが
あります。

 

新生銀行の住宅ローン返
済シュミレーションを紹介します。

 

新生銀行の住宅ローン返済
シュミレーションには、3パターンあります。

 

借換  

 

借りている住宅ローンを
いったんすべて返済して新たに同じ
金額で借り換えることを言います。

 

借り換えの際に、既存のローンより
借入金額を少なくすることは可能ですが
借入金額を増やすことはできません。

 

保証会社 

 

個人がローンの借入をする際、
保証人の代わりに債務者の
保証を請け負います。

 

保証会社に保証してもらうには、
ローン保証料を支払うことが
必要になり、保証会社に保障して
もらえない場合は、原則として
ローンの借入はできません。

 

保証会社は、ローン債務者が
何らかの理由でローン支払いが
できなくなったときには、債務者に
代わって銀行にローン残金を
支払います。

 

債務は保証会社に移行し、保証会社が
物件の処分などを行うことになります。

 

 

 

また、借入期間は既存のローンの
残年数を超えることはできません。

 

新規借り入れと同等ですので、
新たに審査が必要になり、諸費用も
、借入に関するものに関しては
同じようにかかります。

 

 

 

一つは、新規の借り入れを検討する際、
月々の返済額の試算に役立つ、
「新規借入シュミレーション」、二つ目は、
借り換えを検討する際、
借り換えした時にどれくらい得に
なるかを試算するのに役立つ、
「借り換えシュミレーション」、
そして三つ目が、繰上返済をする際に、
繰上返済のメリットを試算するのに役立つ、
「繰上返済シュミレーション」です。

 

保証料  

 

住宅ローンの借入をするときに、
信用保証会社に保証を委託した
場合に必要となる費用です。

 

保証料は金額や借入期間によって
異なり、借入金額が多いほど、また
借入期間が長いほど高くなります。

 

借入時に前払いで支払いますが、
当初に支払いができない場合は、
金利に組み込むこともでき、その
場合は通常の金利より0.2%程度
金利を上乗せして返済します。

 

すべて読んでいただければ、ご自分でローンの
借り入れができるかどうかの
判断ができるようになりますので、
申し込んでからの不安な夜を過ごすこともなくなります。

 

また、何度申し込んでも否認になってしまう、
申込ブラックも避けることが可能になります。

 

住宅ローン審査に承認になる為には、
正しい知識を持つことが必要です。

 

住宅ローン審査の基準を知ることで、
住宅ローンの攻略に役立ちます。

 

こちらのサイトでは、住宅ローンの
審査の基準や考え方などを検証しています。

 

高額な借入をしなければならない
住宅ローンなので、返済も長期にわたり大変です。

 

公的融資を借りたときに窓口となった
金融機関に相談すると、
手続きがスムーズに行くでしょう。

 

金利を徹底比較して、好条件の
銀行を選択するのも1つでしょう。

 

多種多様な商品からライフプランに
あった住宅ローンを検討してみましょう。

 

借入限度額 

 

住宅ローンの借入が最高で
いくらまで借入できるのかを計算した
限度額のことをいいます。

 

おもに年収と借入期間によって変わります。

 

年収によって、返済金額の
返済負担率が変わり、年収が
多い人は返済負担率が
上がるので、より多くの
額を借入することができます。

 

また、諸費用として借入することも
可能ですが、保証料分はローン実行時に
一括で前払いすることになります。

 

なんらかの理由でローン支払い
ができなくなった場合は、保証
委託会社があなたに代わって
銀行にローン残金の支払いを
しますが、あなたの債務が
なくなるわけではなく、今度は
保証会社宛に債務が残ります。

 

物件は競売などにかけられて
処分されることとなります。

 

固定金利がいいの?

 

 

融資期間は、最長35年。

 

公庫融資よりも有利な住宅ローンを
扱っているところもあります。

 

●所定の団体信用生命保険に加入できる方

 

●保証会社の保証が受けられる方
●超長期固定金利型を利用される
場合には、前年度の税込み年収が
400万円以上の方

 

と、なっています。

 

ただし、原則として担保物件には、
みずほ銀行が第一抵当権の設定登記を
させていただくことが条件となります。

 

・住宅ローンを基礎から学べる
無料メール講座はこちらから

 

住宅ローン審査に承認になるには、
正しい知識を持つことです。

 

本審査

 

住宅ローンの審査には、
仮審査(事前審査)と本審査があります。

 

仮審査は返済負担率や、
年収等から、住宅ローンの借り入れが
できるかどうかの簡易的な審査を
するのに対して、本審査では
個人信用情報も考慮して本格的な
審査となるため、仮審査で承認になっても
本審査で承認になるとは限りません。

 

基礎からわかる住宅ローン
審査承認プログラムであなたも
マイホームを手に入れましょう。

 

 

大きく分けたカテゴリーから、さらに小さい
メニューに分けてすべて詳しく説明させて
いただいておりますので、すべてのメニューに
目を通すようにして下さい。

 

住宅ローン審査に勝利するためには、すべての
項目に合格点を取ることが大切です。

 

細かいところまでしっかりと準備をして一発承認を目指しましょう。

 

これが、ライフステージに応じて選べる、
みずほ銀行の住宅ローンです。

 

自営業の人は、JAと1年以上取引
がある人に限定しているようです。

 

 

またフラット35を扱っているところも
あるので、利用の検討も視野に
入れてみましょう。

 

みずほ銀行の住宅ローンを紹介します。

 

住宅ローン審査を承認にする為にできること

 

 

本審査で承認になった場合は、
よほどのことがない限り6か月ほど
は審査の結果が継続し、いつでも
融資可能な状態が続きます。
(団体信用生命保険は3か月
ほどで再審査になります。)

 

ただし、勤務先が変わったり健康上の
問題で団体信用生命保険に
加入できなくなってしまうと審査は白紙に戻ります。

 

 

住宅ローンの借り入れに
必要な基礎知識から、ちょっと
高度なテクニックまでが
無料メール講座で学べます。

 

住宅ローン借入金利を下げる
裏ワザから、住宅ローン減税のあらましまで、
知らないと困る基礎知識をまとめました。

 

住宅ローンの審査は、合計点で決まるもの
になりますので、平均してポイントを
稼ぐことが必要になります。

 

戻し保証料 

 

保証料は、借入する際に
全額前払いで支払しています。

 

返済途中で繰り上げ返済した場合や、
完済等をした場合には支払済みの
保証料の剰余分が返金されます。

 

項目ごとに、この条件はプラス○点、
この条件はマイナス○点、という感じで
合計したものがあなたの評価となり、
合否を決定することになります。

 

大きくマイナスになる項目がある場合には、
他の項目で挽回する必要があります。

 

「年齢・返済負担率・担保評価額・勤続年数・
年収・個人信用情報」等の6項目の
ポイントが高ければより承認に近づき、
ポイントが低い場合にはその他の条件で
ポイントを稼がなければなりませんが、
6項目のポイントが低い場合には、
融資をしてもらうのは難しいと考えられます。

 

みずほ銀行の住宅ローンは、50万円から
上は最高1億円まで借り入れることができます。

 

利用できる方は、“満20歳以上71歳未満で、
最終返済時に81歳未満の方”と、
“みずほ銀行が契約する生命保険会社の
団体信用生命保険に加入が認められる方”、
そして“安定した収入のある方”になります。

 

そこで、少しでも新生活を始めるに
あたって有利になるように、
いくつかの方法を選択することも可能です。

 

どの方法も、1長1短がありますが、
代表的なものに任意売却や
個人民事再生などがあります。

 

その剰余金を戻し保証料と言います。

 

繰り上げ返済や完済後2〜3週間で
ローン支払い口座に返金(振り込み)されます。

 

 

住宅ローンが払えない時の
知識として知っておいて下さい。

 

返済期間は、1年以上35年以内で、
金利は“変動金利方式”か“上限金利設定方式”
“固定金利選択方式”の中から選ぶことができます。

 

そして、みずほ銀行の住宅ローンの使い道は、
土地や住宅の購入の他に、
住宅の新築・増築・改装、リフォームなど住宅に
関するさまざまなことに利用できるのです。

 

 

そういう現状がわかった上でも、
それでも、もうすでに転職して
しまっているし、マンション購入なり、
家の新築なりを早くやらねば困る状況に
ある場合は、JA・JAバンク・農協の
融資担当者に現状を説明し、
何かいい方法がないか、ざっくばらんに
相談しましょう。

 

 

優遇金利  

 

借入する金利に対して、店頭金利より
優遇(金利を下げる)された金利のことを言います。

 

固定期間などにより、金利の優遇幅は
変わります。

 

毎月見直しがありますので、店頭金利
にとらわれず、優遇後の金利を中心に
調べるといいですね。

 

あなたの家は競売にかけられ、
売却代金は住宅ローン残債務の
返済に充当されますが、住宅ローンの
残さいが売却代金で賄いきれない場合には、
残金はあなたが払い続けることになります。

 

これが通常の手続きとなり、あなたが
何もアクションを起こさない場合には
このような手続きが進められることになります。

 

しかし、マイホームを競売をされて
しまうと引越し代金も出ませんし、
住むところもなくなり、新たに生活を
始めるにあたって非常に厳しい状況になります。

 

最終的に合計点が基準地以上の場合
には承認、基準値に達しない場合には
否認(住宅ローンが通らないこと)となります。

 

住宅ローン審査の基準を知ることで、承認にすることができます。

 

住宅ローン審査に重要視される傾向の
各条件については、・審査に有利な
属性と不利な属性のカテゴリーにて
詳しく説明しておりますので、参考になさってください。

 

ですが、表面金利を
見比べても、どれが最終的にお得
なのかがわからないと思います。

 

優遇期間満了後の金利優遇 

 

通常、ローンを支払している
時の金利は優遇期間の満了と
ともに金利の優遇がなくなりますが、
満了後も優遇を受けられる特約に
なっているローンもあります。

 

出来れば、優遇金利満了後も金利優遇の
あるローンを選択することが望ましいです。

 

 

 

三大疾病保障特約付団体信用生命共済にも
加入が可能です。

 

三井住友銀行の住宅ローンを
紹介します。

 

三井住友銀行の住宅ローンには、
通常の住宅ローンに併せ
顧客のニーズに合った住宅ローンを
選べるように、様々な住宅ローン
商品を用意しています。

 

例えば、三大疾病をはじめ「高血圧症」
「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」
「慢性膵炎」など5つの重度慢性疾患を
ワイドに保障してくれる“三大疾病保障付住宅ローン”。

 

それを、代位弁済と言います。

 

あなたの住宅ローンの残債務は、
金融機関に対してはなくなりますが、
代わりに代位弁済をしてくれた
保証会社に支払い義務が残ります。

 

審査に有利な属性と不利な属性

 

属性とは、金融機関における
(住宅ローン借入者としての)
あなたの総合評価のようなものです。

 

金融機関の基準にどこまで達して
いるかを測る目安とするもので、
スコアリング結果に基づき、
A〜F等の段階で表します。

 

また、担当者一人の結果ではな

 

JA住宅ローンに興味のある人は、
最寄のエリアを管轄するJAに
訪ねて相談されてはどうでしょうか。

 

新たな魅力を発見できるしれませんよ

 

連帯保証人 

 

住宅ローンの借り入れをした人が、
ローンの支払が困難になった場合に、
代わりに支払をする義務を持つ人の
ことを言います。

 

金利以外にかかる費用は?

 

次に“3大疾病保障特約付住宅ローン”は、
新築・中古などの住宅購入の他に、
借り換えやリフォーム・建てかえ・諸費用
などの利用者を対象に、ガン・
急性心筋梗塞・脳卒中で所定の条件に
該当すると、ローン残高が0円になるという住宅ローンです。

 

そして“凛”は、女性のための
住宅ローンで、一人で独立して家や
マンションの購入を考えておられる
働く女性のために金利をはじめ、
いろいろな優遇措置のある住宅ローンです。

 

 

住宅ローン 借り換え 必要書類

 

住宅ローンが払えない時の対処法

 

住宅ローンを借りる前から
考えたくないことではありますが、
住宅ローンの支払ができなくなって
しまうことがあなたの身に起こらないとは限りません。

 

もしもの時にどうしたらよいのかを
知識として持っていることも必要です。

 

住宅ローンの支払ができなくなると、
一般的にあなたの代わりに
保証会社が金融機関に
住宅ローンの残債を一括返済します。

 

通常の住宅ローンでは連帯保証人を
立てることはありません。
(保証会社が連帯保証人の
役目をはたします。)

 

ただし、夫婦の連名で収入合算して
借入する場合などは、お互いに
連帯保証人になる場合もあります。

 

 

以前は、住宅ローンの審査は
経験者の経験と判断にゆだねられている
部分が大きかったと言われていますが、
それでは同じ属性の人でも担当者によって
判断が変わってしまうことが起こるため、
今では誰が行っても同じ結果が出るように
スコアリングによって判断する場合が
多くなっています。

 

 

住宅ローン借り換えの必要書類は、
金融機関によって異なりますので、
申し込みの金融機関に確認するようにしましょう。

 

ローン取り下げ 

 

ローン審査を銀行に依頼した後に
申し込みの撤回をすることです。

 

承認のときでも、否認のときでも、
審査途中でも行うことができます。

 

特にペナルティはなく、取り下げをした
後に再度申込することも可能です。

 

JAだって、できれば融資
したいはずです。あなたの現状に
即したいい知恵を授けてくれるかもしれません。

 

また、すでにJAの教育ローンや
マイカーローンの完済実績がある人の
場合は、そうした「実績」を評価して、
それを審査に反映させてくれる
こともあるでしょう。

 

住宅ローンが否認になる理由

 

住宅ローンが否認になるということは、
住宅ローンの減額とは違い、
あなたに返済能力がないと
みなされたということになりますので
深刻な問題です。

 

住宅ローン否認の原因を解明し、
取り除かない限り住宅ローンの
借入は難しいといえます。

 

窓口へ行って相談することを
オススメします。

 

ただ、住宅ローンを含めた
融資の利用に関しては、
農協組合員への加入などの
条件があります。

 

 

当然、金利の大小だけで、住宅
ローン商品を選択してはいけない
ことはご存知ですよね。

 

しかし、これくらいでしたら大丈夫だと
判断しましたので住宅ローンの
減額融資をさせていただきますと
いう意味だと言えます。

 

ここでは、住宅ローンの減額の
理由としてどんなことが
考えられるのかを検証します。

 

また、担当者一人の結果ではなく、
多くの場合は複数人で行い、結果が
一致するまで行う方式がとられていると考えられます。

 

金融機関により、基準は異なりますが、
多数の項目からあなたの返済能力
を判断し、融資をするべきかどうかを
決定していきます。

 

ローンの審査が承認になるか、否認に
なるかということは、あなたの
総合評価によって決まります。

 

そして、インターネットや郵送などを使い、
来店しなくても住宅ローンの融資を受ける
ことができる“ネットdeホーム”。

 

また、住宅の購入を考えている
働く女性のための住宅ローン“Woman Plus”もあります。

 

その他にも、“借り換え”“住み替え”“リフォーム”など、
三井住友銀行の住宅ローンは利用者のことを考え、
安心して利用できる住宅ローンを用意しています。

 

 

変動金利の動向を常に注視し、
金利の変動に敏感に反応できる
機動性をもった方でなければ、
変動型の商品は向かないといえます。

 

りそな銀行の住宅ローンを紹介します。

 

りそな銀行の住宅ローンには、“フラット35”を
はじめ、“3大疾病保障特約付住宅ローン”や
“凛”などの商品があります。

 

りそな銀行の住宅ローン“フラット35”は、
新築・中古住宅などの購入者を
対象に、AタイプとBタイプがあり、
利用者のニーズに合った方を利用する
ことができますし、「エコウィル」などの
ガス住宅には“グッドエネルギー住宅ローン”が適用され、
一般住宅より低い金利で利用することができます。

 

ある項目では基準を満たしているが、
ある項目では満たしていない、などと
いう人は審査が通りにくくなります。

 

飛びぬけていい項目はなくても、
とりたてて悪い項目がない、平均して
基準を満たしている方が審査に通りやすいといえます。

 

項目別に、詳細を解説していますのでご覧ください。

 

また、インターネットで申し込むと、更に
低い金利で利用することができます。

 

住宅ローンが減額になる理由

 

住宅ローンが減額承認になるということは、
あなたは信用できる人だと判断しますが、

 

支払能力に懸念があるので、
希望の金額は貸し出しできません。

 

 

JAは他行と保証会社が
違うから別な
結果が出やすい。
60歳での残債を気に
しないのはJA住宅ローン。

住宅ローン関連エントリー

カーローン
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。カーローンについて。
教育ローン
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。教育ローンについて。
口座・カード
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。口座・カードについて。