建物更生共済 むてき

建物更生共済 むてき

イトキン 通販|イトキンオンラインのセールで人気ブランド

 

47クラブ お取り寄せ 通販 よんななクラブ

 

サイトマップ・フラコスメ 通販 評判 口コミ 白髪染めトリートメント
サイトマップ・資格スクエア 評判 口コミ 司法書士 行政書士 弁理士 社労士
サイトマップ・楽器買取ネット 評判 口コミ|買い叩きなし、最短48時間で入金!

 

 

JA共済の建物更生共済 むてき について

 

火災などを幅広く保障
火災や落雷、
爆発等で建物に
損害を受けたとき、
損害の程度に応じて、
モデルパターンの場合では最高2,000万円に
・臨時費用共済金
・残存物とりかたづけ費用共済金
等をプラスしてお支払いします。

 

加入限度額に関しては、
住宅は坪数で計算されます。
1坪あたり70万円、
4000万円が保障額の上限となります。
家財に関しては、
同居の家族の人数で計算されます。

 

5人分まで2000万円までが
保障限度額です。

 

住宅と家財を合わせて
最高6000万円まで保障されます。

 

 

県民共済の特徴は、
再取得価額で保障
70%以上の焼損のケースでも
全焼扱いとされるところです。

 

70%未満の焼損に対しては、
加入限度の範囲で
修復・買い替えのできる
金額で支払いされます。

 

もっとも大きなメリットは、
割戻金制度があることです。

 

JAの共済事業は、
北海道で始まり
その後は、
全国共済農業協同組合連合会(全共連)が誕生し
建物更生共済や
養老生命共済など農家のための共済商品を
販売していましたが、
農家以外の加入者も増えて徐々に
規模を拡大し、現在では
保険分野の最大手として知られています。

 

 

非営利組織であることから
民間の火災保険会社の「利益」に
あたる部分が無いことや、
販売コストも格段に安いことから
販売管理費や一般管理費も
削減できるので
安い保険料で運営可能と
なっています。

 

建物更生共済「建更むてき」の
しくみとしては建物・動産ともに火災、
地震に頼もしい保障内容と
なっています、また風水害等の
自然災害や盗難に対しても
幅広く損害を保障!

 

最長で30年間保障され
共済金額が満了したときには
満期共済金を受け取ることができます。

 

また加入できる建物の
共済金額については
再取得価額いっぱいまで保障され、
仮に50年前に1,000万円で
建てられた家であっても
現在の再取得価額を算定したうえで、
その評価に見合った家で
あれば「2,000万円の
共済金額に加入できます」
なんてこともJA共済では
よくあることです。

 

火災保険はひとつの
火災保険のみで必要な保障のすべてを
補えるとは限りません。

 

JA共済には生命保険や
自動車保険をはじめ
数多くの保険を取り扱う
共済事業があります。

 

JAの事業では保険ではなく
共済といわれますが
どの共済の掛け金も
保険料が安いことで知られています。

 

なかでもJA共済が
取り扱う保険のなかで
他の損保会社と仕組みが
少し異なるのが住宅の保険。

 

JA共済の住宅保険は
建物更生共済といわれ
その商品名が建更「むてき」と
いわれるもの。

 

このJA共済建更「むてき」は
火災保険だけでなく
地震保険がセットになっており

 

しかも保険料が掛け捨てでない
満期型の住宅保険です。

 

建物更生共済「むてき」の
魅力はなんといっても
地震保障がはじめからセットに
なっていること!

 

地震が頻発する日本では
いつ地震がおきて家が
倒壊するかとても不安です。

 

「むてき」では地震で
家が全損した場合、契約した
共済金額の50%が受け取れ
家の再建時にとても役立つ
共済内容となっています。

 

1,500万円の共済金額「むてき」に
加入しておけば全損の場合50%の
750万円が受け取れる
ということになります。

 

県民共済などで保障が
不足する部分だけ他の火災保険で
補充する方法もあります。

 

それぞれの火災保険会社の
保障内容を比較して、
必要な内容のものだけ
契約して複数の会社を
掛け持ちすることによって
月々の火災保険料を
節約することも可能です。

 

掛け金の安い共済を
利用すれば、必要な保障内容を補い
火災保険料が節約できます。

 

この「建物更生共済掛金試算サービス」は、
建物更生共済掛金の
試算を目的としたものです。

 

JAの共済事業として
多種多様の保障商品を
取り扱っているのがJA共済。

 

JA共済には建物更生共済の
ほかに生命共済に医療共済、
こども共済に年金共済と
生まれたばかりの赤ちゃんから
お年寄りまで安心して加入できる
共済保障がいっぱい!

 

 

また人だけでなくクルマの
保険「自動車保険」も
取り扱われており、一家の
保障をJA共済ですべてまかなえば
加入している保険の
管理も大変ラクになりますよね。

 

JA共済が火災共済で
掛け金取りすぎちゃった
全国共済農業協同組合連合会
(JA共済)は2月8日付けで、
火災共済で33万件・22億8000万円の
掛け金を取りすぎていたと公表しています。

 

火災保険33万件22億8000万円の
掛け金は大きな金額ですね。
どうしてこんなことが
行なわれていたのか?

 

全国共済農業協同組合連合会
(JA共済)では防火性が
高い住宅、つまり鉄筋コンクリート造
や鉄骨造などの構造物にもかかわらず、
耐火性の低い掛け金が高い
「木造」に誤って区分していたんですね。

 

火災の保険としては木造の方が
よく燃えるので、燃焼性が高いので、
掛け金も高くなるということですよね。

 

共済加入につきましては、
別途共済契約締結の
手続きが必要となります。

 

建物更生共済(たてものこうせいきょうさい)とは、
JA共済の建物、家財を保障する
共済である。

 

建更(たてこう)と略称される。
損害保険のひとつである火災保険とは
異なり、建物更生共済は、掛け捨てではなく、
満期時には、満期共済金、
満期時割りもどし金、
据置割りもどし金が受け取れる。

 

共済契約者甲について
相続が開始した場合には、
建物更生共済契約の
約款によれば、共済契約者の相続人に
契約が承継されることと
なっていることから、
建物更生共済契約に関する
権利が甲の本来の相続財産として
相続税の課税対象となり、
その評価額は、相続開始時における
解約返戻金相当額となります。

 

 

契約期間の終了を
迎えると満期共済金が
受け取れるってわけ!

 

もちろん強風や
雪災などの自然災害に
よる損害も保障され
自然災害による傷害に
対しても保障が受けれます。

 

特約をつければリフォームや
改築費用として
その修理代金を定期的に
受け取れるのも嬉しいですよね。

 

現在JAの「建更」に入っていますが、
毎年の掛け金の
支払いが多額なの
で、損保の「火災保険+地震保険」に
乗り換えようかと思ってます。

 

全国共済農業協同組合連合会(JA共済)は
火災共済の保有契約(2007年3月末で148万件)の
うち2割を超す契約内容だたんですね。

 

取りすぎが見つかりましたが、
改めて全国共済農業協同組合連合会(JA共済)の
販売時におけるいい加減な
業務実態が明白になりました。

 

全国共済農業協同組合連合会(JA共済)では
06年9月以降に満期を迎えた
火災共済のうち、構造区分を「木造」と
している75万件の契約を調査した。

 

木造と鉄筋コンクリとや
鉄骨では耐火性に大きな違いがあります。

 

調査した結果、住居の外壁が
不燃材料で、本来は「木造」より
掛け金が安い「防火造」とするべき
契約内容が多く発見されました。

 

「建更」に入ったのは、
保障がしっかりしていて
満期になれば100万円が
戻ってくるからだったんですが、
住宅ローンを組むときに
あわてて入ったの
で、他の保険とあまり
比較せずに決めてしまいました。

 

今になって、掛け捨ての
「火災保険+地震保険」の方が
満期時の返済金
を含めても、総支払額と
保障内容を比較して
建更よりも安くてお得だった
のではないかと乗換えを
検討しています。

 

そこで、本当にそれでよいのか
詳しい方のアドバイスをお願いします。

 

ちなみに、うちは
・占有面積 約80平米
・神奈川県
・住宅性能評価の耐震等級に
より地震保険は2割引(のはず)
の条件です。

 

もちろん損保会社の
火災保険に比べて
保険料は少々高くなるものの

 

JA共済の損害保険分野、
「建物更生共済」(建更)の最大の
メリットは災害時の共済金支払い
が非常にスムーズだという点です。

 

当然のことながら
全国共済農業協同組合連合会(JA共済)では
取りすぎた掛け金を1999年4月の
契約までさかのぼって
払い戻し全体の99.7%を
払い戻しています。

 

火災保険の契約内容でも
良くわからないことが
多いですよね。

 

しっかりと契約内容を
確認してから契約を
するようにしましょう。

 

また、素人では契約の
内容がわからないこともあります。

 

営業マンはお客様が
理解できるまで丁寧に説明する
ことも求められています。

 

「建物更生共済」(建更)は、
共済期間5年・10年の
火災の保障に
自然災害の被害(地震にも対応)を
保障する自然災害共済金が
標準でセットされているのが
民間の火災保険との違いです。

 

さらに、保障期間中定期的に
修理費共済金を受け取れるプランもある。

 

また、地震による損害も
カバーされており、
保障金額(火災共済金額)の
半額を保障している。

 

本サイトで算出した共済価額は、
建物の延面積などから
算出した目安の金額です。

 

基本的に保障範囲が
広がれば保険料は高く、
補償範囲が狭くなれば
保険料は安くなります。

 

損保の掛け捨てと共済の
保険料の差は基本的に満期金・修理費共済金に
起因しますので、どちらが
割安割高というのは一概に
判断できません。

 

数年毎に支払われる
修理費共済金をプールして
掛け金の支払いに充てれば
結局掛け捨てタイプと同じ
程度の負担になるのです
(あくまでおおまかな話)。

 

例えば、損保の火災保険+地震保険ですと、
建物更生共済と同程度の
保障を求めるとスレ主さんの
保険料は1年契約で3?3.5万円くらいに
なるのではないでしょうか
(長期契約にすればもちろん
割引になりますが
、JAの建物更生共済を年払い
すると仮定するので同条件にしました。
建物更生共済も掛け金を前払い
することで割り引きを受ける
制度があるはずです)。

 

たしかにJAの建物厚生共済は
満期金等が付帯されて
いますので掛け金そのものは
表面上高くなっていますが、
30年契約(火災共済金
1700万円と仮定)で年約
10万円程度の掛け金です。
30年支払うので計300万円ですが、
JAの場合満期共済金等で
195万円(実際には割戻金があるので、
もう少し多いはずです)が戻りますので、
実質負担は105万円となります。

 

 

実際のお引き受けにあたっては、
再度共済価額を計算しなおし
ますのでご留意ください。

 

不況下による所得の
落ち込みなどで保険商品の中でも
人気を集めているのが、
「共済商品」です。

 

JA共済 建更
JA共済建更とは、
JAの建物更生共済のこと。

 

JA共済建更には、型が1型・2型・5型・10型あり、
保障は最大5億円まで
設定できるそうです。

 

JA共済建更10型に加入した場合、
自然災害や火災などで全焼・全壊のときは、
満期共済金額の10倍の保障が、
地震等で全壊の場合は5倍保障が
受け取れるそうです。

 

一方損保の商品ですと、
年3万円として計90万円、
年3.5万円として105万円です。

 

なお、ここでの計算は大まかなもの
ですので実際の比較検討は
見積もりを取られてくださいね。

 

建物更生共済は水害等
マンションとしては過剰保障と
いう感じはしますので、始めから
フル装備の共済よりも、
取捨選択ができる損保商品を
選択するのも良いと思いますし、
充実した保障とちょっとした
室内の修繕費用を貯めるつもりで
共済を選んでもそれも良いでしょうね。

 

私は損保の掛け捨て+地震保険です。

 

貯蓄するなら借入金を
返済したいと考えましたので

 

手頃な掛け金で必要な
保障を確保できる共済は
今後、注目を集めると思われます。

 

建物更生共済(たてものこうせいきょうさい)とは、
JA共済の建物、家財を保障する
共済である。建更(たてこう)と略称される。

 

損害保険のひとつである
火災保険とは異なり、建物更生共済は、
掛け捨てではなく、満期時には、
満期共済金、満期時割りもどし金、
据置割りもどし金が受け取れる。

 

建更むてき10型に
ご加入の場合は、自然災害や
火災などで全焼・全壊のときは、
満期共済金額の10倍の
保障(地震等で全壊の場合は5倍保障)が
受け取れます。

 

さらに、風災・ひょう災・雪災に
よる自然災害や火災などの
場合は、臨時費用共済金、
費用共済金、残存物とりかたづけ
費用共済金などの
各種費用共済金も受け取れます。

 

さらに、保障期間中定期的に
修理費共済金を受け取れるプランもある。

 

また、地震による損害もカバーされており、
保障金額(火災共済金額)の
半額を保障している。

 

 

さまざまな共済の中でも
代表的なものには

 

●JA共済
●全労災
●県民共済
●CO−OP共済

 

の4つがあります。

 

平成19年1月1日より
「地震保険料控除」が創設され、
JA共済では一定の
要件に該当する建物更生共済が
控除の対象となります。

 

 

支払った共済掛金のうちの
一定の部分について
所得金額から控除され、
所得税(国税)および
個人住民税(地方税)の
軽減を図ることができます。

 

建物更生共済の
共済金支払いのスムーズさは
過去の大きな
自然災害での共済金支払い
の金額の大きさを
見れば一目瞭然です。

 

これは、他の火災保険会社との
比較にならない金額と言えます。

 

共済とは偶然の一定の
事故に備えるために、
職業や地域などが同じ
人達が集団の構成員として
掛金を出し合い事故が起きた人に
共済金を支払うという
保障事業のことです。  

 

仕組み自体は民間の
保険とほとんど変わりません。

 

 

 

民間の保険会社と
大きく違う点は
組合員の相互扶助で
あることから
「非営利事業である」と
いうことです。

 

JA共済 むてき
JA共済のむてきとは、
JA建物更生共済のネーミングです。

 

JA共済のむてきは、
掛け捨てではありません。
満期時には、
満期共済金、満期時割りもどし金、
据置割りもどし金が支払われます。

 

保障期間中定期的に
修理費共済金を受け取れる
「ボーナスプラン」もあるそうですよ。

 

その他にも下記のような
共済金が支払われるのも見逃せません。

 

建物更生共済とは、
火災や自然災害によって
住宅・家財などの損害を補償する
満期金付きの共済のことで、
JA(農業協同組合共済)が
取り扱っています。

 

地震などが原因の損害については
損害の50%が補償されます。

 

ただし、貴金属や宝石、
美術品などは補償対象とはなりません。

 

共済金の種類には、満期金が、
共済金額と同額の1型、
共済金額の2倍の2型、5倍の5型、
10倍の10型の4種類があります。

 

また、共済期間は5年、10年、
20年、30年の4種類があります。

 

補償価額は、再調達価額と時価額の
どちらかですが、残存価額(=時価額÷再取得価額)の
割合が50%以上の場合は
再取得価額、50%未満の
場合は時価額となります。

 

なお、ご検討にあたっては、
「重要事項説明書(契約概要)」を
必ずご覧ください。また、
ご契約の際には、「重要事項説明書(注意喚起情報)」および
「ご契約のしおり・約款」を必ず
ご覧ください。

 

詳しくはお近くのJA窓口まで
お問い合わせください。

 

本サービスでご案内する
共済掛金は現時点での
試算であり、実際にご契約になる
際には共済掛金が変更に
なっている場合がございますので、
あらかじめご了承ください。

 

本サイトは以下の環境で
動作確認を行っております。

 

●満期共済金
●臨時費用共済金
●特別費用共済金
●残存物とりかたづけ費用共済金
●損害防止軽減費用共済金
●失火見舞費用共済金

 

建更むてき10型に
ご加入の場合は、
自然災害や火災などで
全焼・全壊のときは、
満期共済金額の10倍の
保障(地震等で全壊の場合は5倍保障)が
受け取れます。

 

自然災害に対する保障も充分
台風、大雪、
豪雨などの自然災害の
場合でも損害割合に応じて、
モデルパターンの場合では
最高2,000万円までお支払いします。

 

・風災・ひょう災・雪災の
場合は臨時費用共済金、
残存物とりかたづけ費用
共済金等をプラスしてお支払いします。

 

 

満期共済金200万円(モデルパターンの場合)
JAの建物更生共済は、
掛け捨てではありませんので、
満期時には、満期共済金、
満期時割りもどし金、
据置割りもどし金をお支払いします。

 

新潟県中越地震766億円
支払実績が証明する大きな安心!!

 

〜その他の主なJAの自然災害共済金実績〜
鹿児島県 全国合計
台風16号(平成16年8月) 27億円 210億円
台風18号(平成16年9月) 34億円 1,065億円
台風21号(平成16年9月) 13億円 79億円
台風23号(平成16年10月) 2億円 387億円
台風14号(平成17年9月) 27億円 288億円
合 計 103億円 2,029億円

 

 

また民間の火災保険の
場合、支払い基準が
全損、半損、一部損の
3段階のため契約者が
半損だと思っても、
査定担当者に一部損と
みなされ5%の保険金しか
受け取れないケースもあるのに対して
建物更生共済では共済金額に
損害割合を掛けるというシンプルな
計算方法なので支払い金額に
対して不透明性がないことも
支払いの良さを
示すこととなっています。

 

保障期間中定期的に
修理費共済金を受け取れる
「ボーナスプラン」もあります。

 

共済の大きな
特徴と魅力は、保障内容の
「わかりやすさと
掛け金の安さ」です。

 

保障内容は、基本的に
加入しようとする人が
自分で理解できるような
内容になっています。

 

JAの火災保険の
代表と言えば「建更むてき10型」でしょう。

 

 

 

「建更むてき10型」は
火災での全焼や自然災害時の全壊で
満期共済金額の10倍の保障
(地震等で全壊の場合は5倍保障)を
保険金として受け取ることができます。

 

風災・ひょう災・雪災による
自然災害や火災などにも対応しており
臨時費用共済金、特別費用共済金、
残存物とりかたづけ費用共済金などの
各種費用共済金も受取可能です。

 

最近のネット保険などとも
比較すれば最も掛け金が安いとは
一概に言えませんが
共済の多くは、毎年の決算で
割戻金(わりもどしきん)を
高い割合で還元しており
その還元率も考慮すると
やはりかなり掛け金は安くなります。

 

 

 

安い掛け金ですが、その保障は、民間保険会社の
同じ保障内容の商品と比較しても
十分に必要な保障が確保できます。

 

・満期共済金のお受け取りは、
「5年後」「10年後」「20年後」
「30年後」のいずれかを
お選びいただけますので、
リフォームなどのご予定などに
あわせて設定することができます。

 

 

 

JAの建更には、同じ保障内容で
家財をしっかり守る「My家財」が
あります。

 

非営利組織であることから
民間の保険会社の「利益」に
あたる部分が無いことや、
販売コストも格段に安いことから
販売管理費や
一般管理費も削減できるので
安い保険料で
運営可能となっています。

 

 

現在は加入者が保険に
対して「わかりやすさ」を
求めている時代です。

 

 

火災共済金額2000万円、
満期共済金額200万円の
「建更むてき10型」の場合

 

 

火災の保障

 

火災やその他の災害に
おいて損害の程度に応じ
臨時費用共済金、
費用共済金も支払い対象となります。

 

 

 

自然災害の保障

 

台風、大雪、豪雨などの
自然災害の場合にも損害程度に応じ
最高額2000万の保険金が受取可能。
風災・ひょう災・雪災の場合には、
臨時費用共済金、
費用共済金も支払い対象となります。

 

民間の保険のように
複雑な仕組みの商品よりも
安い掛け金でシンプルな
内容の共済は加入者の
ニーズに
合っていると言えます。

 

JA共済の「建更むてき10型」には
「修理費給付特約」という
特約を附帯すれば満期共済金の
一部(満期共済金額の10%ずつ)を
建物の保障を維持しながら、
先払いで受け取ることができます。

 

 

 

この「修理費給付特約」は
契約期間が5年以上の契約で
所定の間隔(3年はまた5年)で
支払われます。
生保の生存給付金の
ようなものです。

 

 

 

「My家財」は、家財の保障が
ないというご家庭や借家・マンション
住まいの方におすすめです。

 

営業用として使用している
コピー機、ロッカーなど
事務所内等にある
営業用什器備品(家財は除く)を
保障の対象とした仕組みもあります。

 

賠償責任共済をセットすれば、
日常生活の思いがけない
賠償事故も保障されます。

 

地震の保障

 

「建物更生共済 むてき」には、
すべて地震に対する保障が付いています。
最高1000万円まで受取可能です。

 

 

家族の怪我の保障

 

契約した建物で発生した
自然災害や火災により
契約者の家族の方が
200日以内に死亡
後遺障害または治療を
受けた場合には
傷害共済金を受け
取ることが可能です。

 

 

満期共済金

 

JAの建物更生共済は、掛け捨てではなく
満期になれば満期共済金、満期時割り戻し金
据置割りもどし金を受け取ることが出来ます。
さらに保障期間中に定期的に修理費共済金を
受け取ることが出来る「ボーナスプラン」もあります。

 

この給付金を
以降の保険料として充当すれば
保険金支払いを軽く
することも可能です。

 

 

 

 

掛け金も、この特約を
つけた場合でも1年間に
2000円〜3000円程度の
増加ですのでお得な
特約だと言えます。

 

JA共済が販売している
共済のひとつに住宅の
保障「建更むてき」があります。

 

 

建更とは建物更生共済の
略語でその「建更むてき」は
住宅の損害を幅広く保障してくれる
安心の共済。

 

一般の損保会社が取り扱う
住宅の保険は「火災保険」と呼ばれ、
文字どおり火災に対する保障のみですが、
JAの「建更むてき」は火災は
もちろんのこと地震に対する
保障がはじめからセットになっているため、
地震の頻発する日本では
多くの方が加入されているようです。
(一般の損保会社では地震保険はオプション)

 

※JA共済が取り扱う損害保障の
保険は共済と呼ばれています。

 

県民共済の「新型火災共済」は、
火災による焼失
消火時の被害や破裂・爆発
、落雷、車両の飛び込みまで
保障内容としてカバーされています。

 

風水雪害・漏水等には
見舞共済金が支払されます。

 

 

加入対象の不動産は、
加入者の自宅と
その自宅内の家財に
対して加入が可能です。

 

 

また、賃貸住宅にも
対応していますが
その場合には、
建物は家主が加入し
家財に関しては、その
賃貸物件に入居する入居者ごとに
個別加入となります。

 

借主が借用住宅に
損害を与えてた場合に保障する
「借家人賠償責任特約」が
あります。

 

JAとは農協(農業協同組合・農業協同連合会)の
愛称で、都会に比べ
農村部などの田舎のほうが
農協とのお付き合いも深く、
JAという呼び名も一般的に
浸透しているようです。

 

もともとJAという組織は
農業に従事する農家の方を
対象に発足された非営利団体で、
農家の方々が生産された
農作物や穀類などを市場に
販売する際に架け橋となる
役目を担ってきました。

 

今では組織が大きくなった
ことで総合事業主として
全国的に展開し、直接農業には
関係の薄い各種事業も多く
取り扱っています。

 

さらに、風災・ひょう災・雪災に
よる自然災害や火災などの場合は、
臨時費用共済金、特別費用共済金、
残存物とりかたづけ費用共済金などの
各種費用共済金も受け取れます。

建物更生共済 むてき関連エントリー

自動車共済
自動車共済
火災共済
火災共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。