がん共済(がん保険)

がん共済(がん保険)

47クラブ|売上ランキングでいま売れているものをチェック
---------------------------------------------------
(4)
シアーとは

 

メルベイユアッシュはいつの間にかファンになる

 

サイトマップ・スーパーハンコ 通販 評判 口コミ|10年保証だから安心!
--------------------------------------------------------
(3)
トイフォレストに関する「よくある質問」
フラガール フラコスメカラートリートメントについての「よくある質問」

 

JA共済のがん共済(がん保険)について

 

がんと闘うための
安心を一生涯に
わたって手厚く
保障します。

 

いわゆる共済保険
(全労済・国民共済・JA共済・コープ共済など)と、
民間の生命保険の違いは、
目くじらを立てるほど
異なっているわけでは
ありません。いくつかのポイントを
確認しておけば良いだけです。

 

当ページでは@共済保険
(全労済・国民共済・JA共済・コープ共済など)と
民間生保の違い、及び
Aメリットとデメリットに
ついて記述してみたいと思います。

 

がん根治のためには、
早期発見、早期治療が
不可欠です。

 

JAのがん共済は、
「がん」と闘う大きな
支えになります。医師の
診査は不要で、簡単な
手続きでご加入になれます。

 

細かい話ですが、
下記の表をご覧に
なれば、違いが一目瞭然です。

 

共済と民間生保が別々の
法律に基づいて運営されており、
監督官庁の違いがある、
という事が分かります。

 

表を見て気づくのが。

 

「根拠法の無い共済」の
存在です。

 

いわゆる「無認可共済」と
言われるもので、こういった
共済は監督官庁による
チェックが働かないため、マトモな
運営をしているのか判断がつきません。

 

共済と言えども、根拠法の
あるしっかりとした団体を
選ぶべきです。

 

終身がん保険の
比較です。

 

現時点で評判が良い・おすすめと
言われるがん保険を
取り上げました。ガンは
今や早期発見すれば治る
病気と言われています。

 

ガンが治る病気になったこと、
ガンの治療費は
お金がかかることから、
がん保険はニーズが
増加しています。

 

「がん」を幅広く、
一生を通じて保障
がんの初期に
みられる上皮内
がんのほか脳腫瘍まで、
幅広く一生涯を通じて保障。

 

また、ご加入の際は、
医師の診査は不要で
手続きも簡単です。

 

 

「がん」発見から
治療まで、しっかり保障
がんと診断を
受けたときから、
入院、手術、
退院後の療養まで、
一貫して幅広く保障します。
また、万一のときも
共済金をお受取りになれます。

 

ガン保険の選び方・比較
ポイントとしましては・・・

 

がんが再発した時に
いくら出るか
上皮内がん(新生物)の場合、いくら出るか
通院特約はあるか
条件を同じにして、
保険料比較
この辺りがポイントに
なるかと思います。

 

 

 

1.がんが再発した時に
いくら出るか
例えば、5年後に
がんが再発した時、
いくら出るかです。

 

短期払い・終身払い、
どちらも解約返戻金が
有るものと、無いものが
あります。

 

 

ワタシが昔、会社勤め
していた頃に入っていたがん保険は、
がん保険では有名な
某外資系の会社の商品でしたが、
結婚した頃に解約
してしまいました。

 

保険料はすごく
安かったですが。

 

掛捨てだと思い込んで
いたため解約返戻金が
あって意外でした。
(現在その会社のHPで
試算できるがん保険は
解約返戻金の
無いタイプです。
有りタイプも問い合わせで可能。)

 

 

終身型ガン保険の
保険料受取倍率比較…5年保険料を
払ってからガンで入院した
場合に、払込んだ保険料の
何倍が支給されるのかの比較です。

 

 

ガンと診断され、
手術(一番給付金低いもの)し、
ガンと診断されてから60日入院し、
15日通院して退院した場合を
想定しています。

 

それぞれ払込んだ保険料に
対して何倍が支給されたのかです。

 

最終的には保険会社に
ご確認ください。解約返戻金の
有無等その他保障等の
条件は考慮していません。

 

保険料月額5000円なら
5年で30万円です。受け取った
給付金が180万円なら、
6.00倍となります(黒の数字)。

 

赤の数字は参考までに
順位をつけたものです。

 

オリックス生命(Believe,ビリーブ)は
アリコ、東京海上(100万円)に
比べ半分(50万円)ですが、
保険料が安いところが良いです。

 

そもそも、がんにかからない
かもしれないし、がん退院後、
再発するかどうか
分かりませんから・・・。

 

 

入院1日目から、
日数無制限で保障
がん共済は、
がんで入院した
1日目から入院日数
無制限で保障します。

 

終身保険とは、
保険の対象となる人(被保険者)が
亡くなったり、高度の障害状態に
なった場合に、保険金を受け
取ることができる生命保険です。

 

そして、その権利が一生、
亡くなるまで継続します。

 

契約を続ける限り必ず、
契約した保険金額を受け
取ることが出来ます。

 

要約すると、解約しない限り
必ず死亡保険金を受け
取れる生命保険です。

 

かなりのボリューム
ですが加入中の人も
これから加入する人に
とっても終身保険を上手に
活用できる内容になって
いますのでぜひご一読ください。

 

一定期間だけ加入する
定期型と保障が一生受けられる
終身型などがあり、そのなかでも
満期返戻金や解約返戻金が
出る積み立てタイプ、
それらがない掛け捨てタイプなど、
さまざまな種類が存在します。

 

結局、保障内容を
自分で設計できる会社で、
あらゆるがんを保障・入院給付金
1万円無制限・診断給付金
100万円複数回、という
保障内容にしました。

 

保険料の払込は3年払いの
全期前納にしました。

 

そうすると解約返戻金は
60才まで90〜100%あり、
75才でも80%以上あるので、
この先、良いがん保険が
発売されたり、 がん保険は
もう要らないと思ったり、
がん以外で死にそうになったら
解約して有効に使おうと思ってます。

 

解約する間もなく死んだら損ですが。

 

特長として、一般的な
医療保険よりも、がんに
対する手厚い保障と割安な
保険料があげられます。

 

一般的な
終身保険は定額終身保険といいます。
契約時に「保険金額」
「解約時の払戻金(解約返戻金)」が
約束されいるため「定額」と称します。

 

簡単に言うと、
「契約の際に何年後に解約する
といくら戻ってくる」ということが
決まっている保険となります。

 

30歳で契約、終身保険を
60歳で解約すると、30歳の
時に保険会社が提示していた
解約払い戻し金を受け
取れるということです。

 

多くの方にこの話をすると
驚かれます。そして
自分が契約している
保険がこの保険でないことに
がっかりされます。

 

厳密に言うと
全てが利益となるわけではなく、
付加保険料のうち、
一定割合が一般管理費や
販売管理費などの、
「利益を上げるための
経費部分」にまわされます。

 

がん保険の
保険料が高すぎて、
メインとなる死亡保障が
手薄となるのは
バランスが良くありません。

 

 

ですから、終身型の
がん保険を選択する場合、
保険料がネックと
なるようであれば、解約返戻金や
死亡保障を外せるタイプの
終身型がん保険を
選択すると良いですね。

 

 

がん保障は一生涯
確保したいとしても、
がん保険に貯蓄性や
死亡保障を求める
必要性はあまりないでしょう。

 

共済保険と言うのは
「非営利組織」で、農業協同組合(JA)や、
生活協同組合(生協)などの
協同組合や団体が、
その組織の組合員と
家族を対象に、生命・財産に
まつわる急な出費に
備えるために設けられた、
相互扶助の制度です。

 

がん保険を選ぶ場合、
選択を迫られるのが
「終身型にするか、
定期型にするか」という点です。

 

終身型の
がん保険は、保険期間が
一生涯継続します。

 

いっぽう定期型の
がん保険は、10年、
または5年定期と
なっているものがほとんどで、
保障を継続する
場合は10年、または
5年というサイクルで
更新していきます。

 

 

終身型の
がん保険の場合、一度
加入して保険を維持
していけば、いくつになっても
がんに対する備えが
ありますので安心なのですが、
デメリットとしては、保険料が
割高になるということです。

 

がんは治療費負担
リスクが高いために、
大切な保障では
あるのですが、生命保険
全体で考えるとサブ的な
保険としての位置づけです。

 

このため、そもそも
民間生保の「利益」に
あたる部分が無いのが
特徴です。販売コストも
格段に安いことから、
販売管理費や一般管理費も
削減できるので、その分、
安い保険料が
実現できるわけです。

 

上皮内がん(新生物)の場合、
いくら出るか
上皮内がんは、通常の
がんより程度が軽いものです。

 

アフラックの10万円は
少ないと思います。
アフラックの弱い所はここです。

 

 

 

3.通院特約はあるか
入院が短期化している昨今、
大事なのは入院保障ではなく、
通院保障です。

 

オリックス生命(Believe,ビリーブ)は
通院保障ではないものの、
退院(10日以上の入院)時、
10万円が下ります。

 

解約返戻金がない
終身型のがん保険は、
保険期間途中で
解約してしまうと、
戻ってくるお金はありませんが、
割安な保険料で
一生涯のがん保障を確保できます。

 

また、契約時の保険料は
ずっと変わりませんので、
同じ期間がん保険に
加入した場合、
総払込保険料は
最終的に終身型の
ほうが安くなるケースも
でてくるでしょう。

 

この10万円を通院に
充当するという考え方です。

 

なお公的セーフティーネットとは、
民間生保各社が
出資する「生命保険契約者保護機構」が
責任準備金の9割までを
補償する制度です。

 

共済にはこのような
仕組みがありませんので、
破綻する恐れの極めて小さい
共済、上記表で言う所の
「根拠法のある共済」を
選択した方が良いのです。

 

(根拠法のある共済が
破綻した例は無いので、
そんなに心配する必要はありません)

 

私のガンが見つかったのは、
がん保険に加入して
3年目のことでした。

 

ただ、がん保険は
比較的新しい保険であり、
短期間で新しい
医療技術がでてくる可能性も
あることや、公的診療の
自己負担率が現状のまま
維持されていくことが考えにくいことから、
保障内容が将来の
がん医療の環境に
あわなくなることも考えられます。

 

長期間にわたるがん
保障を選択する場合は、
こうした点にも
注意しておく必要があるでしょう。

 

がん保険とは、
保障の対象をがんに
限定した保険です。

 

 

がんと診断されたときや、
入院、または手術をした際に
給付金が支払われるほか、
通院するたびに給付金を
受け取ることが可能です。

 

条件を同じにして、
保険料比較
このように、条件を同じにして、
保険料比較することは大事です。

 

どこの保険会社が自分に
合っているか分かってきます。

 

がん保険を
調べていると、「本人型」とか
「夫婦型」「家族型」といった
言葉がでてきます。

 

これは、医療保険などに
多い家族契約と
同じもので契約形態の一種です。

 

 

「本人型」のがん保険は、
被保険者が特定の
本人のみという場合の
保険契約で、もっとも
一般的な保険加入形態です。

 

東京海上日動あんしん生命
(正式名称:がん治療支援保険)は
広く保障する代わりに割高です。

 

オリックス生命(正式名称:Believe,ビリーブ)は
通院を抑えて、少し安めにしてあります。
アリコジャパン(正式名称:終身ガン保険)は
両者の中間です。

 

このときは本当に、
「がん保険に入って
おいてよかったなぁ〜」と
心から実感しました。

 

 

だって、まさか自分がガンに
なるなんて、これっぽっちも
考えなかったですから。

 

それに、もっと他に
お金を使いたいことは
ありますからね

 

 

 

 

でも今の時代、ガンになる確率は・・・
もう、ご存知ですよね!
日本人の3大死因に入って
いるくらいですから!!

 

がん保険は、
「がん」と闘う為の
必要な経済的備えとなる保険です。

 

商品によりますが、がん保険の
なかには、先進医療の
費用や在宅看護費用などの
特約を付帯できるものや、
入院給付金が、日額1万円以上
支給されるものもあります。

 

また支払い日数も1日目か
ら無制限に支給されるものも。

 

ただ、診断給付金については、
がんの種類によって
金額に差があったり、
複数回払いになったりと、
商品によって異なるため、
事前確認が必要です。

 

だから・・・ちょっとの
負担なら入っておいた方が
いいと思います。

 

また、がん手術共済金も
何回でも(一部の手術を除く)
お受取りいただけます。

 

がん保険に加入して
いたことで経済的に、
かなり助かりました。

 

がん治療でお金が
かかるといえば治療費です。

 

私の治療費は、
一体いくらだったと思いますか?

 

 

 

実は、私の卵巣がん
治療費の総額は、
軽く100万円を超えました!

 

そう。。。100万円です(T_T)

 

これに対して「夫婦型」や
「家族型」のがん保険は、
通常ひとりのはずの被保険者を、
配偶者やお子様まで、
複数設定することが
できる契約形態です。

 

たとえば、お子様が2人いる
ご家庭の場合、ご主人を
主被保険者として、奥様だけを
従被保険者とした場合は
「夫婦型」のがん保険契約であり、
奥様だけではなくお子様2人も
加えて従被保険者を3人とした
場合は「家族型」のがん保険の
契約形態となります。

 

安くすんだか、
高くついたかは別として、
いきなりこの金額は、
かなりの痛手でした。

 

アフラック(正式名称:フォルテ)は
以前は独壇場だったのですが、
東京海上日動、アリコ、
オリックスなどの「後出し」保険に
抜かれた感があります、
アフラックは保険料の割に
他3社と比べ保障範囲が
狭いと思います。

 

 

 

 

 

毎月の保険料支払いが
クレジットカードで
できるかどうかも大きな
ポイントだと私は思います。

 

保険料総額で200万円くらい
払う計算になります。
200万円分のカードポイント、
航空会社のマイルをもらえるとしたら、
その特典は大き過ぎると私は
思っています。

 

アメリカンファミリーは
2011年1月24日より、終身払いの
終身がん保険はクレカ対応になります。

 

短期払(65歳払込など)の
終身保険はクレカ払い×です。

 

しかし、ここががん保険
の素晴らしさ。
がん診断給付金が
おりたので、大きな
マイナス打撃にはなりませんでした。

 

入口は甘く出口は厳しい、
と聞くと皆さんは何を
思い浮かべますか?
それは大学生活・・・?

 

「夫婦型」「家族型」の
がん保険は、家族それぞれが
「本人型」のがん保険に加入するより、
保険料は当然安く済みますし、
「家族型」の場合はお子様の
人数によって保険料が変わる
ことがありませんから、お子様が
多いほどお得になります。

 

ただし従属する被保険者の
保障は、主被保険者の6割から
8割程度となるものが多いので、
その契約で十分な保障が
得られるかどうかシミュレーションして
おく必要があります。

 

終身型の保険料は、同じ年齢で
加入する場合、その時点の
保険料は定期型よりも
高いですが、保険料は
一生涯変わらないため、
長い目で見ると
定期型よりもお得です。

 

終身型の保険料込期間には
、終身払いと短期払い
(60歳や65歳で払込が完了するもの)があります。

 

収入保障年金が受け
取れる期間には、年金が
5年間支給される「5年確定年金型」と、
65歳までなど一定の年齢まで
支給される(保険期間満了直前に
がんになっても5年間分は
年金が保証される)「5年保証期間付有期年金型」の
2種類があり、いずれも希望すれば、
年金の受け取りに代えて
未払年金原価を一括で受け取る
ことが可能です。

 

がん保険は、
加入形態によって
「本人型」と「家族型(夫婦型)」が、
保険期間によって「定期型」と
「終身型」といった種類に
分けることができます。

 

本人型とは、
保険を掛ける人(被保険者)が
本人1人だけの保険契約です。

 

家族型(夫婦型)とは、
「主たる被保険者」の他に、
その家族を被保険者として
複数設定できる契約を言い、
主たる被保険者を夫とし、
妻も被保険者にしたものが
夫婦型です。

 

家族型(夫婦型)の
契約は、別々に本人型に
加入するよりも、保険料が
安い所が長所です。

 

しかし、妻や子が受け取れる
がん診断給付金や
入院給付金は、主たる
被保険者(夫)の6割程度に
なるものが多く、なにより
主たる被保険者(夫)が
死亡したり離婚すれば、
妻や子の保険契約を
維持したり更新することが
難しいのが欠点です。

 

定期型(更新型)のがん保険は、
保険期間が5年や
10年と定め
られており、満期が来れば
多くは80歳や100歳まで
自動更新することができます。

 

「家族型」と似た
言葉に「家族特約」という
ものもありますが、「家族特約」の
場合、主たる被保険者で
あるご主人が亡くなった場合、
特約は消滅して、奥様やお子様の
保障はなくなります。

 

しかし「家族型」や「夫婦型」で
契約しているがん保険では、
主契約者が死亡または
高度障害となった場合、
その後の保険料が免除となり、
奥様の保障はそのまま
継続したり、お子様の保障は
所定の年齢まで継続したりなど、
かなり有利な条件が
設定されているものもあります。

 

「夫婦型」「家族型」で
がん保険を検討する場合は、
それに加入することで
少しでも有利な条件が
得られるかどうかを
検討してみてください。

 

定期型のがん保険は
保険期間が
短いので、同じ年齢で
加入する場合、
終身型のがん保険に
比べて月々の保険料は
安くなりますが、
更新後はその時の年齢で
再計算されるので保険料は
一気に高くなり、一生涯継
続し続けるとトータルでは
定期型のほうが高くなります。

 

 

また、がん治療は1年目の
治療費が高額になる
傾向があることから、
1年目の年金を厚く(2倍に)する
特約を付けることもできます。

 

 

確かに大学は、入学しても
単位が取得できずに卒論も
書かなければ卒業できずに
留年、ということもよく聞く話です。
しかしもっと誰にでも
身近な話となると、
やはり医療保険やがん保険でしょう。

 

 

がん保険に限らず、
どんな保険に入るときでも
選び方にいくつか注意する点があります。

 

ここで言う選び方の注意点とは、
「入口は甘く出口は厳しい」つまり
保険に入るときは簡単に
加入できるのに、いざ保険金が
必要な時になってもなかなか
支払われないケースが
意外と多いということです。

 

病気をして入院したのにいざ
保険を使おうとしたら条件に
合っていなくて保険金が
支払われなかった、という
経験をしたことのある人も
なくないでしょう。

 

従来の医療保険は、
がん特約でがんに
備えられる保障を得ようとしても、
保障内容が十分なものではなく、
別途がん保険を検討する
しかありませんでした。

 

ただここ数年で医療保険の
商品内容は、保険会社各社で
大きく変わり、がんに対して
しっかり準備できる、がんに
強い医療保険が
開発されてきています。

 

病気になって治療、
入院した際に保険を
使おうとすると、いつ発症した
のかが問題にされますが、
とくにがんの場合は厳しく調査されます。

 

例えば医療保険に加入して
1年後に5mmの大きさの
胃がんが見つかったとします。

 

加入後90日間の
制限期間も過ぎているし、
各給付金はもちろん
支払われるだろう、
とほとんどの人が思いますよね。

 

しかし、一般的にがん細胞が
5mmの大きさになるには
5年かかるとされているので、
この人は加入時にすでに
がんが発症していたと
解釈されるわけです。

 

最近のがん保険は
初期のがん、上皮内がんも
支払い対象ですが、
ワタシが昔、加入していたがん保険は
対象ではありませんでした。

 

がんに強い新しいタイプの
医療保険は、基本の
主契約が入院と
手術給付といったシンプルな
構成でできています。

 

そしてこの主契約にがん関係の
特約をつけることで、
がんと診断された場合に
支給されるがん診断給付金や、
先進医療の技術料の
全額給付のほか、公的診療の
抗がん剤治療を受けた場合に
給付金が支給されるなど、
単独のがん保険と内容が
あまり変わらない保障を
得ることができるようになっています。

 

また年を取ってからも
保障内容が変わらないか
要チェックです。

 

がん保険のおすすめは、
アフラックの評価は
少々落ちるものの、
これら4社は国内大手
(日本生命、明治生命など)の
ガン保険に入るより評判が良く、
おすすめです。

 

参考までに・・・ネクスティア(SBI)生命保険の
カチッと終身がん、
アクサの収入保障のがん保険も
まあまあ良い保障内容です。

 

本来なら健康な人しか
がん保険に入れず、
保険契約以降に発症した
がんが給付の対象となります。

 

つまり、がんの発症時期を
詳しく調査して医学的根拠に
基づいて契約前に
発症していたとなれば、
入院給付金等保険金が
支払われない場合もあるのです。

 

 

でも、もしがん保険に
加入していなければ・・・
突然100万円の
出費なんて、我が家の
経済状態ではとても
負担できる額ではなかったですね。

 

もちろん終身の
保障ですから経営の
安全そうな会社を
選ばなければなりません。

 

また、終身ではなく
治療費を支払ってくれる
実費補償のがん保険もあります。

 

またがん保険にも、
主契約のがん保障に、
がん以外の病気やケガで
入院や手術に対して給付金が
支給される特約をつけることで、
医療保険でカバーされる
保障機能を持つがん保険に
設計することができるものも出てきています。

 

 

このような新タイプの保険商品の
傾向を見ていると、
がん保険と
医療保険の
境界線がなくなりつつ
あるように感じます。

 

この保険は保障内容、
サービスが非常に良くて
迷ったのですが、定期的に
保険料が上がっていくので、
すーっと保険料を払って
いくのも キツそうなので
結局やめました。

 

この不景気で預貯金を
使い果たしていましたから!

 

2008年(平成20年)の
厚生労働省の調査
(「人口動態統計」)によると、
「がん」による死亡者数は
、年間34万人で、
男女ともに死因の第1位を占めており、
日本人の約3人に
1人が「がん」で亡くなって
いることがわかります。

 

私はFPさんに
生命保険、医療保険に
ついて教えてもらって
加入したので、かつ、
今後もFPさんに一生、
色々保険の選び方、
生命保険、医療保険に
関する相談に乗ってもらいたいので
ネットで保険を買う
ことはあまり考えていませんが、
ライフネット生命保険、
医療保険がどれほど安いのか
確認するため、
ライフネット生命の
医療保険と私の今入っている保険を
比較してみました。

 

がんと診断されたら
支払われる給付金です。

 

これが1回のみのところ、
2年経ったら何度でも、
というところがあります。

 

がんになった後の
再発率は2年以内が
多いそうですが、
やはり再発の不安は
残りますので複数回
支払いのところが
安心ではあります。

 

ただし診断給付金の
支払われ方は
保険会社によって違います。

 

入院の有無に関らず
、がんと診断・確定したら給付
東京海上日動あんしん生命、
共栄火災、あいおい損保
(複数回支払い、あいおい損保は経過3年)
損保ジャパンひまわり生命、
アリコジャパン
(複数回支払い、
ただし2回目以降はがんと診断され入院した時)
アメリカンファミリー
(1回のみの支払い)

 

ただし、がん治療は
奥が深いところがあり、
抗がん剤治療ひとつとっても、
公的診療の対象外と
なるものもあり、万全に
がんに備えるということを考えると、
医療保険のがん保障
だけでは万全とは
言えない面があります。

 

以前に比べて医療保険の
「がん保険化」は
大きく進んで、がん保険としての
機能を十分備えていると
言えますが、自由診療の
受診など一歩先のがん治療に
備える場合は、単独のがん保険から
保障範囲の広いものを
検討していく必要があるでしょう。

 

現在各保険会社から販売
されているがん保険の中で、
おすすめのタイプは
「格安タイプ」「がん診断給付金(一時金)
充実タイプ」「通院保障充実タイプ」
「治療費全額保障タイプ」
「収入保障タイプ」の5タイプです。

 

それぞれのタイプの特徴と
保障内容例を紹介していますので、
ぜひ参考にしていただきたいと思います
(具体的な保険名は出していませんので、
自分で調べるか、保険ショップ・
保険相談などを利用して
尋ねてみて下さい)。

 

たばこは吸わない、お酒や
脂分は控え、緑黄色野菜を多く取る、
ストレスを溜めない、睡眠を十分にとる、
適度な運動をするなど一般に
よく言われていることを、
着実に実践していればがんに
なる確率は引くなります。

 

がん診断給付金
(一時金)充実タイプの
がん保険は、がん(悪性新生物・上皮内新生物)と
確定診断されたら、入院の有無に
かかわらず診断給付金が受け取れたり、
何度でも受け取れる
(前回の受け取りから2年以上
経過している等の条件があります)など、
がん診断給付金や一時金が
充実しているタイプです。

 

 

しかし確率はゼロ
にはなりません。
どんなに注意していても
がんになる可能性はあります。

 

そこでがんになった場合の
対策としてがん保険に
入る事を考えましょう。

 

 

アフラックのがん保険
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)は、
アヒルのCMでも
有名な保険会社で、
もちろん、がん保険にも
力を入れています。

 

もちろん、自覚症状もなく
健康状態に問題なしと
言うことで加入できたわけですから、
1年後に5mmのがんが
見つかった場合には
よほど悪質な告知義務違反でない
限り保険金を支払うという
保険会社が大半なのですが、
中には支払いを渋る
ところもあるようなのです。

 

がん保険に限らず、
保険は保障内容が
充実しているほど、保険料は
高くなります。

 

がん保険なら、がん入院給付金の
日額が高額で、退院療養給付金、
通院治療給付金、
生存給付金(ボーナス)、死亡保険金など様々な
保障が付いたものは、保険料が
高くなってしまいます。

 

がん診断給付金が複数回受け取れる
タイプのがん保険は、一回しか
受け取れないタイプよりも保険料は
高めでしょう。

 

がん保険の
終身保障とは
どういうものか知っていますか?

 

 

よく聞きますが、あまり深く
興味を持ってみたことはありませんでした。

 

 

 

 

 

がん保険を選ぶ上で
大切なポイントに
なってくるかもしれません。

 

ですから、がん保険の
終身保障について調べてみることにしました。

 

テレビでがん保険の
コマーシャルを見ることがあります。

 

そんな時、「生涯保障します」
「一生涯保障がつづきます」なんて
聞いたことはありませんか?

 

これは、保険をかけた人が
死ぬまで保障を受けることが
できるという意味だそうです。

 

そして、これを終身保険と呼びます。

 

がん保険を選択する際には、
自分が必要な保障の確保と、
支払える保険料のバランスを
とりながら、できるだけ自分に
合った保険を選ぶことが大切です。

 

 

この辺りは「せっかく
毎月保険料を払ってきたのに
使えなかった」というトラブルの
もとになることも多い話なので
、事前によく確認しておく必要
がありそうです。

 

アフラックのがん保険には、

 

アフラックのがん保険 f(フォルテ)

 

このタイプは、がん通院給付金や
がん退院一時金がデフォルトで
付いていたり、先進医療保障も
特約として組み入れることが可能です。

 

がんの治療は
通院することも
多いでしょうが、いろいろな
特約は保険料が上がります。

 

そこで使い道自由の
診断給付金の保障を厚くして、
出来るだけ保険料を
抑える方向にしました。

 

さらに、公的医療制度の
給付対象である抗がん剤治療
(入院または通院による治療)を
月に一度以上受けたら、
その月ごとに給付金が月額で
支給される特約(抗がん剤治療特約)が
あるがん保険も登場しています。

 

終身保険では、
保険をかけていた人が死亡した後、
遺族に死亡保障が支払われます。

 

終身保険というと死ぬまで
保障を受けることができるけれど、
死ぬまで保険料を支払わ
なくてはいけませんでした。

 

支払いも終身だったわけです。

 

でも最近は、一定の
年齢までで支払いは終了し、
その後死亡するまで
保障を受けられるものが人気があります。

 

高齢化社会を迎えた今、
やさしい保険といえますね。

 

終身保険に対し、
定期保険というものがあります。

 

これは、決められた期間だけ
保障があるものです。

 

東京海上日動あんしん生命の
がん保険
がんによる死亡率は、
約30%。そしてこれは、
年々増え続けています。

 

 

優しいがん保険

 

の2種類があります。

 

また、1975年以降、
「がん罹患数」は男女ともに増加し
続けており、近年、死亡数が
継続的に増加し続けているのは
「がん」だけです。

 

部位別の傾向として、
男性は前立腺、女性では乳房、
子宮のがんが増加傾向に
あります。

 

短期払いは毎月の
保険料が高く終身払い
は安いですが、これも
終身医療保険と同じで、
ある年齢で累計額が逆転します。

 

ワタシの母は終身払いの
がん保険に加入していますが、
契約年齢が高かった為、
7千円位(掛捨て)毎月
払っているそうです。

 

負担に感じているけれども
解約した後にがんに
なったらイヤなので止めるに止められず、
10年位経過、
既に84万円。

 

また、がんになったら
保険料支払い
免除のもの、夫婦型で
夫が死亡すると保険料支払い
免除で妻の保障は継続、
というものもあります。
(損保ジャパンひまわり生命、
アリコジャパン、アクサ生命など)

 

収入保障タイプの
がん保険とは、
今まであるような、
がん治療のための入院や
手術などに給付金を支払うがん保険とは違い、
がんと診断されたら契約時に設定した
お金(収入保障年金)が、一括または
分割(年金や月額など)で一定期間
受け取れる保険で、がん罹患時の
「収入減」のリスクに備えるための
保険と言えます。

 

これらの2つには、
それぞれ特徴があります。

 

定期保険の良い点は、
死亡時の保障の充実です。

 

死亡時だけのことを
考えれば定期保険の
方が良いわけですが、
がん=死ではなくなって
きているのが現状です。

 

がん保険で遺族の
生活を保障することも
もちろん大切ですが、
がん治療にも莫大な
費用がかかることを
忘れてはいけません。

 

がんが再発する場合も
あることを念頭において、
何度も保障を受けることができる
終身保険を考える人も多いのです。

 

もちろん、再発した場合の
保障内容は、加入の前に
確認が必要です。

 

自分にあったものを
選ぶこと大切ですね。

 

終身保障と定期保険、
自分が最も必要な保障は
何なのかをよく考えてみる
必要がありそうです。

 

いろいろな保険があって
迷ってしまいますが、自分と
家族の生活を守るための
大切な手段であるがん保険、
時間をかけて吟味したいものです。

 

がん保険について、少しでも
理解とそして興味をもって
いただければうれしいです。

 

農協(JA)のがん保険(がん共済)で
注意すべき点は以下の通りです。

 

農協(JA)のがん保険
(がん共済)は、
契約日から90日間の
不担保期間があります。

 

つまりは、保険では
保障しない期間です。

 

この不担保期間中に
被保険者が
悪性新生物又は脳腫瘍と
診断確定された時には、
契約自体を無効とし、
保険金は支払われません。

 

 

それに癌の治療には
公的健康保険が
適用されないものもあります。
もし、そのような治療が
必要なガンだったら・・・
と、考えただけでも、
ゾッとします。

 

農協共済とは
農業協同組合法(昭和22年、法律第132号)に
基づき行われる共済事業であります。

 

また、所管は農林水産省となります。

 

事業は全国約2、200の
農協が元受けをおこない、
都道府県共済連が再共済を、
JA全共連が再々共済を
引受ける形で運営されています。

 

組合員の事業利用分量の
5分の1を限度に員外利用が
認められています。

 

取扱う共済の種類は生命総合共済、
団体定期生命共済、建物更生共済、
火災共済、自動車共済、
自賠責共済および傷害共済など
10数種に及びます。

 

がん保険は
がんに特化した保険で、
がんになった時の手厚い
保障が受けられます。

 

ただ注意点としては、
普通の医療保険でもがんによる入院等は
保障の範囲に含まれていますので、
その上にがん保険に入る
ということは、かなりがんの
可能性が高い人ということに
なります。

 

ではがん保険での
保障内容ですが、
各保険会社によって
かなり異なります。

 

がん保険は今トレンドの
保険ですので、
外資系の保険会社が
こぞって商品を出しています。

 

同じようでいて内容が
かなり違うものもありますので
よく検討してから入る
必要があります。

 

がんは日本人の死因の
第1位です。がんの種類も
たくさんあり、どのがんに
かかるかは全くわかりません。

 

がんにならないような対策を
常にとっておかなければなりません。

 

 

現在の医療では、
がんになったとしても、
早期に治療をすることにより、
がんは治る病気になっています。
医療の進歩です。

 

がんは、他人事ではありません。
しっかり検討して、
ベストながん保険を選択しましょう。

 

健康なときには、
がん保険なんて
どうでもいいと思っていたんです。

 

 

がん共済(がん保険)関連エントリー

自動車共済
自動車共済
火災共済
火災共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。