こども共済(学資保険)

こども共済(学資保険)

 

47クラブ|全国45の地方新聞社 逸品
-------------------------------------------------------
(3)
シアーのコース紹介

 

メルベイユアッシュ 通販

 

資格スクエアの評判・クチコミ<合格者の声>
楽器買取ネットに関する「よくある質問」
スーパーハンコ|納期・支払い方法・送料など

 

JA共済のこども共済(学資保険)について。

 

JA共済のこども共済(学資保険)は、
「かけがえのないお子さまの
将来のために大きな夢を応援したい」
という方におすすめします。

 

子供保険と
学資保険:比較

 

子供保険と学資保険を
比較してみると、
どのような違いが
あるのでしょうか。
以前は、子供保険と
学資保険を比較して
みると、学資保険が、
子供の将来の教育費を
貯めることを目的とする
貯蓄重視の保険であるのに対して、
子供保険は、教育費の
貯蓄を貯める目的だけでなく、
手厚い保障がついている、
保障重視の保険で
あるという点が、大きな
違いだと考えられてきていました。

 

ですが、昨今では、学資保険の
中にも、保障が充実した商品が
増えてきています。

 

その逆に、子供保険の
中にも、貯蓄重視型の
ものも増えてきているのが、現状です。

 

 

養育年金:
毎年の”養育年金”で、
お子さまの成長をしっかり支えます。

 

ご契約者(親)に万一の
ことがあったとき、
満期をむかえるまでの毎年、
”養育年金”をお受取りになれます。

 

 

病気・ケガの保障:
医療共済とのセットで
ご加入すれば、
お子さまのうちから
一生涯の医療保障を確保できます。

 

もしも、怪我などで障害が
残ったときは、障害等級に
応じて給付金があります。

 

また、怪我の種類が骨折や
脱臼の場合は、さらに50,000円の
保障がつくなど、この保険には、
安い保険料で多くの保障が
ついているのが特徴です。

 

医療共済とセットで
ご加入すれば入院や
手術はもちろん、
先進医療まで幅広く
医療保障を受けられます。

 

医療共済はこども共済が
満期になっても保障が継続します。

 

明治安田生命の
学資保険(こども保険)は、
満期を「18歳・22歳」の2種類から
選択でき、子供は0〜6歳の範囲内、
契約者 (親)は18〜70歳の
範囲内で契約可能な
シンプルな貯蓄型学資保険です。

 

JA共済には学資保険(こども共済)と
いう名の商品はありませんが、
「こども共済」という、いわゆる
学資保険(こども保険)と
同様の商品があります。

 

 

 

JA共済のこども共済には、
いわゆる貯蓄型のものと、
契約者(親)に万一のことがあった
場合の保証型の2種類があり、
祝い金が「3歳・5歳・11歳・14歳・17歳
(加入時の年齢によって変わります)」と
多く、さまざまな特約(オプション)を
付加できることが
大きな特徴です。

 

 

 

■お子さまが幼稚園・
小学校・中学校・高校・大学等に
入られるタイミングに
合わせて、祝金(入学祝金、学資金)を
お受け取りになれますので、
お子さまの入学に必要な
費用を無理なく準備する
ことができます。

 

■掛け捨てタイプでは
ありませんので、満期時には
満期共済金をお受け取りになれます。

 

 

 

■養育年金付きの場合、
ご契約者に万一(死亡)
または第1級後遺障害状態
のときは、養育年金を毎年
お受け取りになれます。

 

また、以降の掛金の払い込みは
不要のうえ、お祝金と
満期共済金は通常どおり
お受け取りになれます。

 

 

 

また医療保障、
育英年金(養育年金)は
特約となっており、特約を
付加しなければ返戻率は
100%を上回ります。

 

JA共済から
発売されている
子供保険は、「こども共済 にじ」と
いう商品です。

 

JA共済の子供保険
「こども共済 にじ」の満期は、
18歳・10歳・22歳の3タイプがあります。

 

JA共済の子供保険「こども共済 にじ」は、
3歳・6歳・12歳・15歳・18歳で、
給付金の支給が受けられるようになっています。

 

学資保険(こども共済)
に加入するメリット :

 

JA共済の子供保険は、
独自の子供共済が用意されています。

 

JA共済なのですが、
農家のご家庭以外でも
加入することが可能です。

 

この子供共済は、通常の
貯蓄型の子供共済「にじ」と、
契約者(親)に万一のことがあった場合に
死亡給付金が高くなった
「えがお」の2種類があります。

 

もし、ご契約者に万が一
のことがあった場合に、
満期までの毎年「養育年金」を
受け取れるプランも用意されています。

 

また、入学祝い金が高校、
大学進学時だけでなく、
3歳(幼稚園)や5歳(小学校)の
ときにも受け取れるという
プランになっています。

 

さまざまな特約(オプション)を
付加でき、医療面や災害対策の
特約で保障面を手厚くすることも
可能で、共済金割増支払特則と
いう特約もあり、給付金を
割り増しするともできます。

 

共済金割増支払特則付き
であれば、お子さまに万一(死亡)または
第1級後遺障害状態のとき、
年齢に応じて共済金が割増しになります。

 

満期を設定できる
年齢は、18歳・22歳です。

 

学資保険(こども共済)の
最大のメリットが、保険契約中に
保険契約者(親)に
万一のこと(死亡・重度障害)が
あった場合でも、それ以降の
保険料の支払いは免除され、
祝い金や満期学資金は
契約通り100%受け取れることです。

 

 

 

学資保険(こども共済)は
定期保険などと
違い掛け捨てではないので、
満期になれば必ず
満期保険金(満期学資金)が、
さらにプランによっては、
満期にならなくても
中学進学時や高校進学時に
祝い金として一定のお金が
受け取れ、返戻率が100%を
超える学資保険であれば
貯蓄性が高いことが大きなメリットです。

 

この子供保険では、
被保険者である子供が死亡した場合には、
一定の死亡給付金が受けられます。

 

以前は、子供保険と
学資保険との差が
はっきりしていたので、内容や
違いがわかりやすかったのですが、
最近では、内容が似通って
きているため、比較しにくく
なってきています。

 

農協(JA共済)の選
び方のひとつに、掛け捨て(かけすて)
ではなく、預貯金感覚でという
考えが多いようです。確かに、
医療保障や養育年金などの
保証を特約やオプションで
上手にカバーすれば、税金面・
融資面・生命保険との兼ね合いでも、
JA共済の学資保険である
「こども共済」は、有力な
選択肢といえるでしょう。

 

将来、学資ローンを
検討するのであれば、
農協に限らず、先立って
貯蓄型の学資保険をして
おきたいところではあります。

 

 

例えば、終身保険に
死亡保障をつけた場合、
万一の時に、子供保険よりも
高い返戻率で支払われる点は、
大きなメリットの一つです。

 

 

JA共済のこども保険は
「こども共済」という名前になっています。

 

保険の内容としては
学資保険が基本で、それにオプション
として養育年金(育英資金)や
医療保険(通院・入院特約)や
災害に対する保障をつけたり
できるというものです。

 

学資保険のほうは、
入園入学のタイミングで
お祝い金として受け取る
ことになります。

 

具体的には、3歳のときに
保険金総額の5%、つぎに
5歳の時に10%、11歳の
時に10%、義務教育の間は
安くなっていますね。

 

14歳になると20%、17サイ
で30%。大学進学に備えた
学資保険金が最も高くなっています。

 

そして満期時の22歳のときに
25%受け取ります。これは
お祝い金というより満期共済金と
いうことになっています。

 

もちろん、学資保険ですので、
契約者たる親が死亡
または重度の後遺障害を
被った時には、それ以後の
保険料の支払いはなくなりますが
学資保険金を受け取る
ことはできます。

 

また、養育年金(育英資金)を
付け加えるプランであれば、
学資保険金に加えて
養育年金も受け取る
ことができます。

 

 

JA共済は、
テレビコマーシャルもよく
放映されている農業共同組合連合会です。

 

JA共済には医療保険、
年金共済、ガン共済、終身共済、
傷害共済、養老生命共済、
こども共済などの充実した
保険商品が多くあります。

 

 

必ずしも組合員でなければ
利用することができない
というものではありません。

 

こくみん共済・県民共済・
生協共済(CO・OP共済)とは
違っており、教育資金作りの
面も兼ねた通常の子供保険の
ような形になっています。

 

各種の特約で様々な
保障プランを設計できる子供保険です。

 

だだし、特約を多く
つけるほど保険料は高くなりますので、
貯蓄性は低下しますので、
注意ください。

 

ご契約ご検討の際には、
様々な定款があるため、
公式パンレットを
入手しなければなりません。
各社、無料ですので
積極的に活用しましょう。

 

こども共済の『えがお』、
『にじ』について紹介します。

 

JA共済のこども保険の魅力は、
何といっても掛け金の
安さにあります。JA共済の
こども保険は掛け捨て
ではありません。

 

満期を迎えた暁には
しっかり学資金を受け
取ることができます。

 

JA共済のこども保険が
選ばれる理由としては
「預貯金感覚」ということが挙げられます。

 

特約をオプションとして
付加すれば学資保険
として医療保障をカバーする
こともでき、より安心する
ことのできる保障内容にする
ことができます。

 

共済掛金払い込み免除/有り(契約者が
死亡した場合以降の
共済掛金が免除されるが、
祝い金・満期金は受け取れる)

 

こども共済「にじ」
父親が30歳/子供(男の子)が
0歳で契約し、全入院特約、
通院特約、災害給付特約を
つけた場合
月々の共済掛金―10,358円

 

JAのこども共済は
お祝金タイプ、大学進学タイプに
分けられます。

 

 

お祝金タイプは幼稚園の
入園、小学校、中学校、高校、
大学の入学時に指定された
金額の祝い金を受け
取ることができるものです。

 

 

大学進学タイプは、
学費の負担が非常に
重くなる大学就学のための
プランで、17歳から4年間、
毎年学資金を受け取る
ことができます。

 

それに医療や災害に
関する特約を付け
加えて安心感を増そうと
言うわけですね。

 

それほど特徴が
あるわけではありませんけど、
なんとなく郵便局の
学資保険に似ていますね。

 

また、子供に万一のことが
あった場合ですが
共済金割増支払特則と
いうのをつけておきますと、
死亡や重度の後遺障害、
要介護状態になったときに
割り増しで共済金を
うけとることができます。

 

JA共済の
こども共済は、教育資金の
積み立てをしながら医療費の
保障を受けることができます。

 

こども共済「にじ」は、
出生予定日の140日前から
加入することができます。

 

こども共済「えがお」は、
万一の保障が充実したタイプの
共済です。どちらのプランも、
小・中・高・大学の入学時期に
祝い金を受け取るか、大学進学時代に
備え17歳から学資金を受け取るかを
選べるシステムになっています。

 

JA共済は農林水産省の
管轄で、農協の組合員と
その家族を主な対象にしていますが、
農業に就いていない一般の
人も加入することができます。

 

JA共済しあわせ夢くらぶに
加入し所定の条件を
満たしている場合は、
掛け金の割引を受ける
ことができます。

 

契約可能な子供の
年齢―0歳から11歳
満期―22歳

 

 

こども共済「えがお」
父親が30歳/子供(女の子)が
0歳で契約し、全入院特約、
通院特約、災害給付特約を
つけた場合
月々の共済掛金―10,858円

 

このプランにも養育年金が
付いていて、契約者が
死亡した場合には満期まで
毎年養育年金を受け取ることができます。

 

また、傷害共済には、
通常の場合と比べて
10%割安でこども共済と
セット加入することが可能です。

 

JA共済のこども保険には
『にじ』、『えがお』という
種類があります。

 

 

『医療保障が充実している
特約』や『災害に対する保障の特約』、
『共済金のご請求をあらかじめ
指定した方が代理請求できる特約』などを
付加することで、さらに
充実したプランになっていきます。

 

学資保険・こども保険ナビ
ライフサロンチェーン全国No.1の
弊社の学資保険200万コースは、
返戻率116%、保障も
充実330万! 学資保険比較サイトでは、
学資保険の資料請求、
無料電話相談を
受付しています。

 

 

魅力が詰まったこの
JA共済の学資保険を
検討する価値は充分に
あります。

 

人生、
生きていると様々な
ことがあります。あまり
イメージしたくないことですが、
いつ地震がくるかも
わかりません。また、大雨に
よる災害などで人命の危機に
さらされることもあるかもしれません。

 

災害以外にも、いつ病気に
なるかもわかりませんし、将来の
不安というのは考えれば
切りがないです。

 

そんな不安な人の為に、
世の中には様々な
保険サービスが存在します。

 

お子さんの教育費の
ためには学資保険
というものがあります。

 

三井生命の
学資保険(こども保険)は
、「スター誕生、キッズドリーム」の
2種類があり、キッズドリームの場合、
満期は「18歳・22歳」の
いずれかから選択でき、保険料払込期間は、
「12歳・15歳・18歳・22歳」の
範囲で設定することが出来ます。

 

 

ちなみに、農協の学資保険だけの
ことではありませんが、保険の
選び方のこつは、まずは
資料請求をして、疑問点を
つぶさにつぶしてしまうことです。

 

学資保険ランキングには、
トレンドの保険商品が並んでいますが、
あなたにあったプランかどうかは、
個別のケースについて、
あなたが保険になにを
求めるかをみていか
なければいけません。

 

またさまざまな特約を
付加することができ、保障の
充実を図ることもできるように
なっていますが、特約を
付加しなければ返戻率が
100%を上回る貯蓄型学資保険と
なっています。

 

学資保険は子供の
教育費を補償する
サービスで、ゆうちょや農協
などが学資保険を提供しています。
農協ではJA共済からの提供です。

 

教育費はお子さんが
幼い頃から貯めておかないと、
大学に行く頃には膨大な
額になってきますので、
早めに準備したいですね。

 

 

それぞれの保険の
メリットとデメリットを
よく考えて、家庭の状況や
経済状態に対して、メリットの
大きい貯蓄方法を選びましょう。

 

全労災の
こくみん共済から
発売されている
子供保険は、「キッズタイプ」と
いう商品です。

 

全労災のこくみん共済の
子供保険「キッズタイプ」は、
定期・医療保障タイプで、
格安の保険料が特徴の
子供保険です。

 

全労災のこくみん共済の
子供保険「キッズタイプ」は、
加入できるのは14歳までで、
以後18歳まで継続が可能です。

 

この子供保険は、18歳以後は、
同じ全労済の医療共済などに
移行する形になりますので、
その時に、保険を一度
見直してみることをお勧めします。

 

この子供保険の保障は、
入院の場合、5日目から
5,000円、通院は、怪我の
場合のみですが、初日から
2,000円となっています。

 

また、農協(JA共済)は、
募集が通販主体なので、営業職員の
コスト面でも、抑えられています。

 

割戻金制度・・・JA共済(農協)が、
毎年の決算で剰余金が
生じた場合、原則として加入者に
割戻金として還元する制度です。

 

ですので、保険に加入する
際には、しっかりと説明書や
契約書等を読んで、それぞれの
特色をつかんだ上で比較検討
することが大切です。

 

損保ジャパンひまわり生命の
学資保険(こども保険)は、
標準で育英年金(養育年金)付きで、
子供の入院、手術に対する
医療保障も充実している
保障型学資保険(こども保険)で、
返戻率が100%を下回りますので、
充実した医療保障も欲しい方には
向いていますが、医療保障は
他の保険(共済)で十分
間に合っている、学資保険は
貯蓄性を重視したい方には
向いていない学資保険といえます。

 

 

子供保険は、
保険会社ごとにいろいろな
商品があり、特色がありますので、
よく検討して、ライフスタイルや、
目的に合った保険に加入しましょう。

 

郵便局であつかっている
「かんぽの保険(簡易保険)」の
中に、1番人気と名高い
学資保険があります。

 

えがおは被保険者となる
子供の成長に合わせて
死亡・第一級後遺障害保障を
大きくしていくことのできる
点が特徴です。

 

保障は日常で起こる
小さなケガによる入院や
通院までもカバーしてくれる
安心の内容です。にじでは
、死亡保障額が満期で受け取る
学資金と祝い金の合計額と
同額になっています。

 

こどもの教育資金を貯めながらも
しっかりした保障が
ついてくるJAの学資保険。

 

加入者が多くて有名なの
ですが、その理由は、この
学資保険の歴史が古いことや、
他と比較しても知名度が
高いこと、郵政民営化される
以前からあるので、その頃に
培ってきた信用があります。

 

 

 

 

民間事業ではなかったことから、
一般的な保険会社に稀に
見うけられる、勧誘電話が
頻繁にかかってくるといった
ことがありませんでした。

 

学資保険を、以上のような
意味などで、保険会社よりも
郵便局にと比較して多く
選ばれてきた伝統が、今もなお
加入者数に反映しているようです。

 

加入者が、静かな生活を
送りたいというのは、
頷けるところです。

 

費用面で比較してみると、
元本割れが発生する
可能性も高いというデメリットが
あるので、選ぶプランには
慎重になった方がいいかもしれません。

 

育英年金付きの郵便局の
学資保険もあり、保障型タイプ
として比較すると、安心できる
内容です。

 

契約者が死亡した際や、
重度障害になったら、
保険料は免除され、満期時まで
子供に年金タイプの保障を
受けられます。

 

受け取り額は、支払った
合計額をかなり上回りますので、
保障が手厚い学資保険と
いえるでしょう。

 

 

JA共済(農協提供)の
学資保険である『こども共済』の
4つの特長は
あなたのお子さまの、幼稚園、
小学校、中学校、高校、大学の
入学の際に、お祝金を
受け取ることができます。

 

 

こどものために
使うお金について
政権交代で民主党政権に
なってから
意識が変わってきた
ご両親も多いようです。

 

保険についても、
同じようで
JA共済でも、
こども保険・学資保険への
問い合わせが徐々に
増えているそうです。

 

JA共済公式サイト

 

 

 

*JAこども共済には、
入学祝金タイプと
大学進学タイプがあり、
入学祝金タイプの場合は
「入学祝金」、大学進学タイプの
場合は「学資金」を受け取ることができます。

 

JAの学資保険は、保険掛け金が
戻ってこない、いわゆる掛け捨て
タイプではないので、満期時には
満期共済金として、一定の
払戻率の払戻金を
受け取ることができます。

 

学資保険のなかでも、養育年金付き
であれば、あまり考えたくない
ことではありますが、あなたに
万が一のこと(死亡)または
第1級後遺障害状態・重度要介護状態が
あったときは、毎年、養育年金を
受け取ることができます。

 

 

アリコジャパンの
学資保険(こども保険)は、
契約の5年経過後から17歳までに
毎年指定の学資給付金が、
そして18歳時に指定の
学資給付金が受け取れるという、
4つのプランから選べる
学資保険(こども保険)となっています。

 

 

具体的な受け取れる
金額は以下の通りと
なっていますが、学資給付金は、
ご契約時のお子様の
年齢により受取回数・受取総額は
異なります。

 

子供保険の
代わりに、終身保険を、
学資の積み立てなどに
利用する人もいるようです。

 

一般生活をあらゆる
角度で農協はサポート
していますが、農協提供の
JA共済は学資保険も
古くからあるサービスです。

 

郵便局の学資保険は、
規模が大きいという面から、
破綻する可能性が
少ないので安心できる、
という声もあるようです。

 

CMでお馴染みの
仲間由紀絵さんは
美しくていいですが、
学資保険のことについて
どのページをみればいいのか、
少しわかりにくいかもしれません。

 

満期を迎える前に経営破たん
されてしまったら、保険料を
全額ドブに捨てることもありえるので、
しっかりしたところに
加入したいというのはあるようですね。

 

 

学資保険と聞いて、
最初に思い浮かぶのが
農協提供のJA共済の
こども共済という人も
少なくないと思います。

 

東京海上日動あんしん生命の
学資保険(こども保険)は、
標準で育英年金が付いて
いますので返戻率が100%を
下回る保障型の学資保険(こども保険)です。

 

農協(JA共済)の学資保険と、
郵貯とくに郵政民営化後の
郵便局の学資保険、
さらに簡保や民間保険会社の
こども保険と比較すると
JA(農協)の学資保険は、
3つの点がメリットと
デメリットとしてあるかと思います。

 

 

この制度のおかげで、
農協の学資保険は、実質的に
より掛け金が安くなるといえます。

 

次に、JA(農協)の学資保険の
ほかにはない特徴として、
出資金を払う必要があります。

 

これは、JA共済に加盟するには、
農協の組合員もしくは准組合員になる
必要があるためです。
(農業従事者ではないサラリーマンでも、
出資金を払えば、農協准組合員になることが可能です

 

 

 

 

■ 学資保険(こども共済)のデメリット:

 

学資保険(こども共済)は
貯蓄性の高い生命保険ですが、
保険の内容や、加入時期に
よっては元本割れ(受け取れる
保険金額(満期学資金+祝金)が
支払った保険料の総額を
下回る)する可能性があります。

 

「アフラックのかわいいこどもの保険」
というのは、アフラック・アメリカンファミリーから
出ている学資保険の名前です。

 

 

 

 

学資保険の中でも、
比較的シンプルな内容と
なっているので、加入を
決める際に、細かくあれこれ
説明を読まなくてはいけない
学資保険が面倒だという方などに、
好まれているのではないでしょうか。

 

元本割れが多いとされる
学資保険ですが、高利回りの
商品比較でも貯蓄型として
支持を得ているようです。
満期保険金の設定は、
10万円ずつに設定ができ、
範囲は100万?800万円と
なります。

 

学資保険は、
「アフラックのかわいいこどもの保険」の
ような貯蓄型プランと、
保障型プランとに大きく
分けられますので、どちらが
目的にあっているか比較し、
選んでみてください。

 

満期時期は、18才の
大学進学ごろ、祝い金は
15才の高校進学のころと決まっています。

 

満期をいつにしたいか自分で
決めたい方は、他の保険会社の
学資保険とよく比較して、
検討しましょう。
学資保険の満期時期
は、一般的に17、18、20、22才が
多いので、それほど
選択肢が多岐に渡って
いるわけではありません。

 

 

また「小学校・中学校・高校・大学」入学時など、
節目節目に祝い金が受け取れ、
子供が産まれる前
(出生予定日140日前)から
契約可能となっています。

 

そして、それから先の保険掛金の
支払いはいらず、お祝金と
満期共済金は通常通り
受け取ることができて安心です。

 

「こども共済」というと、
生協共済や県民共済、こくみん共済でも
扱っていますが、JA共済のこども共済は、
教育資金が貯蓄できるという
側面を持っているので、
一般的な学資保険と比較しても
類似する点が多い共済です。

 

スポンサードリンク

 

 

JA共済の商品は、農家の
方しか加入できないといった
印象がありますが、このこども共済に
関しては、誰でも契約することができます。

 

JA共済・こども共済は、2種類から
選ぶことができ、「にじ」という
ネーミングの他と同じこども共済と、
「えがお」という子供が亡くなったときの
死亡給付金が、「にじ」より高く
受け取れる商品です。

 

学資保険に求める要素として、
死亡保障がないものも
ありますので、どちらがいいか
比較して決めてください。

 

JA共済のこども共済の方が、
学資保険の一般的なものと
比較して、祝い金の受け取り
回数が多いのがメリットと
言えるでしょう。

 

農協の保険も
人気が高い保険のひとつです。

 

「JAこども共済」はとても
人気のある学資保険ですので、
小さな子供がいる家庭では
「知っている」「聞いたことがある」と
いう人もいると思います。

 

「JAこども共済」は、
契約の柱となる「主契約」と、
その家庭の方針や
人生設計によって付けるか
どうかを決めることができる
「特約」で成り立っています。

 

特約は、付けても付けなくても
構わないものです。

 

「えがお(共済金割増支払特則付)・
入学祝金タイプ」で満期が22歳の
ものに加入した場合、
子供が学校や幼稚園に入る
年齢に祝い金(入学祝い金)を
受け取る事が可能です。

 

これは保険に加入した
年齢によって受け取る
ことができる年齢が変化する
そうですが、こうした
「お金がかかる時期」に
祝い金を受け取る事ができる
というのはありがたい心遣いです。

 

公立でも、制服や運動着、
学校に持っていく小物類などを
揃えるとかなりの出費に
なるはずです。

 

祝い金があれば、そのお金で
出費の補填をする事が
できますよね。

 

 

学資保険の方は、15才(高校入学)と
18才(大学入学)の2回ですが、
JA共済のこども共済は、
3才(幼稚園入園)と5才(小学校入学)にも
支払われます。

 

 

 

これも考えたくないことではありますが、
共済金割増支払特則付きなら、
お子さまに万が一(死亡)または
第1級後遺障害状態・重度要介護状態の
ことがあった場合、年齢に応じて
共済金が割り増しして支払われます。

 

 

そして、これはJA共済(農協)の
学資保険のデメリットといえる
かもしれませんが、JA共済が
万が一破綻した場合、つまり、
平たく言えば農協が
つぶれてしまった場合、
民間生保損保会社のような
「保険契約者保護機構」制度がありません。

 

ただし、まったく保護されないかというと、
一応、農協(JA共済)組合員に
不利益が生じない措置を法的に
取るとされています。

 

農協提供の
JA共済では、
学資保険をこども共済
という名称でサービスを
提供しています。

 

まず、農協の学資保険の最大の
メリットとして、掛け金が安いこと。

 

これは、特約の設定などで
一概に言えない部分は
ありますが、JA共済(農協)自体が
非営利団体のため、理解しやすい
部分だと思います。

 

子供保険だけが子供の
ための学資の積み立て
方法ではありませんから、
終身保険を積み立てに
利用するのも手段の一つでしょう。

 

ですが、子供保険には、
祝い金などの仕組みがあり、
節目節目のお金の
必要な時に、まとまった
金が支払われる仕組みに
なっているという、大きな
メリットがあります。

 

これに対し、終身保険には、
このような祝い金制度が
用意されていません。

 

ですから、終身保険を学資の
積み立てなどに利用
しようと思ったら、最終的な、
大学などにかかる学資の
ためだけの貯蓄という形になってしまいます。

 

特約の種類が、学資保険と
比較して多いことも特徴的で、
「養育年金」は、親が死亡しても、
満期時まで毎年教育資金を
受け取ることができて、
かなり手厚い内容です。

 

学資保険の
「5年ごと利差配当付き学資保険」
という商品は、いろいろ比較しても
かなりの人気の高さを誇っています。

 

郵便局が扱っている学資保険は、
昔から支持率が高いことでも
有名なのですが、現在それと
肩を並べる勢いに達しています。

 

祝い金学は、満期保険金の
3割と決まっているので、
計算も簡単ですね。

 

保障面としては、親が死亡した際、
以降の保険料払い込み免除、
さらに子供が亡くなったときの
死亡給付金の受け取りも
付いています。

 

学資保険は、アフラック以外にも
様々な保険会社で出しているので、
比較してよく選んでください。

 

 

「5年ごと利差配当付き
学資保険」はソニー生命の学資保険で、
保険料が安価で、貯蓄性が高く、
一般的な学資保険と比較しても
一通りの保障が整っています。

 

JA共済の
学資保険の感想です。

 

学資保険を
各社の特徴を見ながら
比較していきたいと思います。

 

今回ご紹介する、
JA共済にはこども共済で
はあるのですが、こくみん共済や
県民共済、生協共済らとは
異なり、教育資金を作るための
面も兼ね備えた、通常の
学資保険に近い形の
種類が用意されています。

 

このような点で、他の
共済に比べると独自の
こども共済であると
いえるでしょう。

 

なお、JA共済では
あるのですが、一般の
家庭でも加入することが可能です。

 

農家の家庭専用の
共済というわけではありません。

 

では、この共済の
特徴はというと、通常の
こども共済である「にじ」と、
被保険者である子供が
死亡した時の死亡給付金が
「にじ」より高く設定されている
「えがお」という二つのプランに
分かれているのです。

 

選択肢の幅が広がっている
点が一つ挙げられます。

 

またJA共済のこども共済は
入学お祝い金の受け取り
回数が多い学資保険で
あるといった面もあるのです。

 

通常ですと、入学
お祝い金は高校入学時の
15歳、大学入学時の
18歳の2回だけである
学資保険が多いのですが、
このJA共済のこども共済は
幼稚園入園時の3歳、
小学校入学時の5歳の
ときにも入学お祝い金が
受け取れるという
プランになっているのです。

 

保険の保障の面では、
契約者に万一の
ことがあった時に、
満期になるまで毎年、
「養育年金」を受け取れる
プランもあるのです。

 

 

契約者である親が亡くなった際の、
以降保険料免除で、全額
受け取れるといった要素も、
安い保険料ながら、ちゃんと
付いているところが、分かりやすく
指示を得ているポイントです。

 

 

貯蓄性が他と比較しても高い
といえるのは、元本割れの
可能性が高いとされている
学資保険の中にあって、返戻率が
112%と元手を超えているところです。

 

返戻率の高い数字は、他の
学資保険の比較にならないでしょう。

 

子供の身に、万が一死亡などの
出来事があった場合には、
それまで支払済みの
保険料は、ちゃんと返って来ます。

 

「5年ごと利差配当付き学資保険」を
加入するとしたら、2種類の
加入方法が用意されています。

 

満期時に受け取れる保険金を
提示して、その上で毎月の
保険料を決めていく方法。

 

 

災害や医療に関する
特約などもバリエーションに
とんでいるので、選び甲斐が
あるのではないでしょうか。
保障をしっかりしたいので
あれば、学資保険の選択肢に
加えてもいい商品となっています。

 

ですが、もちろん、終身保険
にもメリットはあります。

 

農協提供の
学資保険である
こども共済には様々な
メリットあります。

 

農協の学資保険の
メリットに、お子さんが
進学する度に、お祝い金を
受け取る事が出来ます。

 

また、農協の学資保険は、
掛け捨てのタイプでは
無いので、貯金をするのと
同じようなイメージで、満期に
なると満期共済金を
受け取れます。

 

 

農協提供の
学資保険に関して
インターネットで情報を
調べることができます。

 

フコク生命(富国生命)の
学資保険(こども保険)は、
「幼稚園・小学校・中学校・
高校・大学」入学時などに
祝い金がこまめに受け取れる
タイプ(ステップ型)と、
大学入学時と満期時のみに
受け取れるタイプ(ジャンプ型)から選べ、
いずれも貯蓄型学資保険(こども保険)と
なっていますが、当然、祝い金を
受け取る回数が少ないタイプ(ジャンプ型)の
ほうが返戻率が高くなります。

 

 

また兄弟割引という他社では
あまりない割引制度が
ありますので、兄弟の多い
場合はお得かもしれません。

 

農協の保険を検討する
方のほとんどは、この保険料の
安さを魅力に感じたことが、
検討のきっかけではないでしょうか?

 

特約での保険も
充実しています。

 

医療面の特約や、
災害対策の特約などが
各種そろっているのです。

 

つけられます。JA共済の学資保険(こども保険)には、
「全入院特約」、「通院特約」が
つけられます。

 

万一のことがあった時の
保険の保障面を手厚く
することも可能です。

 

様々な保険の保障と
いう点で、他の学資保険と
比較しても充実しています。

 

また民間保険会社とJA共済の
テレビCMの量をみても
わかるかと思いますが、
販促コストが農協の場合はかなり
抑えられているため、そのことも
保険掛け金の安さにつながっています。

 

JA共済のホームページには、
農協が提供している学資保険に
関して様々な情報が
掲載されています。

 

興味のある方は、農協が
提供している学資保険に
関して調べてみて下さい。

 

保険料の予算を設定したのちに、
毎月支払っていったら
満期でいくらになるかを
計算してもらうのが、2つ目の方法です。

 

返戻率が高くて、保障も
おおよそカバーできて
いるのですから、候補に入れて
良い学資保険ではないでしょうか。

 

JA共済には
学資保険(こども保険)という
名の商品はありませんが、
「こども共済」という、いわゆる
学資保険(こども保険)と
同様の商品があります。

 

 

誕生した子供たちが
安心して生活を送れるように
備えることは、親としての
義務であり、喜びでもあります。

 

そのための手段の
一つとして、子供保険の
加入を検討してみてください。

 

また、契約者である親が
死亡した場合には、
その後の
保険料が免除になり、
育英年金が満期まで
受けられます。

 

朝日生命の学資保険(こども保険)は、
育英年金付きと付いていない
プランから選択することが
できますが、どちらにしても
保障型の学資保険(こども保険)の
色合いが濃くなっていますので、
貯蓄性を重視する方に
とっては向いていない
学資保険となります。

 

 

満期は18歳、22歳
いずれかから選択可能で、
子供が生まれる前からの
契約も可能となっています。

 

 

※朝日生命には一時払い
(契約している保険期間すべての
保険料を一括でまとめて支払う方法)の
学資保険もあり、一時払いの
場合は当然、返戻率が100%を
大きく上回りますが、
一時払いするのであれば何も
学資保険だけでなく、他の
運用方法も検討する
価値はあると思います。

 

さらに、医療特約も
ついていますので、
医療保障も考えるなら、
検討してみましょう。

 

だから、学校に入学する
際に入学祝い金が下りる
だけではなく、こどもが
入院をした時なども、
1日5000円というような
給付金を受け取ることができます。

 

JA共済の学資保険(こども保険)は、
クチコミでもかなり評価が高く、
人気の保険です。

 

 

◎お子さまが
幼稚園・小学校・
中学校・高校・大学等に
入られるタイミングに
合わせて、祝金(入学祝金、学資金)を
お受け取りになれますので、
お子さまの入学に必要な
費用を無理なく
準備することができます。

 

 

◎掛け捨てタイプでは
ありませんので、
満期時には満期共済金を
お受け取りになれます。

 

 

◎養育年金付きの
場合、ご契約者に
万一(死亡)または
第1級後遺障害状態のときは、
養育年金を毎年お受け
取りになれます。

 

 

特約については、
「医療保険(怪我や病気・入院に
備える特約)を充実させるもの」や
「災害に備える特約」などが
ありますので、子供の状態や
家庭環境に合わせて選ぶと
良いのではないでしょうか。

 

農協は私たちにとって非常に
身近な存在ですので、そこが
出している学資保険なら
「安心して任せることができる」と
いう気持ちになれるのでは
ないでしょうか。

 

「身近に感じることが
できる保険が良い」という人に
「JAこども共済」はお勧めです。

 

この保険に契約可能で
ある子供の年令は、
0歳から11歳と幅広いので、
お子さんがある程度、
成長していて、
まだ子供保険に加入してなかった
という場合にも、
加入することができます。

 

子供が誕生したら
子供保険に加入、
子供保険って何?

 

子供の誕生は、
夫婦のこれからの人生に、
大きな喜びと生きがいを与えてくれます。

 

ですが、親となった夫婦には、
怪我や病気などの不測の
事態が起きてしまった時の、
子供の生活の心配や、
また、将来の子供の
学資の心配など、
金銭面での不安も出てくるでしょう。

 

インターネットが使えない
人でも農協が提供
する学資保険に関して
調べることができます。

 

大同生命の
学資保険(こども保険)は、
育英年金付きの
典型的な保障型の
学資保険(こども保険)です。

 

JAには、
一般的な生命保険会社の
『学資保険』や『子供保険』と
いった名称ではありませんが、
同様の保障内容の『こども共済』が
あります。

 

JAの『こども共済』は、お子さんの
将来の教育資金づくりと共に、
病気やケガをしたときにも
備えられる「医療共済」が
セットになっています。

 

「医療共済」を付けることで、
入院や手術を受ける際の
医療保障も受けられますし、
『こども共済』が満期になっても
保障が継続します。

 

 

満期は18歳と20歳
の2種類で、各種特約は
付加することが
できないので、とてもシンプルな
保障型の学資保険(こども保険)と
なっています。

 

 

またお子さまが生まれる
前から契約することが
できるのも大きな特徴です。

 

こども共済には、いわゆる
貯蓄型のものと、契約者(親)に
万一のことがあった場合の
保証型の2種類があり、祝い金が
「3歳・5歳・11歳・14歳・17歳
(加入時の年齢によって変わります)」と多く、
さまざまな特約(オプション)を
付加できることが大きな特徴です。

 

お近くの農協に足を
運ぶと、学資保険に関して
情報を得る事が出来ます。

 

直接、農協の学資保険に
関して、不安に持っていることを
対面して相談したい方は
その方法が良いかもしれません。

 

子供保険には、
各社ごとにさまざまな
種類の商品がありますが、
どの子供保険にも共通
しているメリットと言えば、
契約者に万一のことがあった場合に、
保険料の払い込みが免除される点です。

 

また、以降の掛金の
払い込みは不要のうえ、
お祝金と満期共済金は
通常どおりお受け
取りになれます。

 

こども共済とは、
「県民共済」や「JA共済」などで
取り扱われている共済型保険のことで、
こどもの病気や事故による
死亡、障害、入院、通院など、
各分野の保障を幅広く
カバーしています。

 

県民共済は、全国生活協同組合連合会の
傘下にある都道府県単位の
共済組合です。

 

県民共済が取り扱う
「こども共済」は、
0〜18歳(一部地域は15歳まで)の
こどもを対象に月1,000円の掛け金で、
入院は5,000円、最長360日まで、
手術は2〜20万円、
通院は2,000円、最長90日まで、
後遺障害は最大200万円、
死亡は最大500万円、
扶養者である親の死亡は
最大350万円の保障があります。

 

第一生命は、
学資保険として人気がある
返戻率が100%を上回る
貯蓄性を高めた学資保険(こども保険)、
「5年ごと配当付こども学資保険「Mickey」を
2007年(平成19年)12月27日より
新しく販売しました。

 

◎共済金割増支払特則付き
であれば、お子さまに万一
(死亡)または第1級後遺障害状態のとき、
年齢に応じて共済金を
割増して
お支払いいたします。

 

子供の頃から加入すると、
共済掛金が安くかけられ、
途中で共済掛金があがる
こともないのでお得です。

 

なお、「医療共済」には
「全入院特約」や「通院特約」を
付けることができ、希望に
合わせて、細かく保障内容を
選ぶことができます。

 

 

また、契約者に万一のことが
あっても、お祝い金や満期金が
きちんと支払われることも、
どの子供保険にも共通しているメリットです。

 

そのほか、子供保険の
メリットとしては、積立金が
毎月引き落とされる形なので、
なかなか貯めることが難しい
学資の積み立てが、自然に
できるという点が挙げられるでしょう。

 

子供保険の最大のメリットは、
継続して積み立て貯金が
できるという点だと言っても
いいかもしれません。

 

「学資保険(こども保険)と
いえばかんぽ生命(元日本郵政公社)」と
いわれるほど、圧倒的に加入者が多いのが、

 

「かんぽ生命(元日本郵政公社)の
学資保険」ですが、
近年では貯蓄性を重視した
学資保険が人気のため、
新規契約者数は年々、
大幅に減少傾向となっています。

 

 

住友生命の「スミセイのすくすく保険」と
いう学資保険には、2種類の
タイプがあります。

 

 

 

「標準プラン」は保障を
目的にした商品で、
「貯蓄プラン」は貯蓄を
考えた学資保険です。

 

加入する目的別に
比較して検討していただきたい
のですが、両方に共通している
ポイントとして、満期が18才と
22才という点が同じです。

 

「スミセイのすくすく保険」の
メリットは、比較し選べる、
保険料の払い込み満了時期にあるでしょう。

 

学資保険の受け取りは18才に
設定していても、月々の払い込み
を12才で終わらせるなどの
契約ができるのです。

 

保険会社が一般的に
提案しているのは、18才の
受け取り時期であれば、
払い込みも18才まで
続けてもらうというものです。

 

住友生命の「スミセイのすくすく保険」では、
保険料を12才までにした方が、
18才まで払い続ける場合の
総額と比較して、18万円も
安くなるのです(平成18年時点)。

 

保険料の1ヵ月あたりの
負担額は、その分高くなるにしても、
18万円はかなり大きい額
ではないでしょうか。

 

かんぽ生命(元日本郵政公社)の
学資保険は、子供の生存時には
一時金などが支払われ、死亡時には
死亡保険金が支払われる子供の
生命保険を兼ねた「新学資保険」と、
新学資保険に親の死亡時には
育英年金が支払われる
「育英年金付学資保険」の2種類があり、
保障は充実していますが、
どちらの学資保険も返戻率が100%を
下回りますので、貯蓄性を重視する方には
向いていない商品といえます。

 

そんな不安を
少しでも軽減できるように、
子供が誕生したら、
子供保険に加入することを
考えてみましょう。

 

2倍型では、掛け金と
保障がそれらの金額の
2倍となっています。

 

掛捨タイプですが、剰余金が
あれば割戻金が還元されます。

 

一方、JA(農協)共済が
取り扱う「こども共済」は、
病気やケガの保障のみならず、
入学祝金または大学進学準備などに
重点をおいたタイプを
提供しています。入学祝金タイプでは
幼稚園、小学校、中学校、
高校、大学進学の5回に
わたり祝金が、また、22歳の
満期時には、満期共済金が
支払われます。

 

医療保障や災害保障に
関する特約を付けたり、
親の死亡等の場合には
養育年金が支給される
特約を追加することもできます。

 

郵便局の学資保険や
JA農協のこども共済を
検討するくらいですから、
とうぜん、あなたは
これからかかるこどもの
「教育費」に不安を
感じていることでしょう。

 

そこで、文部科学省等の
データを参考にしてみてください。

 

○ 幼稚園から大学までの教育費

 

すべて公立に通った場合 
計約1,300万円(大学は下宿)

 

すべて私立に通った場合 
計約2,800万円(大学は下宿)

 

 

子供保険は、万が一の時や、
将来の学資など、子供に関わる
金銭的な不安に対し、
保障をしてくれる保険です。

 

 

 

JA共済から
発売されている
子供保険には、
このほかにも、「こども共済 えがお」という
商品がありますが、
「こども共済 えがお」の方は、
子供の死亡時の保険金が
高額になっている点が
大きな違いです。

 

以上です。 
率直に言って、
郵便局の学資保険と
JA農協のこども共済の
両者には、保険料の
面でも、保障内容の面でも、
大きな違いはありません。

 

強いていえば、JA農協の
こども共済の方が、より大きな
保障を付けられる、という点が
違いといえば違いでしょう。

 

したがって、この両者の
いずれかを選ぶのであれば、
窓口等の対応の面で、
どちらが加入しやすいか、
加入後のおつき合いが
どちらの方がよさそうか、
そういったことを
考慮して選択すればいいのでは。

 

保険料が18万円割安になるのは、
子供が0才時加入の数字
なので、調べてから比較し
契約なさってください。

 

なんと、オール公立と
オール私立の差は、
トータルで1,500万円にも
なります。

 

※ ただし、「すべて公立」に
しても「すべて私立」にしても、
高校まで、ということになると、
だいぶ金額は低くなります。

 

やはり、公立でも私立でも、
大学に通う費用が
大きいということになります。

 

学資保険満了時期には、
12才終了以外にも
15才や、22才を受け取り
時期としての18才払い込み
終了プランが設けられています。

 

保険料の
払い込み総額は、
加入契約を早めに
申し込んで開始し、終了も
早めに設定することで、
学資保険と教育資金の
節約となるようですね。

 

 

このような共通のメリットのほか、
それぞれの子供保険の
種類やタイプによって、
さまざまなメリットが
ありますので、それぞれの
メリットを比較検討して、
ニーズに合った子供保険を
選ぶようにしましょう。

 

郵便局の学資保険と
JA農協のこども共済を
比較するのですが、
まったく同じ条件での
比較はできないので、
下記のように、
近い条件で比較してみました。

 

○ 郵便局の学資保険
(契約タイプ) 生存保険金付22歳満期
(保険金額) 300万円
(特約) 災害特約300万円 
疾病入院4500円(1日)
(被保険者) 0歳男性
(契約者) 30歳男性
(月払い保険料) 14,760円

 

○ JA農協のこども共済
(契約タイプ) 生存保険金付22歳満期
(共済金額) 300万円
(特約) 災害給付特約300万円 
入院5000円(1日)
(被保険者) 0歳男性
(契約者) 30歳男性
(月払い保険料) 12,383円

 

※なお、上記保障内容は、
支払い方が複雑なために、
省略している部分が
あります。あくまでも、
参考ということでお考えください。

 

 

お子さまのうちから
ご加入されると、
共済掛金がお手ごろで、
しかも途中で共済掛金が
あがることはありません。

 

JA共済には、
こども共済という保険が
ありますが、こくみん共済や
県民共済、生協共済らとは
異なる保険で、教育資金を
作るための面も兼ね備えた、
通常の学資保険に近い形の
保険が用意されています。

 

そういった点で、他の
共済に比べると、独自の
こども共済であるといえるでしょう。

 

 

なお、JA共済ではある
のですが、一般の家庭でも
加入することが可能です。

 

家庭専用の、農家での
共済というわけではないのです。

 

 

では、この共催の
特徴はというと、通常の
こども共済である「にじ」と、
被保険者である子供が
死亡した場合の死亡給付金が
「にじ」より高く設定されている
「えがお」という二つのプラン
に分かれていて、選択肢の
幅が広がっている点が
一つ挙げられます。

 

また、JA共済のこども
共済では、入学祝い金の
受け取り回数が多い
学資保険であるといった面もあります。

 

 

通常ですと、入学祝い金は
高校入学時の15歳、
大学入学時の18歳の
2回だけである学資保険が
多いのですが、この
JA共済のこども共済は
幼稚園入園時の3歳、
学校入学時の5歳のときにも、
入学祝い金が受け取れるという
プランになっているのです。

 

ソニー生命の学資保険は、
育英年金、
子供の医療保障がない
シンプルで典型的な
「貯蓄型学資保険」で、
返戻率の高さは業界TOPクラス
となっており、学資保険全体
でもかんぽ生命(元日本郵政公社)の
学資保険に次ぐ人気の
学資保険(こども保険)となっています。

 

 

ソニー生命の学資保険の
特徴としては、受け取り
時期が4種類
(17歳満期・18歳満期・20歳満期・22歳満期)から
選べ、月々払い込む保険料を先に
決めて設計する方法と、
満期に受け取る学資金を先に
決めて設計する方法を、
契約者が任意に設定できますので
自由度が高く、無理のない
プランを組むことが
可能となっています

 

日本生命(ニッセイ)の
学資保険(こども保険)は、
保険契約者(親)に万一の
ことがあった場合に育英年金を
受け取ることができる
典型的な保障型学資保険(こども保険)で、
育英年金が標準で
付いていますので、返戻率も
100%を大きく下回ります。

 

 

また受け取れる
祝い金は、据え置くことも
可能で(引き出し自由)、豊富な
特約で保障を充実さ
せることが可能ですが、保障を
充実させれば返戻率はさらに
下がりますので、学資保険に
保障もプラスしたい方には
向いているかもしれませんが、
親に万一のことがあった場合は
他の生命保険で、子供の
医療保障は共済などを考え、
学資保険は貯蓄性を
重視したい方には
向いていません。

 

 

しかも、その後の共済掛金は
いただきません。もちろん、
”お祝金””満期共済金”も
通常どおりお受取りになれるので、
いっそうご安心いただけます。

 

子供保険は
夫婦でしっかりと
考えて選ぶ

 

当然のことですが、
子供保険は、まさしく自分たちの
大切な子供のために契約するものです。

 

ですから、自分たち
夫婦の大切な子供のため、
夫婦双方が納得
いくまで検討した上で選び、
契約する必要があります。

 

もし、子供保険に加入
してから問題点に気づいても、
大変無駄なことですし、
何よりも何のために
保険料を払っているのか、
ということになりかねません。

 

三井住友海上きらめき生命の
学資保険(こども保険)は、
育英年金(養育年金)の
付いた保障が充実したT型と、
貯蓄性を重視したシンプルな
U型の2つのプランから自分たちに
合ったプランを選ぶことができ、
大きな特徴としては、
「育児相談サービス」として、
さまざまな育児の相談をする
ことができることです。

 

はじめてお子さまを育てられる
夫婦にとってはとても
心強いサービスではないでしょうか。

 

そうならないためにも、
数社の子供保険の
資料請求をし、各社よく
比較検討の上で、夫婦双方が
話し合い、そして納得する
子供保険に入りたいものです。

 

保障の面では、契約者に
万一のことがあった場合に、
満期になるまで毎年、
「養育年金」を受け
取れるプランもあります。

 

特約での保険も、
充実しています。

 

 

医療面の特約や、
災害対策の特約などが
各種そろっていて、
万一のことがあった
場合の保障面を
手厚くすることもできます。

 

様々な保障という点で、
他の学資保険と比較しても、
とても充実しているといえます。

 

 

 

また、一人の目では
見落としてしまっているような
問題点が、夫婦二人で
確認することによって、
見落とされずに済む
場合も十分ありえます。

 

 

 

子供保険を
選ぶ際に重要な点

 

当然のことですが、
子供保険も金融商品の
うちのひとつです。

 

金融商品には、メリットもあれば、
当然デメリットもあるということを、
まず大前提として頭に置いておきましょう。

 

 

教育資金づくり:
ご入学(園)のときに
”お祝金”を、
満期のときは”満期共済金”も
お受取りになれます。

 

アフラック(アメリカンファミリー)の
学資保険(こども保険)は、
祝い金を受け取れるのは
高校進学時(15歳)と
大学進学時(18歳)のみで、
払込期間は10歳、17歳、18歳から選べ、
返戻率は100%を超える、
とてもシンプルな
貯蓄型学資保険(こども保険)です。

 

 

また受取総額は
120万円〜1,500万円まで
20万円単位で契約可能で、
お子さまが産まれる
140日前から申し込み可能な
ことが大きな特徴です。

 

太陽生命の学資保険(こども保険)は
契約者(親)に万一のことが
あった場合にそれ以降の
保険料払い込みが免除され、
予定通り満期学資金が
受け取れることはもちろん、
三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)で
所定の状態になった場合でも
保険料が免除され、
予定通り満期学資金が
受け取れる唯一の
学資保険です
(保険料払込免除特約を付加しなければなりません)。

 

 

また育英年金などの
特約(保険料払込免除特約を除く)を
付加しなければ非常に
シンプルで返戻率も100%を
上回る貯蓄型学資保険と
なっています。

 

JAのこども共済は、
お子さまの入学(園)適齢期に、
まとまった”お祝金”を
お受取りになれるので、
教育資金の準備などに
役立ちます。

 

また、満期時にもうれしい
”満期共済金”を
お受取りになれます。

 

実際、目の前の教育資金だけに
気をとられて子供保険を選んでしまい、
結果として損をするという人もいるのです。
今、加入しようとしている
子供保険が、本当に自分たち
家族の人生設計に合っているのかどうか、
目の前の教育資金だけでなく、
長期的な家計と見比べて
バランスをとることが
非常に重要な点なのです。

 

様々な会社の子供保険を
検討して、夫婦で何度も
話し合い、お互いが納得する
子供保険であれば、我が子の
ためにも大変有効な
子供保険であるといえるでしょう。

 

もしかすると、子供保険を
選ぶことで、夫婦や家族の絆も、
より一層深まるかもしれませんね。

 

住友生命(スミセイ)の
学資保険(こどもすくすく保険)は、
18歳満期のプランは12歳、15歳に
祝い金が、22歳満期のプランは
12歳、15歳、18歳に祝い金が
受け取れ、払込期間は12歳、15歳、18歳、22歳から
選択可能で、例えば18歳
満期タイプのものでも、
12歳払込み満了、15歳払込み
満了することができ、早めに
保険料の払い込みを終えれば
返戻率が高くなります。

 

子供保険ばかりに
比重をかけすぎてしまうと、
結果としてせっかくの
子供保険に悪影響を
及ぼす恐れがあります。

 

何事もそうですが、
長期的な広い
視野を持ち、愛する子供の
ためにもしっかりと
プランを立て、その中の
一環として子供保険を
選びたいものです。

 

AIGエジソン生命の
学資保険(こども保険)は、
親や子供に万一のことが
あった場合でも保障が受けられる、
保障型の学資保険(こども保険)で、
受け取れる祝い金の時期は
「3歳・5歳・11歳・14歳・17歳」と
多いですが、受け取れる祝い金の
割合はあらかじめ
設定されています。

 

さらに、一生涯にわたり、
「病気やケガ」のときにも
しっかり備えられる「医療共済」との
セットプランを
ご用意しました。

こども共済(学資保険)関連エントリー

自動車共済
自動車共済
火災共済
火災共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。