養老生命共済

養老生命共済

マタニティ エンジェリーベ 内祝い 口コミ レビュー

 

シアーのヴォーカル・ピアノ・ギター【シアーミュージック】

 

イトキン株式会社 ブランドを取扱

 

楽器買取ネット|買い叩かれるのはもうやめにしませんか?
スーパーハンコ 個人・法人いずれも対応
--------------------------------------------------------
(5)
免責事項

 

JA共済の養老生命共済

 

 

万一(死亡)または
第1級後遺障害状態・重度要介護状態のときの
保障と貯蓄性のある共済です。

 

大きく夢ふくらむ満期共済金。
満期時には、
まとまった「満期共済金」が
受け取れます。

 

お子さまの教育資金、
マイホームの資金、
老後の準備金など様々にお役立て下さい。

 

 

大きな保障で、万一の
ときに確かな安心を残せます。
万一のときの葬儀費用、
そして相続税の納税や
ローンの返済、日々の生活費など、
残されたご家族に次々と
のしかかる重い負担を、
安心の保障でしっかりとカバーします。

 

また、寝たきりの状態や
認知症など所定の
重度要介護状態になられたときも保障します。

 

 

養老生命共済とは、
「JA共済」が取り扱っている
生命保障と貯蓄の
両方を追及した共済型保険のことで、
生命保険会社の
養老保険に該当します。

 

JA共済から
発売されている、
「養老生命共済」は、
死亡又は後遺障害(第1級認定が必要)に
なった際に、大きな保障をしてくれる
共済になります。

 

このJAの養老生命共済は、
掛け金が掛け捨てではないので、
満期時には、
満期共済金が支払われますので、
保障と貯蓄、2つの
機能を備えた共済といえます。

 

JAの養老生命共済は、
ほかのJA共済と同じように、
さまざまな特約がオプションとして
用意されており、
養老生命共済と組み合わせれば、
入院や手術などの保障や、
看護・後遺障害の保障など、
保障範囲をさらに
広げることができます。

 

また、JAの養老生命共済には、
中途給付金特則付という
タイプがあり、
このタイプの養老生命共済では、
3年または5年ごとに、
中途給付金として、
共済金を受け取ることが
できるそうです。

 

JAの養老保険には、
養老生命共済と、
一時払生存型養老生命共済があります。

 

JAの養老保険の
ひとつである養老生命共済は、
被保険者が死亡した場合、
第一級後遺障害状態または
重度要介護状態になった場合の
保障と貯蓄性とを
兼ね備えている養老生命共済です。

 

JAとは、
農業協同組合のことをいい、
JAの中で、共済事業を行っている
部門がJA共済となります。

 

JA共済では、いろいろな
種類の保険を販売し、
その中には2種類の
養老保険がありますが、
JA共済の商品名では
「養老保険」ではなく、「養老共済」として
販売されています。

 

ひとつは「養老生命共済」で、
もうひとつは「一時払生存型養老生命共済たくわえーる」です。
JA共済の養老生命共済は、
満期時には満期共済金を
受け取ることができ、
病気やケガで死亡した場合や、
第1級後遺障害状態や
重度要介護状態になった
場合にも共済金を受け取ることができます。

 

JA共済の養老生命共済は、
医療保障や災害保障をはじめ、
後遺障害に関する特約など、
付加できる特約の種類がとても多く、
これらの特約の中から、
自分にとって必要な特約を
選んで組み合わせることで、
貯蓄と手厚い保障を兼ねた
養老保険を作ることができます。

 

また、一時払生存型養老生命共済たくわえーるは、
保険料を一括払いする養老保険で、
一定期間の死亡保障も
受けられます。

 

また、加入時には、
医師の診査は不要で、自己申告での加入に
なりますから、煩雑な手間もなく、
簡単に加入することができます。

 

 

また、被保険者が
重度の要介護状態になったときに、
死亡した場合と同様の
保障が受けられるという特徴があります。

 

また、JAの養老生命共済の特約は、
死亡または
第一級後遺障害状態または
重度要介護状態の
保障を充実させるための特約として、
定期特約、生活保障特約、
逓減定期特約を付加することができます。

 

 

一時払生存型養老生命共済たくわえーる
の予定利率は、毎月、市中金利に
応じて設定されますから、たとえば
、加入を急がない人は、
社会情勢や金利をウォッチングしながら、
予定利率を比べて、より有利な
時期に加入することも可能です。

 

そして、契約時には、予定利率が
確定しているために、満期を
迎えたときに受け取ることが
できる満期共済金の金額も
知ることができます。

 

また、満期を迎えたときに、
満期共済金として一括で
受け取るだけではなく、
共済年金支払特約を
付加することで、年金という形で
受け取ることもできます。

 

被保険者が死亡した
場合にも保障があるとともに、
養老生命共済の
満期時に満期共済金が
支払われるため、
貯蓄性もあります。

 

さらに、医療保障を
充実させるための特約として、
全入院特約、通院特約、
三大疾病前払特約を
付加することができます。

 

また、災害に対する
保障を充実させるための特約として、
災害給付特約、
災害死亡割増特約を付加するなど、
さまざまな特約を付加することができます。

 

JAの養老保険のひとつである
一時払生存型養老生命共済たくわえーるは、
加入時に医師の審査が
不要であるという特徴があります。

 

そして、
契約時の市中金利に応じ、
毎月の予定利率が
設定されるため、
契約の全期間の
予定利率が加入時に
確定するため、将来受け取る
満期共済金の金額が明確になります。

 

 

基本タイプでは、
一定期間の被共済者の
死亡・第1級後遺障害が
保障されるとともに、
満期時に生存しているときは
満期共済金が支払われます。

 

主契約に加えて、
万一の保障を充実させる定期特約等、
災害に対する災害給付特約等、
医療保障を充実させる
入院特約等、
介護保障の特約あるいは
障害についての特約などを
付加することができます。

 

将来受け取る満期共済金の
金額が明確になるため、
将来の生活設計も立てやすく、
5年または10年の
一定期間において、死亡保障を
つけることができます。

 

JA共済に
ついて質問です。

 

養老生命共済と年金共済があり、
両親が契約したものを
私が継続しております。

 

独身でもあり多額の保障は
不要と思うのですが、
このまま継続して
良いものでしょうか?

 

アドバイス願います

 

養老生命共済
(平成9年11月6日契約・
30年満期で50歳まで・月8,559円)
予定利率3%主契約
100万円定期特約
1400万円災害給付特約 500万円
災害死亡割増特約 1000万円
全入院長期保障特約 5000円通院特
約 3000円設計書による掛金
8559円の内訳 主契約:2137円
定期特約:3164円 医療特約:3258円年金共済
(平成10年10月23日契約・60歳まで
40年間毎月20000円・60歳から10年間の
定期支払)主契約 1,661,120円(年)先日、
終身共済への比例転換をすすめるプランが
JAから来ましたが、掛金が11,227円・

予定利率は1%ちょっと、保障内容は
同程度とのことでした。

 

ただ、年金共済の積立金は
私が亡くなった場合には
家族が受け取れるとありますし、
主契約と定期特約の1500万円も
多いような気がします。

 

担当者の説明は、
一旦解約して新たな契約にしろ。

 

ということです。
お気づきの通り、
その担当者がまったく
無知なだけです。
(あるいは悪意で言っているか?)
あなたのお考えどおりで
よいと思います。

 

保障が必要なのか
疑問を感じていますが、
養老生命は貯金でもあると
聞きますので、解約しないほうが
良いでしょうか?

 

 

医療特約も高額療養費で
十分だと思います。

 

養老生命は貯金でもあると
聞きますので、
解約しないほうが良いでしょうか?

 

主契約の養老生命については
その通りですが、特約には
貯蓄機能はありません。

 

もしくは、特約を削った方が良いでしょうか?

 

アドバイス願います。
(JAの人によれば、
特約についての
手続きは11月しか
ダメだと言われました。
契約月が11月
だかららしいです。
これも本当でしょうか?)

 

特約を新たに付加する場合には、
契約月にしかできない
(もしくは不利になる)場合が
ありますが、
解約はいつでも可能です。

 

年金共済についても、
平成10年の
契約だから
利率は良いほうですよと
JAの担当に
言われましたが実際に
はどうでしょうか?

 

おそらく、今よりはよいでしょう。

 

月1万に減額したらどうなる
かたずねると契約変更となり
予定利率が不利になりますとの
回答でした。

 

まったくのうそです。
減額の場合、減額した分の
解約返戻金が支払われ、
残りの分は契約時点での
予定利率等が引き継がれます。

 

もしくは、特約を削った方が
良いでしょうか?

 

アドバイス願います。

 

(JAの人によれば、
特約についての手続きは11月しか
ダメだと言われました。
契約月が11月だかららしいです。
これも本当でしょうか?)

 

年金共済についても、
平成10年の契約だから利率は良いほうですよと
JAの担当に言われましたが
実際にはどうでしょうか?

 

毎月2万の支払いは厳しいですので、
月1万に減額したらどうなるかたずねると
契約変更となり予定利率が
不利になりますとの回答でした。

 

これも本当でしょうか?

 

プランを持ってきたJAの
担当者もあまりよくわかっていない感じでしたが、
田舎ですのであまり突っ込んで
聞けないでおります。

 

ライフネット生命などの
新しい保険と比べて、
継続する価値のある保険なのか
判断つきかねています。

 

質問ばかりですが、
よろしくお願いします。

 

 

また、JAの
一時払生存型養老生命共済たくわえーるは、
共済金を年金として
受け取ることができる特約として、
共済年金支払特約を
付加することができます。

 

基本型のほかに、
中途給付特則付タイプがあります。
このタイプでは基本型の
保障に加え、3年ごとまたは5年ごとに
中途給付金が支払われます。

 

とにもかくにも養老保険や
定期保険は有期ですから
保障の終わりという
ものがいずれ来ます。

 

ですので死亡保障などは
考え方しだいですが
医療に関してはひとつは
終身保障を持っておきたいです。

 

なので別途単体で
医療保険を加入し、
その保険は保険で継続するか
30年に切り替えるかは自由です、
或いはその保険に
特約付加されている
医療部分を解約するかです
(別途で医療保険を単体で加入した場合は)

 

あくまで大雑把な考えですが
定期保険(死亡)の
大きな保障は末子が
成人するまでで良い。

 

大学に進まないなら
18歳まででも良い。
(それに合わせて解約する、
無駄は続けないこと)
終身保険(死亡)
2・300万程度が
終身保障としてあればよい
(貯金があるならそれでもよい)
医療や介護(民間の)は
できれば終身保障がよい。

 

 

JA共済の医療共済が
手厚く保障します!
JA共済の医療共済との
セット契約により、
病気・災害で入院の場合、
日帰り入院から「入院共済金」だけでなく、
「入院見舞金」も
お受取りいただけます。

 

JA養老生命共済

 

JA共済から
発売されている、
「養老生命共済」は、
死亡又は後遺障害(第1級認定が必要)に
なった際に、
大きな保障をして
くれる共済になります。

 

 

 

このJAの養老生命共済は、
掛け金が掛け捨て
ではないので、満期時には、
満期共済金が支払われますので、
保障と貯蓄、2つの
機能を備えた共済といえます。

 

 

 

JAの養老生命共済は、
ほかのJA共済と
同じように、 さまざまな
特約がオプションとして
用意されており、
養老生命共済と
組み合わせれば、
入院や手術などの保障や、
看護・後遺障害の保障など、
保障範囲をさらに
広げることができます。

 

 

 

 

万一と計画的な貯蓄への
備えが両立できます。

 

養老保険・養老生命共済
10年、20年など
保険期間を定めて契約し、
その間に死亡・高度障害になった
場合は死亡保険金が受取れます。

 

満期時に生存していた場合には、
死亡保険金と同額の
満期保険金が受取れます。

 

契約時に保険料をすべて
払込む(一時払いする)ものが、
一時払養老保険です。

 

月払いなどで満期までに
払込む保険料合計額よりも一時払いの
保険料の方が安いため、
利回りがよくなります。

 

農協(JA)の
養老保険(養老共済)の
主な特徴を下に列挙します。

 

 

 

《農協(JA)の養老保険
(養老共済)の主な特徴1》

 

農協(JA)の養老保険
(養老共済)は、

 

5年とか10年と
いった一定期間の

 

被保険者の
死去・第1級後遺障害状態・重度要介護状態が
保障されます。

 

また、満期時に
まだ生存しているときは、

 

満期保険金《満期保険金》が
支払われます。

 

つまりは、
農協(JA)の養老保険(養老共済)は、

 

『保障』と『貯蓄』という
2つの機能を兼ね備えています。

 

 

この養老保険
(養老共済)に入る人の多くは、

 

例えば、教育・結婚資金
・修繕など将来の資金準備を進めつつ、

 

同時の万が一に
備えることを目的にしているようです。

 

 

 

 

《農協(JA)の
養老保険(養老共済)の
主な特徴2》

 

農協(JA)の
養老保険(養老共済)には、

 

いろんな特約を
付けることで、

 

入院・手術・通院などの
保障も追加できます。

 

 

 

《農協(JA)の
養老保険(養老共済)の主な特徴3》

 

農協(JA)の養老保険
(養老共済)は掛け捨ての保険ではないので、

 

満期時には
満期保険金《満期共済金》をもらうことができます。

 

 

 

《農協(JA)の養老保険(養老共済)
の主な特徴4》

 

農協(JA)の
養老保険(養老共済)には、

 

しかし、バブル崩壊後は、
逆ザヤと、保険見直しの流行
による保険契約の減少により、
保険会社は苦しい状況に
追い込まれています。

 

随分と養老保険の
批判のようになってしまいましたが、
中小企業では、満期保険金や
解約返戻金を退職金の資金として
養老保険に加入している場合もあるようです。

 

考え方によって良くもなり悪くもなり、
一概には言えないということですね。

 

中途給付特則と
いうものを付加することができます。

 

この特則を付加すると、

 

養老保険・養老生命共済とは

 

簡単に言えば、
「定期保険と生存保険が
混在している保険」と言えます。

 

生存保険とは、
保険が満期を迎えたときに、
被保険者が
生存していた場合に、
死亡保険金と同額で
満期保険金を支払う保険のことです。

 

要するに、定期保険は
死亡した場合のみ保険金が
支払われますが、養老保険の場合、
被保険者の死亡・生存に
関わらず保険金が支払われるということです。

 

解約返戻金もあります。

 

一般的には「保障と貯蓄を兼ね備えた保険」と
して売り出されており、バブル期には
それなりの人気を誇った商品です。

 

保険金が必ずもらえるわけですから、
お得な保険だと思うのは自然なことですよね?

 

しかし、養老保険は、
私達にとっても
保険会社にとっても、
よいことばかりではありません。

 

「逆ザヤ」という言葉を耳に
したことがあると思います。

 

契約時に約束した運用利率(予定利率)より、
最近の運用利率(運用実績)が
下回ってしまい、保険会社がその
マイナス分を負担することを言います。
バブル絶頂期(予定利率が高かったころ)に
販売された養老保険はその代表的な商品で、
平成不況の影響を受けた今と
なっては赤字商品なわけです。

 

また、掛け捨て型の定期保険とは違い
、定期保険としての
要素(死亡保険金)に加え、
生存保険としての要素(満期保険金)が
上乗せされている形なわけですから、
当然保険料も格段に割高となります。

 

じ死亡保障でも、
定期保険と養老保険の
保険料は5倍〜6倍くらい
平気で違っています。

 

月々の保険料が高くても、
満期保険金をあてに
するのであれば、
養老保険の意義は
十分にあります。

 

保険会社としても、
高い保険料を払ってもらえるわけですから、
定期的に加入者が増え
続ければ支払いにも耐えられます。

 

 

 

基本型の保障に加え、

 

養老保険は、
貯蓄性も高く、保障も得られることから、
加入者がとても多い
保険のひとつといわれています。

 

養老保険を取り扱う
会社はとても多く、各社からいろいろな
プランを持つ養老保険が
販売されています。

 

その中から、自分に合った
養老保険を探すためには、
養老保険の情報を上手に集めて、
いろいろな養老保険を
比較検討してみることが大切であるといえます。

 

養老保険の情報を集める場合、
ぜひとも活用したいのが、
インターネットで、養老保険を紹介したり、
比較したり、分析している
サイトやブログ、掲示板などです。

 

また、身近な人で養老保険に
加入している人がいれば、
そういった人から直接話を聞いて、
その人が加入している
養老保険に関する情報を
集めるという方法もあります。

 

たとえば、最初から、
ひとつの会社に絞って、
そこでその会社で扱う
養老保険の情報を集めたり、
窓口や担当者に話を聞いたり、
質問したりするという方法もありますが、
その場合には、その会社で
取り扱っている養老保険に
限定されてしまいます。

 

そのため、たとえば、
他社の養老保険に自分にとって、
より適したプランや特約があったとしても、
その情報がもれてしまうということになります。

 

そういったことを避けるためにも、
最初は、保険会社を絞るのではなく、
養老保険全体で情報を集め、
ある程度、会社や
保険商品を絞り込んでから、
それぞれの会社の公式サイトを見たり、
資料を請求したりして、
より詳しい情報を集めるという方法も
おすすめです。

 

3年ごと又は5年ごとに
『中途給付金』をもらうことができます。

 

 

通常、養老保険
(養老共済)というのは、

 

あくまでも満期に
なればまとまったお金を受け取れる、

 

という保険です。

 

けれども、農協(JA)の
養老保険(養老共済)では、

 

期間の中途でもまとまった
お金をもらうことができます。

 

これが一番の特徴でしょう。

 

JA共済の
養老保険の評判は上々です。

 

掛金も安いし、
数多くの特約があって、
特に中途給付特則という珍しい特約もあり、
JA共済の養老保険の評価はいいです。

 

JA共済に限らず、
そもそも養老保険というのは、
通常、満期に満期金が
受け取れるという保険です。

 

 

貯蓄と保障を兼ねることができ、
とても人気の高い養老保険には、
どのような種類があるのでしょうか。

 

養老保険は、大きく、
月払いや年払いなど、
一定期間保険料を納める
タイプの養老保険と、
契約時に保険料を一括で支払う、
一時払いタイプの養老保険の
2つに分けることができます。

 

さらに、この2つをベースにして、
いろいろな保険会社から、
さまざまな特徴を持つ
養老保険が販売されています。

 

そのため、養老保険の種類は、
付加できる特約を含めると、かなり多くなるといえます。
たとえば、養老保険の
保障をさらに高めるために、
特約で定期保険を付加した
定期付養老保険が有名です。

 

この定期保険特約は、さらに、
養老保険の加入期間と同じ
期間特約を付加する全期型や、
養老保険の加入期間よりも
短い期間特約を付加し、
更新することもできる更新型、
そして、ある特定の期間だけ
特約を付加し更新ができない
限定型に分けられます。

 

医療保障を充実する特約
  ・全入院特約

 

 

 

通院特約
  ・三大疾病前払特約

 

後遺障害をバックアップする特約
  ・重度障害年金特約

 

など、
特約メニューも豊富です。

 

養老保険は、このように
多種多様であり、最近は
、たとえば、既往症がある人でも、
特定の要件を満たしていれば
加入できるものも販売され、
性別を問わず、幅広い
年齢層のニーズに応えている
保険であるといえます。

 

また、養老保険は、特約を
含めた契約内容によっては、
学資保険の代わりに加入したり、
医療保険の代わりに
加入したりと、人それぞれのニーズに
合わせて、いろいろなプランを
選ぶことができるという特徴もあります。

 

JAの養老生命は、
万一(死亡)または
第1級後遺障害状態・重度要介護状態の
ときも保障されます。

 

JA共済の
養老生命キョウサイは
重度の要介護状態に
なったときも、万一(死亡)の
場合と同様の保障が
受けられる保険です。

 

<オプション>

 

重度要介護状態の
保障を充実する特約
  ・定期特約
  ・生活保障特約
  ・逓減定期特約

 

 

ただし、養老保険の
期間満了と同時に、
付加している特約の効果もなくなるため、
慎重に検討する
必要があります。

 

養老保険は、付加できる
特約によっても種類が
かなり多くなります、
また、利差配当付きの
養老保険は、配当が
必ず保障されるものでは
ありませんが、
保障に加え、金融商品の
意味合いもやや強くなります。

 

また、
JAの養老生命共済には、
中途給付金特則付というタイプがあり、
このタイプの養老生命共済では、
3年または5年ごとに、
中途給付金として、
共済金を受け取ることができるそうです。

 

養老保険は、加入期間が
限られているため、終身タイプの
保険と違い、保障が一生涯
続かないというデメリットは
ありますが、いろいろな種類の
プランがありますから、
たとえば、他の保険に
加入するまでのつなぎとして
特約を付加するなど、
いろいろな用途もあります。

 

 

JA共済の養老保険の場合、
「中途給付特則」をつけることで、
期間の途中でも中途給付が
受け取れるのです。

 

このユニークさが評判になって、
口コミで広まり、JA共済の
養老保険はおもしろい、
という評価がじわじわと
広がっているようです。

 

保険会社各社から、
さまざまな特徴を持った
養老保険が販売されています、
具体的にどのような
種類の養老保険があるのでしょうか。

 

たとえば、
かんぽ生命では、
最長30年間加入できる
普通養老保険、死亡時の
保障を2倍、5倍、10倍に
設定できる特別養老保険、
特定の慢性疾患の
持病がある人でも特定養老保険の
3種類の養老保険があります。

 

また、一時払養老保険は、
多数の保険会社から販売されていますが、
加入時に一括して保険料を
支払うため、
月々保険料を支払うよりも
保険料が割安になるというメリットがあります。

 

養老保険と定期保険を
組み合わせた定期付養老保険は、
付加する定期保険の
特約の保険期間によって、
全期型、更新型、
限定期間型の3つに分けられます、
定期保険を組み入れる
期間を選択できるので、
比較的自由度が
高いタイプの養老保険です。

 

また、定期付養老保険に
生存給付金が受け取れたり、
保険期間中に定期的一時金が
受けと取れたりと、
さまざまな商品があります。

 

保険会社によって
付加できる特約の
内容は異なりますが、
かなり多くの種類の
特約を付加できる養老保険もあり、
養老保険の加入期間中は、
保険を1本化したいと
考える人にはメリットが
ある場合もあります。

 

 

さらに、一生涯にわたり、
「病気やケガ」のときにも
しっかり備えられる「JA共済の医療共済」との
セットプランをご用意しました。

養老生命共済関連エントリー

自動車共済
自動車共済
火災共済
火災共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。