年金共済

年金共済

 

RING 指輪 ジャムホームメイド JAMHOMEMADE

 

ジャムホームメイド/JAMHOMEMADE 通販
----------------------------------------------
(4)
BRACELET ブレスレット ジャムホームメイド JAMHOMEMADE

 

管理人

 

JA共済は
JA(農業協同組合)の共済事業として
行われています。

 

JA(ジェイエイ)というのは、
農協の全国統合ブランドだ。

 

農業というのは、
春先に農協から
融資金を受けて、
それを元に
半年間様々な
農産物を作って商売する。

 

なので農協には
昔から、様々な金融機能があって、
共済としては
JA共済がある。

 

このJA共済にも、
年金プランがある。

 

都道府県単位の
地方共済では、
年金プランは
なかなか組み立てられないから、
全国規模の
JAだからこそできることやね。

 

でこのJA共済の
年金プランは、

 

予定利率変動型年金共済 ライフロード

 

という。

 

年金プラン
としては2種類あって、
終身年金タイプ
定期年金タイプ

 

になる。
ライフロード、
終身年金プランの概要

 

JA共済の
年金プラン・ライフロード。

 

終身年金タイプは、

 

生涯にわたり
年金を受け取れるタイプだ。

 

保証期間は
現時点では15年となっている。

 

年金受け
取り開始後、万一死亡してしまっても、
15年間は遺族に
年金が支払われる仕組みだ。

 

これは終身保険の
場合、掛け金総額が
大きいので、
年金受け取り開始後
すぐに亡くなると、
大損してしまうと
言う状況を亡くするための措置だ。

 

終身保険だから、
15年以上長生きしても、
もちろん死ぬまで
毎年年金を受け取る事ができる。

 

しかも実は、
変動制なので、長生きすればするほど、
受け取る年金額も
増えていく仕組みになっている。

 

もちろん、年金受け
取り開始前に亡くなった場合は、
死亡一時金が
支払われるから、
掛け金がムダになる事はない。

 

なお、年金の掛け金を
10年以上払い込んでいると、
年金控除という
控除が認められるので、
税制上も多少有利になる。
ライフロード・定期年金プラン

 

JA共済の年金プラン・ライフロード。

 

終身プランの他にも、
定期年金プランが用意されている。

 

こちらは年金の受取期間が、
5年・10年・15年という風に
選べるタイプだ。

 

終身保険は被保険者が
亡くなるまでずっと保証が続くが、
こちらは有期の年金プランだ。

 

国民年金などに加入していて、
70才から国民年金が受け取れるが、
それまでの60から69までの間は、
別の年金が欲しいなと言う人向けだ。

 

こちらも逓増式で、毎年の受取額は少しずつ増えていく。

 

資産もあるし、
老後は別にそれほど困らないので、
少しだけ年金が
あればいいなというタイプに
向いているかも知れない。

 

終身保険のメリットは、
死ぬまで
年金が
受け取れるという事だが、
その分掛け金が多くなる。

 

それほどは払う
必要を
感じない場合は、
定期年金プランでも
良いだろう。

 

JAの個人年金保険の
値段は安いです。
十分に他社の
商品と勝負できます。

 

JAの個人年金は
「ライフガード」という
名前です。値段の他に
特徴的なのは、<予定利率変動型>の
保険だという点です。

 

値段が魅力のJAの
「ライフガード」ですが、
この個人年金は、
予定利率が上がれば、
年金額も増え、いったん
増えた年金額は減る
ことがありません。

 

JAの「ライフガード」は、
その反対に、予定利率が
下がると、年金額も
下がります。でも、
無制限に下がりは
しません。下がり方には
歯止めがかけてあります。

 

JAの個人年金には
「最低保証予定利率」というものが
設定されているので、
際限なく下がり続ける
リスクはありません。

 

持ち家があって、
毎年、肉体労働をしなくても
利益を生み出してくれる
資産があるなら、
そちらの方が
良いだろうね。

 

60歳から69歳までの
10年間、決まった額の年金が
お受け取りになれます。

 

60歳の年金支払開始日以後は
69歳までの10年間、
一定額の年金がお受け取りになれます。

 

年金支払期間中に
万一被保険者が亡くなられた場合も、
未払年金の現価をお支払いいたします。

 

5年ごとに契約者配当金が
お受け取りになれます。
この保険は責任準備金などの
運用益が会社の予定した
運用益をこえた場合に、
ご契約後5年
ごとに契約者配当金をお支払いします。

 

 

 

 

※契約者配当金は
今後のお支払いをお約束するものではなく、
また運用実績等に
よって変動(増減)し、
お支払いできないこともあります。
※詳しくは「パンフレット
」「契約概要」「注意喚起情報」
「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
年金開始日前の
死亡保障よりも将来の
年金額を重視しています。
年金支払開始日前に
万一亡くなられた場合は、
お支払いする死亡給付金は
既払込保険料相当
額となります。

豊かなセカンドライフに
重点を置き、将来お受け取りになれる年金額が多くなる
ようなプラン設計となっています。

 

個人年金保険料税制適格特約を
付加すれば、
個人年金保険料控除が
お受けになれます。

 

お払込みになった
保険料は個人年金保険料として
下記要件を満たしている
場合には、一般の
生命保険料控除とは別枠で、
所得控除の対象となります。

 

 

個人年金とは、
老後のために
公共の年金だけでは
不安だという方が、
生命保険会社の
年金保険などに加入し、
自ら積み立てていくという
保険のことを言います。

 

農協(JA)の
年金保険(年金共済)の
主な特徴を下に記します。

 

 

 

《農協(JA)の
年金保険(年金共済)の主な特徴1》

 

6年目以降1年ごとに
予定利率を見直す。

 

予定利率が
上がると年金額が増える。

 

一度増加した
年金額は減らない。

 

たとえ予定利率が
下がっても、

 

『最低保証予定利率』が
設定されているので、

 

年金額が底なしに
減少するリスクはない。

 

 

 

《農協(JA)の年金保険
(年金共済)の主な特徴2》
申し込みの際は、

 

職業などの簡単な
告知でいい。

 

医師による
診査は必要ない。

 

 

 

《農協(JA)の
年金保険(年金共済)の主な特徴3》

 

掛け金建てなので、

 

掛け金を月々2万円、
3万円、5万円というように、

 

積立貯金の感覚で
加入できる。

 

 

 

《農協(JA)の
年金保険(年金共済)の主な特徴4》

 

税制適格特約付の
プランに加入した時、

 

生命保険(生命共済)とは
別枠で最大5万円の
個人年金保険(年金共済)料控除を
受けられる。

 

 

公共年金も
色々と問題になり、
不安を抱える国民の
方々が増えています。

 

今の不況のこともあり、
これからの
日本の未来が不安定である
可能性もじゅうぶんあります。

 

そんな状況だからこそ、
個人年金の
加入者が増えて
いるのではないでしょうか。

 

個人年金がまったく
わからないという方は、
最近は個人年金について
詳しく書かれたホームページなども
ありますので、
そちらを参考にしてみては
いかがでしょうか。

 

JAの年金保険は
口コミでも評価が
高いです。「ライフロード」と
いう個人年金保険です。

 

JAの年金保険「ライフロード」は、
予定利率変動型ですが、
決してリスクの大きい
保険ではありません。
そこがクチコミで
評価されているところです。

 

「ライフロード」は、
最低保証予定利率と
いうのが設定されて
いるので、かりに
予定利率が下がり
続けても、無制限に
年金額が減らされる
心配がないのです。

 

JAの年金保険は、その反対に、
予定利率が上がると
年金額も増加し、いったん
増加した年金額は減りません。

 

こうした点が評価され、
口コミ・クチコミで高い
評判を得ているのです。

 

 

個人年金などで
気をつけたいのが
税金のことです。

 

ここでは、
郵便局の個人年金の
税金について説明します。

 

個人年金の税金は、
個人年金を受け取る際に
かかってくる税金と、
保険料を支払う時の
税金の控除があります。

 

個人年金を受け
取る際にかかってくる税金は、
所得税・住民税の
課税対象になります。

 

そのほかの税金は、
保険料負担者と年金の
受取人が異なる
場合に生じてきます。

 

年金の支払い開始から、
年金の受取人の方が、
保険料の負担者から
年金を受け取る
権利を得たことになり、
贈与の税金、
相続の税金の
課税対象になります。

 

年金と失業保険は同時にもらえないの?

 

退職された方が
ハローワークで求職の
申込後、失業保険(基本手当)を
受けると、その間の老齢厚生年金は
全額支給停止となります。

 

JAの年金保険の
保障内容は、
民間の生命保険会社と
十分に勝負できる内容です。

 

JAの個人年金保険
「ライフロード」と
いう商品は、保障内容にも
定評がありますが、
終身受け取りタイプと
定期受け取りタイプに
分かれています。

 

ライフプランに応じて
選択できます。

 

JAの個人年金の
保障内容で
特徴的なのは、
予定利率変動型に
なっている点です。

 

将来受け取る年金額が、
予定利率によって
変動するのです。

 

増える場合もあれば、
当然、
減る場合もあります。

 

この保障内容では
不安ですか?でも、
安心してください。
JAの個人年金は、
予定利率が下がり
続けたからと言って、
年金額がどこまでも
下がり続けると
いうことはありません。

 

JAの個人年金には
<最低保証予定利率>
というものが設定
されているからです。
安心して加入
できる保障内容です。

 

 

JA共済の
個人年金保険の
値段ですが、安いです。

 

十分に他社の商品と
勝負できます。

 

JA共済の年金保険は
「ライフガード」と
いう名です。この年金保険は
予定利率変動型の
保険です。予定利率が
上がれば、年金額も
増えます。そして、
いったん増えた年金額は
減ることがありません。

 

値段がリーズナブル
として評判のJA共済の
年金保険は、予定利率が
下がると、年金額も
下がりますが、ただし、
下がり方には歯止。
最低保証予定利率と
いうものを設定して
あるので、どこまでも
下がり続けるリスク、安心です。

 

JA共済の
「ライフガード」は、
上記のように、予定利率変動型
でありながら、ハイリスクの
商品ではありません。お手頃な
値段のことを考えると、十分に
検討する価値があるでしょう。

 

 

失業保険の受給満了後、
自動的に年金が支給開始されます。

 

なので、
保険料の支払者、
被保険者の違い、
それに関する税金に
ついては、
きちんと説明を受けて
理解してから
契約をすることをお勧めします。

 

わからないままで、
進めていきますと、
せっかくの個人年金を
受け取る金額の差に
納得がいかなくなりますので、
メリットデメリットは
理解した上で、
個人年金へ加入しましょう。

 

 

その中で年金商品は、
「予定利率変動型年金共済 ライフロード」と言い、
市中の利率に変動する
予定利率変動型商品と
なっているのが特徴です。

 

年金は働きながらもらえるの?

 

60歳以降厚生年金に
加入中の方は受け取る
年金額と給与または
賞与によって年金額が
減額または全額が
支給停止されることがあります。

 

37歳独身女性です。

 

平成6年に
JA共済の終身年金
(月払い10,000円)
22歳払込開始から
55歳払込終了(払込総額396万円)
55歳から受給
(保障期間15年、年額438000円)
に加入してます。

 

【現在の月々の支払い】
年金10000円
終身保険5440円

 

同時期に終身保険
500万円に加入し、
50歳払込終了します。
(月額5440円)
医療の特約を
つけてたのですが、
日額5000円と
特約部分だけは
80歳まで不安を
感じたので、特約のみを
解約し終身医療保険に
加入しました。

 

60歳払込終了で、
日額10000円の保険で
月払い7000円程度でした。
前の保険と相殺すると
月額5000円アップになります。

 

【今後の月々
支払いは、下記の通りです。】
年金10000円
(55歳まで)
終身3660円
(50歳まで)
医療保険7000円(60歳まで)

 

 

確定年金か
終身年金か加入時に
悩んだのですが、
長生きの楽しみに
なればと思い貯金と
思って終身年金に
加入しました。

 

 

 

【60歳〜64歳の年金】
総報酬月額相当額
(標準報酬月額+年間の
ボーナス÷12ヶ月)と
基本月額(老齢厚生年金額÷12ヶ月)の
合計が28万円(加給年金は
含まれません)までは年金の
全額が支給されます。

 

28万円を超えると超えた分の
1/2が減額されます。

 

48万円を超えると、賃金が
増えた分が減額されます

 

5年以上雇用保険に
加入していた方で、60歳以降の
給与が60歳到達時の給与の
75%未満に低下した場合は
雇用保険から高年齢雇用継続給付金が
支給されます。

 

ただし、この場合の年金は
標準報酬月額の6%相当額が
減額されます。

 

 

平成15年5月以降60歳に
なる方の高年齢雇用継続給付金は、
60歳以降の給与が75%未満に
低下した場合に支給され、
在職老齢年金は最高で
給与月額の6%相当額が減額されます。

 

確定拠出年金と言う方法も
ありますし、ご自身で
運用しながら老後資金を
準備する方法もあります。

 

また保険商品でも
変額個人年金というものもあります。

 

まだ年金受給まで30年
近くありますので、
ある程度リスクを取り
ながら運用していく方法で
老後資金を準備されてはいかがでしょうか。

 

【65歳〜69歳の年金】
昭和12年4月1日以前に
生まれた方は在職して
いても全額支給になります。

 

その時の設計書を持って
いるのですが、配当金を
合わせると1000万円以上
受け取れるように書いてあります。

 

実際どれくらい配当が
つくものなのでしょうか。
やっぱりほとんど無い
ものと考えた方がいいんしょうね。

 

早い内から
老後資金を準備されて
おく事は良い事ですね。

 

ただあまり神経質に
なり過ぎなくても良いと思います。

 

私的年金は本来は
公的年金の不足分を
補う為に準備するものです。

 

 

現在働かれていて、
公的年金を納付されて
いるのであれば、その額も
老後資金になりますね。

 

また現在加入されている
共済年金は、保障期間だけでも165%になります。

 

終身保障でしたら、
37歳の平均余命で
85歳まで生きると言う統計も出ています。

 

55歳からでしたら30年ですから
この倍の額が年金で
もらえると言う事ですね。

 

年金受給をする場合は、
年金資金を運用しながら
取り崩すと言うイメージですので、
確定年金だと短期的には
多くもらえるようにも
思えますが、長生きした場合には
やはり終身年金の方が
もらえる額は大きくなりますね。

 

また年金として準備する
方法は、保険だけではありません。

 

 

今思えば確定年金に
しておけばよかったと思いますが・・

 

老後はこの年額では
不安に感じてます。
追加で新たに加入するか、
この掛け金を元に別の
年金に加入しなおすか
・・どちらがよいでしょうか??

 

昭和12年4月2日以降に
生まれた方が在職した場合、
総報酬月額相当額
(標準報酬月額+年間の
ボーナス÷12ヶ月)と
基本月額(老齢年金÷2ヶ月)の
合計額が48万円以下は
全額支給。48万円を超えた場合、
超えた額の1/2相当が
支給停止になります。

 

なお、老齢基礎年金は
全額支給されます。

 

いずれの場合も、
「70歳になるまで」か
「退職するまで」厚生年金の
保険料を納めます。

 

 

ねんきん共済は
全労災(全国労働者共済生活協同組合連合会)の
個人年金保険です。

 

契約者になるためには
出資金を支払って
組合員にならなければなりませんが、
出資金は1,000円以上
からで負担は
小さくなっています。

 

年金共済には、
「終身年金」と「確定年金」が
ありますが、
内容は生命保険と
ほぼ同様です。

 

商品概要は以下となります。

 

 ・終身年金の年金額(契約金額)は、24万円〜90万円、確定年金)は、36万円〜90万円。
 ・年金受取開始年齢は55歳〜65歳。
 ・年金受取は、2ヵ月ごと、3ヵ月ごと、6ヶ月ごと、1年ごと。

 

 

農業協同組合(JA)、
漁業協同組合(JF)、
生活協同組合などの協同組合や
各種共済団体が、
その組織の組合員とその家族を
主な対象者として、
生命・財産などに対する
災害やその他の出費に
備えるために設けた
相互扶助の制度です。

 

一般保険でいう生命保険事業と
損害保険事業の
両方を兼営しています。

 

税法上の特典については、
生命保険や損害保険と
同様の取扱いが
受けられます。

 

金融商品購入の
窓口・・・農業協同組合(JA共済)

 

JA共済の窓口は、
農業協同組合
(愛称:JA)です。

 

平成20年6月1日現在で
全国に711のJAがあり、
農家をはじめとした組合員だけではなく、
所定の要件を満たせば
組合員以外の方も
利用することができます。

 

年金はいつ振り込まれるの?

 

裁定請求書を
提出しますと、
2?3週間後に年金証書・年金裁定通知書が
自宅へ送付され、
さらに1〜2ヶ月後に
振込通知書が送付
された後、口座へ振り込まれます。

 

通常の公的年金の
支払い月は偶数月です。

 

15日が土・日・休祭日の
場合、前日が支払日となります。

 

年金は「あと払い」です。
例えば8月支払いの年金は、
6月・7月分の年金です。

 

 

JAでは、生命共済・建物更生共済・
自動車共済などを提供する
共済事業のほか、
貯金、貸出などの
金融取引を行う信用事業、
営農・生活指導事業、
農産物販売などを行う
販売事業、必要な資材の一括購入を
行う購買事業、厚生・医療事業、
高齢者福祉事業など、
総合事業を展開しています。

 

金融商品購入の
窓口・・・全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)

 

消費生活協同組合法(生協法)に
基づいて設立された、
共済事業を行う生活協同組合です。

 

全労済は、
各都道府県に設立された
47の地域に分かれた
共済生協、職域ごとに
設立された8共済生協、
2生協連合会からなる
連合会としての機能を
果たしています。

 

 

 

 

出資金を払込み
各都道府県生協の
組合員になれば、
各種共済を利用できます。

 

農業協同組合(JA)共済の
主な商品

 

所定の要件を満たす場合、
共済掛金が所得税・住民税の
所得控除の対象となる共済です。

 

終身共済

 

万一のときはもちろん、
ニーズにあわせた特約により
病気やケガなどへの
備えも自由に設計できる
確かな生涯保障プランです。

 

○基本タイプ ○長寿祝金タイプ ○中途給付タイプ

 

養老生命共済

 

国民年金の
繰上げ支給をすると損するの?

 

老齢基礎年金の
支給開始は65歳ですが、
希望すれば早くから
年金を受給することができます。

 

繰上げると請求時の
年齢に応じて減額された
年金の支給率は
生涯変わりません。

 

また一度請求すると
取消しはできなくなり、
遺族年金や障害年金が
受取れない場合もあります。

 

受給累計額でみると繰上げ
した場合、何歳で65歳から
受給した場合の累計額を下回るか?
という損得判断の問題も
あります。

 

ライフプランや健康状態などを
考慮して慎重に請求される
ことをおすすめします。

 

 

万一のときの保障と、
将来の資金づくりを
両立させたプランです。

 

特約により病気や
ケガも幅広く保障します。

 

○基本タイプ ○中途給付タイプ

 

定期生命共済

 

所定の期間における
万一のときや、
特約により病気やケガを
保障するプランです。

 

がん共済

 

がんと闘うための
安心を一生涯にわたって
手厚く保障します。

 

すべてのがんのほか、
脳腫瘍も対象としています。

 

医療共済

 

病気やケガによる
入院・手術を一生涯に
わたって手厚く保障します。

 

日帰り入院から長期の
入院まで幅広く保障します。

 

 

JA共済(農協)の
年金保険の特徴を
下記に記します。

 

【農協(JA共済)の年金保険の特徴1】
6年目以降1年ごとに
予定利率を見直す。

 

予定利率が上がると
年金額が増える。

 

一度増加した年金額は
減らない。

 

たとえ予定利率が
下がっても、
「最低保証予定利率」が
設定されているので、
年金額が底なしに減少するリスクはない。

 

年金はいくらもらえるの?

 

老齢基礎年金は
65歳から満額で
年額792,100円です。
また、「付加年金」や
「振替加算」を受給できる
方ならさらに年金額は
増えてきます。

 

 

老齢厚生年金は、
それぞれ個人によって違います。
過去の厚生年金の
加入期間と給与や
賞与をもとに計算されます。

 

該当する場合には
加給年金が加算されます。
なお、一定の制限があります。

 

【農協(JA共済)の年金保険の特徴2】
申し込みの際は、
職業などの簡単な
告知でいい。

 

医師による診査は
必要ない。

 

【農協(JA共済)の年金保険の特徴3】
掛金建てなので、
掛金を月々2万円、3万円、5万円というように、
積立貯金の感覚で
加入できる。

 

【農協(JA共済)の年金保険の特徴4】
税制適格特約付の
プランに加入した場合、
生命保険とは
別枠で最大5万円の
個人年金保険料控除を
受けられる。

 

年金はどうすれば
もらえるの?

 

年金は
何もせずに待って
いてはもらえません。

 

年金は請求をすることに
よって支給がはじまります。

 

請求する時期は国民年金65歳、
厚生年金・共済年金は
60歳の誕生日の前日です。

 

 

年金が支給される
ためには受給資格期間
(加入期間)が必要です。

 

受給資格期間は
以下のとおりです。
厚生年金20年以上、
共済組合20年以上、
または合計で20年以上。

 

男性40歳以上・女性35歳以上で
厚生年金が15年以上
(特例期間)ただし、
段階的に年数が増えて
昭和31年4月2日以降に
生まれた方からは25年の加入が必要。
国民年金のみで25年以上
または公的年金すべての
期間合算で25年以上。

 

年金を請求する際には
年金手帳、基礎年金番号通知書、
戸籍謄本、住民票、
所得証明他、各種書類が必要になります。

 

JA共済(農協)の
年金保険には2つのタイプがある。
JA共済(農協)の
年金保険には、
「終身年金タイプ」と「定期年金タイプ」の2つがある。

 

<JA共済(農協)の年金保険「終身年金タイプとは>
終身年金タイプは、
一生涯にわたり年金を
受け取るタイプです。

 

保証期間中に万一の
ことがあっても、
保証期間の残りの
年金を遺族が受け取れるので
<ソン>はありません。

 

公的年金の
受取額と合わせれば、
生活資金、余裕資金を計画的に
確保できます。

 

終身で受け取れるので、
長生きすればするほど
受け取る年金総額は
増えることになります。

 

<JA共済(農協)の年金保険「定期年金タイプとは>
定期年金タイプは、
あらかじめ5年、10年、15年
というように期間を決め、
その期間の間、
毎年年金を受け取るタイプです。

 

公的年金の
受給時期が
遅くなりつつある中、
公的年金が受給できるまでの
「つなぎ資金」として活用できます。

 

 

特則・特約により更に
保障を手厚くすることもできます。
定期医療共済

 

病気やケガによる
入院・手術を手軽な掛金で
保障するプランです。

 

日帰り入院から保障します。

 

また、死亡のときも
所定の給付が受けられます。

 

こども共済

 

こどもの入学資金や
結婚・独立資金の
準備に適したプランです。

 

共済契約者(親)が
万一のときは、
満期まで毎年養育年金を
受取れるプランもあります。

 

○入学祝金タイプ ○大学進学タイプ

 

予定利率変動型年金共済

 

老後の生活資金準備の
ためのプランです。

 

掛金建てで、
医師の診査なしの
簡単な手続きで加入できます。

 

また、最低保証予定利率が
設定されています。

 

 ○終身年金タイプ ○定期年金タイプ

 

積立型終身共済

 

終身共済よりも
手軽な掛金の
生涯保障プランです。

 

健康上の不安で、
共済・保険に
加入できなかった方も、
一定の範囲で
医師の診査なしの
簡単な手続きで
加入できます。

 

満期専用入院保障付終身共済

 

年金は
いつからもらえるの?
A3-1

 

年金が
受給できる年齢は、
原則として
国民年金は65歳です。

 

希望すれば繰上げて
60歳から受給することができます。

 

また、66歳から70歳に
なるまで繰り下げて
受給を遅らせることもできます。

 

厚生年金と共済年金の
場合は現在60歳ですが、
生年月日に応じて
段階的に65歳に
近づき将来はすべて
65歳支給が原則となります。
(例外もあります)

 

A3-2
老齢厚生年金は60歳からは
「特別支給の
老齢厚生年金
(報酬比例部分と定額部分)」が
支給され、65歳からは
「老齢厚生年金」と
「老齢基礎年金」に
分かれて支給されます。
A3-3

 

受給する方法は通常の
受給の他に、国民年金を
早取りする全部繰上げと
厚生年金と国民年金を
早取りする一部繰上げがあります。

 

繰上げについては
生年月日により内容が
違います。

 

 

個人年金に
加入したものの、
個人の事情で
個人年金が支払えなくなって
しまうパターンもあります。

 

特に若いうちに加入していた
場合、結婚など新居などの
購入で、生活費用などの
計算が追い付かなくなって
しまうこともあります。

 

それは、一生に一度の
人生なので、誰でも
そういった迷い道に行って
しまうのが人生と
いうものです。老後を
考えて、少し高い個人年金
の保険料を支払って
いたけれど、仕事が
できなくなってしまったり、
なくなってしまったりすることは、
稀にあります。

 

公的年金とは
どんな年金?
A2
公的年金とは、
国民年金(老齢基礎年金)、
厚生年金(老齢厚生年金)、
共済年金(退職共済年金)の
3つのことをいいます。

 

どの年金に加入してどの
年金を受給するかは
その職業によって違います。

 

そういった時に、
個人年金の
解約をする方も
少なからずいらっしゃいます。

 

他にも別の保険会社の
個人年金が魅力的で
あった場合にも、
解約をする方が
多いのではないでしょうか。

 

個人年金の解約
に関してのトラブルが
ある場合もありますので、
加入時に解約に
関してもしっかり
説明を受けておきましょう。

 

解約時に気づいても
時は遅いので、しっかりと
プランの内容をご
確認ください。

 

どの個人年金を
扱っている保険会社にも、
解約のことについての
注意などがありますので、
うやむやにしないよう
にしましょう。

 

他にも解約を
選択するのではなく、
保険料を下げることが
できる乗り換えなどが
ある場合もありますので、
個人年金の解約を
選択する前に、保険会社の
方に相談してみることも
大事です。

 

働き盛りの今でも、
無理のない負担で、
ご自身や夫婦の老後の
ための資金作りを
しましょう。若いうちに
老後を考える方も、
もっと人生を楽しみたい方も、
個人年金については、
しっかり知識をつけておきましょう。

 

 

年金の
請求手続きは
どうやって行うの?
A1
60歳または
65歳の誕生日3ヶ月前に、
社会保険庁から緑の
封筒に入った年金請求書が
送られてきます。

 

この年金請求書に
必要事項を記入して、
必要な添付書類を
準備して社会保険庁へ
提出します。

 

JAでは年金請求の
お手伝いをいたします。
緑の封筒がご自宅に
届きましたら、
最寄りの支所窓口まで
ご連絡下さい。

 

養老生命共済の
満期を迎える
共済契約者向けの
終身共済プランです。

 

万一のときの
生涯保障と入院・手術保障が
セットされています。

 

建物更生共済

 

建物・家財などを、
火災はもちろん
地震や台風などの
自然災害も
幅広く保障します。

 

個人年金保険は
少しでも老後の安定を
望みたい方にお勧めです。

 

公的年金の受取りが
困難になっていく一方、
個人年金は確かに
受け取ることができますので、
公的年金よりも
安心であることがうかがえます。

 

個人年金の他に、
万が一の場合にも
老後のメリットとなる
保険に「終身保険」なども
あります。

 

終身年金とは年金の
受給者が生きている限り
支払われる年金のことを、
終身年金といいます。

 

やはり長生きは
したいですし、
今の医療でも人の
寿命は延びてきています。

 

その時に、
少なからず安定した
生活を送りたいと
思っている人は
多いと思います。

 

特に女性の方は、
平均寿命が
高くなっていますので、
保険料はあがってしまいますが
終身年金がお勧めです。

 

郵便局の個人年金などにも、
終身年金があります。

 

郵便局の終身年金の
特徴は20歳からの
分割支払い型への加入ができ、
仕事を頑張っている間にも
老後の生活への
備えができます。

 

一時払いや、
即時払いもあり、
資産から保険料の
一括支払いもできます。

 

長い人生にはなにが
あるかわかりません、
そういう時には
一定期間の年金の
支払いをしてくれる、
保証期間付きのものもあり、
被保険者に万が一の
ことがあった場合も、
年金継続受取人の方が
年金を受け取ることもできます。

 

こういった
特約をつけることで、
突然の事故や病気などにも
備えることができ、
保障も一生続くので、
個人年金の終身保険へ
加入する方は増えています。

 

もちろん個人年金には
色々なタイプがありますので、
終身保険だけではありません。

 

ご自身の将来プランのために、
一番フィットした
個人年金、終身保険を
お探しください。

 

 

また、掛捨てではなく
共済期間(5年・10年・20年・30年のいずれか)の
満了後に
満期共済金が受取れます。

 

共済期間中の
一定期間ごとに
満期共済金の一部を
受取れるボーナスプランもあります。

 

自動車共済

 

自動車事故による
相手方への対人・対物賠償をはじめ、
自身や家族などの
傷害保障、車両損害等を
保障します。

 

(注)このほかにも、
一時払生存型養老生命共済、
健康祝金支払特則付定期医療共済
、引受緩和型定期医療共済、
傷害共済、火災共済、
賠償責任共済などがあります。

 

全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)の主な商品

 

終身共済

 

生命保険の終身保険に
相当するものです。

 

セット専用の総合医療共済や
災害特約などと組合せて
生涯の保障内容を
自由設計することができます。

 

ねんきん共済

 

生命保険の個人年金保険に
相当し、
保証期間付終身年金、
確定年金の2種類があります。

 

新せいめい共済

 

病気や事故による
死亡・重度障害、
後遺障害を保障する商品です。

 

終身生命プラン、
定期生命プランがあります。

 

また、各種特約を付加することで
目的・あった保障設計ができます。

 

新総合医療共済〈医療保障〉

 

終身医療プランと
定期医療プランがあります。

 

総合タイプ、
三大疾病プラスタイプ、
女性疾病プラスタイプなどがあり、
一人ひとりの保障ニーズに
あった加入プランを
選択できます。

 

新総合医療共済〈介護保障〉

 

介護保障に絞った
終身介護プランと医療保障と
セットになった定期介護プランが
あります。

 

目的、期間、保障内容に
あわせて選択できます。

 

こくみん共済

 

定期生命保障、
こども保障、医療保障(終身型・定期型)、
賠償保障を組合せて
契約することができる共済です。

 

自然災害保障付火災共済

 

火災はもちろん、
落雷や他人の住居からの
水漏れや風水害まで
幅広く保障し、さらに
自然災害共済を付帯することにより、
地震・風水害に加えて
盗難事故も手厚く
保障する共済です。

 

マイカー共済

 

充実した保障と
お手頃な掛金で、
一人ひとりの
カーライフをしっかりと
サポートする共済です。

 

個人年金を
考えている方は、
たくさんの保険会社などを
検討に入れている方が
多いと思います。

 

色々な保険会社から
選択していくのは
大変かと思いますが、
将来設計のためにも
根気良く個人年金の
会社は選びましょう。

 

ここでは、保険会社の
ひとつ、アリコジャパンの
個人年金保険を
ご紹介します。

 

個人年金保険が
いまいちわからないという方も、
アリコジャパンの
ホームページに
個人年金保険についても
詳しく書かれていますので、
商品の説明を調べる前に、
個人年金保険について
しっかりと理解しておきましょう。

 

まず、アリコジャパンの
個人年金保険には
定額個人年金保険、
変額個人年金保険があります。

 

アリコジャパンの
個人年金保険の
変額個人年金保険に
「もうもらえて一生涯」というものがあります。

 

最短で契約から一年で
一生涯にわたり年金を
受け取り続けることができます。

 

将来のインフレにも
備えることができますので、
オススメです。

 

その他のアリコジャパンの
個人年金保険は
「北斗七星U」こちらも
変額個人年金保険です。

 

長い資産の形作りと
安心したセカンドライフが
したいという方にオススメです。

 

アリコジャパンの
ホームページに
商品説明がありますので、
詳しくはアリコジャパンの
ホームページをご覧になってください。

 

もちろん
資料請求もできますし、
コンサルティングの
お申し込みもできます。

 

アリコジャパン以外にも
様々な保険会社が
ありますので、
あなたの将来に
ぴったりの個人年金保険が
見つかるといいですね。

 

 

いわゆる無認可共済の法規制について

 

共済には、
農業協同組合法や
消費生活協同組合法など
根拠法のある
共済(JA共済や全労済など)のほかに、
根拠法のない共済
(いわゆる無認可共済)があります。

 

最近はこうした根拠法のない共済について
消費者からの苦情が
少なくありません。

 

そこで平成17年5月2日に
保険業法が改正され、
この共済に法規制が
図られることになりました。

 

保険業法では不特定の
者を相手として
保険を引受ける
事業を保険業としてきたのを改め、
共済のような特定の
者を相手として保険を
引受ける事業も保険業に
含めるように改正されました。

 

この結果いわゆる
無認可共済は、
「少額短期保険業」
(保険期間は損害保険が2年、
生命保険・医療保険は1年以内で
保険金額が1,000万円以内のもの)として登録し、
責任準備金の積立・情報開示・国への
報告などが義務
づけられることになりました。

 

これにより
平成18年4月1日から
少額短期保険業制度が
導入され根拠法のない
共済は平成20年3月までに
(1)少額短期保険業の登録をする
(2)保険会社として免許をとる
(3)廃業し、他への既契約の包括移転か事業譲渡等をする、
のいずれかの道を
選択することになりました。

 

個人年金には、
月払いや年払いという
形の分割払いや、
一時払いなどがあります。分

 

分割払いの方は、
現在も働いている方が多く、
若い世代から個人年金に
加入している方が
分割払いの商品を
選択しているみたいです。

 

 

ちなみに米国でも
分割払いの商品が
多いようです。

 

逆に、団塊世代の方で
個人年金に加入する方は、
今まで貯めた貯蓄や、
退職金などで個人年金を
一時払いする方が多いようです。

 

日本はこういった
団塊世代を
顧客として
重視しているので、
一時支払い型の層が
多いことで知られています。

 

ここでは、
団塊世代の方向けに
、一時払い型個人年金保険に
ついてご説明します。

 

一時払いとは、契約の
時に保険料を一括で
支払う個人年金保険の
ことを言います。

 

一時払いのメリットは、
月払いや年払いなどより、
受け取る金額が
多くなるのが特徴です。

 

そういった点でも、
退職金や貯蓄で
一時払いする方が
います。

 

ちなみに、
一時払いの保険料の
平均額は637万円になるそうです。
個人年金の一時払い料が
1000万円以上の方も
2割ほどいるみたいですね。

 

もちろん、
支払い額は平均にとらわれずに、
ご自身の貯蓄などと
相談して払いましょう。

 

一時払いは、
契約の一年後から
受け取ることができます。

 

相続の対策を
考えている方にも
オススメです。

 

個人年金の商品によって、
一時払いの商品や
分割払いの商品が
ありますので、
そういう部分を
視野にいれることも大切です。

 

ご自身の豊かな
セカンドライフのためにも、
今現在の生活設計に
合った個人年金を調べましょう。

 

 

従って平成20年4月以降、
このいずれの選択肢となったのかを
よく確かめる必要があります。

 

日本生活協同組合連合会(CO・OP共済)の
主な商品

 

たすけあい(医療保障)

 

医療保険に該当し、
手ごろな掛金で
医療保障を中心とした
総合保障が得られます。

 

特に女性特有の疾病を
厚く保障する女性コース、
ジュニア18コース、医療コース、
ベーシックコースがあります。

 

これらのコースと一緒に
月額保険料100円で
最高1億円の個人賠償責任保険に
加入できます。

 

あいぷらす(死亡+入院+がん保障)

 

2,000万円までの
死亡保障を中心として、
入院保障、がん保障がつけられます。

 

火災共済

 

火災・風水害・地震などを
幅広くカバーし、
自然災害共済とセットすることで
自然災害の保障を得られます。

 

あいあい(医療+死亡保障)

 

医療保障に、死亡保障や
満期金特約がつけられます。

 

金融商品購入の
窓口・・・日本生活協同組合連合会(CO・OP共済)

 

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は
消費者生活協同組合法に
基づいて昭和26年に
設立されました。

 

JAの
予定利率変動型年金共済
【定期年金・終身年金】には、
税制適格特約を
付加することができます。

 

税制適格特約を
付加することで、
掛け金の一定額を一般の
生命共済の掛け金とは
別枠で所得税の
控除が受けられ、
所得税と住民税の
負担を軽減できます。

 

 

 

JAの税制適格特約を
付加する時は、
次の要件を満たす
必要があります。

 

【1】年金受取人は
被共済者で、かつ、
次のいずれかの人でなければなりません。
 @ 共済契約者
 A 共済契約者の配偶者
 B 共済契約者が法人である時は、掛け金を負担する従業員等
  ※ ところで、年金受取人を改変することは不可です。

 

ja共済にも
個人年金があります。
ja共済は、
組合員自らが
助け合う運動から
生まれたことは
有名です。

 

ja共済の商品は
営利を目的
としていないので、
安い理由も
うなずけます。

 

営利目的ではないという
部分も
支持されている
ひとつではないでしょうか。

 

昔から
支持されているという
安心感は、
設立の短い
個人年金の
保険会社とは
違った見解を持てます。

 

営利目的でもないため、
保険料も
安くできますので、
あまり資金は
用意できないが
少しでも老後の
生活を安定させたい
のであれば、
jaの個人年金への
加入をお勧めします。

 

ja共済の個人年金は、
予定利率変動型年金共済
「ライフロード」という
個人年金保険が
あります。

 

終身年金タイプと
定期年金タイプがあり、
そのふたつから
選ぶことができます。

 

ご自身のニーズに
合わせて選べますので、
とてもオススメです。

 

ja共済の
個人年金保険の
特徴は、
6年目から1年ごとに
予定利率の
見直しがあるので、
年金額が増える
楽しみがあります。

 

一度増えた
年金額は減ることはないので、
嬉しいポイントとなります。

 

お申し込みも
簡単なので、
職業などの告知のみで、
医師の診査などは
必要ありません。
他にもメリットは
たくさんあります。

 

ja共済の
個人年金は
加入者も多く、
周りの方々も
加入している場合が
多いので、
安心して加入できる
という利点も
ありますね。

 

郵便局にも
個人年金があります。

 

郵便局の
個人年金に人気が
あるのは、
つぶれる心配がない、
郵便局が
どこにでもある。
手続きが安心など、
取り上げられています。

 

個人年金に
加入する方が
最近増えている傾向にあります。

 

公的年金などに
信頼がおけなくなって
きているからです。

 

どちらにも
メリットデメリットがありますので、
個人年金に
加入する際も、
しっかりとご自身で
検討の上、
加入することをおすすめします。

 

郵便局の
個人年金保険の種類は、
逓増型終身年金保険、
定額型終身年金保険、
シルバー年金あんしん
、定期年金保険、
夫婦年金保険など
様々です。

 

郵便局の
個人年金保険の
いくつかを説明しましょう。

 

個人年金が
人気になってきた今、
たくさんの人が公共年金と
他に個人年金の保険会社や
郵便局への加入を考えています。

 

これからの未来、
公共年金が少なくなっていく
可能性も高いと
感じている方が多いのでしょう。

 

そして、個人年金に
加入しても個人年金保険料に
かかってくる税金を
デメリットに考えている方も
多いと思います。

 

しかし、税金の
負担を軽くしたいと
思っている方に、
個人年金保険料控除
というものがあります。

 

この個人年金保険料控除を
受けると税金が安くなり、
負担が軽くなります。

 

しかし、
個人年金保険料控除を
受けるには、
個人年金保険料税制適格特約
というものがあり、
個人年金保険料控除を
受けるためには少し
条件が必要になってきます。

 

以下の説明が、
個人年金保険料控除のための条件です。

 

年金の受取人が
契約者か、
配偶者のどちらかであること。
年金受取人が被保険者と
同一人物であること。
年金の種類が
確定年金や有機年金の
場合に、年金の受け
取り開始が60歳以降で、
年金の受取期間が
10年以上であること。
保険料払込の
期間が10年以上であること。
ということが
個人年金保険料控除の
主な条件になります。

 

控除額は、
所得税5万円、
住民税3.5万円となっています。
サラリーマンの
方は保険会社が
発行した
生命保険料控除証明書を
給与職者の保険料控除等申告書に
添付のうえ、勤務先に
提出して、年末調整での
控除を受けることになります。

 

サラリーマンでなく、
自営業者の方は
手続きも異なって
きますので、
詳しく調べておきましょう。

 

 

 

まず、
夫婦年金保険について。
受け取りの
年金額の下限と上限は
それぞれ一緒です。

 

夫婦の老後を安心して
過ごしたい方にお勧めです。

 

年齢も25歳〜70歳と
なっていますので、
ご結婚されて
早々と加入しても
いいかもしれません。

 

夫婦で幸せな
老後を楽しみたいですね。

 

他に、
シルバー年金あんしん。

 

介護割増年金も
ついてきますので、
老後に急に
不自由になられて
しまった方でもサポートしてくれる
個人年金保険に
なっています。

 

こちらの加入は25歳〜60歳まで。

 

日本は長寿の国とも
言われていますので、
長生きして安心して
暮らしたい方には
オススメです。

 

ご自身や
夫婦そろっての
加入も万全ですので、
郵便局の
個人年金保険を
インターネットなどで
調べてみましょう。

 

郵便局などへ
行かれた際には、
パンフレットなどもありますので、
詳しく知りたい方は、
相談をしてみましょう。

 

 

条件がありますが、
保険料控除もありますので、
条件を満たしている方は
控除もお考えになり
ja共済の個人年金への
加入をしても
いいのではないでしょうか。

 

 

【2】掛け金の払込期間が
10年以上であること。

 

【3】定期年金の時は、
上記の要件に加え、下の要件も満たす必要があります。
 @ 年金支払期間は、
10年又は15年
 A 年金支払開始年齢は、
60才・65才・70才のいずれか

 

 

JAの年金共済では、
掛け金を一時払いする
制度がありますが、
掛け金を一時払いにした
契約には、
税制適格特約を併せて
付加することはできません。

 

JAの終身年金の時は、
定期年金とは
一部取り扱いが分かれます。

 

 

地域、職域、学校など生活に
密着したさまざまな分野で
活動している生協が会員で、
2,350万人の組合員がいます。

 

昭和54年に全労済との
「CO・OP共済に関する基本協定」に
基づきCO・OP共済がスタート、
食品、家庭用品などの
供給事業、福祉事業なども
行っています。

 

出資金を払って組合員に
なれば商品とCO・OP共済
どちらも利用することができます。

 

 

 

ねんきん共済の特色に、
「終身家重プラン」があります。

 

「終身家重プラン」の
特徴は以下となります。

 

 ・掛金払込期間中に死亡したときは、契約年金の
2倍の額が家族に10年間支払われます。
 ※逓増型の場合は、
2年目以降初年度年金年額の5%ずつ増額します。
 ・掛金払込期間中に重度障害の
状態になったとき、以後の掛金の払い込みは免除され、
契約年金と同額の年金が支払われます。
 ※逓増型の場合でも、
2年目以降の年金額は初年度と同額です。
 ・掛金払込期間中に加入者が
不慮の事故により重度障害または
所定の身体障害の状態になったとき、
または傷害・病気により重度傷害になったとき、
以後の掛金の払い込みは免除されます。

 

 

 

予定利率は、
当初5年間は固定されますが、
6年目以降毎年
見直されます(最低予定利率は0.75%)。

 

今回は、
JA共済が
平成16年4月に
発売した、
予定利率変動型年金共済
「ライフロード」を
取り上げました。

 

〔商品概要〕

 

この商品は、
積立て感覚で老後の
生活資金の準備が
できる年金共済です。

 

保証期間(10年、15年)
付終身年金と定期年金(5年、10年、15年)があり、
最低掛金は5000円(ただし最低共済金額は12万円)。

 

加入できるのは18〜74歳
(年金支払開始年齢、払込方法により異なる)で、
年金支払開始年齢は50〜75歳
(加入年齢、払込方法により異なる)。

 

掛金の払込方法は年払い、
月払い、一時払いがあります。

 

利率変動型なので
市中金利の変動に
機動的に対応する商品ですが、
ただし、契約時の予定利率は
市中金利に応じて設定され、
当初5年間はその率が
固定されます(平成16年4月〜17年3月までは1.2%)。

 

5年経過後は、
1年ごとに予定利率が
見直されます。

 

満了時点の年金原資に応じて、
受け取れる年金額が
変わります(最低予定利率は0.75%)。

 

被共済者が
年金支払開始前に
亡くなったときは死亡給付金が
支払われます。

 

これには2つあり、
@被共済者が年金受取開始前に
災害・特定感染症に
より死亡したときは、
「死亡給付金額」の1.1倍、
A@以外で、年金受取開始前に死亡したときは
「死亡給付金額」が支払われます。

 

「死亡給付金額」は、
死亡日の属する共済月の
月央における共済掛金積立金相当額
または既払込共済掛金相当額の
いずれか大きい額を指します。

 

 

この「予定利率変動型年金共済 ライフロード」には、
終身型と定期型があります。

 

終身型は、10年または15年の
保証期間付きのタイプがあります。

 

定期型は5年、10年、15年の
3種類があります。

 

商品概要は以下となります。

 

 

・ 加入年齢:18歳〜74歳
・ 年金額:12万円〜最高3,000万円
・ 掛金:最低5,000円〜(1,000円の倍数)
・ 払込方法:月払い、年払い、一時払いがあります。
・ 年金開始年齢:50歳〜75歳

 

年金共済関連エントリー

自動車共済
自動車共済
火災共済
火災共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。