火災共済

火災共済

BRIDAL RING(ブライダルリング)|ジャムホームメイド JAMHOMEMADE

 

キューズベリー 通販 口コミ 抱っこひも
-------------------------------------------------
(3)
アナと雪の女王 ジャムホームメイド JAMHOMEMADE

 

建更むてき10型に
ご加入の場合は、
自然災害や火災などで
全焼・全壊のときは、
満期共済金額の10倍の
保障(地震等で全壊の場合は5倍保障)が
受け取れます。

 

農協の火災保険はJA組合員だけでなく、
一般の人でも利用出来る
「員外利用」があります。

 

他には、出資金を支払って
「准組合員」になれば、
JA組合員と同等の利用が出来ます。

 

火災などを幅広く保障
火災や落雷、
爆発等で建物に
損害を受けたとき、
損害の程度に応じて、
モデルパターンの場合では最高2,000万円に

 

・臨時費用共済金
・残存物とりかたづけ費用共済金
等をプラスしてお支払いします。

 

 

自然災害に対する保障も充分
台風、大雪、
豪雨などの
自然災害の場合でも
損害割合に応じて、
モデルパターンの場合では
最高2,000万円までお支払いします。
・風災・ひょう災・雪災の場合は
臨時費用共済金、
残存物とりかたづけ費用共済金等を
プラスしてお支払いします。

 

 

地震による損害もセット
地震に対する保障が
あらかじめセットされており、
モデルパターンの場合では
最高1,000万円までお支払いします。

 

 

農協の火災保険は
「むてき」という商品名で
販売されています。

 

補償内容としては
家自体はもちろんそれに
付随する家財なども
補償してくれます。

 

 

農協の火災保険は
JA共済の「いえ」に関する保障の中の、
建物更正共済の「むてき」になります。

 

建物更正共済の「むてき」には、
1型・2型・5型・10型の4つのタイプがあります。

 

保障は大きく分けて、
火災・自然災害・地震・家族の
ケガ等に対応しています。

 

農協の
火災保険の「むてき」の
火災等への保障では、
火災や落雷、そして爆発等で
建物に損害を受けた時に、
損害の程度に応じて保障されます。

 

共済金は、火災共済金+臨時費用共済金+特別費用共済金+残存物取り片づけ費用共済金になります。
火災共済金だけではなくて、
臨時費用や特別費用が
あるのはありがたいですね。

 

加えて、残存物取り片づけ費用が
あるのは助かります。
災害の後の取り片付け費用が
ない為に、
片づけが出来ないケースが
多いですからね。

 

農協の火災保険の「むてき」には、
地震などによる損害保障と
自然災害による損害補償もあります。

 

自然災害とは、風災・ひょう災・雪災に
なります。
この場合も、
火災の時と
同じように、
自然災害共済金の他にも、
臨時費用共済金+特別費用共済金+残存物取り片づけ費用共済金の保障があります。

 

農協の火災保険の「むてき」では、
家族のケガ等にも保障があります。

 

建物に発生した
自然災害や火災等で、
家族や居住者が200日以内に
死亡や後遺症害や治療を
受けた時の保障もあります。

 

JA共済の、建物更正共済「むてき」は
掛け捨てではありません。

 

満期共済金、
満期時割りもどし金、据置割りもどし金が
満期時に支払われます。

 

また、「ボーナスプラン」という
定期的に修理費共済金を
受け取れる、
お得プランもありますね。

 

出資金は「准組合員」をやめる時には
戻ってきます。

 

「准組合員」になって
JA共済をお得に利用する方法も
ありますね。

 

火災保険について質問です。
知人に頼まれて入っていた
農協の満期返戻金付火災共済が
満期になったのを期に、
他の掛け捨ての
保険に入ろうと思っています。

 

私は「全労災」の保険に入ろうとしたところ、
夫は「何かあった時は
農協共済が一番高額の
保障がでる」と言うのです。

 

窓口で確認もしましたが、
その分、掛け金が高いようです。

 

最近の保険は
火災保険でも
火災共済でも保障の内容が
多様化し比較するのも大変です。

 

まあ県民共済などは
掛け金も安く、
一定の保障内容もあり
良いかも知れませんが、
落とし穴もありますので、
よく調べて下さい。

 

農業協同組合(JA)、
漁業協同組合(JF)、
生活協同組合などの協同組合や各種共済団体が、
その組織の組合員とその家族を主な対象者として、
生命・財産などに対する災害やその他の出費に
備えるために設けた相互扶助の制度です。

 

 

一般保険でいう生命保険事業と
損害保険事業の両方を兼営しています。

 

税法上の特典については、
生命保険や損害保険と
同様の取扱いが受けられます。

 

新潟県中越地震で
お役に立てた
自然災害共済金は
505億9,000万円で、
支払件数は58,435件(平成17年3月31日までの支払状況です)に
なります。

 

JAの建物更生共済は、
地震はもちろん火災や
風水害などの自然災害の
被害にも幅広く保障しています。

 

ですから、支払件数や
支払金額からみても
実績があります。

 

娘夫婦の住宅に
父親が契約者として
加入した建物更生共済の掛金は、
父親の地震保険料控除の
対象になりますか?

 

娘夫婦が父親と
同一生計の場合は、
父親の地震保険料控除の
対象となりますが、
別生計の場合は対象となりません。

 

また、契約者から仕送りを
受けている子のアパート、
下宿等のMy家財契約の
ような場合は、
同一生計となるため
地震保険料控除の対象となります。

 

JAは、
みなさまに安心を
お届けしたいと思っています。

 

あなたの住まいを守るために、
地域に根ざしたJAをご活用ください

 

金融商品購入の窓口・・・農業協同組合(JA共済)

 

JA共済の窓口は、
農業協同組合(愛称:JA)です。平

 

成20年6月1日現在で全国に711のJAがあり、
農家をはじめとした組合員だけではなく、
所定の要件を満たせば組合員以外の方も
利用することができます。

 

JAでは、生命共済・建物更生共済・
自動車共済などを提供する共済事業のほか、
貯金、貸出などの金融取引を行う
信用事業、営農・生活指導事業、
農産物販売などを行う販売事業、
必要な資材の一括購入を行う購買事業、
厚生・医療事業、高齢者福祉事業など、
総合事業を展開しています。

 

金融商品購入の窓口・・・全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)

 

消費生活協同組合法(生協法)に
基づいて設立された、
共済事業を行う生活協同組合です。

 

残念ながら、
全額を損金にしてよいと
いうことではありません。

 

共済契約は
新しく建て直した建物に
保障の内容を変更することができます。

 

そのときに面積または
構造の変更がある場合は、
契約内容の変更が必要となりますので
JAへご連絡下さい。

 

 

建物更生共済に
加入している建物を
増築しましたが、
手続きは必要ですか?

 

 

増築した旨を
組合に通知して下さい。

 

契約締結後、
共済の目的について変更事由が
発生した場合には、
共済契約者または被共済者は、
所定の用紙により速やかに
組合に通知する義務があります。

 

この義務を通知義務といい、
通知義務が行われない場合
万一事故が発生しても
共済金が支払われないこともあります。

 

なお、面積が旧建物に
比べ増えている場合には、
保障額が評価に比べ少なくなり、
十分な保障が受けられなくなりますので
あわせてご相談下さい。

 

また、家財の保障を
ご加入いただいている方、
建築中の時仮住まいの方へ
保障を移転していただくよう
お願いします。

 

建物の保障は、
引き渡しと同時に
保障内容を変更しますので
引き渡し前にご相談下さい。

 

現在、建
築中の建物は
お引き受けすることはできませんが、
引き渡し後であれば
加入することができます。

 

税法に定められた部分に
ついてのみ損金または
必要経費とすることができます。

 

建物更生共済の掛金は、
満期共済金等の支払に充てられる
「積立掛金」と火災や
自然災害共済金に充てられる
「危険掛金」、事業費に
充てられる「付加掛金」により構成されています。

 

建物更生共済で
建物に加入する場合、
車庫や門・塀は
保障の対象となりますか?

 

車庫等の付属建物や
門・塀等の工作物は、
通常は共済の目的から除外されます。

 

ただし、
共済契約書に保障目的物として
明記すれば保障の
対象となります。

 

付属建物とは基礎工事のしていない建物、
または契約当時の
時価額が30万円未満の建物をいいます。

 

このうち法人が自己所有の
建物に対して
建物更生共済に加入したり、
個人が貸家等の
事業用資産に対して
建物更生共済に加入した場合に、
法人税法上、または
事業所得等の計算上、
危険部分と付加部分が
損金または必要経費に
算入されることになっています。

 

営業用什器備品についても
同様の取扱いです。

 

事故時の
建物の評価額の
範囲内で保障されます。

 

JAおよび他社契約から
保障される金額の合計は、
建物事故時の評価額が
限度となります。

 

全労済は、
各都道府県に設立された47の地域に
分かれた共済生協、職域ごとに
設立された8共済生協、2生協連合会からなる
連合会としての機能を果たしています。

 

出資金を払込み各都道府県生協の
組合員になれば、
各種共済を利用できます。

 

農業協同組合(JA)共済の主な商品

 

所定の要件を満たす場合、
共済掛金が所得税・住民税の
所得控除の対象となる共済です。

 

終身共済

 

契約時に委任状(共同所有代表者)を
徴求してあれば、
その委任状に記されている
共同所有代表者が
請求します。

 

共済金は請求した
共同所有代表者に
払われます。

 

契約時に委任状(共同所有代表者)が
徴求していなければ、
委任状を徴求して、
受任者の請求によって
共済金は受任者に
支払われます。

 

JA共済の地震保険は
損害割合に
応じて共済金を支払ってくれます。

 

地震、台風、
火災などによる災害に
強い自然災害共済金です。

 

 

 

実際にこれまで支払われた
共済金を見るなら
確信が深まるでしょう。

 

例をあげると
平成16年の新潟中越地震。

 

773億円が支払われました。

 

さらには記憶に残る阪神大震災。
平成7年の時点で1180億円が
支払われています。

 

 

 

JA共済の地震保険は、
火災保険では
保証されない地震や
噴火などの自然災害による
火災などの損害を保証するものです。

 

基本的地震保険は
火災保険に付帯するもので、
セットでしか契約ができません。

 

 

 

同時に契約をするか、
現在契約している火災保険に
追加で加入する形になります。

 

地震保険の保証限度額は
建物5,000万円、建物1,000万円で、
火災保険の保証金額に対して、
30〜50%の範囲で
契約することになっています。

 

 

 

JA共済の「変更むてき10型」に
加入する場合、
自然災害や火災などで
全焼・全壊してしまったときは、
満期共済金額の10倍の
保証をします。

 

ですが、地震などで
全壊してしまった場合は、
10倍ではなく5倍の
保障になります。

 

 

 

風災やヒョウ災、
雪災による自然災害や、
火災などの場合は、
臨時費用共済金や
特別費用共済金、
残存物とりかたづけ費用共済金」などの
各種費用共済金も
受け取ることができます。

 

 

 

「変更むてき10型」というのは、
1型・2型・5型・10型まであり、
この中から自由に
選択することができ、
保障は最大5億円まで
自分で設定することができます。

 

JA共済の地震保険は、
全壊のときに1000万円を
受け取ることができます。

 

これは、モデルパターンとして
火災共済金額2000万円・満期共済金額が
200万円の場合です。

 

 

 

そして、
JA共済の地震保険では、
地震に対する
保障があらかじめセットされています。

 

JA共済の地震保険では、
契約された建物に発生した
地震や雪などの自然災害や
火災などで、家族や居住者の
人が200日以内に死んでしまった場合、
後遺障害や治療を受けたときに
障害共済金を払います。

 

 

 

万一のときはもちろん、
ニーズにあわせた特約により
病気やケガなどへの
備えも自由に設計できる
確かな生涯保障プランです。
○基本タイプ ○長寿祝金タイプ ○中途給付タイプ

 

養老生命共済

 

万一のときの保障と、
将来の資金づくりを両立させたプランです。

 

特約により病気やケガも幅広く保障します。
○基本タイプ ○中途給付タイプ

 

火災共済は
どんな時に支払われるの?

 

 

共済の目的について、
次の事故により
損害が生じたときに
火災共済金を
お支払いします。
(1) 火災
(2) 落雷
(3) 破裂または爆発
(4) 建物の外部からの物体の落下、
飛来、衝突または倒壊
 ※ 自然災害によって生じたものを除きます。
(5) 給排水設備に生じた事故
または被共済者以外の者が占有する
戸室で生じた事故による漏水、
放水またはいっ水による水ぬれ
 ※ 自然災害によって生じたものを除きます。

(6) 盗難によるき損または汚損
(7) 騒じょうその他これに類似する
集団行動にともなう
暴力行為または破壊行為

 

 

定期生命共済

 

所定の期間における
万一のときや、
特約により病気やケガを保障するプランです。

 

がん共済

 

がんと闘うための安心を一生涯に
わたって手厚く保障します。
すべてのがんのほか、
脳腫瘍も対象としています。

 

医療共済

 

病気やケガによる入院・手術を
一生涯にわたって手厚く保障します。
日帰り入院から
長期の入院まで幅広く保障します。

 

昔から
怖いものと言えば「地震・雷・火事・親父」と
言われてきたように、
地震や洪水などの
自然災害や、
火事なども防ごうと思って、
防げることではありません。

 

 

自分の持ち家が、
全壊・全焼などになってしまう
可能性もあるのですから・・・。

 

特に、自分の家を
持っている人にとっては、
いつ災害が起きてもいいように、
なんらかの対策を
とっておく必要があると思います。

 

火災保険を
考えているならば、
JA共済がオススメです。

 

JA共済とは、
農業協同組合の「相互扶助(助け合う)」を
事業活動の原点として
組合員や利用している人々の
安心と、満足を提供することに
心がけています。

 

災害などに備えると考えると、
1番気になるのは、マイホームの
保障についててですよね?

 

私達は、家がなければ
生きていくことはできません。
家庭も、家がなければ
成り立つことはないですもんね。

 

そんな大切なマイホームを
守るにはJA共済の
「建物更生共済」がオススメですね。

 

火災保険などといった「火災専門の保険」とは、
わけがちがいます。

 

JA共済では、
さまざまな災害に保障がきくので
安心できます。

 

それから、自然災害や火災などの被害で、
家が全焼・全壊してしまった時は、
満期共済金額の10倍の保障が
受け取れるので、万が一のことがあったら助かります。
それ以外にも、
臨時費用共済金・
特別費用共済金・
残存物とりかたづけ費用共済金といった
費用共済金も
受け取ることができるので、
嬉しいです。

 

災害に関しては、
火災や落雷・爆発などの
損害を受けたときに保障されて、
最高2000万円まで、
保障がきくので、
おても安心です。

 

自然災害の台風・大雪・豪雨や、
地震などによる損害にも
対応してもらえます。

 

普通の火災保険なら、
火災のみ!という感じがしますが、
JA共済は、
家に関する保険は「建物更生共済」と
まとめられているのも
良いところだと思います。

 

それから、
マイホームだけではなく
家族のケガなども
保障してもらえるので良いですね。

 

でも、災害なんてそんなに
頻繁にあることじゃないのに・・・もったいない。

 

なんて思っている人も
いるのではないでしょうか?

 

掛け捨てではないので、
満期共済金として
自分の手元にお金が戻ってくるのも
良いところのひとつです。

 

受け取る時期も、
自分達で選べるのでリフォームなどの
資金にあてるのも良いでしょう。

 

現在JAの
「建更」に入っていますが、
毎年の掛け金の支払いが
多額なので、
損保の「火災保険+地震保険」に
乗り換えようかと思ってます。

 

「建更」に入ったのは、
保障がしっかりしていて
満期になれば100万円が
戻ってくるからだったんですが、
住宅ローンを組むときに
あわてて入ったの
で、他の保険とあまり
比較せずに決めてしまいました。

 

今になって、
掛け捨ての「火災保険+地震保険」の
方が満期時の返済金
を含めても、
総支払額と保障内容を比較して
建更よりも安くてお得だった
のではないかと乗換えを
検討しています。

 

そこで、本当にそれでよいのか
詳しい方のアドバイスをお願いします。
ちなみに、うちは
・占有面積 約80平米
・神奈川県
・住宅性能評価の耐震等級に
より地震保険は2割引(のはず)
の条件です。

 

 

火災保険は
いろいろな保険会社が
商品として提供しています。

 

火災保険の見積もりを
一括して送付してもらえることもできますので、
比較して選びたいですね。

 

JAの火災保険は補償が
充実していますよ。

 

JAの火災保険に
建物更正共済むてきというものがあります。

 

JAの火災保険に加入していれば、
自然災害や火災で建物が全壊または
半壊した場合に補償を受けることができますよ。

 

掛け捨てはもったいないという意見も
ありありますよね。しかし、
JAは比較的保険料が安いのです。

 

JAの火災保険を掛け捨てにするなら、
年に2万円程度で済むのです。

 

JAの火災保険が掛け捨てで
この金額で済むのは、
火災保険のみの場合ですよ。

 

貯金が好きな方には積立型の
火災保険が向いています。

 

火災保険の掛け捨てが嫌だという場合は、
積み立て型のものに
入ることをお勧めします。

 

火災保険の掛け捨てに
比べると補償保険料が安くなりますよ。

 

損害保険会社の一つに、
東京海上日動火災保険がありますね。

 

東京海上日動火災保険では、
火災保険だけではなく自動車保険なども
扱っています。

 

東京海上日動火災保険では、
地震対策や新型インフルエンザ対策の
情報も提供していますよ。

 

こちらの会社の採用情報は
ホームページで発表されていますよ

 

。東京海上日動火災保険の
採用は、毎年新卒でも行われています。

 

東京海上日動火災保険の
採用活動として、新卒の方に
向けたイベントを行いますよ。

 

代理店で保険商品の提供や
アドバイスを行っていますね。

 

東京海上日動火災保険の
代理店では保険料が安くなる
プランの提供を行っています。

 

火災保険は、
火災に遭った場合、
建物や家財を補償してくれます。火災保険には、
風災や地震、水害の補償をしてくれるものもありますよ。

 

万一のときのために、
中古住宅でも火災保険に入っておきましょう。

 

中古住宅の火災保険は古い
住宅でほとんど価値
入っておいた方が良いといわれています。

 

中古住宅の火災保険に
入る際には家財の保険にも入った方が良いですね。

 

火災保険だけでは保険料控除はなされませんよ。

 

保険料控除は火災保険ではなされません。

 

保険料控除は火災保険に
地震保険を付加した場合、
払込をした地震保険料に対してなされますよ。

 

住宅金融公庫で住宅ローンを
借りた際に、火災保険に加入する
ことができますよ。

 

住宅金融公庫の
火災保険は住宅金融支援機構の
融資を利用する際に
加入できるものです。

 

住宅金融公庫の火災保険は
機構融資を受けた建物が
対象となりますよ。

 

ローンの借り換えをしたら
火災保険はどうなるのでしょうか。

 

住宅金融公庫の火災保険は
借り換えの際に、特約火災保険なら
変更する必要はありません。

 

住宅金融公庫の火災保険は借り換え
したときでも継続すると保険料も
安いのでお得ですよ。

 

ただ、補償内容や金額などの
見直しをした方が良い場合もあります。

 

住宅金融公庫の火災保険の
見直しは保険料や保険金額に
関して行います。

 

住宅金融公庫の火災保険の
見直しとして、特約地震保険を
検討するのも良いですね。

 

確定申告では、損害保険の
控除は制度が変わりましたよ。

 

確定申告での火災保険の
控除は平成19年からは
対象外となっています。

 

確定申告での火災保険は
控除することはできませんが、
地震保険料控除がなされることになりますよ。

 

賃貸や持ち家に問わず、
火災保険は控除の対象外ですよ。

 

賃貸でも火災保険の
控除はかつてはされていました。

 

賃貸での火災保険の
控除は廃止になり、
今では地震保険料の
控除が新設されましたよ。

 

東京海上日動火災保険の
代理店では保険の見直しの
相談を受け付けていますよ。

 

海外旅行保険もサービス内容が
充実していますよ。

 

東京海上日動火災保険の
海外旅行保険は世界中の
どこでも24時間365日、
日本語での対応をしてもらえます。

 

東京海上日動火災保険の
海外旅行保険では、偶然に
起こった事故の対応費用を
提供してくれますよ。

 

JA共済は
普通の火災保険にはない、
さまざまな保障があります。
興味のある人は、
一度ホームページを見てみるなどして詳しく
知ってみてください。

 

ちなみに、
マイホームなしでも加入することができるのも
知っていますか?

 

「My家財」というもので、
借家・マンションなどに住んでいる方でも加入できて、
しかも同じ保障内容と
いうものもあるので、
検討してみてくださいね。

 

 

特則・特約により更に保障を
手厚くすることもできます。

 

現在住んでいる
住宅を売却し、
別の住宅に引っ越しますが
共済契約は継続できるの?

 

 

現在の契約を新たに
取得する住宅に
そのまま引き継ぐことができます。

 

建物の用途・構造・延面積・
共済の目的(建物)の
所在地等の変更が必要と
なりますので、
JA窓口で手続きを
行ってください。

 

定期医療共済

 

加入金額や
共済の目的物の経過年数に
よって異なりますが、
残存価額の割合(時価額÷再取得価額)が
50%以上の場合には、
再取得価額まで加入できます。

 

再取得価額限度いっぱいに
加入されている場合は、火災で建物が
全損状態のとき再取得価額まで保障されます。

 

十分な復旧資金を用意できる、
再取得価額までの加入をお勧めします。

 

病気やケガによる入院・手術を
手軽な掛金で保障する
プランです。
日帰り入院から保障します。

 

また、死亡のときも所定の
給付が受けられます。

 

こども共済

 

こどもの入学資金や結婚・独立資金の
準備に適したプランです。

 

共済契約者(親)が万一のときは、
満期まで毎年養育年金を
受取れるプランもあります。
 ○入学祝金タイプ ○大学進学タイプ

 

予定利率変動型年金共済

 

老後の生活資金準備のためのプランです。
掛金建てで、医師の診査なしの
簡単な手続きで
加入できます。
また、最低保証予定利率が設定されています。
○終身年金タイプ ○定期年金タイプ

 

積立型終身共済

 

土曜日・日曜日に
満期を迎える契約の場合は、
保障切れを防ぐ為に
満期日の一か月前くらいから
満期日の前営業日までに、
所定の満期継続の
契約手続きを済ませてください。

 

また、平日満期の場合も
同様の手続きをお願いします。

 

終身共済よりも手軽な掛金の
生涯保障プランです。
健康上の不安で、
共済・保険に加入できなかった方も、
一定の範囲で医師の
診査なしの簡単な手続きで加入できます。

 

満期専用入院保障付終身共済

 

養老生命共済の満期を迎える
共済契約者向けの終身共済プランです。

 

万一のときの生涯保障と
入院・手術保障がセットされています。

 

建物更生共済

 

建物・家財などを、火災はもちろん
地震や台風などの自然災害も
幅広く保障します。

 

20年前に
加入した
建物更生共済の
地震保障はあるの?

 

建物更生共済は、
火災や風水害などの
自然災害はもちろん、
地震についても保障されていますので
ご安心ください。

 

主な保障内容は以下のとおりです。
【火災等】
 火災、落雷、
建物外部からの物体の落下・衝突など、
盗難によるき損・汚損・盗取など

 

【自然災害(地震以外)】
 風災(台風・暴風雨・竜巻など)、
水害(台風・豪雨などによる
土砂崩れ、地すべり、洪水など)

 

【地震等】
 地震、火山の噴火・爆発、津波と
これらを原因とする火災

 

建物更生共済の
契約者が亡くなったのですが、
課税はどうなりますか?

 

契約者が死亡した時点での
解約返戻金相当額が、
相続税の課税対象と
なります。

 

これは共済契約の
経済利益が
相続されることとなるためです。

 

 

また、
掛捨てではなく共済期間
(5年・10年・20年・30年のいずれか)の
満了後に
満期共済金が
受取れます。

 

共済期間中の
一定期間ごとに満期共済金の
一部を受取れるボーナスプランも
あります。

 

自動車共済

 

自動車事故による相手方への
対人・対物賠償をはじめ、
自身や家族などの傷害保障、
車両損害等を保障します。

 

(注)このほかにも、
一時払生存型養老生命共済、
健康祝金支払特則付定期医療共済、
引受緩和型定期医療共済、傷害共済、
火災共済、賠償責任共済などがあります。

 

全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)の主な商品

 

終身共済

 

生命保険の終身保険に
相当するものです。

 

セット専用の総合医療共済や
災害特約などと組合せて
生涯の保障内容を自由設計
することができます。

 

ねんきん共済

 

生命保険の個人年金保険に相当し、
保証期間付終身年金、
確定年金の2種類があります。

 

新せいめい共済

 

病気や事故による死亡・重度障害、
後遺障害を保障する商品です。

 

終身生命プラン、定期生命プランが
あります。

 

また、各種特約を付加することで
目的・あった保障設計ができます。

 

新総合医療共済〈医療保障〉

 

終身医療プランと
定期医療プランがあります。
総合タイプ、三大疾病プラスタイプ、
女性疾病プラスタイプなどがあり、
一人ひとりの保障ニーズに
あった加入プランを
選択できます。

 

新総合医療共済〈介護保障〉

 

介護保障に絞った終身介護プランと
医療保障とセットになった
定期介護プランがあります。

 

目的、期間、保障内容に
あわせて選択できます。

 

こくみん共済

 

定期生命保障、こども保障、
医療保障(終身型・定期型)、
賠償保障を組合せて
契約することができる共済です。

 

自然災害保障付火災共済

 

火災はもちろん、落雷や
他人の住居からの水漏れや
風水害まで幅広く保障し、
さらに自然災害共済を付帯することにより、
地震・風水害に加えて
盗難事故も手厚く保障する共済です。

 

マイカー共済

 

 

農協の組合員以外の
加入を員外加入といいます。

 

JA共済とは、農林水産省の監督の下に、
JA(農業協同組合)が行う
共済事業のことです。

 

火災保険の比較の際、
保険会社の商品のみを
比較するのではなく、
火災保険と共済商品も
含めて比較し検討するのが
良いでしょう。

 

原則として農協の組合員と
その家族を対象としていますが、
それ以外の一般の人でも
加入できます。

 

そのうちの「いえ」に
あたるものが、
建物更生共済です。

 

平成19年より開始された
地震保険控除では、
建物更生共済も
控除対象となっています。

 

この枠を超えて
員外加入できない
場合には、
出資金を支払い
准組合員となれば
加入できます。

 

この員外加入は
全組合員の20%に
抑えられています。

 

また、JAの建物更生共済は
掛け捨てではなく、
満期共済金、満期時割戻金、
据置割戻金が支払われます。

 

掛金のうち
一定部分が所得額より
控除できます。

 

北海道南西沖地震、
阪神・淡路大震災などで、
自然災害(地震・津波など)による
損失補償されたことで
注目を集めました。

 

このように、JA共済の
火災共済はオールリスク対応です。

 

建物更生共済には家財を
補償する「My家財」もあります。

 

出資金の額は各JAで異なります。

 

JAの建物更生共済には、
地震に対する
補償がはじめから
ついています。

 

JA共済では、「ひと、いえ、くるま」
の総合保障を
掲げています。

 

 

 

さて、JAの建更ですが、
火災などで全焼した場合は
もちろん保障金額の
全額が支払われます。

 

ただし建物には評価額と
言うものがあり、
分かりやすく言うと、
その建物を復元するために
必要な金額のことを言います。

 

つまり、今建っている建物と
同じ大きさの建物を、
更地の状態から建て直した場合
2,000万必要だったとします。

 

共済の加入金額が2,000万であれば、
2,000万支払われますが、
加入金額が3,000万だったとしても、
2,000万しか支払われません。

 

建物の評価額までの
金額までしか払いませんよ!って事です。

 

JAの共済事業は、
北海道で始まり
その後は、
全国共済農業協同組合連合会(全共連)が誕生し
建物更生共済や
養老生命共済など
農家のための共済商品を
販売していましたが、
農家以外の加入者も増えて
徐々に
規模を拡大し、
現在では保険分野の
最大手として知られています。

 

 

非営利組織であることから
民間の火災保険会社の
「利益」に
あたる部分が無いことや、
販売コストも格段に
安いことから
販売管理費や
一般管理費も削減できるので
安い保険料で
運営可能となっています。

 

 

 

JA共済の損害保険分野、
「建物更生共済」(建更)の
最大の
メリットは
災害時の共済金支払いが
非常にスムーズだという点です。

 

「建物更生共済」(建更)は、
共済期間5年・10年の火災の保障に
自然災害の被害(地震にも対応)を
保障する自然災害共済金が
標準でセットされているのが
民間の火災保険との違いです。

 

 

 

建物更生共済の
共済金支払いのスムーズさは
過去の大きな
自然災害での共済金支払いの
金額の大きさを
見れば一目瞭然です。

 

これは、他の火災保険会社との
比較にならない金額と言えます。

 

その他にも下記のような
共済金が支払われるのも
見逃せません。

 

 

 

●満期共済金
●臨時費用共済金
●特別費用共済金
●残存物とりかたづけ費用共済金
●損害防止軽減費用共済金
●失火見舞費用共済金

 

 

JAの
火災保険の代表と
言えば「建更むてき10型」でしょう。

 

 

 

「建更むてき10型」は
火災での全焼や
自然災害時の全壊で
満期共済金額の
10倍の保障
(地震等で全壊の場合は5倍保障)を
保険金として受け取ることができます。

 

風災・ひょう災・雪災による
自然災害や火災などにも
対応しており
臨時費用共済金、
特別費用共済金、
残存物とりかたづけ費用共済金などの
各種費用共済金も受取可能です。

 

 

 

火災共済金額2000万円、
満期共済金額200万円の
「建更むてき10型」の場合

 

 

火災の保障

 

火災やその他の
災害において損害の程度に応じ
臨時費用共済金、
費用共済金も
支払い対象となります。

 

 

 

自然災害の保障

 

台風、大雪、
豪雨などの
自然災害の
場合にも損害程度に応じ
最高額2000万の
保険金が受取可能。

 

風災・ひょう災・雪災の
場合には、
臨時費用共済金、
費用共済金も支払い対象となります。

 

 

地震の保障

 

「建物更生共済 
むてき」には、すべて地震に
対する保障が付いています。
最高1000万円まで
受取可能です。

 

 

家族の怪我の保障

 

契約した建物で
発生した自然災害や火災により
契約者の家族の方が200日以内に死亡
後遺障害または
治療を受けた場合には
傷害共済金を
受け取ることが可能です。

 

 

満期共済金

 

JAの建物更生共済は、
掛け捨てではなく
満期になれば
満期共済金、満期時割り戻し金
据置割りもどし金
を受け取ることが出来ます。
さらに保障期間中に
定期的に修理費共済金を
受け取ることが
出来る「ボーナスプラン」も
あります。

 

 

上記のようにJAの
火災保険は、
保障の範囲の
広い火災保険です。

 

 

なお、家財の保障として
JAの建更では
「My家財」という
火災保険があります。

 

 

 

 

また民間の
火災保険の場合、
支払い基準が全損、
半損、一部損の
3段階のため契約者が
半損だと思っても、
査定担当者に一部損と
みなされ5%の保険金しか
受け取れないケースも
あるのに対して
建物更生共済では
共済金額に損害割合を
掛けるというシンプルな
計算方法なので
支払い金額に対して
不透明性がないことも

支払いの良さを
示すこととなっています。

 

 

これはJAに限らず、
どこの保険会社も同じです。

 

ただし、全焼せずに
半焼などとなった場合は、
被害の額に応じて払われますので、
ちょっとややこしくなります。

 

先ほどと同じく、2,000万の
評価のある建物に1,000万の
共済を掛けたとします。

 

ボヤが出て100万の損害が出ました。
この場合は建物評価額の2,000万に対して、
半分の1,000万しか
加入していませんので、
100万の損害が出ようと、
支払われる共済金は50万です。
(実際にはもう少し細かい計算をしますが)

 

なので、
加入金額によっては・・または
ボヤなどの小損害の時は、
損害額より少ないお金しか
受け取れない場合もあります。

 

これもJAに限らず、どこの
保険会社も同じルールです。

 

JAの職員が言っている、
新しい家の評価額で計算します・・・とは
、先ほども書いたように立て直した場合で
建物の評価額を計算すると言うことです。

 

ここの話は非常にややこしい話なので、
分かりずらいかもしれませんが。。。

 

さて、JAの共済ですが
火災などの事故があった場合は、
JAの査定員はもちろん、
上部組織の共済連と言うところの
査定員も被害を確認します。

 

なので特別JAだけが
被害の査定が甘いと言うことはありません。

 

JAの建物更正共済は、
次のように、
全体としてはかなり厚い
補償内容になっているのが特徴です。

 

■建物更正共済では
地震保険による
損害も保障対象に
なっていますので、
保険料が別にかかりません。

 

なお、この補償は損害額の50%、
火災共済金額の50%が
限度になっています。

 

また、地震保険については
、北海道を除いて地域間での
掛金の差はありません。

 

■満期時には
満期共済金が受け取れるとともに、
特約をつけると一定期間ごとに
修理費共済金が受け取れます。

 

この修理費共済金ですが、
資金使途は自由に
なっていますので
リフォーム代などにも利用できます。

 

また、利息をつけて据え置き、
好きな時に引き出すことも
できるようになっています。

 

■火災や自然災害で
居住者や
家族が200日以内に死亡、
後遺傷害、
治療が発生した場合には、
一定の条件を満たしているのであれば
傷害共済金を
受け取ることができます。

 

■残存物取り片付け費用や
持ち出し家財共済金、
損害を軽くするために
使用した消火費用なども
保険金支払の対象になります。

 

 

それに他社の損保会社でも、
地震や台風などの
大規模災害が起こった時は、
査定する時間を短縮するため、
簡易査定などを行います。

 

いちいち、細かいとこまで
査定してたら時間がかかって
仕方が無いということです。

 

 

損保の場合は、
ほとんどが掛け捨てです。
大きな差というと、
共済等は月払い・年払いの選択ですが、
損保会社のものであれば、
住宅を購入した際の住宅ローン期間に
合わせた35年一括払いという物があり、
とても安く保険をかけられます。

 

(私の場合は共済で掛けるのを
100とすると損保会社では
70ぐらいでした)

 

よって、長い期間保険を
掛けたい(住宅購入時など)のであれば、
損保会社で掛け、
短期の保険でよい・一括支払いは
辛いなどであれば、
共済等で掛けるのが良いと思います。

 

マンションに
火災保険を契約する場合、
戸建とは違った別の
ポイントについても気を
付けておく必要があります。

 

火災保険に契約する際の
評価額はどうやって
算出するのか、
マンションの火災保険の
どこを比較して何を
選ぶのかなど他の
所有者が関係してくる
ケースもありますので少々
頭の痛いところです。

 

今回は火災保険と
マンションについて
契約する際の評価額や
比較や選択の仕方などに
ついて解説します。

 

マンションの専有部分、
共用部分と火災保険

 

マンションの場合、
少々分かりにくいのが、
専有部分(居住してる空間)と
共用部分に分かれているところです。

 

専有部分は自分が
居住などして専有している
いわゆる部屋の中、
共用部分は階段やエレベーター、
玄関ホールなど他の所有者の方と
共用している部分をいいます。

 

それぞれについて別個に
確認していきましょう。

 

 

■共用部分
共用部分に
ついては通常はマンション管理組合で
契約するのが一般的です。

 

管理組合の理事にでも
なっていない限り、
どんな火災保険にするのが
いいのかなどの
議論に
加わることは
少ないと思います。

 

但し自分の生活の
リスク管理に
関わることですので、
どんな火災保険に加入しているのか
把握しておきましょう。

 

なかには管理組合に
お任せになっている
ケースも少なくありません。

 

■専有部分
所有しているマンションの
専有部分には、居住用で
あればこの建物の
専有部分と家財に
火災保険をつけることになります。

 

専有部分というのが
一つのポイントですから、
マンションを購入した際の
購入額とイコールではないと
思っていてください。

 

またマンションの場合には
上下左右にも
ご近所さんがいます。
損害賠償の保険も
忘れないようにしましょう。

 

マンションの火災保険の評価額

 

マンションの火災保険で
良く質問を受けることの一つが
この評価額についてです。

 

先ほどマンションを
購入した際の購入額と
イコールではないと言いました。

 

マンションを購入した金額には、
土地や共用部分の
金額も入っていますから
ここを考慮する必要があります。

 

所有者がマンションに
火災保険をつける際の
評価額には次のような方法があります。
専有部分+共用部分
専有部分(上塗り基準)
専有部分(壁芯基準)
最近はあまりないと思いますが、
マンション管理組合で
共用部分に
火災保険をつけていなければ
所有者がそこも含めて
火災保険を契約する
必要があります。

 

マンション管理組合が
あればたいていは
共用部分に火災保険を
つけますから、
通常はそこを除いて
専有部分のみを考えましょう。

 

その場合でも2通りの
方法があって
上塗り基準(壁の内側の面積を基準にする)と
壁芯基準(壁の中の中心線を基準にする)方法が
あります。

 

壁芯基準の方が
面積が広くなりますから
評価額も高くなります。

 

一般的には上塗り基準が
多いようですが、マンションの
管理規約との兼ね合いも
ありますのでそこは確認するように
してください。

 

お勧めは共済等であれば
「全労災」(私が以前調べた限りでは、安かった)
損保会社であれば、
住宅ローンで借りている
銀行系列の損保会社が若干安い
優遇掛け金を出してくれます。

 

ということで私の場合は、
現在業務停止命令が出ていますが
「三井住友海上火災保険」がお勧めで、
「日本興亜損害保険」より安かったです。

 

 

 

なのでケースによっては、
甘い査定になることもあるかもしれません。

 

全国共済農業協同組合連合会(全共連)では、
平成18年5月に
実施した
火災共済契約に
対するサンプル調査に
おいて、
構造区分を「防火造」と
すべき契約が「木造」とされ、
共済掛金が過受領となっていたことが
判明しましたことから、
火災共済契約のうち構造区分が
「木造」となっている
契約全量調査対象とし、
平成18年9月以降期間終了を
迎える契約から
順次構造区分の

適用状況を
調査してまいりました。

 

建物更生共済も
火災共済も建物や
動産を保障の対象とする
共済ですが、
建物更生共済が
火災等だけでなく、自然災害も広く保障し、
満期を迎えた際には
満期共済金が支払われる共済であるのに対して、
火災共済は支払事由が
火災等に限定され、地震や台風、
豪雨等の自然災害は支払対象外となる
掛け捨て型の共済です。

 

 

火災保険の
契約は持家・賃貸を問わず、
居住空間があるなら
誰しもが加入を
考えるはずだと思います。

 

しかし実際に
火災保険の加入を
考えたときにどう加入すれば
いいのでしょうか?

 

どんな加入先があるのか?
どんな方法があるのか?
どんな火災保険商品があるのか?
どう加入するのか?
など火災保険の入り方に
ついて良く分からないことも
多いと思います。

 

そこで今回は火災保険の
入り方について検証して
みたいと思います。

 

火災保険の
種類と加入期間、保険会社

 

火災保険の
入り方(加入)に際していくつか
ポイントをお話しておきます。

 

建物の用途
建物構造
保険期間
保険種類
割引制度

 

保険会社による
商品性の違い
加入する
保険会社
などを
中心に考えておきましょう。

 

建物の
用途については
火災保険は住宅用と店舗用に
分類されますので
(店舗併用住宅は店舗用)、
加入する保険が異なります。

 

また店舗でも事務所と飲食店では
危険度が異なるのでよく
火を使う飲食店の方が
保険料は高くなります。

 

建物構造も同様にコンクリート造よりも
木造の建物の方が
保険料は割高になります。

 

どんな構造の物件を
どう使用してるかで保険料の
高い安いのベースが
決まってくるわけです。

 

次に保険期間の場合、
長期期間契約すれば
1年間毎に契約していくのに
比べて支払う保険料は
割安になります。

 

また同じ1年契約でも
12回払と一時払では金額が異なります。

 

基本的なことですが
このあたりのところは
押さえておきましょう。

 

まとめて保険料を
支払う方が安くなるというのが
前提です。

 

また今は火災保険も
結構種類が
ありますから、
どこまで補償されている
火災保険なのか
チェックしましょう。

 

当然補償範囲が
広ければ安心な反面割高に、
狭くなれば保険料は安くなります。

 

他に使える割引には
どんなものがあるのか、
いらない補償をはずすことはできるか、
必要な補償の自己負担を
変えられるかなどもポイントです。

 

例えば居住地域が高台に
あれば水害の心配は通常は
低くなりますし、台風がよく
上陸する地域なら風災や
水災の保険金の支払いが
されやすいもの(自己負担が
設定されていないとか)の方がいいでしょう。

 

最後に保険会社についてです。
具体的な火災保険の
加入先は以下の3つです。

 

損害保険会社
共済(全労済、JA共済、県民共済など)
少額短期保険業者
(賃貸物件の場合、
詳細は巻末のリンク記事参照)
どこが良い、悪いではなく
要は使い方です。

 

これは火災保険だけでなく、
生命保険の場合も同様です。

 

 

こうした違いを反映して、
共済掛金も異なっています。

 

この調査により
構造区分の
適用誤りによる掛金の
過受領が判明した
ご契約については、
構造区分適用の
適正化を終え、
過受領掛金の払戻も
全件着手し、
平成20年1月末に
おける払戻手続の
完了率は99.7%と
なったことから、
今般、これらの対応状況に
ついてお知らせする
ことといたしました。

 

最後にJAの建更ですが、
満期金がある分、
他社の損保と比べたら高いです。

 

いくら満期金や積立型と言え、
コストを計算してみましょう。

 

木造住宅で、
保障期間を
30年とします。

 

普通の損保会社は1年で
切り替えをしますが、
JAではほぼ30年を勧めてきます。

 

保障金額2,000万の
共済に入ると、初年度から
10年間は年間149,200円の
掛け金が必要です。

 

以後10年目から20年目までは、
134,600円
20年目から30年目までは
133,620円
30年間の共済掛け金総額は、
413万にもなります。

 

火災保険の
加入をする際にも色々と
他のものと比較、
見積をして検討する人が
増えてきました。

 

以前に比べるとかなり
自由化が進んできたものの、
自動車保険に比べると
まだまだという感があります。

 

それでもなるべく
無駄を省いて火災保険料の
お得なものに加入して、
事故や災害の被害に遭った
際にはストレスなくスムーズに
火災保険金を支払ってほしいと
誰もが考えているはずです。

 

今やネットを使えば
火災保険の比較サイト、
見積サイトは山のようにあります。

 

火災保険を上手に選び、
比較する際にこれらのサイトを
活用したいものですが、
これはこれで数があり過ぎて
使い方が分からにくい現状も
あると思います。

 

そこで
今回は
火災保険を
比較するための
見積サイト・比較サイトの
使い方や見分け方、
注意点などについて
お話したいと思います。

 

火災保険の
自由化はなぜいま一つ?

 

火災保険は
自動車保険と比べると
インターネットでの
加入などがあまり
進んでいないように感じる人も
多いと思います。

 

それはなぜなのでしょうか?

 

インターネットなどで
見積もりをする場合、条件が分からなければ
保険料は計算できません。

 

自動車保険の場合には
契約するクルマの内容は車検証が
あれば分かりますし、
クルマやバイクを所有している人なら
誰でも持っているものです。

 

火災保険の場合、
その契約する建物(賃貸なら家財が
収容されている建物)の
構造や地域などによって火災保険料率が
異なります。

 

地域はともかく建物の構造は
外観だけでは判断できないケースも珍しくなく、
これを加入者が自分で
判断するのは実際に
難しいのが現状です。

 

しかしながら2010年初頭には
損保各社がこうした点も
踏まえて火災保険の
改定を予定しています。

 

この辺りが改善されてくると
今後は火災保険の加入や
見積・比較の方法なども
変わってくるかもしれません。

 

火災保険を見積、
比較するためには何が必要?

 

ここから具体的に
火災保険の
見積・比較サイトの
使い方や見分け方などに
ついてお話して
いきましょう。

 

何社かの保険の
見積やパンフレットを見て
比較する場合、
絶対に忘れてはならないことがあります。

 

これは簡単な話で
極力契約する条件を
合せることです。

 

当たり前の話なのですが、
保険の場合これが
意外と難しく
なることもあります。

 

見積を取り寄せると
保険料がどこが安いかに
真っ先に目が行くと思います。

 

このとき自分では条件を
合せたつもりでもあって
いないことがあるわけです。

 

実際のところ自由化が
進んでくれば、
各社の火災保険商品が
違ってくるのは当然です。

 

A社にはあるけどB社にはない
補償がある場合、
そんなに保険料に影響しない
補償もあれば大きく
関係するものがあるわけです。

 

これは火災保険に限った
話ではなく、
生命保険や医療保険、
自動車保険などで比較検討を
行う場合も同じです。

 

まずはここを意識
しておきましょう。

 

ところが30年後に受け
取れる満期金は50万。
契約後3年ごとに
一部お金が戻ってきますが、
その受け取れるお金の
総額が150万。

 

つまり、共済の中に
貯まっているお金が
合計200万なので・・・

 

掛け金総額の413万−200万=213万。

 

213万が30年間で
掛捨てしたお金です。
この213万を30年で
割っても、
年間71,000円です。
この程度の保険料なら、
民間の
損保会社とほぼ同じです。

 

場合によっては、
民間の損保会社の方が
安いケースもあります。

 

全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)は
8日、
木造住宅として契約した
火災共済75万6005件のうち、
約44%に当たる
33万1337件で掛け金を
取りすぎていたと発表した。

 

判明した過剰徴収額は
約22億8500万円に上り、
契約者に返還した。  

 

取りすぎていた額が
はっきりしなかったり、
契約者の住所が確認できていない
契約が866件あり、調査を続けている。

 

火災共済と
火災保険の重複加入の支払いは?
仮に、
JA火災共済や全労済で1千万円、
損保の火災保険にも
2千万円加入していたとして、
両方から全額出るのですか?

 

全額出ない場合には共済と
火災保険の計算は
どうなりますか(損害額2500万円として)?

 

地元の市民共済でも
火災損害に100万円(建物)出るものに
加入していた場合ですが、
別に火災保険に加入していてら
100万円引かれるのですか?

 

壁に燃えにくい素材を
使った住宅は、
通常の木造住宅よりも掛け金が
安い契約になる。

 

しかしJA共済連は
誤って木造住宅として契約し、
掛け金を本来の規定よりも
多く集めていたという。

 

JA共済連は、
掛け金が適切でない
契約に職員が気付いたのをきっかけに、
2006年5月から
自主調査を実施していた。

 

火災保険はその
建物の評価までしか
保険金は出ません。

 

評価には「時価」と
「新価*再調達価格」が
ありどちたかで契約します。

 

仮に、JA火災共済や
全労済で1千万円、
損保の火災保険にも
2千万円加入していたとして、
両方から全額出るのですか?

 

全額出ない場合には
共済と火災保険の計算は
どうなりますか(損害額2500万円として)?

 

建物評価3千万円で
損害額2500万円として、
JA830万円(1千万円÷3千円万円(1千万円+2千万円)×2500万円
損保1670万円(2千万円÷3千円万円(1千万円+2千万円)×2500万円
このように按分されます。

 

別に火災保険に
加入していてら100万円引かれるのですか?
ひかれるのでなく、
按分されます。

 

JAに30年間、
損保会社より高い
お金を預けたからといって、
特段保険料が
安くなっている訳でも無く、
火災保険は損保会社の
掛捨てに入って、
差額のお金は自分で
貯めた方がマシです。

 

運用に知識のある方は、
その方が増えるし、
銀行などにお金を
貯めておいた方が
イザと言うときに
役にも立ちます。

 

JAも年々ややこしい
共済を開発してきました。

 

今の建更も、
一般の方には
複雑な仕組みを取り入れてきているように感じます。

 

JA職員は騙そうとしているのではなく、
保険の知識が
不足している方も多いし、
共済の仕組み自体が
時代にそぐわない気がします。

 

火災保険は損保会社の
掛捨てがいいでしょう!

 

またJAの中にも
掛捨ての火災共済というのもあります。

 

保障の中には地震は
含まれませんが、
もし火災だけでいいのであれば
候補に上がるかもしれません。。

 

ただし販売するJAの営業マンには、
ほとんど販売実績が付かないので、
誰も売ろうとしないし話にも出しません。

 

建更を売らないと
評価されないからです。

 

 

建更に1型も2型、
または5型もあることは知っていますが
、共済掛け金を
試算してどれだけの
方が契約出来るでしょうか?

 

この度の損害では、
共済金はお支払いできません。

 

風害(風災)、ひょう害(ひょう災)、
雪害(雪災)によって生じた
損害の額が20万円以上のとき、
共済金をお支払いします。

 

風害(風災)とは、
台風・せん風・突風・暴風・
暴風雨等をいい、
ひょう害(ひょう災)とは、
ひょう、雪害(雪災)とは、
雪・なだれ等をいいます(融雪洪水を除く)。

 

建物は
火災によって損害を受けましたが、
原因は地震によるものなので、
地震等の損害に
該当します。

 

自然災害共済金の
支払対象となります。
地震等とは
地震・火山の噴火もしくは
爆発またはこれによる
津波をいいます。
ただし、被害の状態によっては
お支払いできない事も
あります。

 

10型が登場した時、
自分の実績だけが欲しい職員は
5型の建更を10型に
転換しまくってました。

 

将来の満期を少なく設定して、
目先の共済掛け金を
安くするトリックに、
どれだけの人が
騙されたのでしょうか?

 

払えるのであれば、
積立の方がロスは
無くなるでしょうが、
全ての方にはあてはまりません。

 

共済の中では、
最大の組織です。

 

建物更生共済(商品名 むてき)は、
JA共済の火災共済です。

 

充実した保障とお手頃な掛金で、
一人ひとりのカーライフ
をしっかりとサポートする
共済です。

 

2008年2月8日、
火災共済で、
掛け金を取りすぎていたと
JA共済(全国共済農業共同組合連合会)が
発表しました。

 

構造区分が「防火造」とすべき契約が、
「木造」とされ、共済掛金の
過受領となっていたことが判明しました。

 

2006年9月以降に満期になった
火災共済のうち、構造区分を「木造」としている
75万件の契約を調査した結果、
33万件、22億8000万円の過剰金が判明し、
ずさんな業務実態が明らかに
なりました。

 

構造区分の適用誤りで、
取りすぎた掛け金は、
1999年4月の契約まで
さかのぼり払い戻をし、
2008年1月末には
払戻手続の完了率が99.7%となり、
これらの対応状況につき
発表となりました。

 

東京海上日動火災保険など
大手6社では2007年3月末で
10万8000件の取りすぎが
判明しましたが、JA共済は、
1社で3倍に膨らんでいます。

 

白アリの損害は、
火災等、自然災害、
地震等に該当しないので
共済金のお支払いはできません。

 

アンテナ、クーラー、
電気温水器は
建物更生共済(建物主契約)より
お支払いします。

 

加害者が判明しているときは、
被害を受けた方本人が
加害者に
損害賠償請求します。

 

建物更生共済からは
臨時費用共済金を
お支払いします。

 

なお、加害者が不明のときは
建物更生共済より
共済金と臨時費用共済金を
お支払いします。

 

テレビ、電子レンジは
My家財よりお支払いします。

 

 

火災等とは火災、
落雷、建物の外部から
物体の落下・衝突、盗難による
き損、汚損、盗取などをいいます。

 

自然災害等とは台風、
暴風雨、土砂くずれ、
地すべり、雪害などをいいます。

 

地震等とは地震、
火山の噴火もしくは爆発、
またはこれらによる津波などをいいます。

 

 

いわゆる無認可共済の
法規制について

 

共済には、
農業協同組合法や
消費生活協同組合法など
根拠法のある共済(JA共済や全労済など)のほかに、
根拠法のない共済(いわゆる無認可共済)があります。

 

窓ガラスの損害は
建物更生共済(建物主契約)より
お支払いし、
現金はMy家財より
お支払いします。

 

現金盗難の場合は、
1回の事故につき
生活資金に限り
最高30万円まで保障します。

 

最近はこうした
根拠法のない
共済について消費者からの
苦情が少なくありません。

 

そこで平成17年5月2日に保険業法が改正され、
この共済に法規制が図られることに
なりました。

 

農協(JA)の
建更は
いいものでしょうか。

 

支払いのときになってきちんと
支払ってもらえる安心できるものでしょうか。

 

したはJAの建更の説明です。

 

「建物更生共済
大切な建物をトータルに
保障する住まいのための
総合保障。

 

火災・地震や台風・豪雨などの
自然災害に加え、
盗難・騒じょう等による暴行などの
人災まで幅広く保障。

 

満期時には満期金が支払われます。

 

JAの建更には、自然災害の
保障がさらにパワーアップした
『むてき』の他、家財をしっかり守る
『My家財』があり、
借家・マンション住まいの方にも
おススメです。

 

補足
古い資産価値のほとんどない
木造の家に住んでいて、
JAの建更に入っていて、新聞記事で
火災保険は損するとあったので、
JAに相談したら、
「災害のあったときに新しい家の評価額で計算します。
火災の全焼で2000万円、地震の
全壊で1000万円貰える。」と
聞いて話がうますぎると思うのですが
事実はどうなんでしょうか。
営業マンの騙しでしょうか。

 

 

保険業法では
不特定の者を相手として
保険を引受ける
事業を保険業としてきたのを改め、
共済のような特定の者を相手として
保険を引受ける事業も保険業に
含めるように改正されました。

 

この結果いわゆる無認可共済は
、「少額短期保険業」(保険期間は
損害保険が2年、生命保険・医療保険は
1年以内で保険金額が1,000万円以内のもの)として登録し、
責任準備金の積立・
情報開示・国への
報告などが義務づけられることに
なりました。

 

これにより平成18年4月1日から
少額短期保険業制度が
導入され根拠法のない共済は
平成20年3月までに(1)少額短期保険業の登録をする
(2)保険会社として免許をとる
(3)廃業し、他への既契約の包括移転か
事業譲渡等をする、のいずれかの道を
選択することになりました。

 

新年度を
控えたこの季節、
職場の人事異動や
転退職、学校への入学などに
伴って引越する人も
多いと思います。

 

住宅と言えば
持家と賃貸が
ありますが、
今回は
この季節入居の
多い賃貸住宅に
を当てて火災保険と
賃貸についてQ&A形式で
解説していきたいと思います。

 

賃貸物件ですから、
建物は所有者である
大家さんが自分で
火災保険に加入します。

 

賃借人さんは自分の
家財に保険を
つければいいわけです。

 

このため家財保険などという
言葉が使われることもありますが、
つまりは家財を保険の
目的として火災保険に加入する
ということです。

 

それではここから
火災保険と
賃貸についてQ&Aで
いくつかの質問を
挙げて確認していきたいと
思います。

 

賃貸の火災保険は
必ず加入しないとダメ?

 

どこの保険会社の
商品でどこから加入するかはともかく
加入は必須です。

 

賃貸物件の場合には、
大家さんと
賃貸借契約を結びます
(住宅物件ならたいてい2年間)。

 

このとき失火などによって
賃貸している物件などを
燃やしてしまった場合、
それを大家さんに
返すことができなくなります。

 

大家さんに対して
債務不履行責任(民法415条)を負いますから、
火災保険での備えが
必要になります。

 

これに対応する保険が
「借家人賠償責任保険」です。
また共同住宅などで階下に
漏水事故を起こしたり、
ガス爆発を起こして
近隣に迷惑をかけた場合の
補償に「個人賠償責任保険」なども
あります。

 

こうしたもろもろの
背景などもあり、
賃貸物件に入居する際、
火災保険への加入を
必須としている
賃貸物件があるわけです。

 

賃貸では主に家財に
保険をつけるわけですが、
大家さんからすれば
この家財への
保険よりも上記の
理由などで、
火災保険が必要なわけです。

 

賃貸物件向けの
火災保険の種類は?

 

賃貸の火災保険では、
セット販売している
ケースが一般的です。

 

補償内容については
大まかなところは現状各損保社で
だいたい同一です。

 

2年間の賃貸借契約に
合せて火災保険も2年契約の
一括払いで掛け金は
15,000円とか20,000円、25,000円などの
丸い数字になっています
(地震保険に加入すると端数がでる)。

 

 

建物更生共済も
火災共済も建物や
動産を保障の対象とする共済ですが、
建物更生共済が火災等だけでなく、
自然災害も広く保障し、
満期を迎えた際には満期共済金が
支払われる共済であるのに対して、
火災共済は支払事由が
火災等に限定され、地震や台風、
豪雨等の自然災害は
支払対象外となる
掛け捨て型の共済です。

 

こうした違いを反映して、
共済掛金も異なっています。

 

JA共済(農協)の
主力商品「建物更生共済」は
以下のような特徴をもった火災保険です。
とても人気のある商品です。

 

 

 

JA共済(農協)の
火災保険「建物更生共済」の
特徴

 

建物更生共済は、
火災などを
幅広く保障します。

 

火災、落雷、
プロパンの爆発等で
建物に損害を
受けたとき、通常の
損害保険金を
受け取れますが、
それにプラスして、

 

・臨時費用保険金
・残存物取り片付け費用保険金

 

といった
「お見舞い金」を
受け取ることができます。

 

 

 

JA共済(農協)の
火災保険「建物更生共済」の特徴

 

建物更生共済の
最大の特徴ですが、
地震による損害が
最初からセットになっています。

 

建物更生共済「むてき」には、
地震に対する保障が
あらかじめセットされていて、
地震で倒壊したり、
地震で火事になった
場合などに、地震保険金を
受け取ることができます。

 

JA共済(農協)の
建物更生共済は、
大地震が起こるたびに、日本各地で
話題になってきました。

 

それは、
民間の損害保険会社の
火災保険が「特約」扱いにしている地震保険が、
JA共済(農協)の
建物更生共済では
はじめから基本保障に
組み込まれているからです。

 

 

 

JA共済(農協)の
火災保険「建物更生共済」の特徴

 

建更「むてき」は、
地震以外の自然災害に
対する保障も
充分しています。

 

JA共済(農協)の
建物更生共済は、
台風、大雪、豪雨などの
自然災害で損害を
受けた場合、損害割合に応じて、
保険金を受け取ることができます。

 

建物更生共済に
加入している人が、
風災・ひょう災・雪災で
被害を受けた場合、
そうした被害に
対する保険金を受け取った上で
、それとは別枠で、
臨時費用保険金、残存物取り片付け費用保険金等を
受け取ることができます。

 

建更は、つまり、
火事だけの保険ではないということです。

 

 

 

JA共済(農協)の
火災保険「建物更生共済」の特徴

 

建物更生共済は、
火災時などに家族が
ケガをした場合なども、
そのけがに対して
保険金を支払います。

 

つまり、建更を契約している
建物に火災や
自然災害が発生し、
そうした災害のさなかに、
家族や居住者が
傷害事故に遭い、200日以内に死亡したり、
後遺障害または治療を
受けたりしたとき、
傷害保険金を受け取る
ことができます。

 

 

 

JA共済(農協)の
火災保険
「建物更生共済」の特徴

 

JA共済(農協)の
建物更生共済は、
積立型の火災保険です。

 

掛け捨てではありません。
満期時には、
満期保険金、満期時割戻金、
据置割戻金を
受け取ることができます。

 

建物更生共済には、
保障期間中に定期的に
修理費保険金を
受け取れる
「ボーナスプラン」も
あります。

 

つまり、満期時に
一括して満期保険金を
受け取るのではなく、
期間の途中である程度まとまったお金を
少しずつ受け取るプランが
あるということです。

 

JA共済(農協)の
主力商品、
建物更生共済では、
満期保険金の受け取りを、
「5年後」「10年後」「20年後」
「30年後」の
いずれかで選択できます。

 

建物更生共済の加入時に、
何年後に家のリフォーム、
こどもが高校に入学、
といった予定があるのであれば、
その時期に合わせて、
建物更生共済の
満期を設定することが
できるわけです。

 

従って平成20年4月以降、
このいずれの選択肢と
なったのかをよく確かめる
必要があります。

 

日本生活協同組合連合会(CO・OP共済)の主な商品

 

たすけあい(医療保障)

 

医療保険に該当し、
手ごろな掛金で医療保障を
中心とした総合保障が得られます。

 

特に女性特有の疾病を厚く保障する女性コース、
ジュニア18コース、医療コース、
ベーシックコースがあります。

 

これらのコースと一緒に月額保険料100円で
最高1億円の個人賠償責任保険に
加入できます。

 

あいぷらす(死亡+入院+がん保障)

 

2,000万円までの死亡保障を中心として、
入院保障、がん保障がつけられます。

 

火災共済

 

火災・風水害・地震などを幅広くカバーし、
自然災害共済と
セットすることで自然災害の
保障を得られます。

 

あいあい(医療+死亡保障)

 

医療保障に、死亡保障や満期金特約がつけられます。

 

金融商品購入の窓口・・・日本生活協同組合連合会(CO・OP共済)

 

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は
消費者生活協同組合法に
基づいて昭和26年に
設立されました。

 

地域、職域、学校など生活に
密着したさまざまな分野で活動している生協が
会員で、2,350万人の
組合員がいます。

 

昭和54年に全労済との
「CO・OP共済に関する基本協定」に
基づきCO・OP共済がスタート、
食品、家庭用品などの供給事業、
福祉事業なども行っています。

 

出資金を払って組合員になれば
商品とCO・OP共済どちらも
利用することができます。

 

損保の火災保険には
「類焼損害特約」と云って
自宅が火元になったときに、
近隣の類焼損害を
補償するものもありますので、貴方のリスクの
実態によく適合するものを選んで下さい。

 

我が家はサラリーマンで
農家ではありません。

 

実際のところ、掛け金は少しでも安く、
保障はできるだけ厚く・・・と
考えた場合、
お勧めの保険がありましたら
教えてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

農協の火災保険むてきでは
10型では自然災害の場合で
全焼全壊であれば満期共済金が
10倍で受け取れる仕組みに
なっています。

 

この大きな補償内容は
農協自体が農業に
付随しているためだと
思います。

 

JA共済とは、
農林水産省の監督の下に、J
A(農業協同組合)が
行う共済事業のことです。

 

共済の中では、
最大の組織です。

 

原則として農協の
組合員とその家族を対象としていますが、
それ以外の一般の人でも
加入できます。

 

農協の組合員以外の加入を
員外加入といいます。

 

この員外加入は全組合員の20%に
抑えられています。

 

この枠を超えて員外加入できない場合には、
出資金を支払い准組合員となれば加入できます。

 

出資金の額は各JAで異なります。
JA共済では、「ひと、いえ、くるま」の
総合保障を掲げています。

 

そのうちの「いえ」にあたるものが、
建物更生共済です。

 

建物更生共済(商品名 むてき)は、J
A共済の火災共済です。

 

北海道南西沖地震、阪神・淡路大震災などで、
自然災害(地震・津波など)による
損失補償されたことで注目を集めました。

 

JAの建物更生共済には、
地震に対する補償がはじめからついています。

 

また、JAの建物更生共済は掛け捨てではなく、
満期共済金、満期時割戻金、
据置割戻金が支払われます。

 

建物更生共済には家財を補償する
「My家財」もあります。

 

このように、JA共済の
火災共済はオールリスク対応です。

 

火災保険の比較の際、
保険会社の商品のみを比較するのではなく、
火災保険と共済商品も含めて
比較し検討するのが良いでしょう。

 

平成19年より開始された
地震保険控除では、
建物更生共済も控除対象となっています。

 

掛金のうち一定部分が所得額より
控除できます。

 

 

その他にも風災や
雪災による
火災の場合は
各種費用共済金も
受け取ることが可能です。

 

農協では1型、2型、5型、10型と
用意しているので
ニーズに合わせた
内容を選ぶと良い
でしょう。

 

それぞれ倍率が
違うだけで内容には変わりありません。

 

火災保険の最大金額は
5億円と非常に充実した
補償内容となっています。

 

幅広い火災保険で
対応しているのも嬉しい魅力でしょう。

 

自然災害である雷による
火災であれば最高で2000万円まで
受け取ることが出来ます。

 

また火災による死亡や
ケガでもそれに応じた
金額の補償があります。

 

また最近は
地震が多発していることもあり
農協では地震による
損害まで補償してくれます。

 

多くの火災保険が
地震での火災には
対応してないことから農協ならではの特色と
言えるでしょう。

 

農協の火災保険は
掛け捨てではないので
満期時にお金が戻ってきます。

 

JA共済(農協)の
火災保険や
地震保険などはjaの
建物更正共済に
一括されています。

 

火災保険にあたる部分だけを
説明すると、
火災による建物の損害(全焼・全壊)では、
火災共済金、臨時費用共済金、
特別費用共済金に加えて、
残存物とりかたづけ費用共済金を
受ける事ができ、
火災によるケガや死亡時の人への
補償も受けられます。

 

一般的な火災保険では、
地震の際の補償が付いていない
タイプが多いですが、j
aの建物更正共済では
火災保険の役割、地震保険の役割、
災害保障、それらによる人への保障もあり、
一戸建て住宅をお持ちの方には
心強いのではないでしょうか。

 

jaの建物更正共済の火災保険や医療保障

 

JAの建物更正共済では、
前述のように火災保険、地震保険、
災害保険、これらによるケガなどの
医療保障など、
一般的な各種保険がこれ1つで
受けられるのが魅力ですが、
さらに賠償責任共済をセットする事で、日
常生活の賠償事故にも
対応できるようになりますので、
安心感が違います。

 

jaの建物更正共済の満期

 

jaの建物更正共済の満期の際は
一定の満期金と割戻金が
受け取る事ができ、
掛け捨て型ではありませんし、
満期金の受け取りを5年後、10年後、
20年後、30年後から選ぶ事ができ、
リフォームなどを見越して
受け取る事ができるのも魅力的です。

 

JAの火災保険や地震保険

 

JAでは火災保険や地震保険は
単体で販売されていませんが、
一般的な保険会社の
商品では火災保険などは
単体で販売されているところも
ありますので、jaのようにトータルでなくても、
個別に選びたいという方は
他の保険会社の商品も比較してみると
いいと思いますが、
家を新築したり、
これから一戸建てを検討している方は、
トータルで補償が受けられるjaの
建物更正共済を
検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

持ち家がある方には心強い
JAの建物更正共済ですが、
マンションや借家住まいの方向けにも
「My家財」というものがあり、
家財に対する火災保険や地震保険の保障や、
自然災害や人への補償が受けられ、
家財への保障がないという方にも
おススメの商品となっています。

 

JA共済とは、
農林水産省の監督の下に、
JA(農業協同組合)が
行う共済事業のことです。
共済の中では、
最大の組織です。

 

原則として農協の
組合員とその家族を
対象としていますが、
それ以外の一般の
人でも加入できます。

 

農協の組合員以外の
加入を員外加入といいます。
この員外加入は
全組合員の20%に抑えられています。

 

この枠を超えて
員外加入できない
場合には、
出資金を支払い
准組合員となれば加入できます。

 

出資金の額は各JAで異なります。
JA共済では、
「ひと、いえ、くるま」の総合保障を掲げています。
そのうちの「いえ」にあたるものが、
建物更生共済です。

 

建物更生共済(商品名 むてき)は、
JA共済の火災共済です。

 

北海道南西沖地震、
阪神・淡路大震災などで、
自然災害(地震・津波など)による
損失補償されたことで
注目を集めました。

 

JAの建物更生共済には、
地震に対する補償が
はじめからついています。

 

また、
JAの建物更生共済は
掛け捨てではなく、
満期共済金、満期時割戻金、
据置割戻金が支払われます。

 

建物更生共済には家財を
補償する「My家財」もあります。

 

このように、JA共済の
火災共済はオールリスク対応です。

 

火災保険の比較の際、
保険会社の商品のみを比較するのではなく、
火災保険と
共済商品も含めて
比較し検討するのが良いでしょう。
平成19年より開始された
地震保険控除では、
建物更生共済も控除対象となっています。

 

掛金のうち
一定部分が
所得額より
控除できます。

 

 

また期間中に
定期的に修理共済金を
受け取れるボーナスプランも
用意されています。
満期共済金は5年後、
10年後、15年後など
ニーズに合わせて選べるのでリフォームや
修繕の費用として
利用することが出来ます。

 

農協にはこの他にも
同じ補償内容で
家財を守る「My家財」や
営業用として使用しているコピー機などを
補償してくれる
商品もあります。

 

また賠償責任共済を
セットすることで
日常生活の思いがけない
賠償事故も補償して
くれる内容となっています。

 

これらの充実した
補償内容を受けるためにもまずは
資料請求やオンライン見積もりを
してみると良いでしょう。

 

農協のホームページ上から
出来るようになっています。

 

また農協では火災保険を
利用する際の請求・手続き
ガイドも同時に紹介してあるので
現在御加入の方も
再度確認しておくと良いでしょう。

 

万が一と言うのは
突然やってくるものです。

 

その時に慌てないためにも事前に
しっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

そうすればスムーズに取引が
出来るので思わぬ事態があった後でも
安心した生活を送ることが
出来ます。

 

火災保険の内容、金額、
その他メリットも充実していますので
他社と比較する際にも
農協の火災保険も
候補のひとつに加えておかれる事を
おすすめします。

 

 

ご家族のケガなども幅広く保障
ご契約された建物に発生した
自然災害や
火災などによって、
ご家族や居住者の方が
200日以内に死亡、
後遺障害または治療を受けたとき、
傷害共済金をお支払いいたします。

 

満期共済金200万円(モデルパターンの場合)
JAの建物更生共済は、
掛け捨てではありませんので、
満期時には、満期共済金、
満期時割りもどし金、
据置割りもどし金をお支払いします。

 

保障期間中定期的に
修理費共済金を受け取れる
「ボーナスプラン」もあります。

 

・満期共済金のお受け取りは、
「5年後」「10年後」「20年後」
「30年後」のいずれかを
お選びいただけますので、
リフォームなどの
ご予定などにあわせて
設定することができます。

 

JAの建更には、同じ保障内容で
家財をしっかり守る「My家財」があります。

 

「My家財」は、
家財の保障がないという
ご家庭や借家・マンション住まいの方に
おすすめです。

 

営業用として使用しているコピー機、
ロッカーなど事務所内等にある
営業用什器備品(家財は除く)を
保障の対象とした
仕組みもあります。

 

賠償責任共済をセットすれば、
日常生活の思いがけない
賠償事故も保障されます。

 

さらに、風災・ひょう災・雪災による
自然災害や火災などの場合は、
臨時費用共済金、
特別費用共済金、残存物とりかたづけ費用共済金などの
各種費用共済金も
受け取れます。

火災共済関連エントリー

自動車共済
自動車共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。