自動車共済

自動車共済

株式会社ライトプレイスファクトリー

 

財布 ジャムホームメイド JAMHOMEMADE|一番人気です!

 

NECKLACE ネックレス ジャムホームメイド JAMHOMEMADE

 

JA共済が提供している自動車保険「JA自動車共済」は、
民間損害保険会社が提供する「自動車保険」と比べて
お得なポイントがあります。

 

全国共済農業協同組合連合会(JA共済)が
取扱う自動車共済。
 (※ JAの取扱う自動車保険は、
保険ではなく 「共済」、保険金ではなく 「掛金」)

 

ちなみに、JAの自動車共済には、
家庭用自動車共済 「クルマスター」と、
「一般用自動車共済」の2種類あるようですが、
当サイトでは 「クルマスター」のみの情報掲載となります。

 

尚、クルマスターの車両保障は、
原則 「全損害担保(オールリスク)」タイプ。
車対車などの保障限定タイプの
車両保障は、「クルマスターエコノミー」。

 

JA共済は母体が農協で自動車保険の他に、
生命保険や火災保険も扱っています。

 

JA共済の自動車保険「JA自動車共済」は
損保の「自動車保険」とどこが違うのでしょうか。

 

無事故割引はやや有利
JA共済の「JA自動車共済」は、
損保の自動車保険と同じように
無事故期間が長くなるほど掛け金が割引になる無事故割引があり、
20等級で最大割引率62%と
一般的な損保の最大割引率60%よりも少し有利です。

 

また、民間の自動車保険からJA自動車共済に乗り換えるときは、
無事故期間を引き継げ、乗り換え当初から
無事故割引を受けることができます。

 

 

JA共済の自動車保険は、
ランキングサイト、比較サイトにも載っていて
諸条件面で評判が良いようです。

 

口コミではソニー損保やチューリッヒが
高い人気のようです。

 

ja共済の自動車保険だけではありませんが、
等級制度が設けられていて、
無事故期間が長いほど人ほど優遇されています。

 

JA共済の自動車保険を選ぶ場合は、
もっともポイントとなるのは、
とにもかくにもJA共済の自動車保険を選択した場合、
徹底してJA共済の中でサービスを受けるようにすることです。

 

それは、なぜかというと、
JAの自動車共済に加入するとお得で、
付加価値サービスが多分についてくるケースが
増えるからです。

 

もともと共済は
掛け金が非常にリーズナブルになるように設定されています。

 

それは、JA共済は「助け合い」の
精神からうまれており、
営利を目的としていないからです。

 

そのため、納得のいく掛金になるんです。

 

また、JJA共済の自動車保険を加入検討する場合、
JAの自賠責共済とセットで加入すると、
自動車共済の対人賠償掛金が
約7%割り引かれます。

 

車両・対物セット割引でまとめても
そのお得感は多分にあります。

 

車両保障を対物賠償とセットでご加入になると、
車両保障・対物賠償のそれぞれの掛金が
約7%割り引かれますので、
お得な掛金でご契約することができます。

 

例えば、JAの自賠責共済とセットで加入すると、
自動車共済がさらにお得になる、
そんな感じです。

 

ちなみに、自賠責保険は、
すべての自動車(二輪・原付も含みます)に、
法律により自賠責共済(保険)への加入が義務づけられています。

 

よくありがちなのは、自賠責は購入した
車ディーラーの紹介のもと加入し、
任意保険は独自でといったケースがあるかと思いますが、
その自賠責も任意保険も全て
JA共済の自動車保険を付保するという感じです。

 

JAの「自動車共済」は、
JA共済が提供する自動車保険です。

 

その最大の魅力は、
JA共済ならではのリーズナブルな掛け金や、
セット割引などのお得なプランの数々。
JA共済のサイトから、いつでもオンラインで掛け金の見積もりを
することも可能です。

 

JA共済は本来、
JA(農業協同組合)の理念「相互扶助」に基づいて
立ち上げられた保障サービスです。

 

それだけに、
「農業用貨物車割引」など、
農業を営む人達に最適な保険プランも
数多く用意されています。

 

もちろん、一般加入者向けのサービスも
充実していますので、
多くの人に利用されています。

 

JAの自動車保険には、
「自動車共済」と「自賠責共済」があります。

 

自賠責共済への加入は、
法律ですべての自動車に義務付けられていますが、
JAの自動車共済を自賠責共済をセットで加入すれば、
掛け金が
7%割引きされますのでお得です。

 

車両や対物セット割引など、
お得なセットプランが
用意されているのも非常に魅力的。
自動車保険の掛け替えを
検討されている方は、
JAも候補に入れてみられては
いかがでしょうか。

 

等級据置特約で事故時も割引率維持
JA共済の「JA自動車共済」は、
契約期間中に事故を起こしても1度だけであれば、
割引等級が下がらない
「等級据え置き特約」があります。

 

民間損保の自動車保険では
「等級プロテクト特約」と呼ばれている特約です。

 

民間損保では、契約条件が厳しく「等級プロテクト特約」に
入りにくくなっていますが、
「JA自動車共済」では特に制限はありません。

 

自動車共済保険、全労済とJA共済の違い

 

自動車保険には、営利を目的としない保険があります。

 

それは全労災の”マイカー共済”とJA共済の”自動車共済”という共済です。

 

また、
JA共済の
自動車保険において、
さすがはJAならではと言えるのが、
農業用貨物者割引ですね。

 

さすがです。
正組合員(個人)もしくはその同居の親族が
ご契約される農業用途の
自家用軽四輪貨物車、
自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(2t以下)などに対して、
掛金が約7%割り引かれます。

 

また、無事故割引で安全運転を
バックアップもしてくれてます。

 

無事故を継続すると最大20等級までの
無事故割引等級が適用され、
掛金も最高約62%まで割り引かれます。

 

また、保険会社等からの切り替えにも
無事故による割引は適用されます。

 

また、ユニークなのは、幸せ夢くらぶへの
加入ですね。

 

ご加入の生命共済や建物更生共済を
JA共済フォルダーに登録し、
合計30ポイントに達すると
新たにご加入いただくJA共済の
自動車保険の掛金が3%割り引かれます。
(自動継続特約の付帯が条件です。)

 

 

損害保険会社の
ノンフリート等級の割引制度と同様に
最高20等級(62%割引)まであります。

 

ノンフリート等級制度については
自動車保険の等級について2をご覧になってください。

 

全労済のマイカー共済も同様ですが、
JA共済の自動車共済も
損害保険会社の
自動車保険から
乗り換えをする場合でも
無事故による割引は
引き継ぐことができます。

 

この引き継ぎができることを
知らないために
共済を検討しない人もいると思いますが、
全労済・JA共済については
問題ありません。

 

共済と言っても色々ありますから、
もちろん引き継ぎのできない
共済もありますのでこの点は
ご注意ください。

 

 

全労済など協同組合が行う保障事業は、
「保険」ではなく「共済」と呼ばれています。

 

一般的な自動車保険との違いは、
加入者には特典として、
組合関連等の保養施設の
割引きなどが受けられることなどがあります。

 

また全労済とJA共済の違いは、
全労済の正式名称は
「全国労働者共済生活協同組合連合会」と呼ばれ
消費生活協同組合法(生協法)に基づき、
厚生労働省の認可を受けて設立され、補償の生協です。

 

そしてJA共済は、
農業協同組合法にもとづく農業協同組合(JA)の共済で、
主に農家組合員・地域住民の方の生命・財産の保障をしています。

 

それぞれ組合が違いますので、
共済の目的や内容も多少異なる部分もありますが、
自動車共済保険の中身も基本的には、
普通の自動車保険と同じですが、
営利を目的としない部分で
一般の自動車保険に比べサービスの差があるようです。

 

 

基本的な補償である
対人・対物賠償、
搭乗者傷害、
車両損害はもちろん
補償を充実させた一般自動車共済の
「大安心パック」「超安心パック」なら
人身傷害補償なども
付帯することが可能になっています。

 

年齢条件も35歳未満付担保がありますし
、最近損保会社でも
引き受け状況の厳しくなってきている
等級据置特約(損保では等級プロテクト特約などとも言う)もあります。

 

この特約がついていると
共済期間中、
1回目の事故に
限って「等級据え置き事故」として
取り扱いますので、
翌年の共済の継続時に
無事故割引等級がダウンしませんから
損害額が少額な場合でも
共済を利用するかどうか迷うことが少なくなります。

 

またレッカーサービスや
現場急行サービスも
対応しており、
提携しているJA共済自動車指定工場も
全国約1900カ所になっています。

 

ちなみに正組合員
あるいはその同居の親族が
ご契約される農業用途の
自家用軽四輪貨物車・自家用小型貨物車・自家用普通貨物車(2t以下)などに
対しては掛金が約7%引きになっていますが、
これはJAならでは
といったところです。

 

無事故割引
車両・対物セット割引
長期優良契約割引
エアバッグ装備車割引(*)
ABS装備車割引(*)
衝突安全ボディ車割引(*)
イモビライザー装備車割引
環境対策自動車割引
福祉自動車割引
(*)自家用小型乗用車、
自家用普通自動車については、
安全装置によるリスク低減要素が織り込まれた
型式別の掛金設定をしておりますので
割引が適用されません。

 

夜間休日現場急行サービス!!

 

JA自動車共済ご加入のお客様が、
JA共済事故受付センターに
JAの営業時間外にご連絡いただいた事故について、
事故現場へ民間警備保障会社の
対応員を急行させ、事故状況の
聞きとりなどを行うサービスです。

 

 

基本的な
補償である
対人・対物賠償、搭乗者傷害、
車両損害や最近主流に
なっている
人身傷害補償なども
付帯することができます。

 

年齢条件も上が35歳以上補償が
新設されていますし、
特約関係も新車特約や
弁護士費用なども
付帯できるようになっています。

 

また全国に提携の
修理工場を持ち、
損害保険会社でも普通に
なってきたロードサービス
(レッカーサービス・バッテリー上がり等)の
関係も24時間対応しており
遜色ない内容になってきています。

 

こうした点から補償という
部分で心配することは
あまりないと思います。

 

 

ただ、共済保険に加入するためには
組合員になるための出資金が
必要など条件もありますので十分確認して
自動車保険との差を理解したうえで
加入手続きに進んでください。

 

 

セット割引制度充実
JA共済の「JA自動車共済」のお得な
制度にセット割引があります。

 

JA共済の自動車保険「JA自動車共済」は
補償内容が広く、
保険料(掛け金)も民間損害保険会社に比べて安く、
メリットの多い自動車共済です。

 

「無事故割引率が高い」、
「等級据置特約がある」、
「セット割引制度が充実」、
「農業用途の自動車だとさらに割り引きされる」など、
民間損保の自動車保険と比べて、
JA共済の自動車保険「JA自動車共済」には多くのメリットがあります。

 

JA共済の
家庭用自動車共済は、
傷害保障と対人・対物保障(無制限)、
車両保障(全損害担保)、
車両諸費用保障特約、
対物超過修理費用補償特約がプラスされた、
本当に頼もしい自動車保険です。

 

傷害保障は、事故過失分を
含めた損害を補償してくれますし、
自分と家族が歩行中に
自動車事故に遭遇した場合の
補償、契約者の自動車の
搭乗者が被害にあった場合、
電柱やガードレールに
ぶつかったなどの自損事故に
対応してくれます。

 

当然、対人賠償に対物賠償も
無制限で補償されます。

 

これにプラスして大変嬉しい
特約がついているのが、
JA共済の家庭用自動車共済です。

 

特約には、車両保障、
車両諸費用保障、
対物超過修理費用保障があります。

 

「30歳以上限定保障特約」付きの
一般用自動車共済に加入していますが、
同居の息子(18歳)が
運転する場合の手続きは必要なの?

 

「30歳以上限定保障特約」とは、
30歳以上の運転者に
限定して保障する特約です。

 

18歳の息子さんが運転中に
事故を起こしても保障の
対象とするには、
運転者年齢条件を「年齢を問わず」に
変更する必要があります。

 

なお、
一般用自動車共済の
運転者年齢条件は次のとおりとなっています。
1.年齢を問わず
2.21歳以上限定保障特約
3.26歳以上限定保障特約
4.30歳以上限定保障特約

 

この運転者年齢条件の変更は、
契約日に関係なく、
いつでも行うことができます。

 

なお、一般用自動車共済の
ほかに、仕組みの異なった
家庭用自動車共済も
ご用意しています。

 

車両補償については全損害に
対しての補償となります。
車両諸費用保障は、
事故の場合はもちろんですが、
故障で動けなくなった車に対しての
諸費用が支払われるという
嬉しい特約です。

 

対物超過修理費用保障は、
事故によって相手の
自動車の修理費が
時価額よりも高くなったという場合に、
その超過した分を
支払ってくれるというものです。

 

このJAの
家庭用自動車共済という保険は、
加入できる車種があります。

 

自家用普通乗用車、
自家用軽四輪乗用車、
自家用小型貨物自動車、
自家用軽四輪貨物自動車、
自家用普通貨物自動車(0.5t以下)自家用普通貨物自動車(0.5t超2t以下)、
特殊用途自動車、
これは、キャンピングカーに限るそうです。

 

このJA共済の家庭用自動車共済は、
JAの自賠責とセットで
はいることで、
さらにお得になるようです。

 

自賠責共済(強制保険)は
JAでも加入できるの?

 

はい、JA窓口でも自賠責共済(強制保険)の
加入手続きができます。

 

継続契約のお申し込みは、
車検対象車両については
共済期間満了日の
3か月前から、
原動機付自転車・軽二輪自動車・
小型特殊自動車は
共済期間満了日の
7か月前から受け付けています。

 

 

お車の買い換え・新規購入の際には、
事前にJAでご加入されるか
共済代理店、自動車販売店で
JAの「自賠責共済」と
お申し付け下さい。

 

自賠責共済にご加入し、
さらに自動車共済に
ご加入されますと
自動車共済の
対人賠償共済掛金が割引になるうえ、
万一の事故処理も
スムーズで安心です。

 

 

JA共済(自賠責)に
加入しているのですが,
共済証券と
ドライバー確認カードというものは
別々にあるのですか?

 

自動車が台風による
洪水のため水没してしまった。

 

ご契約自動車に、
車両共済(車両条項)の
付帯があれば共済金を
お支払いすることができます。

 

全損害担保の場合、
偶然な事故(衝突・接触・墜落・火災・盗難・台風・洪水・高潮等)によって
損害を受けた場合に共済金を
お支払いします。

 

損害限定担保(車両損害限定特約)の
場合も上記のような
自然災害によって生じた
損害事故の場合には、
共済金をお支払いします。

 

ただし、
地震もしくは噴火、または、
これらによる津波に
より生じた損害に対しては、
共済金はお支払いできません。

 

今,ドライバー確認カードしか
手元にないのですが..

 

たとえば、自賠責共済とセットで契約すると
対人賠償掛け金が7%割り引かれるとか、
両保障と対物賠償をセット契約すると掛け金が7%割引になったりします。

 

農業用途の自動車だとさらに割り引き
JA共済の母体である農協は
農家の協同組合だということで、
農家に便利な制度を設けています。

 

契約車が農業用途の自家用軽四輪貨物車・自家用小型貨物車・自家用普通貨物車(2t以下)なら
掛金が7%割引になります。

 

リスク細分型自動車保険ではない
JA共済の「JA自動車共済」は全労済の「マイカー共済」と
同じくリスク細分型の自動車保険ではありません。

 

民間の損害保険会社の自動車保険や
外資系のダイレクト通信販売保険は、
リスク細分型自動車保険を拡充し個人の
環境や車の内容によって細かく保険料(掛け金)が変わってきます。

 

自動車保険の共済「JA自動車共済」は補償内容が広く、
保険料(掛け金)も民間損害保険会社に比べて安く、
メリットの多い自動車共済です。

 

 

 

 

「無事故割引率が高い」、「等級据置特約がある」、
「セット割引制度が充実」、「農業用途の自動車だと
さらに割り引きされる」など、
民間損保の自動車保険と比べて、
自動車保険の共済「JA自動車共済」には
多くのメリットがあります。

 

共済のセット割引や、
車両保険と対物保険のセットなどが
自動車保険の共済「JA自動車共済」には
いくつかの割引制度があります。

 

さらに、自動車保険の共済「JA自動車共済」は、
民間損保の自動車保険の無事故割引等級が引き継げ、
乗り換えもしやすくなっています。

 

JAの自動車保険サービスでは、
24時間365日、年中無休で対応している
「フリーダイヤル安心サービス」という
窓口を用意しています。

 

このフリーダイヤルでは、
事故の受付やアドバイス・初期対応の他、
各種契約者サービスにも対応。

 

携帯電話やPHSからもかけることができますので、
万が一の時にも非常に安心です。

 

事故の際には、レンタカーの手配、
もしくはタクシー会社や最寄の交通の案内、
すぐに動けそうにない場合は宿泊施設の案内など、
的確なアドバイスや事後対応が受けられます。

 

事故以外のトラブルの場合は、
テクニカルアドバイスを中心に、
事故の際同様、各交通機関や宿泊施設の案内も受けられます。

 

万が一のガス欠の際には24時間営業の
ガソリンスタンドの案内も受けられるので安心です。

 

JAの自動車保険は、事故の時も故障の時も
安心して任せられる、
以下の5つのサービスを提供しています。

 

(1) 故障時などの現場急行ロードサービス
(2) レッカーサービス
(3) 休日契約者面談サービス
(4) 夜間休日現場急行サービス
(5) 夜間休日初期対応サービス

 

JA共済の場合は、
自賠責共済とセットで
契約すると対人賠償掛け金が
約7%引き、
また車両保障と対物賠償をセットで
契約するとそれぞれの
掛け金が約7%引きに
なっています。

 

全労済と同様にリスク細分型の
商品ではありませんが、
JA共済の場合には
ゴールド免許掛け金という
制度はあります。

 

但しリスク細分型の
ものではありませんので、
自分がどの条件に当てはまるか
ということを良く確認して
保険料に関しては必ず
見積を取って確認してください。

 

その際には補償内容に違いが
ないか忘れないようにしましょう。

 

 

 

(1)と(2)は、もちろん
24時間365日対応の
安心サービスです。

 

万が一の時の修理、点検、整備は、
全国1900ヵ所のJAの共済自動車指定工場で
受けることができます。

 

修理も点検も、安心して任せることができますね。

 

JAの自動車保険プランには、
「あんしんDXスーパー」・「超安心パックU」・「大安心パックU」の
3種類が用意されています。

 

いずれも基本的な内容は同じですが、
保障内容が無制限になるなど、
部分的な内容が異なりますので、
ご自身の生活に合ったプランを検討してみてください。

 

 

プランはすべてオンラインで見積もり可能ですので、
一度見積りを行った上で検討されると良いでしょう。

 

このように、JA共済では
自動車保険をより安心して利用できるよう、
プランの充実が図られています。

 

加えて料金もリーズナブルですし、
気軽にオンラインで見積もりが
出来るのも嬉しいですね。

 

 

 

万一の事故の時にも自動車保険の共済「JA自動車共済」では、
24時間365日の事故受付電話や現場急行サービスなどで、
契約者に適切なアドバイスや代車の手配もしれもらえます。

 

さらに、対人賠償事故だけでなく対物賠償事故への
示談交渉サービスがついているので、
自動車保険の共済「JA自動車共済」なら、
大きな物損事故でも契約者に負担がかかりません。

 

 

共済のセット割引や、車両保険と対物保険のセットなどが
JA共済の自動車保険「JA自動車共済」には
いくつかの割引制度があります。

 

さらに、JA共済の自動車保険「JA自動車共済」は、
民間損保の自動車保険の無事故割引等級が引き継げ、
乗り換えもしやすくなっています。

 

 

全労済と同様に
JA共済でも
万が一経営破綻した場合
に損害保険会社のような
損害保険契約者保護機構によって
契約者保護がなされる
仕組みがありません。

 

一つ注目したいのは
割引の制度に
ついてです。

 

損害保険会社の
ノンフリート等級は
1等級から20等級(60%割引)まであります。

 

詳細は自動車保険の等級に
ついて2で確認してください。

 

それに対して全労済の
マイカー共済は、
22等級(64%割引)まで
あります。

 

一般的に損害保険会社の
ノンフリート等級制度では、
事故が1回あって
自動車保険を使った場合には
原則3等級加算(3等級ダウン)して、
事故がなく自動車保険を
使わなければ1等級減じます。

 

(ノーカウント事故や
等級据え置き事故などの
例外はあります)

 

全労済の場合には
17等級以上の場合ですが、
原則事故があって
マイカー共済を使った場合に
2等級ダウンということに
なっています。

 

もっとも割増率も違っており、
もっとも割増の
高い1等級の場合には
120%割増となっています。

 

但し前述の通りJA共済は
農林協同組合法という法律に基づき
「農林水産省」の認可を受けている「共済」です。

 

 

共済は地域やその人の
ライフスタイルによって
利用している人とそうでない人の
差があると思いますが、
内容を良く理解して
「自動車保険」と「自動車共済」を
上手に使い分けてください。

 

 

 

条件によっては、民間損保やダイレクト保険の
自動車保険のほうが、保険料(掛け金)が
安くなることもあります。一度、保険会社で
シュミレーションされてみてはいかがでしょう。

 

JA共済は民間損保に比べてメリットが多いですが、
JA共済に加入できるか事前に確認する必要があります。

 

万一の事故の時にもJA共済の自動車保険「JA自動車共済」では、
24時間365日の事故受付電話や現場急行サービスなどで、
契約者に適切なアドバイスや代車の手配もしれもらえます。

 

さらに、対人賠償事故だけでなく対物賠償事故への
示談交渉サービスがついているので、
JA共済の自動車保険「JA自動車共済」なら、
大きな物損事故でも契約者に負担がかかりません。

 

 

JA共済は母体が農協で、
農家の利益を守るために作られた協同組合です。
JAは地域ごとに加入枠があります、
地域のJAに加入枠に空きがあるか確認しましょう。

 

ただし、空きがなくても出資金を払えば准組合員としてJA共済に加入できます。

自動車共済関連エントリー

火災共済
火災共済
年金共済
年金共済
医療共済
医療共済
自賠責共済
自賠責共済
養老生命共済
養老生命共済
終身共済
終身共済
こども共済(学資保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。こども共済(学資保険)について。
がん共済(がん保険)
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。がん共済(がん保険)について。
建物更生共済 むてき
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。建物更生共済 むてきについて。
傷害共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。傷害共済について。
定期生命共済
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。定期生命共済について。