農協の知識

農協の知識

全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)が元受です。

 

JA共済(農協)の主力商品「建物更生共済」は
以下のような特徴をもった火災保険です。
とても人気のある商品です。

 

 

■JA共済(農協)の火災保険
「建物更生共済」の特徴1

 

・臨時費用保険金
・残存物取り片付け費用保険金

 

といった「お見舞い金」を
受け取ることができます。

 

対象は、
農協の「正組合員」である農業従事者ですが、
出資金を出せば「准組合員」としてサラリーマンなどでも利用でき、
出資金は組合員をやめるときに返還されます。

 

JAでは火災保険や地震保険は
単体で販売されていませんが、
一般的な保険会社の商品では火災保険などは
単体で販売されているところもありますので、
jaのようにトータルでなくても、
個別に選びたいという方は他の保険会社の商品も比較してみるといいと思いますが、
家を新築したり、これから一戸建てを検討している方は、
トータルで補償が受けられるjaの建物更正共済を検討してみてはいかがでしょうか。

 

金額は各JAで異なります。

 

aの生命保険(共済)商品は、
それぞれの世代に合わせた商品にも
いくつか種類が用意されているので、
ますます自分に合った生命保険(共済)が選べるとあって、
保険選びでお困りの方には特に選びやすいのではないでしょうか。

 

建物更生共済は、
火災などを幅広く保障します。

 

火災、落雷、プロパンの爆発等で建物に
損害を受けたとき、通常の
損害保険金を受け取れますが、それにプラスして、

 

生協や農協(ja)などの
生命保険(共済)もたくさん販売されていますし、
各保険会社からはたくさんの生命保険が販売されていますが、
それぞれ個性や特徴があり、
ご家族に合わせた生命保険や共済が必ず見つかると思いますので、
是非比較検討してみてはいかがでしょうか。

 

JA共済(農協)の火災保険では、
シロアリ(白アリ)による損害は、
対象外になります。
JA共済(農協)の火災保険が保障するのは、
火災などの損害、自然災害による
損害、地震・津波による損害です。

 

生命保険(共済)は、生命に関わる保障がメインであり、
一般的に損保(損害保険)と呼ばれる傷害保険と似ていますが、
生命保険では「急激・外来」などの保障がされていない事があり、
点傷害保険では保障されていますので、
生命保険に傷害保険を特約として付ける事で手厚い保険(共済)にする事が可能です。

 

JA共済(農協)の火災保険
「建物更生共済」の特徴2

 

建物更生共済の最大の特徴ですが、
地震による損害が最初からセットになっています。

 

それは、民間の損害保険会社の
火災保険が「特約」扱いにしている地震保険が、
JA共済(農協)の建物更生共済では
はじめから基本保障に組み込まれているからです。

 

生命保険(共済)は、自分に万が一の事(死亡・重度障害)があった場合に
家族へ保険金が支払われるものですので、
自分の為というよりも残される家族の為の保険です。

 

 

火災保険でシロアリ(白アリ)被害を
保障している商品は、ちょっとないのでは
・・・・と思われます。
シロアリ(シロアリ)被害に関しては、
家を建てた工務店やハウスメーカー、
あるいは、前回シロアリ(白アリ)対策の
処理をした業者などに問い合わせた方がいいかと・・・。

 

 

aの建物更正共済の満期の際は
一定の満期金と割戻金が受け取る事ができ、
掛け捨て型ではありませんし、
満期金の受け取りを5年後、
10年後、20年後、30年後から選ぶ事ができ、
リフォームなどを見越して受け取る事ができるのも魅力的です。

 

商品は多種多様で医療共済や養老生命共済、
終身共済などの人に対する共済のほかに、
家を共済の対象とした建物更正共済、
損害保険会社が取り扱っている自動車保険と
ほぼ同内容の自動車共済などもあります。

 

なお、上記「付属建物」とは、
基礎工事のしていない建物または
契約当時の時価額が30万円未満の
建物をいいます。
一般的には、カーポート(車庫)や
物置などがこれに該当します。

 

生命保険料控除とは生命保険を契約して
保険料を支払うと、支払った保険料に応じて一定額が契約者の所得から控除されます。

 

所得から控除されると、
その分課税所得が低くなるため所得税と住民税が軽減されます。

 

 

建物更生共済では、物置、車庫といった
付属建物、および塀・門などの工作物に関しては、
原則として保障の対象外になります。
しかし、建物更生共済の契約書に
「明記物件」として明記することにより、
保障の対象とすることができます。

 

したがって、建物更生共済で建物を契約するときは、
保障の範囲を十分確認してからご加入ください。

 

 

ただし、すべての生命保険料が控除になるわけではなく、
保険金の受取人が本人または配偶者、6等身以内の血族か3等身以内の姻族となっている親族の場合となります。

 

建物更生共済「むてき」には、
地震に対する保障があらかじめセットされていて、
地震で倒壊したり、地震で火事に
なった場合などに、地震保険金を
受け取ることができます。

 

JA共済(農協)の建物更生共済は、
大地震が起こるたびに、
日本各地で話題になってきました。

 

 

生協や農協(ja)では生命保険ではなく、
共済という種類ですが、
基本的な保障は保険会社の生命保険の内容とほとんど変わりません。

 

建物更生共済の掛金の中には
「地震保険」の掛金が含まれているので、
当然、地震保険料控除が受けられます。

 

上記のケースでは、娘(息子)夫婦が
父親と同一生計の場合は、父親の
支払っている建物更生共済の掛金は、
地震保険料控除の対象となります。

 

生命保険は、前述の通り生命に関わる保障が受けられる保険ですが、
現在は保険の種類も増え、
医療保険やガン保険、貯蓄や老後の保障などの幅広いニーズに対応した
財形貯蓄積立保険や個人年金保険などの商品もありますが、
これらも広い意味では生命保険の種類に分類されると言ってもいいでしょう。

 

このように生命保険でも様々なカテゴリーの商品がありますが、
ja共済(農協)では生命保険や生命共済の名前ではなく、
「ひとに関する保障」として商品を販売しており、
男性向け、女性向け、子供向け、独身向け、熟年世代向け、ニーズに合わせた共済など、
自分に合った保険(共済)を選びやすいのが特徴です。

 

JA共済(農協)の火災保険
「建物更生共済」の特徴

 

もしも別生計の場合は、
地震保険料控除の対象となりません。

 

地震保険料控除に関しては、
そのほかに、契約者から仕送りを
受けている子のアパート・下宿等の
My家財契約のような場合は、
同一生計となるため、地震保険料控除の対象となります。
「My家財」とは、建物更生共済の家財版です。

 

建更「むてき」は、地震以外の自然災害に
対する保障も充分しています。

 

建物更生共済に加入している人が、
風災・ひょう災・雪災で被害を受けた場合、
そうした被害に対する保険金を受け取った上で、
それとは別枠で、臨時費用保険金、
残存物取り片付け費用保険金等を受け取ることができます。

 

建更は、つまり、
火事だけの保険ではないということです。

 

また、個人年金保険契約などの
保険料や掛け金も保険料の控除の対象になります。
ただし保険期間が5年未満の貯蓄保険、
団体信用生命保険などは控除の対象となりません。

 

ただし、地震保険料控除で、
次のようなケースは注意が必要です。
たとえば、娘(息子)夫婦の住む住宅に、
父親が建物更生共済の契約者として加入し、
掛金も全額父親が支払っている場合、
地震保険料控除の対象になるかどうかというケースです。

 

JA共済(農協)の火災保険や地震保険などは
jaの建物更正共済に一括されています。

 

JAとは、全国共済農業協同組合連合会のことです。
1947年にJAの前身である農業協同組合が生まれ、
翌年、北海道で農業をする人たちに万が一のことが起こった場合の
経済的備えのために生まれたの共済事業です。

 

JA共済(農協)の建物更生共済は、
台風、大雪、豪雨などの自然災害で
損害を受けた場合、損害割合に応じて、
保険金を受け取ることができます。

 

JAの共済に加入するときは組合員になる必要があります。

 

JA共済は、JAが行う営利を目的としない掛け金の安い共済のことで、
民間の保険会社にひけを取らない大きな保障を備えることができます。
そのため、加入件数ものべ3000万件を超え、
日本最大の共済事業にまで発展しました。

 

JA共済では、「ひと・いえ・くるま」のトータル保障をそろえることができます。

 

建物更正共済「むてき」(略して「建更(たてこう)」とよばれます)は、
通常の火災に加えて、地震による火災、
風水災による 被害でも、再取得価額での保障を受けることができます。

 

再取得価額とは、壊れた建物をもう一度建てるだけのお金のことです。
また、「建更(たてこう)」では特約をつけずとも保障を受けることができます。
そのため、JA共済でも人気商品となっています。

 

JA共済に加入するときは、
最寄りのJA(農協)で出資金を払って
准組合員になるだけなので簡単です。

 

JA共済の生命保険についていくつか口コミ・クチコミを集めてみました。

 

JA共済(農協)の火災保険「建物更生共済」の特徴

 

建物更生共済は、火災時などに
家族がケガをした場合なども、
そのけがに対して保険金を支払います。

 

(口コミ・クチコミ1)JA共済の生命保険はとてもいいです。
安いですから。生命保険の保障内容も納得です。

 

民間の生命保険会社に入っていましたが、
節約のために生命保険の見直しをし、
JA共済を訪ねてみたのですが、担当者がとても親切で親しみやすく、
生命保険の内容も民間の生命保険と変わりませんでした。

 

自動車保険の方もJA共済に移そうかと思っています(等級継承できるそうです)。

 

(口コミ・クチコミ2)JA共済は担当者によって
当たり外れがあると聞いていましたが、
わたしの担当者は当たりでした。JA共済の生命保険って、
あまりよく知らなかったけど、○○生命の保険とほとんど違いはないと思いました。
なによりも、JA共済の生命保険は安いと思いました。

 

出資金の金額は、それぞれのJAによって 違うので確認してください。
大体数千円から数万円の範囲です。
准組合員をやめるときに出資金は戻ってきます。

 

准組合員になったら、共済に加入する手続きをとります。
そして、初回掛け金の払い込みと申込書の提出を終えたら保障がスタートします。

 

つまり、建更を契約している建物に
火災や自然災害が発生し、
そうした災害のさなかに、
家族や居住者が傷害事故に遭い、
200日以内に死亡したり、後遺障害または
治療を受けたりしたとき、
傷害保険金を受け取ることができます。

 

また、准組合員にならなくても共済を使用できる「員外利用」も可能な場合があります。
ただし、「員外利用」には制限があります。
JAによって違うので加入するときに確認してください

 

具体的には、2004年10月の新潟県中越地震で、
年内に共済金を支払うよう、
全国ネットワークを活かして迅速な処理を行ない災害復興に強力しました。
さらにJA共済では、災害救援活動として
仮設住宅の貸与サービスや家屋の仮補修用ビニールシートの無料提供なども行っています。

 

もちろん、JA共済では、損害保障だけでなく生命保障、
医療保障も備えることができます。
特に需要の伸びている医療保障では、医療共済「ベストケア」があります。
また、JA共済にいくつも加入する時は、
「しあわせ夢くらぶ」という掛け金の安くなるサービスも受けることができます。

 

 

JA共済のホームページでは、
これらの自動車共済や車両保障(保険)などの詳細が掲載されていますが、
オンラインでの見積もりも可能ですので、
自動車保険を検討中の方は、
是非詳細をご確認の上、
見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

 

建物更生共済には、保障期間中に定期的に
修理費保険金を受け取れる「ボーナスプラン」も
あります。
つまり、満期時に一括して満期保険金を
受け取るのではなく、期間の途中
である程度まとまったお金を少しずつ
受け取るプランがあるということです。

 

JA共済(農協)の主力商品、建物更生共済では、満期保険金の受け取りを、「5年後」「10年後」「20年後」「30年後」のいずれかで選択できます。

 

火災保険にあたる部分だけを説明すると、
火災による建物の損害(全焼・全壊)では、
火災共済金、臨時費用共済金、特別費用共済金に加えて、
残存物とりかたづけ費用共済金を受ける事ができ、
火災によるケガや死亡時の人への補償も受けられます。

 

 

生協や農協(ja)では生命保険ではなく、
共済という種類ですが、
基本的な保障は保険会社の生命保険の内容とほとんど変わりません。
生命保険は、前述の通り生命に関わる保障が受けられる保険ですが、
現在は保険の種類も増え、医療保険やガン保険、
貯蓄や老後の保障などの幅広いニーズに対応した財形貯蓄積立保険や
個人年金保険などの商品もありますが、
これらも広い意味では生命保険の種類に分類されると言ってもいいでしょう。

 

JA共済(農協)の火災保険「建物更生共済」の特徴

 

JA共済(農協)の建物更生共済は、積立型の
火災保険です。
掛け捨てではありません。
満期時には、満期保険金、満期時割戻金、
据置割戻金を受け取ることができます。

 

JA共済の車両保険(自動車保険)についてもう少し詳しく見てみましょう。
一般的な保険会社ではjaと違い、
車両保険を単体商品として販売しているところもありますが、
その代わりjaでは車両保険の部分がさまざまなプランに含まれており、
組み合わせによってはそれぞれの掛金が割引になるなど、お得なセットも販売されています。

 

なお公的セーフティーネットとは、
民間生保各社が出資する「生命保険契約者保護機構」が
責任準備金の9割までを補償する制度です。

 

共済にはこのような仕組みがありませんので、
破綻する恐れの極めて小さい共済、
上記表で言う所の「根拠法のある共済」を選択した方が良いのです。(根拠法のある共済が破綻した例は無いので、そんなに心配する必要はありません)

 

子供に人気のアンパンマンが
メインキャラクターになっているJA共済。

 

仲間由紀江さんもCMに出ていますね。
JA共済の正式名称は『全国共済農業協同組合連合会』。
・・・長いのでJA共済でいきます^^;

 

JA共済(農協)の「My家財」は、火災保険です。
建物更生共済というJA共済の有名な
火災保険がありますが、
これは通常建物に対してかける保険です。

 

JA共済(農協)の火災保険「My家財」の
保障内容は、建物更生共済の内容と同じです。
火災だけでなく、地震や自然災害にも
対応する、オールマイティーの火災保険です。

 

JA共済はJAと呼ばれる農業協同組合の組合員の方を
対象に「ひと・いえ・くるまの生活総合保障」を
提供している非営利団体です。

 

保有契約高は330兆円で運用資産約42兆円という
日本でも最大級の金融機関です。

 

まぁ建前は組合員が対象なのですが
普通に一般の方にも営業しています。

 

JA共済は終身共済、養老共済、医療共済、年金共済、
建物更生共済、火災共済、自動車共済、自賠責共済など
とても幅広い分野でトータル的な活動を行っています。

 

JA共済に加入している方も多いのではないでしょうか?

 

 

JAの車両保険(車両補償)には、
全ての事故による損害を保障する「全損害担保」と、
限定された事故による損害を保障する「損害限定担保」の2種類があり、
前述したパックによって車両保障に違いがあるようです。

 

しかし、借家住まいの方とか、持ち家だけど
家財道具にも保険をかけたい、
という人たちの要望に応え、JA共済(農協)が
提供している火災保険が「My家財」です。

 

 

またJAでは自動車共済だけでなく、
建物や人に対する保険(共済)もラインナップされていますので、
是非参考にしてみてください。

 

JA救済はJAのネットワークをフルに活かし
全国に9000ヶ所のJAでサービスを展開。

 

かゆいところに手が届くサービスが特徴ですね。
非営利団体なので保険料も若干安いのが特徴です。

 

ちなみにソルベンシー・マージン比率は857.6%です。

 

JA(農協)や全労済の生命保険は生命共済と呼ばれ、
生命保険だけでなく損害保険(損害共済)も取り扱っています。

 

JAの生命保険は、
農林水産省の監督下で農業者が設立した
JA(農業協同組合)が取り扱っており、
商品の種類も豊富です。

 

JA共済(農協)の火災保険では、掛け捨て型でも
積立型の建更でも「自然災害」を保障していますが、
具体的な「自然災害」とは、台風、暴風雨、
土砂くずれ、地すべり、雪害などをいいます。

 

JA共済(農協)の火災保険のうち、積立型の
建物更生共済(建更)の場合、地震保険も
はじめからセットになっています。
特約で地震保険をつけるのではなく、
建物更生共済に加入した契約すべてに、
地震保険がついていることになります。

 

養老保険、終身保険、年金定期保険など、
JAの生命保険には、
生命保険会社と同じ種類が揃っていますし、
主力商品には貯蓄性の高い養老保険の
「養老生命共済」や一生涯死亡保障が続く
「終身喜びライフ」といった商品があり、
保障限度額は一億円です。

 

JAは、健康診断や人間ドックなども行なっており、
JAの生命保険に加入している人は、優先的に利用できます。

 

また、静岡県中伊豆と大分県別府の二ヵ所に
社会福祉法人のリハビリセンターを設け、
重度身体傷害者の社会復帰の手助けをしており、
この設備はJAの生命保険に加入していなくても利用できます。

 

JAの生命保険は、本来農業者のためのものですが、
一般の人も、JAに出資金(数千円から数万円)を支払えば、
準組合員になれ、加入ができます。

 

JAの自動車共済では
車両保険(車両補償)を付ける事も可能ですが、
前もってセットになった「あんしんDXスーパー」「超安心パックU」「大安心パックU」などもあり、
ご自身に合わせた内容から選ぶ事が可能です。

 

自動車をお持ちの方は、法律によって自賠責保険や自賠責共済への加入が義務付けられていますが、
多くの自賠責保険(自賠責共済)には車両保険(車両補償)が付いておらず、
任意での加入となっていますが、
車両保険のような車両に対する補償がセットなっているタイプの自動車保険(共済)は人気となっています。

 

「万が一」に対する不安はずっと消えることはないのですが、
生命保険に入っておくことで「お金」に対する不安は消えるわけで・・。

 

やはり保険は、できるだけ入っておくべきだと言えます。
ja生命保険に限らず、解約、見直しや入る際には、
失敗しないために各会社を比較したり
実際に相談したりと自分に合った生命保険会社を選びましょう。

 

 

なお、JA共済(農協)の火災保険では、
火災以外の損害もカバーしていて、落雷、
建物の外部から物体の落下・衝突、
盗難によるき損、汚損、盗取なども、
特約なしの基本保障として備わっています。

 

いわゆる共済保険(全労済・国民共済・JA共済・コープ共済など)と、
民間の生命保険の違いは、
目くじらを立てるほど異なっているわけではありません。
いくつかのポイントを確認しておけば良いだけです。

 

当ページでは@共済保険(全労済・国民共済・JA共済・コープ共済など)と民間生保の違い、
及びAメリットとデメリットについて記述してみたいと思います。

 

 

持ち家がある方には心強いJAの建物更正共済ですが、
マンションや借家住まいの方向けにも「My家財」というものがあり、
家財に対する火災保険や地震保険の保障や、
自然災害や人への補償が受けられ、
家財への保障がないという方にもおススメの商品となっています。

 

 

このように生命保険でも様々なカテゴリーの商品がありますが、
ja共済(農協)では生命保険や生命共済の名前ではなく、
「ひとに関する保障」として商品を販売しており、
男性向け、女性向け、子供向け、独身向け、熟年世代向け、ニーズに合わせた共済など、
自分に合った保険(共済)を選びやすいのが特徴です。

 

一般的な火災保険では、地震の際の補償が付いていないタイプが多いですが、
jaの建物更正共済では火災保険の役割、
地震保険の役割、災害保障、それらによる人への保障もあり、
一戸建て住宅をお持ちの方には心強いのではないでしょうか。

 

厳密に言うと全てが利益となるわけではなく、
付加保険料のうち、
一定割合が一般管理費や販売管理費などの、
「利益を上げるための経費部分」にまわされます。

 

共済保険と言うのは「非営利組織」で、
農業協同組合(JA)や、
生活協同組合(生協)などの協同組合や団体が、
その組織の組合員と家族を対象に、
生命・財産にまつわる急な出費に備えるために設けられた、
相互扶助の制度です。

 

このため、そもそも民間生保の「利益」にあたる部分が無いのが特徴です。

 

販売コストも格段に安いことから、
販売管理費や一般管理費も削減できるので、
その分、安い保険料が実現できるわけです。

 

jaの生命保険って、
第一生命や日本生命や住友生命など
他の生命保険会社に比べると、少し地味な印象があります。

 

ランキングサイトなど見てみても地味な位置にランキングされています。
あまりガツガツしてないというか。
押し出しが弱いというか・・。
でも、ja共済のイメージキャラクターは女優の仲間由紀恵さんなんですよね。
仲間さん出演のCMも流れています。

 

子供に大人気のアンパンマンもCMに出てますよね。
定期的にポストにはja共済の、
jaの生命保険のチラシが入ってたり。ガツガツしてないように見せかけて、
実は力入ってたりして。

 

細かい話ですが、
下記の表をご覧になれば、
違いが一目瞭然です。

 

共済と民間生保が別々の法律に基づいて運営されており、
監督官庁の違いがある、という事が分かります。

 

表を見て気づくのが。
「根拠法の無い共済」の存在です。

 

いわゆる「無認可共済」と言われるもので、
こういった共済は監督官庁によるチェックが働かないため、
マトモな運営をしているのか判断がつきません。

 

共済と言えども、根拠法のあるしっかりとした団体を選ぶべきです。

 

jaは生命保険だけでなく、
家や車に対する保険もあります。
こども共済もあるし、がん共済もあるし、
イベント共済なんていうのもあります。

 

特に人に対する保険は、充実していますよ。
jaの生命保険で、養老生命共済というのがあります。

 

この保険のポイントとして、
満期時に生存している時は、
満期共済金が支払われるのです。

 

万が一の保障はもちろんですが、
何事もなく満期を迎えたらお金がもらえるという「貯蓄」もできるタイプ。

 

掛け捨てタイプじゃないってことですね。
人間、人生において何が起こるかわかりません。
どうしてもお金がいる、でもお金がない、
どうしよう??という時に、掛け捨てじゃない保険に入っていると、
解約した時にお金が多少なりとも戻ってくるんです。

 

普段は存在感はまったくないけど、「貯蓄」ということになりますよね。
この養老生命保険、中途給付特則付というプラン?もあります。
保障はもちろんありつつ、3年ごととか5年ごとに「中途給付金」がもらえるんです。

 

私は先のことまであまり考えられないので、
こういう「●年ごとに御褒美」的な臨時収入が入るのは嬉しいですね。

 

もちろん「保険なんて掛け捨てで十分だ」という考えの人もいるかと思います。

 

でも、何かの時にお金がなくて頭を抱えて、
不安な気持ちで一杯になった時に「はっ!!そうだ!あれがあった!」と、一筋の光に見えますよ。

 

保険は安心を買うという意味で、何かしら入っておいてほしいと思います。

 

子供の頃とか、若い頃って「生命保険」ってあまり良いイメージはなかったんです。
ただ漠然と・・ですが。

 

でも、結婚して、子供が生まれて、やっと生命保険の本当の意味が、
必要性が理解できました。子供が生まれて「守るべきもの」ができた時、
「万が一」を考えるとやっぱり不安になるんですよね。

 

JAの建物更正共済では、
前述のように火災保険、
地震保険、災害保険、これらによるケガなどの医療保障など、
一般的な各種保険がこれ1つで受けられるのが魅力ですが、
さらに賠償責任共済をセットする事で、
日常生活の賠償事故にも対応できるようになりますので、
安心感が違います。

 

保険の商品のなかには
有配当保険とよばれるものがあります。
これは保険会社に剰余金が生じた時、
そのお金を契約者に還元するというものです。

 

本来保険料は、ある程度の予測に基づいて決定されます。
予定していた死亡率が、実際の死亡率より大きかった場合や
運用した収益が見込まれていた収益より多くなった場合、
保険事業を運営していくのに必要な経費が実際予定していた金額より少なかった場合があります。

 

これらに起因した余剰金は平等に契約者に還元されることになるのです。
またこれらの余剰金を受け取らない変わりに保険料を低くおさえる無配当保険もあります。

 

有配当保険のなかでも運用した資産が予定していた利率より大きな場合に発生した
余剰金を配当されるタイプの保険のことを利差配当付保険とよびます。

農協の知識関連エントリー

JA・農協・JAバンク・JA共済とは
JA・農協・JAバンク・JA共済とは
農協について
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。
JAとは
JAとは
JAの特色
JAの特色
農協の人気は
農協の人気は
JA共済とは
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。
JAについての話
JAについての話
JAバンクについて
JAバンクについて
農協について2
農協について2
JAの特色2
JAの特色2