農協について

農協について

農協・JAの信用事業は、
貯金、融資、為替、国債窓販など
いわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っております。

 

個別の農協(単位農協)には、
地域の農業者が集まった
(出資)総合農協のほか、
同じ生産物の農家だけが
集まった専門農協
(例:園芸農協)もある。

 

開拓農家のうち現に営農が不振であり、
今後も営農の振興を期し難いと
認められるもので、各種負債の償還が
困難なものに対しては、昭和40年から
関係金融機関等の協力を得て、
おおむね別紙記載の要領による
負債対策を実施しているところであるが、
その一環として末端の開拓農業協同組合が
貸付金利息の減免措置を講じ、
これに対応して上位の転貸機関
(開拓農業協同組合連合会)または
金融機関(信用農業協同組合連合会
または農林中央金庫)が下位の
転貸機関に対しそれぞれ同様の
措置を講じた場合には、これら一連の
措置によって減免された既経過利息の

部分の額は、法人税法の所得の金額の
計算上損金の額に算入され、また、
減免された未経過利息の部分の
額は受取利息から除外して取り扱われる
べきものと思料するが、貴庁の
見解をお伺いする。

 

2005年2月現在、887の総合農協に
約515万人の正組合員がいる。

 

また、全く出資をしていなくとも一定の
事業(信用事業の一部・共済事業・
Aコープ店など)は組合員外利用として、
正組合員利用の20%以内で誰でも利用することが出来る。

 

なお、解散の議決には県の認可が
必要で、認可を受けたときに
解散します。
また、解散の登記が必要です。

 

信用事業は、
貯金、融資、為替、国債窓販など
いわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っております。
この信用事業は、
JA・県信連・農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、
JA系統金融機関(JAバンク)として大きな力を発揮しております。

 

JA系統金融は、
独自の信用事業相互援助制度や、
貯金保険機構を通じ、
貯金者のみなさまにご迷惑を最大限回避する仕組みが整っていますので、
安心してご利用いただけます。

 

この農協・JAの信用事業は、
JA・県信連・農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、
「JAバンク」として大きな力を発揮しております。

 

また、JA系統金融は、
独自の信用事業相互援助制度や、
貯金保険機構を通じ、
貯金者の皆様のご迷惑を最大限回避する仕組みが整っておりますので、
安心してご利用いただけます。

 

農協・JAの貯金業務
組合員はもちろん、
地域の皆様や事業主の皆様から貯金をお預かりしております。
総合口座・普通貯金・当座貯金・定期貯金・定期積金などの各種貯金を、
目的・期間・金額に合わせてご利用頂いております。
また、公共料金、都道府県税、市町村税、各種料金のお支払、年金のお受取、給与振込み等もご利用頂けます。

 

農協とは既に農業共同組合ではなく、
金融、スーパーなどの小売店で農家を
囲い込んだ「田舎の独占企業」なのです。

 

開拓農業協同組合が「営農の振興を
期し難い開拓農家に対する負債対策
実施要領」に基づきその対象となった
開拓農家に対して利息の減免措置を
講じた場合には、その減免措置に伴い
上位の転貸機関または金融機関から
減免を受けるべき利息相当額のうちすでに
支払利息等として損金の額に算入された
部分に相当する金額は、その減免措置を
講じた日の属する事業年度の益金の
額に算入する。

 

株式会社の農業参入など防止し、
農業保護によって日本の農業の競争力を
奪ってきた元凶です。
その共犯が今度のコメの不正取引を
非難しているフリをしている農水省です。

 

なお、農業者でなくても、
准組合員として加入(出資)することで
全ての事業が利用可能である。准組合員に
なれるのは基本的に、各農協の管轄する
地区に居住している人に限る。

 

ただし、地区外でも勤務地が地区内にあるか、
継続して事業を利用することで
准組合員になることができる。

 

農事組合法人は、農業者の協同組織であり、
農業協同組合法に基づき設立された簡易な法人です。

 

共済事業は、
生命保険・損害保険兼営の協同組合保険であり、
組合員や地域のみなさまを不慮の災害から守り、
その家族の暮らしを守ることを最大の目的とし、
生命・建物・火災・自動車共済など割安の掛金で大きな保障をしております。

 

農協・JAの貸出業務
農業専門金融機関として、
農業の振興を図るための農業関連資金はもとより、
組合員の皆様の生活を豊かにするための生活改善資金等を融資しております。
また、地域金融機関の役割として、
地域住民の皆様の暮らしに必要な資金や、
地方公共団体、農業関連産業・地元企業等、農業以外の事業へも必要な資金を貸し出し、
農業の振興はもとより、
地域社会の発展の為に貢献しています。
さらに、日本政策金融公庫をはじめとする
政府系金融機関等の代理貸付、個人向けローンも取扱っております。

 

開拓農業協同組合連合会または
信用農業協同組合連合会が下位の
転貸機関に対して利息の減免措置を
講じた場合も同様とする。

 

福島県では、このような状況を踏まえ、
関係者の協力を得て専門農協の
実態調査を行い、解散命令の
発出も念頭に置きながら、
休眠農協の整理に取り組んでいます。

 

逆に言うと、多くの農家が集まることで
大量の農作物を安定して市場に
供給することができ、農協はその売上で
また農家から農作物を買い
上げることができたのです。

 

清算人は、農協の財産の状況を
調査してその処分方法を定め、
総会の承認を受けた後に財産の
処分を行うことになります。

 

また、専門農協とJA農協は対立する必要はなく、
専門農協の組合員はJA農協の既存施設を
利用すればよい。

 

農協に加盟し、族議員に投票する限り、
天からお金がじゃぶじゃぶ振ってくる。

 

しかも農家カンバンをかけているだけの
第三種兼業農家ですら、
その恩恵にあずかれるわけです。

 

JA農協は不採算部門を切り捨て、
信用・共済事業に特化した方が有利であり、
農業関連事業は専門農協によって実施される。

 

この法律は、開拓者の農業経営に
必要な資金の融通を円滑にするため、
開拓者の団体と政府又は都道府県との
共同の出資によつて設立される
開拓融資保証協会が会員の金融機関に
対する債務を保証する制度を確立し、
もつて開拓地における農業生産力の
発展と農業経営の確立を促進する
ことを目的とする。

 

組合員農家の生産した、
農畜産物の有利販売に努めております。
農業に必要な肥料・農薬・飼料などの
生産資材と生活に必要な主食をはじめとする
生活物資を品質、価格、安全性を考慮し、
組合員・地域のみなさまに提供しております。

 

当日の記者会見で宮内議長は、
農業・農協分野についての質問に答えて、
「本年度は合意できる部分が非常に少なかったが、
来年度も引き続き取り上げ、
何年かかけて前へ進む」こと、
そのさい「問題意識」とされた内容の
協議を継続することを認める発言をしています。

 

 しかもこの第二次答申の背景に、全農が
農水省からの業務改善命令に応えて、
「五年間で関連全職員の二割にあたる五千人を削減し
、それを含めて担い手農家へ二百四十億円の
還元を行う」と約束し、大規模な人減らし
合理化計画を明らかにしたことも
見落とすことができません。

 

事業は、農業に係る共同利用施設の
設置、農作業の共同化に関する事業、
農業の経営、その附帯する事業に限られています。
平成22年3月31日現在、
県内に221法人があります。

 

農協・JAの為替業務
全国のJA・県信連・農林中金の
約12,500に及ぶ店舗をはじめ、
全国の銀行や信用金庫などの各店舗と為替網で結び、
当JAの窓口を通して全国のどこの金融機関へも
振込みや手形・小切手等の取立てが
安全・確実・迅速にできる国内為替をお取扱い致しております。

 

誰だってまともに働く気は起きないでしょう。
 安易な補助金ばらまきはこれまた
農業のコストアップになり、
国家財政の負担を増やしてきました。
その金は主として企業や都市部の人間の税金です。

 

 

今日、ほとんどのJAでホームページなどで募集を行っているため、
それを見て申し込むのが一般的です。
一部大きなJAについては、
よい職員を集めるため、
民間の合同採用説明会などに参加しています。

 

衰退した農業の再生を図り、
食料供給を向上させるため非効率な
零細兼業農家を温存するのではなく、
食料供給の担い手として企業的農家を
育てる必要がある。

 

この法律で「開拓農業協同組合」とは、
開拓者を主たる構成員とする
農業協同組合(北海道にあつては、
開拓者を構成員の全部又は一部とする
農業協同組合)であつて政令で定める
ところにより都道府県知事が指定した
ものをいい、「都道府県開拓農業協同
組合連合会」とは、都道府県の区域を
こえない区域を地区とする農業協同組合
連合会であつて開拓農業協同組合を
主たる構成員とするものをいい、
「全国開拓農業協同組合連合会」とは、
全国を地区とする農業協同組合連合会で
あつて都道府県開拓農業協同組合連合会を
主たる構成員とするものをいう。

 

全国で組織化され、ピラミッド型の
組織となった農協は完全は「独占企業」となり、
肥料や農薬、農耕機具などは、農協を
通さないと供給者であるメーカーや商社も、
顧客である農家も取引ができなくなり、
価格は農協の意のままにつり上げられました。
新しい農業技術を普及させる農業指導員の
数も減り続けてきました。

 

まさに「農協解体」攻撃は、“廃案”ではなく、
“継続審議”にされたということです。

 

そのため、コメ主業農家による
専門農協設立支援を提案している。
この専門農協に財政資金を集中的に
投下するとともに生産調整を廃止して
米価を下げ、兼業農家が主業農家に
農地を貸し出すように支援すれば
農業改革は進む。

 

そのときこそ「真の農業者のための農政が
実現するだろう」と主張している。

 

株式会社農協観光(のうきょうかんこう)は
日本の大手旅行代理店の一つ。
「N Tour」(エヌ・ツアー)のブランド名で知られる。

 

日本においては長らく農協と農家は
切っても切れない密接な関係にありました。
お米をはじめ作った農作物を農協が
きちんと買い上げてくれるため組合員で
ある農家は安心して農業に精を
出すことができました。

 

政府の行政刷新会議規制・
制度改革分科会は21日の
作業部会で、農業協同組合から
信用(金融)、共済(保険)両事業を
将来的に分離し、農業関連事業に
専念するよう求める検討案を公表した。

 

全農( 全国農業協同組合連合会)は
コメの架空取引、横流などで国の
補助金約1200万円を不正に
受け取っていたという、
悪質な所行がバレた。

 

ただ独自で採用説明会等を開催せず、
連合会主導で県内単協合同説明会及び
採用試験をしてもらっている程度の単協も多く、
そういうJAはホームページに
何も書いてないため、
気になるのであれば電話で確認しましょう。

 

県による解散命令
県は、次の場合に農協に
対して解散を命ずることができます。
解散命令を受けた農協は、
その時点で解散します。

 

地方保証協会がその定款及び業務方法書
の定めるところに従つて前条第一号の
保証をしたときは、その時に、その
保証により地方保証協会が負担した
債務について、中央保証協会が、
その定款及び業務方法書の定める
ところに従つて前項第一号の保証を
したものとみなす。

 

それに農業の衰退は何もJA農協による
兼業農家擁護だけに原因がある訳ではなく、
戦後の著しい経済成長のなかで農業を
選挙基盤とした自民党政治の農業政策に
あったことが忘れられている。

 

 

@ 農協が法律の規定に基づいて
行うことができる事業以外の
事業をおこなったとき
A 農協が、正当な理由がないのに、
その成立の日から1年を経過しても
なおその事業を開始しないとき
B 農協が、正当な理由がないのに、
1年以上事業を停止したとき
C 農協が法令に違反した場合
において、県が必要な措置をとるべき
命令をしたにもかかわらず、
これに従わないとき

 

筒井康隆の小説「ノーキョー月へ行く」
という小説がその昔ヒットしましたが、
かつて「ノーキョー」といえば
傍若無人な日本人団体旅行の
代名詞の代名詞でした。

 

農協の存在意義とは本来農家の
利益や農業の振興が目的であるはずです。

 

コネがあれば有利といいますが、
大きなJAでも、4大卒、関係ある
専門学校卒であれば普通に就職できるレベルですので、
コネがなかったから落ちるということは無いと思います。

 

農協・JAの国債窓口販売
国債(利付・割引国債)の窓口販売の取り扱いを行っております。

 

来月末にまとめる報告書に盛り込み、
今年度中に閣議を経て政府方針と
することを目指すが、農林水産省や
与党の反発が強く、
調整は難航が予想される。

 

但し、中央保証協会がその保証をすれば、
これによつて、当該地方保証協会に対する
保証の金額が、中央保証協会がその
業務方法書の定めるところに従つて
あらかじめ地方保証協会に通知した
当該地方保証協会に対する保証の
金額の最高限度をこえることとなるときは、
この限りでない。

 

食糧法の制定・改正によって農家が
政府を通さず直接消費者にお米を
販売することができるようになり、
また米価の下落傾向や消費者ニーズの
多様化などを受けて、農協を通さずに
直接販売を行う農家が徐々に増えてきています。

 

日本の農業復興と食糧安保のためには
コメの減反に終止符を打ち、
輸出によって縮小から拡大に
転じるべきだと説いてきた。

 

 

農協・JAのサービス・その他
コンピュータ・オンラインシステムを利用して、
各種自動受取り・各種自動支払いや
事業主の皆様の為の給与振込みサービス、
口座振替サービスなどをお取扱いしております。
また、国債の保護預り、全国のJAで貯金の出し入れや、
銀行・信用金庫・郵便局などでも現金の
お引き出しの出来るキャッシュサービスなど、
色々なサービスに努めております。

 

 

このような中、平成14年には、
農協法が改正され、理事が亡くなっていたり
行方不明である場合にも、
県が解散命令を出すことが
できるようになりました。

 

JA農協が、農業の衰退を防止し、
兼業農家を守るため、営農経済活動を継続し、
農家の営農指導を始め、健康指導等多くの
指導事業を行ってきたことがまるで
評価されていない。

 

確かにJA農協が、米価交渉で大きな力を
発揮してきたことは事実としても、
それで高米価を維持して「農家もJAも脱農・
兼業化で豊かになった」とは言えまい。

 

県では、農業協同組合法に基づいて、
設立、定款変更、合併、解散等の
認可を行うとともに、その運営が法令、
定款、規約等に基づき適正に行われて
いるかどうかを確認するために、
業務報告書など必要な資料の提出を求め、
また、農協に直接出向いて検査を実施し、
財務の健全性や適正な業務執行体制を
確保することにより、組合員及び利用者の
保護が図れるよう指導をしています。

 

農協経営は、農業部門の赤字を
金融・保険部門の黒字が穴埋めする例が多く、
検討案は「預金者などの保護の観点から、
適切でないと指摘した。

 

だが、その改革を阻むのが、
戦後農政を形作ってきた農協と政治の
持たれ合いである。今回は、福田首相の
辞任表明によって政治の大きな節目を
迎えた時期でもあるので、このタブーに
敢えて斬り込みたいと思う。

 

保証協会は、第五条、第十九条又は
附則第五項の規定による出資金、
次条第二項の規定による繰入金及び
保証協会の負担する保証債務の弁済に
充てることを条件として都道府県その他の
団体から交付された金額を、その負担する
保証債務の弁済に充てるための基金として、
左の方法によつて管理しなければならない。

 

全国770の総合農協の経常黒字は
2159億円(2008年度)。
金融は2013億円、
保険は1734億円の黒字となる一方、
営農指導は1136億円の赤字となっている。

 

JAグループ全体で農産物の販売高4兆7115億円、
資材の取り扱い高3兆9956億円、貯金残高74兆4203億円、
共済の総資金40兆9443億円をみれば、
衰退する農業とは対照的にその規模を拡大
しているように思われるかも知れない。

 

JA農協の根拠法である農業協同組合法第1条は
「この法律は、農業者の協同組織の
発達を促進することにより、農業生産力の
増進及び農業者の経済的社会的地位の
向上を図り、もって国民経済の発展に
寄与することを目的とする」 となっており、
農業者(農民または農業を営む法人)の
地位向上を第一に考えている。

 

JA共済は、
JAが行う地域密着型の総合事業の一環として、
組合員・利用者の皆様の生命・傷害・家屋・財産を相互扶助により全て保障しています。
事業実施当初から
生命保障と損害保障の両立を実施しており、
個人の日常生活のうえで必要とされる様々な保障・ニーズにお応えできます。
JA共済では、
生命・建物・自動車などの各種共済による生活総合保障を展開しております。

 

生産調整の強化を謳い続ける
自民党ほどではないにせよ、
結局、票田である農家を束ねる農協が
支持する生産調整を頭から
否定することは民主党にもできない。

 

会社名が示すとおり
JAグループの一員である。
本稿ではJAグループ全体に
おける旅行事業についても記す。

 

農協が組合員の自由な意思によって
設立されるのと同様に、
解散も組合員の自由な意思に
よって行うことができます。

 

総会において解散を議決する場合は、
特別議決(組合員の半数以上が
出席し、3分の2以上の多数決
による方法)による必要があります。

 

解散した農協は、残った財産を
整理する必要があります。
これを清算といいます。

 

保証協会が保証債務の弁済によつて得た
求償権の行使により取得した金額
(その保証債務の弁済のため支払つた
金額をこえる部分を除く。)についても、
また同様とする。

 

 

清算の事務は清算人が行うことに
なりますが、解散前の理事または
総会で特に選んだ人が清算人となります。

 

確かに現在のJA農協の肥大化・多角化には
目を見張るものがある。

 

“減反廃止”の四文字は選挙を
前にした政治家には党派の別
なく文字通りの「禁句」なのである。

 

これに対し、農水省は
「組合員の利便性が著しく低下する」
などとして分離案に反対している。

 

 

清算が終わり、総会の承認を受けた後、
清算結了の登記をしたときに農協は消滅します。

 

内定率は地方JAで地元民Dラン大卒で90%程度ですが、
経営のいいJAだとどこからか人が集まり、
50%を下回ります。

 

今は家が農家でなくても採用してます。
志望動機を説明できれば隣の町から
就職しても採ってくれるかもしれませんが、
JAは給料が安く実家寄生が基本なので、
結婚してそれで生きていけるのか注意が必要です。

 

(農家の脱農・棄農防止については、
農業経営基盤強化促進法27条に基づく
遊休農地の買入、借受協議制度参照)
戦後60年を経て、産業構造が著しく変化し、
コメに限って言えば、兼業農家どころか
多くの主業農家の経営ですら大変であること、
JA農協の存立基盤となっている協同組合運動
のあり方が問い直されようとしていること等々
JA農協を取り巻く環境は厳しい。

 

専門農協(せんもんのうきょう)は、
畜産や園芸など、農業の中でも
一部事業に特化した協同組合。

 

JA(農業協同組合・総合農協)とは
別系統であり、JAグループではない。

 

こちらの農協も同様です。
農家の方々が汗水流して
働いているにも関わらず、
自分たちは冬は暖房、
夏はクーラーがキンキンに
利いた部屋で快適に事務作業を
行っています。

 

それぞれ全国連・県連・単協の
組織系統があるが、近年単協や
県連の総合農協との合併等により、
縦の会員関係は互いにクロスオーバー
している場合も見られる。

 

JA(総合農協)との違いは、
金融部門を持たないことが挙げられる。

 

今こそJA農協の歴史的転換点として捉え、
時代の変化に対応したJA農協改革を真摯に
検討しなければならない。

 

JAの事業が幅広いため、
農業に興味があるとして農学部や生物学部、
信用事業に興味があるとして経営学部、経済学部、
JAによっては福祉だってやっているので福祉学部等々幅広く門戸が開かれています。

 

 

それぞれ全国連・県連・単協の
組織系統があるが、近年単協や
県連の総合農協との合併等により、
縦の会員関係は互いにクロスオーバー
している場合も見られる。

 

又、事務所の掃除には専用の
掃除婦まで雇っていたりも
するんですよね。
『ほんじゃあ、農協に就職しよう!。』と
思ってもコネが無いとまず入れません。

 

また、同第8条は 「組合はその行う事業に
よってその組合及び会員のために最大の
奉仕をすることを目的とし、営利を目的として
行ってはならない」として事業の目的を制限し、
協同組合の理想を求めている。

 

 

営農指導、信用、共済、購買、販売などの
事業を総合的に行っている総合農協と、
酪農、養蚕、養鶏などの特定の業種に
関する事業を行っている専門農協
とに分けられます。

 

小さなJAについては、
ホームページの募集などなく、
推薦・関係者のみの就職となりますが、
わざわざそのような閉ざされたJAを選択する理由もないと思います。

 

2008年度の正組合員は約482万人、
准組合員は約466万人。
職員数は約22万4000人。

 

JAはやっている業務が非常に多彩であるため、
入ったもののまったく想定外の仕事内容だったり、
予想外の部署に配属になる可能性があります。

 

企画旅行ではJAグループと
一体化した商品企画に特徴を持ち、
JAの信用事業(JAバンク・JA共済など)と
連動した団体旅行や、グリーンツーリズムを
実践するための農業体験などを
盛り込んだツアーなどを販売している。

 

JA(農協)には、1995年の第2回
ICA全体総会で採択された
「協同組合原則」があります。

 

組合員にいろんなものを推進できるように
JA職員は広く浅く業務を理解していればいい、
専門的な業務は連合会の仕事だ、
というのがJAの人材育成の方針だからです。

 

農業協同組合=農業の生産技術や
経営の指導、農産物販売に加え、預金の
受け入れや資金貸し出しなどの信用事業や
共済事業などの経済事業を行っている。

 

しかし、苗の栽培・販売と農機具の
レンタリースを導入するとしても
問題が発生する。

 

苗の購入はむしろ農家にとって
割高になることが考えられる。
また、それを維持するための
農協側の人員を増やさないといけない。
結果的に人件費がかかる。

 

 

正組合員が15人未満になったときは、
農協は当然に解散します。
この場合には、速やかに県に
届け出るとともに、解散の
登記をする必要があります。

 

今日のJA農協改革が、もともと経済財政諮問会議など
政府側から取り上げられるようになったことで、
国の農業構造改革がその根っこにあることである。

 

全農のウェブサイトに記載されていますので、
協同組合を理解し、
安心してローンを組むための

 

このたび全国のJA農協で一斉に実施されている
経営改革を成功させることは喫緊の急務である。 

 

農協・JAの販売事業
生産者から消費者へ
新鮮で安全・安心な農畜産物を
お届けする事業を行っています。
生産者が栽培した農産物を市場へ出荷する他、
当JA管内において生産された野菜・お茶等から特に選りすぐったものを
『農協・JAブランド』として認証しております。
また、『地産地消』の取り組みとして
2箇所の直売所で消費者に直接、農家が持ち寄った地元でとれた農産物の提供を行っております。

 

 

清算中の農協も、清算の目的の
範囲内で存続します。清算に期限
はないため、解散しても財産の
整理ができない農協は、
清算組合として存続することになります。

 

つまり、サラリーマンでも、JAに加入し、
相互扶助の理念に基づいた事業
(当然、信用事業や共済事業も含まれます)
の恩恵を受けることができるのです。

 

JAは、農家だけにとどまらない、
地域に密着した協同組合として、
一般の人たちにも高い利便性を与える
存在となっています。

 

農業協同組合(農協・JA)は
農業者の協同組織であり、
農業協同組合法に基づき設立された法人です。

 

県内の農協の状況(平成20事業年度末現在)は
次のとおりです。

 

農協・JA購買事業
農業に必要な肥料・農薬・飼料などの
生産資材と生活に必要な主食をはじめとする
生活物資を品質、価格、安全性を考慮し、
組合員・地域の皆様に提供しております。

 

専門農協の中には、農業をめぐる
時代の移り変わりとともにその
役割を終え、長期間休眠していると
思われるものが多数あります。

 

そのような専門農協は、それ自体が
有名無実化し、違法行為に利用
されるおそれもあるため、解散を
して整理する必要があります
(平成13年には、ある県において、
休眠中の専門農協を利用した違法の
疑いのある行為が行われました)。

 

銀行神話が崩壊した昨今、この相互扶助の
理念が支持されているのか、
准組合員は増加しています。

 

 

政府の行政刷新会議が農協からの
金融や保険の分離を検討する見通しになった。

 

規制・制度改革に関する分科会の
ワーキンググループが21日にも開く会合で確認する。

 

独占禁止法の適用除外など特権のある
農協を農産物の集荷販売など農業事業に
専念させる抜本改革だが、多くの農協は
農業の赤字を金融や保険で補っており
反発は必至。

 

金融が2013億円、
保険が1734億円の黒字を生み、
農業や営農指導といった事業の赤字を補っていた。

 

農協の内定をもらって、
何も知らない人から「安定していいね」とか
言われて何か公的な組織と勘違いして就職する人がいますが、
JAは完全な民間組織です。

 

協同組合とは
JAは農業協同組合の略称ですが、
では、協同組合とは、いったい何でしょう?

 

保険と葬式という副業ばかりに
力を入れている農協は、
少し本来の意味を考え直さないといけない。

 

また、農機具のレンタリースが本格化すると
農機具が売れない
という事態が起きる。

 

出資者と利用者
協同組合は組合員が出資者であり利用者です。
株主が出資し、不特定多数の
利用者がいる株式会社との大きな違いです。

 

農協観光は本社及び全国11箇所の
販売企画センターの下に直営の
支店を置くほか、一部の単位農協が
旅行代理業の資格を持ち、
農協観光の代理店(JA旅行センター)として
企画旅行の募集・受付を行っている。

 

利用者はJAの組合員が中心となるが、
組合員以外でも利用が可能。

 

 

その推進は種類が多く、
特に毎年全員で行う共済推進は重い負担であり、
半公務員どころかどちらかといえば生保のおばちゃんにもっとも近い職業と言えるでしょう。

 

テレビコマーシャルの多さで勘違いする人がいますが、
あれは県連・全国連が放映しているのであって、
単協にそんな金はありません。

 

経済系の部署については
定着率が低いため臨時採用が多く、
そこから正職員になる人も多いです。

 

本課題による研究成果を総括すると、
農協合併の費用削減効果は広域合併の
進展等に伴い最適産出水準に近づいたため、
徐々に弱まっており、広域合併による
スケールメリットの発揮の余地は狭まっている。

 

理念
つまり、協同組合は、相互扶助を
理念としています。弱肉強食の
資本主義の原理を勝ち抜くための
組織である株式会社とは、大きく異なる点です。
従って、協同組合の行う行為は、
独占禁止法の適用除外となっています。

 

肥料と農機具の販売だけで、
残りの作業を農家に任してなんとかなる時代ではない。

 

秋田県の農協はその辺の
空気が読めていないのではないか?

 

閣議決定へのハードルは高い。
信用と呼ばれる金融、共済と呼ばれる保険の事業は、
ともに農協の収益の柱。

 

農林水産省が2008年度末に全国770の
総合農協を調べたところ経常利益は合計2159億円。

 

知名度では地元JA>県連ですが、
給料処遇は県連>>>地元JAです。

 

同一県で単協が県連を処遇で上回ることは、普通ありません。

 

生協含め普通の組合では
県域の連合会は地域の協同組合を調整するため
若干名の組織で、
何も知らない人とかは農協もそのように考えがちですが、
実は農協だけは別で県域・全国域が非常に大きく事業を行っており、
完全にJAを支配というか食いものにしている、
連合会の高い人件費のために単協職員がノルマに追われて必死に推進(自爆)を行っている状態です。

 

目的
株式会社の場合、その目的は利益の
追求ですが、協同組合の場合は、
その事業や施設を出資者が
利用するところに目的があります。

 

農林中央金庫(のうりんちゅうおうきんこ、
英称:The Norinchukin Bank、
略称「農林中金」)は、
1923年に設立された農協の
系統中央機関の役割を持つ
金融機関であり、国内最大規模の
機関投資家である。

 

特殊法人であったが、1986年に
特別民間法人となり、農林中央金庫法を
根拠法とする純粋な民間金融機関となった。

 

農家の農作業をサポートするのが
本来の農協ではないのか?

 

農機具のレンタリースも
積極的に導入した方がいい。

 

個人で購入して整備すると
言うのは大変なことである。

 

信連以外は低学歴でも普通に就職できるため、
迷ったら県連・全国連が基本です。

 

銀行や保険会社は、預金者保護や
不公正な取引を防ぐ観点から、
本業に関係ない業種を直接手がけることを
禁じられているが、農村部における
一般金融機関のサービスがかつて
不十分だったことを背景に、
農協は認められてきた。

 

事実上地域独占の農協に、
農業事業での競争を促す思惑もある。

 

しかし、休眠中の専門農協の多くは、
関係者が不明であるなど実態の
把握が困難であるうえ、理事が
亡くなっているなどのために
解散もできない状態にあります。

 

逆に大変なのが、
なんといっても共済系。

 

経済系、店舗系も、長時間労働の上、
共済の仕組みなんてさっぱりわかりません。
しかも赤字部門で肩身が狭く、
施設が閉鎖されて突然LAなんてことも。
営農指導がいいと書きましたが、
カントリー担当とかその時期は大変です。

 

運営方法

 

これは、組合の理念を反映した特徴といえます。
農協の場合、准組合員には
議決権が認められていません。
これは、農業従事者以外の利益のために
農協の事業活動が支配されないためです。

 

具体的には、農協法に基づいた農協の
事業のうち、経済事業を専門的に
担当する組織のことをいいます。

 

事業範囲
組合員のために最大限の奉仕をする
という事業目的から、協同組合の
事業範囲は根拠法により限定されています。
これは裏を返せば、組合員にとっては、
その事業は必ず自分たちの
生活向上に反映される、ということがいえます。

 

このような結果は直ちに広域合併等の
効果を否定するものではないが、
生産技術水準も90年代に入り低迷を続けており、
今後従来にも増して広域合併に伴う
経営効率の向上や生産技術の進歩が、
農協経営改善のために重要であることを解明した。

 

農業が盛んな農業系JAと都市部の信用系JAと、
何にもなくて共済頼みのJAと、
部門の位置付けが全然違うので、
参考までにしてください。

 

ただ、経営のいいJAのほとんどは、
農地がどんどん宅地化されて、
そのお金をJAが集めて連合会に運用してもらって連合会からの奨励金で潤っているのと、
都市部で比較的自分で運用がしやすいところであって、
農業系が強く経営がいいJAというのは全国少数派です。

 

株を多く持つほど議決権への支配力を
もつ株式会社とは異なり、協同組合の
議決権は、一人一票制となっています。

 

農協以外の協同組合
漁業者、森林所有者、勤労者、
消費者、中小規模の事業者などの
協同組合が組織されています。
それぞれに、根拠法があります。

 

全国農業協同組合連合会(JA農協)と
いうのは、1972年3月に、
全国購買農業協同組合連合会
(全購連)と
全国販売農業協同組合連合会(全販連)が
合併して発足した組織です。

 

ちなみに、県段階では、
「経済農協連合会」といいます。

 

箱わなの設置・狩猟資格者養成などの
有害鳥獣対策、厚生連と提携し、
巡回健康診断や厚生連病院施設での
人間ドック受診助成金交付などの健康づくり。
担い手対策事業として、
水田・茶園の農作業受託事業を実施しております。

 

 

しかし、複数の関係者によると、
有識者が多数を占めるワーキンググループで
のこれまでの議論で、多くの農村で
ほかの金融機関の利用が可能になっているとし、
農協が金融や保険で得た利益を
本来無関係な農業事業の赤字補填(ほてん)に
使っていることを疑問視する声が相次いだ。

 

農協と株式会社は何が違うのですか。
農協と会社とは主に以下の違いがあります。

 

(1)事業範囲に制限がある
農協が行うことができる事業の範囲は
かなり広いものですが、一定の制約があり、
農協法第10条その他法律に列挙された
事業しかできません。

 

また、組合員以外の方の利用は
「員外利用」として一定の範囲しか
認められません。

 

総会での議決権は原則として1人1票である
農協は、農業者である組合員
(いわゆる「正組合員」)であれば
出資額の多少に関係なく1組合員1票と
なっています。

 

JA(農協)は、人々が連帯し、
助け合うことを意味する
「相互扶助(そうごふじょ)」の精神のもとに、
組合員農家の農業経営と生活を守り、
よりよい地域社会を築くことを
目的としてつくられた協同組合です。

 

農協・JAの組合員の皆様、
並びに地域の方々が安心してご利用頂けますよう、
仏式を始めあらゆる宗派のご葬儀を、
病院からのご遺体の搬送並びに手配、
通夜の儀から告別式、初七日まで誠心誠意取り組んでおります。
また、信用事業でご提供致しております
「あじさい定期積金」にご加入頂くと、ご葬儀の際に各種割引を致しております。

 

 

しかし、1986年以降も理事長は歴代
農林水産事務次官の天下りポスト
になっていたり、銀行免許を持つ
金融機関でありながら金融庁ではなく
農林水産省の所管となっているなど、
通常の民間金融機関とは
異なる側面を持っている。

 

 

荒茶や茶ギフトの原材料を受入、
品質管理と衛生管理を徹底し、
より良いお茶を製造いたしております。
茶葉の買い入れから、
仕上げ、袋詰め、販売までを県内中心に行っております。

 

ちなみに、JAとはJapan Agricultural Co-operatives
(日本の農業協同組合)の略で、
新しい農業協同組合(農協)のイメージを
象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

 

さらに総技術変化とスケールメリットを
考慮したTFP変化率を計測したところ、
技術進歩と規模の経済性の双方が
低迷しており、さらに変化率が90年代には
マイナスに転じるなど、TFPは著しく伸び悩んでいる。
JAのホームページの、
「ディスクロージャー」というところに
いろんな経営数値が載っています。

 

配当は原則として出資額ではなく
利用分量を基準として行われる農協に
剰余金が生じた場合は、出資額に応じた
配当は一定程度に制限され、
原則として農協の事業の利用分量 に
応じた配当をすることとされています。

 

 

載ってないところは、
金融機関としてはおかしいところです。

 

 

農協は、信用・共済・購買・販売などの
事業を総合的におこなっている
「総合農協」と、畜産・酪農・園芸・
牧野利用など特定の分野について
限られた事業のみを行っている
「専門農協」に分けられます。

 

米の販売の一部を農協を通さずに
販売したところ、農協からこれまで
利用してきた育苗センターや
ライスセンターの利用は認められないとして、
利用させてもらえなくなった。

 

載っていれば、
その中に自己資本比率というのがあります。

 

これは金融機関の経営の指標であり、
そこがおよそ12−14%未満であれば、
止めといた方がいいでしょう。

 

ただし、組合員以外の方も一定の範囲で事業を
利用することができます。具体的には、
組合員でない方の利用分量は組合員の
事業の利用分量の100分の20
(貯金の受入れ等は100分の25、
医療・老人福祉等は100分の100)を
超えてはならないとされています。

 

農協の組合員ですが、農協から
次のような行為をされました。
このような行為は許されるのでしょうか。

 

農協から種子を購入しようとしたところ、
肥料を併せて購入しなければ
販売できないとして売ってもらえなかった。

 

これに対し、全国農業協同組合中央会は
「農産物の販売や信用(金融)などの事業が
有機的に結びつくことで総合的なサービスを
効率的に実施している」との立場だ。

 

農協改革をめぐっては、菅直人首相が、
環太平洋パートナーシップ(TPP)への参加検討を
きっかけに立ち上げた
「食と農林漁業の再生推進本部」が
検討議題にとりあげようとし、
農水省の抵抗で削除した経緯がある。

 

共済の推進がさらに厳しかったり、
将来吸収合併される可能性もあります。

 

農協の事業を利用したいのですが、
農協の組合員にならないと利用できませんか。
農協の事業は組合員が利用するのが原則です。

 

JA厚生連は各都道県において、
「組合員および地域住民が日々
健やかに生活できるように、
保健・医療・高齢者福祉の事業を
通じて支援を行うことにより、
地域社会の発展に貢献すること」を
使命として、病院・診療所等の
医療施設を設置・運営しています。

 

農協の貯金融資に関して
トラブルとなっています。
どこに相談苦情を訴えたらよいでしょうか。
個別契約、職員の行状等に
つきましては、まずは、各農協に
設置されている苦情相談窓口等に
お知らせください。

 

また、個別の契約に関するものに
ついては、全国でも窓口を設置しており、
こちらでも受け付けております。

 

 

本年度は、これまでの成果を踏まえつつ、
さらに総合的観点から合併の効果を
評価するために、TCIアプローチに
基づく生産性変化の計測し、
80年代から90年代半ばにかけての
都道府県別総合農協を分析対象として
規模の経済性と生産性の向上に
ついて実証分析を試みた。

 

生産性の計測の結果、計測期間中に
各農協に固有の生産性指数を示す
TCIは約30%向上した(第1図)が、
その上昇率は低迷しており、
最近ではほぼ横這い状態であることが
明らかになった。

 

農協の組合員になりたいのですが、
どうしたらいいでしょうか。
農協の組合員になる資格を有する方は、
農業経営者、農業従事者、
農業を営む法人(正組合員)や
農協の事業を利用する方
(准組合員)などであり、具体的には
各農協の定款で定められています。

 

本結果は同期間における農協経営の
不振を生産性の観点から裏打ち
しており、また技術変化率の低迷のみならず、
規模の利益による生産性への
寄与が低下しているとの結果は、
生産性の向上要因としての
広域合併の限界を示した。

 

詳しい人だと、あれ、隣の銀行より自己資本比率が高いぞ、
経営がいいぞと思うかもしれませんが、
それはJAが連合会の下部機関で、
貯金をただ集めて連合会に預けて自らあまり運用できないので、
リスクアセットが低いせいと、
銀行じゃないのでちゃんとした外部監査を受けていないことが原因です。

 

財務のことなんてよくわからないという人も、
最低限自己資本比率くらいはチェックすべきです。

 

次に、不良債権比率というのも要チェックです。
これは貸出金のうちどれだけが不良債権になっているかという比率で、
リスク管理債権という名前で公開されています。

 

信用事業については、
JAバンク相談所
個別の契約に関するもの以外の質問
(制度に関する一般的な質問など)については、
上記農協の指導監督を行う
行政庁へお問合せ願います。

 

行政刷新会議は、ワーキンググループが決めた
議題を年明けから規制・制度改革分科会で検討し、
同会議の方針を決定。

 

農水省との協議も踏まえ年度内の
閣議決定につなげる。

 

組合員になる資格を有する方であれば、
農協に加入することができますので、
加入しようとする農協に対し、
あなたが組合員になる資格に
該当しているかどうかを確認の上、
各農協の加入手続に従って加入してください。

 

これが11%を超えていると、
大規模融資案件が破たんしたとか、
よっぽどずさんな融資をしているとか、
そういうところです。

 

またJAは金融機関なので、
JA名で検索して大きな不祥事が出てくるところも要注意です。

 

総合農協の合併問題については、
計量的手法により農協事業における
規模の経済性が観測され、
合併に経済的合理性が認められるとする
結果が得られている。

 

農協の組合員ですが、
脱退したいと思います。
どうしたらいいでしょうか。
組合員に出資させる
農協の組合員は、農協の承認を得て、
いつでもその持分の全部を譲渡することにより、
農協から脱退することができます
(持分を譲り受ける者は組合員の
資格を有する者でなければなりません。)。

 

なお、組合員の方は上記に加え、
通常総会で事業年度ごとに
作成される貸借対照表、損益計算書、
剰余金処分案又は損失処理案、
注記表並びに事業報告並びにこれらの
附属明細書が提供されます。

 

組合員に出資させない農協の組合員は、
60日前(定款で異なる期日を定めている
場合があります。)までに予告し、
事業年度末に脱退することができます。

 

 

そこで本研究では、費用効率性を
考慮した農協の費用関数を推計し、
より正確な合併の経済分析を行う。

 

小さいJAも将来予期せぬ形で
合併する可能性が高いです。

 

農業協同組合(農協)は、
農業協同組合法に基づき、
農業生産力の増進・農業者の
経済的社会的地位の向上を図り、
国民経済の発展に寄与することを
目的として、農業者自らがその
責任において設立する協同組織です。

 

昨年度までのフロンティア費用関数に
よる分析の結果、農協合併の費用削減効果において、
いわゆる規模の経済性による効果が
一定程度認められるものの、
近年の規模拡大進展の結果や
事業内容構成等の如何によって、
その効果は限定的となる可能性が認められ、
場合によっては現状の合併構想がむしろ
費用増加的であることや、
合併に伴う経営効率性の改善が
考慮すべき重要な要因であることを明らかにした。

 

農協と取引したいと考えているんですが、
どのような財務内容になっているか
知る手段はありますか。
信用事業又は共済事業を行う農協は、
事業年度ごとに、業務及び財産の
状況に関する説明書類
(ディスクロージャー誌)を作成し、
事務所に備え置いており閲覧が
可能となっておりますので、
お取引を希望される農協の
窓口までお越しください。

 

また、農協の業務時間内であれば、
いつでも、理事に対しこれらの書類の
閲覧や交付を請求することが
できることとなっています。

 

また、疾病の予防・早期発見
のための健康診断や健康の
維持・増進のための健康相談
・栄養指導等の保健事業や、
介護老人保健施設等による施設
サービスと訪問看護・デイサービス・
ショートステイ等の在宅サービスの実施など、
介護を必要とする高齢者に
対する高齢者福祉事業を行っています。

 

 

正組合員5千人、
准組合員5千人、
合計1万人というのがJAの平均的な規模ですが、
それは北海道の小さいJAを含めた平均値なので、
その他の地域で縁故でなく就職するのであれば、
その倍の規模は欲しいところです。

 

持分の譲渡を受ける者がないときは、
農協に対し、定款の定めるところにより、
その持分を譲り受けるべきことを
請求することもできます。

 

このため、脱退を希望する場合は、
各農協に申し出て、その手続に従って、
脱退してください。

 

しかし、合併の経済性を正確に評価
するためには、それぞれの農協に
固有である費用効率性を考慮に
入れた分析が不可欠であり、
これまでの研究では不十分である。

 

あと、職員が辞める一番の原因の共済の一斉推進を止めてしまい、
恒常推進にしぼっているJAが全国に出てきています。

 

じゃあ自分がJAになったらどうなんだとも思いますが、
職員の意見を聞いてくれるいいJAだと思います。

 

経済系の大きな子会社があるところは、
労働が大変で賃金が低い経済部門を分離しているので、
残った部門は比較的就職しやすいです。

 

農協は協同組合なので、組合員に対し
配当があると思うのですが、
どのような配当があるのでしょうか。
農協は、剰余金がある場合、
組合員に配当することができ、
事業分量配当と出資配当の2種類があります。

 

総合農協であるJAとは
別系統である。しかし、一部の専門農協や
それらの県連合会では総合農協との
合併が行われている。

 

最後に、職員数と比べ採用者数が少ないことをもっていいJA、
多いことを持って悪いJAと判断する人がいますが、間違いです。

 

本年度は農協の広域合併等による
規模拡大の効果を定量的に評価する
事を念頭に置きつつ、農協の生産性変化を計測し、
規模の経済性がどの程度これに
影響を与えたかを明らかにし、
総合的な農協合併の経済分析を試みた。

 

なお生産性変化の計測にあたっては、
航空産業や銀行業などで計測例のある
TCI(Firm- Specific Indexes of Technical Change)
アプローチによる分析手法を採用した。

 

JAは職員が大勢辞めた時はハローワークで募集しますし、
定年退職者が多い年もあればほんの数人の年もあって、
同じ単協でも今年と前年と採用数に開きがあります。

 

逆に経済子会社で働いている人は、
脅されて子会社に移らされて大変だと思いますが。

 

専門農協は、協同組合の一種で畜産や
園芸など、農業の中でも一部事業に特化した
農業協同組合のこと。

 

事業分量配当とは、組合員の事業の
利用分量の割合に応じて行います。
具体的な配分方法は、各農協ごとに定められています。
また、出資配当は、剰余金のうち、
年7%以内で出資の額に応じて行います。

 

TCIアプローチのメリットはノンパラメトリックに
計算できる全要素生産性(TFP)変化率が
生産関数の規模に関する収穫一定の
制約を課していることと、タイムトレンドによる
計測が生産性変化をトレンドのみで表現
しているという問題を克服できる点、
そして生産性の時系列的変化だけではなく、
各企業(農協)間における生産性変化の
違いを考慮している点などが挙げられる。

 

 

どちらにしろ職員数だけ見て、
JAは地方ではこんなに大きいんだ、
安定しているんだ、
テレビコマーシャルだってやってるなんて勘違いして就職すると、
たいへんな目にあいます。

農協について関連エントリー

JA・農協・JAバンク・JA共済とは
JA・農協・JAバンク・JA共済とは
JAとは
JAとは
JAの特色
JAの特色
農協の人気は
農協の人気は
JA共済とは
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。
農協の知識
農協の知識
JAについての話
JAについての話
JAバンクについて
JAバンクについて
農協について2
農協について2
JAの特色2
JAの特色2