JA・農協・JAバンク・JA共済とは

JAについて

全国農業協同組合中央会が組織する農協グループ(総合農協)を、
JA(ジェイエイ、Japan Agricultural Cooperativesの略)と呼ぶ。

 

JAの組織
JAの組織は複雑です。

 

まず、地域に単協というのがあります。
いわゆる、JA○○(地域名)
というやつです。

 

これは、総合事業を行っている
農協だけが該当して、販売等の
単一事業を行っているいわゆる
専門農協はJAとは呼びません。

 

地域によってはJA出資の病院があり、
これを統括する厚生連、またJAの
監査などを行う中央会というのもあります。

 

JA県中央会の江原正視会長や
JA全農県本部の野口一栄本部長らが28日、
県庁を訪れ、
県産ブランド米「彩のかがやき」の
県の支援に感謝するとともに、
上田清司知事に現状報告した。

 

 

JA・農協・JAバンクは、農業の指導や流通支援、金融活動など、
多岐にわたる活動を行う。

 

また、JA・農協・JAバンクの規模、組織力は、
世界の農協の中でも、
有数で特異なものとなっている。

 

JA・農協・JAバンクの加入者は、
大半が零細の米作農家である。
そのため、JA・農協・JAバンクは米を中心に活動を行っている。

 

 

農林水産省は、
最初はJA・農協・JAバンクの存在が本来の農業協同組合のものではないとして否定的であったが、
次第に農業政策の下部組織として使うようになる。

 

彩のかがやきは、
今年の出穂期の8月中旬から下旬にかけて気温の高い日が続いたため、
稲の生育障害が発生。
米が白く濁る「白未熟粒」が多くなり、
品質検査で等級の付かない「規格外」が多発した。

 

次に県のJAがあります。
JAは総合事業を行っていますが、
その信用事業を統括するのが信連、
経済事業を統括するのが
経済連、共済事業を統括するのが
共済連です。

 

江原会長は上田知事のトップセールスにより、
支援の輪が広がったことを強調。
江原会長は「県がいち早く対策を講じ、
知事自らスーパーの店頭に立って
品質のPRをしてもらって効果があった。
県議会や各政党、
あらゆる団体に購入していただいた」と感謝した。

 

 

このため、JA・農協・JAバンクというのは、
自発的な会員組織としての性格は薄く、
政府を頂点とする上意下達のための組織と見る向きもある。

 

この目的のために、JAは
営農や生活の指導をするほか、
生産資材・生活物資の共同購入や
農産物の共同販売、貯金の受け入れ・
農業生産資金や生活資金の貸付、
農業生産や生活に必要な共同利用
施設の設置、あるいは万一の場合に
備える共済などの事業や活動を行っています。

 

 

一部大きなJAについては、よい職員を
集めるため、民間の合同採用説明会など
に参加しています。

 

農林水産省の出先機関として活動するJA・農協・JAバンクには、
いくつかの特権が与えられた。

 

例えば、通常の金融機関は兼業が厳しく制限されているのに対し、
JA・農協・JAバンクは幅広い業務を行える。
また、JA・農協・JAバンクは組織率が非常に強力だったため、
ほとんどの農家はJA・農協・JAバンクの会員になっており、
地方において強力な票田となっていた。

 

なお、これらJAおよび全国組織・県組織を
総括したものがJAグループと呼ばれ、
福岡県ではJAグループ福岡と
呼んでいます。

 

組合員がJAの主人公で、JAのために
県連や全国連があるというのがたてまえですが、
現実は単協いわゆるJAは、肥大した
全国連・県連の人件費をかせぐために、
言われるままひたすら推進を行う、
保険代理店・車販売の営業店みたいな
組織となっています。

 

この票田としての力を背景に、J
A・農協・JAバンクは政治活動を行うことになる。

 

JA(農協)への就職
今日、ほとんどのJAでホームページ
などで募集を行っているため、それを
見て申し込むのが一般的です。

 

ただ独自で採用説明会等を開催せず、
連合会主導で県内単協合同説明会及び
採用試験をしてもらっている程度の単協も
多く、そういうJAはホームページに何も
書いてないため、気になるのであれば
電話で確認しましょう。

 

平成19年4月1日現在、全国には813の
JA(うち福岡県では25のJA)があり、
それぞれ独立した組織として
事業を展開しています。

 

住専問題のときには政治力が行使できたが、
JA・農協・JAバンクに票田としての
力がなくなってきたため、政治力が行使
しづらくなっているという背景がある)。

 

日本の農業協同組合は、
農業・農政への影響度という点で無視できない規模と組織性を持っているため、
農政研究者の重要な研究対象となっている。

 

働き口等の関係から、JA・農協・JAバンクの活動を支持・肯定する研究者が多いという指摘があるようだが、
この指摘は実証されているわけではない。

 

JA全農県本部によると、
12月20日現在で県やJAグループが約500dを購入。
民間企業の社員食堂などの使用契約は約30dで、
スーパーなどの取り扱い
見込み数量は約7100dになるという。
上田知事は「規格外でも米自体はものすごくおいしい。
またキャンペーンをするなら、
頑張ります」と協力を惜しまない。

 

「安心だから選ばれてます」
より安心できる金融機関として
信頼を得るため、JAバンクは
「JAバンク・セフティーネット」を
構築しています。

 

最後に全国のJAがあります。
信連の親玉が農林中金、
共済連の親玉が全国共済連、
経済連の親玉が全農、あと全厚連、
全国中央会というのもあります。

 

農業は前述の通り総合事業をおこなっており、
今日信用事業と共済事業がJAの
メイン事業であり、農業に
かかわればかかわるほど赤字になるため、
JAは食の担い手、農の代表と
いうのはあくまでたてまえです。

 

一部県によっては、県域のJAが全国連と
統合していますが、県にはしっかり
組織が残っています。

 

JAとは、相互扶助の精神のもとに
組合員の営農と生活を守り高め、
よりよい社会を築くことを目的
としてつくられた協同組合です。

 

同日現在、
2010年度産の県産米の集荷実績は
約2万36d。
このうち彩のかがやきは約1万640dを占めている。
規格外米比率は
10月中旬までは約94%だったものの、
県北部地域の米生産農家から入庫されるようになってからは、
72・5%に減っているという。
江原会長は「来年以降、県産ブランド米の生産者が
減ることのないように、
県と対策を講じていくことが大切」と話した。

 

国の公的制度と独自の支援体
制で組合員・利用者の
皆さまに「安心」をお届けしています。
ただし、金融自由化などがきっかけとなり、
農水省は次第にJA・農協・JAバンクと距離を
取ろうとする態度に転じていった
(金融自由化で次第にJA・農協・
JAバンクの特権が無くなる中で、
不良債権問題等が出たときの
責任を取らされる恐れがあるため。

 

JA・農協・JAバンクは農業協同組合法によって定められており、
農業生産力の増進と農業者の経済的・社会的地位
の向上を図るための協同組織とされている。

 

しかも正組合と言っても、
実際に農業に従事しているのはせいぜい
年間15日程度の兼業農家で、本来組合員資格など
持っていない人が、総代や理事になっている、
完全違法状態なのが一般的です。

 

また、組合員も実際は年金や
兼業が収入のメインであり、農業を
していると安い税金で土地を保有
できるため、値上がりまたは転用で
高値で売れるのを待ちながら
農業をやっているだけで、
それで生計を立てる人はわずかです。

 

コネがあれば有利といいますが、
大きなJAでも、4大卒、関係ある専門学校卒
であれば普通に就職できるレベルですので、
コネがなかったから落ちるということは無いと思います。

 

原則はそれぞれの機関
(農業協同組合は個別の組合ごと)で
独立採算制となっているが、
貯金事業については「JAバンクシステム」と
呼ばれる事業の一体化・相互支援を
行うことでJAバンクブランドによる
一体化した取扱(基本的に信連単位で
共通の扱い、ATMサービスなどは
全国で共通の取扱)が行われており、
JAバンク全体で民間最大級の
金融機関と見なす事ができる。

 

今は家が農家でなくても採用してます。
志望動機を説明できれば隣の町から就職しても
採ってくれるかもしれませんが、
JAは給料が安く実家寄生が基本なので、
結婚してそれで生きていけるのか
注意が必要です。

 

JAはもともと政策的な組織であり、
ちょっと前までは全国に今の数倍の数の
小さい経営力の弱いJAが乱立し、
それを自由に経営させると破綻したときに
問題となるため、連合会がJAを実質運営指導し、
JAは自主経営を建て前としつつ、
実際は推進を行うだけの組織として位置付けられ、
何十年もの間さまざまな方針は
JA指導の組織である県連や全国連に
決めていただいて生き残ってきましたので、
もう今となってはそこから
抜け出しようがありません。

 

JA・農協・JAバンクの組合員は、
正組合員と准組合員とに分かれる。
JA・農協・JAバンクの正組合員資格は、
農業を自ら営む、農業者に限られ、
組合員が一人一票の平等の議決権を持つことや
役員や総代になる権利及び正組合員の5分の1以上の同意を得て臨時に総代会を開くよう請求することができるほか
組合員全員に組合の事業を利用する権利が生まれる。

 

銀行における預金に相当する
JA貯金・農協貯金を中心に、
資産運用や各種ローン
(住宅ローン・マイカーローン・消費者金融など)、
JAカードの受付等を取り扱う。J

 

Aの金融事業であることから
担い手支援などの農家向け
融資メニューが充実しているのが特徴。

 

これに対して、農家でない人でも、
JA・農協・JAバンクに加入手続きをして承諾され、
出資金の払込みをすることで准組合員となり、
JA・農協・JAバンクのいろいろな事業を利用することができる。
ただし、JA・農協・JAバンクでの選挙権などはない。

 

内定率は地方JAで地元民Dラン大卒で90%程度ですが、
経営のいいJAだとどこからか人が集まり、
50%を下回ります。

 

JA・農協・JAバンクの組合員が資格を満たしているかのチェックはほとんど行われていない。
その結果、2000年代には、
本来であれば資格を持たないはずの組合員が、100万はいるという。

 

JAは、
組合員の参加と結集を基本に事業活動を行う組織です。
農業協同組合法にもとづき、
農業生産に必要な資材を共同で購入したり、
農産物を共同で販売します。

 

また、日常的な生活物資の提供や貯金・貸出などの信用事業、
生命・建物・自動車などの共済事業等、
幅広い事業を展開しています。

 

JAは組合員のための組織といいますが、
そもそも組合員で本当に真剣に
農業をやっている人はいないか、
いても少数派、北海道などを除くと
せいぜい1−5%程度です。

 

この場合は一般のJA店舗内
外設置のATMと同様の
稼動時間帯となり、深夜には
使用できない。

 

設置されているのがJAバンクATMであることから、
銀行のコンビニATM利用手数料優遇
サービスがほとんど受けられない、
クレジットカードの融資サービスも
銀行系カードでの一括返済の
キャッシングに限られ、
コンビニのハウスカードによる
キャッシングができない、
またネット銀行のキャッシュカードや
証券カードや生保カード等
による取引もできないなど、
一般的なコンビニATMに
比べて多くの制約がある。

 

JAの事業が幅広いため、農業に興味があるとして
農学部や生物学部、信用事業に興味が
あるとして経営学部、経済学部、JA
によっては福祉だってやっているので
福祉学部等々幅広く門戸が開かれています。

 

今日合併して規模は大きくなりましたが、
それも全国連が指示を出し、
県連が具体的な計画を作り、
合併すると奨励金も増えるし、
今の役員の皆さんはより偉い
地位になれるよとかそそのか
されて合併したのであって、
田舎では組織が大きく職員が多い
から立派な組織だとか考えてはだめで、
単協は所詮
単協です。

 

このような単位JA(総合JA)の事業を、
より効率的に行うため、
都道府県段階での連合会・中央会があり、
全国段階での全国連があります。

 

単位JA─JA都道府県連合会・JA中央会─JA全国連の3段階の
組織全体をJAグループと呼んでいます。

 

経済事業においては、
連合会の組織整備により、
都道府県のJA連合会と
JA全農との統合がすすめられ、
現在では全国に35の都府県本部があります。

 

JA信連はJAの余裕金を貯金の
形で預かり、それを原資にして
資金を必要とするJA経済連などの
JAグループ、その他政令などで
認められている貸出を行います。

 

また、JA信連は政策公庫資金
などの受託機関として、資金の
貸出を行っています。

 

JAと農業振興
JAは農業振興のための組織だと
勘違いしている人がいますが、
違います。

 

JAの方針を決めるのは連合会で、
JAはその高い賦課金と
手数料を稼ぐための組織です。

 

そういう人はJAとは距離をおいて
独自に農業をしなければ
食べていけません。

 

小さなJAについては、ホームページの
募集などなく、推薦・関係者のみの
就職となりますが、わざわざそのような
閉ざされたJAを選択する理由
もないと思います。

 

 

JA・農協・JAバンクの事業内容だが、
事業内容は多岐にわたるが、
主要事業(いわゆる「農協3事業」)として次の3つが挙げられる。

 

経済事業
JA・農協・JAバンクの組合員の生産物(農産物)の販売(販売事業)
ファーマーズ・マーケット(農産物直売所)の運営
農業の生産に必要な肥料、農薬、農業機械や生活に必要な食品などの供給(購買事業)
ガソリンスタンド(JA-SS)・プロパンガス供給元(クミアイプロパン)の運営
生活協同組合としての側面をもつスーパーマーケット(Aコープ)の運営

 

今日そのような扱いに不満を覚える
人も多いですが、やはり単協では
連合会の力には対抗できず、また
今でも政治的体制的に県連全国連のための
下部組織と位置づけられており、
さらに県連全国連から奨励金を
いただかないと組織が成り立たないので、
昔ながらそのいいなりに推進活動に励み、
高い賦課金を払っているというのが
単協の現実です。

 

JAはやっている業務が非常に
多彩であるため、入ったもののまったく
想定外の仕事内容だったり、予想外の
部署に配属になる可能性があります。

 

貯金が貸出を上回った余裕金は、
有価証券や農林中金への預け金
として運用されますが、多くは
農林中金に向けられます。

 

信用事業(通称・JAバンク。
旧称・農協貯金→JA貯金)
営農指導
貯金、貸付、証券業の取り扱い
(このため農協は小切手法においては
銀行と同視されている)

 

共済事業(通称・JA共済。旧称・農協の共済)
組合内における共済(生命保険と
損害保険に相当、終身共済、医療共済、
年金共済、建物更生共済・自動車共済・
自賠責共済など)の加入とりまとめ

 

余裕金
JAでは組合員等から集めた貯金、
出資金を用いて組合員等への
貸出や自己の事業を行うが、
これらに用いられなかった資金を
余裕金と呼んでいる。

 

余裕金はJA信連、農林中金への
預け金や有価証券等で
運用される。

 

大部分のJA・農協・JAバンクでは担当部署に関係なく、
全職員が事業の推進(営業活動のこと)を
行っている(特に農協3事業)。
そのほか、JA・農協・JAバンクの組合員向けの
冠婚葬祭(主に葬儀(JA葬祭))事業、
高齢者福祉事業、観光・旅行事業(農協観光)、
市民農園、郵便窓口業務の受託(簡易郵便局)などが行われ、
「JA・農協・JAバンクで扱っていない事業が
あるならば、風俗業とパチンコぐらい」と
言われるほど多岐に亘る。

 

また、農協婦人会等による生活改善運動は農
村の食生活や生活の工夫など
教育の場として発展して来た。

 

事業内容が多岐に亘ることで「農協簿記」と
いう特殊な簿記も用いられる。

 

他業務をカバーする勘定科目を使い、
なおかつ購買や販売等については
独自の勘定科目名称を用いる。

 

JAグループは農産物の販売や
資材の供給をはじめ、指導事業、
信用事業、共済事業、厚生事業など地域に
密着したさまざまな事業を展開しており、
全国約1,000のAコープ店や4,000近い
ガソリンスタンド、レストランから医療施設、
博物館などの文化施設まで多種多様な
分野に意欲的に取り組んでいます。

 

組合員にいろんなものを推進できるように
JA職員は広く浅く業務を理解していればいい、
専門的な業務は連合会の仕事だ、
というのがJAの人材育成の方針だからです。
大半のJAは、事業量の落ち込みを
人件費の削減で対応してなんとか
黒字を保っていますが、一部深刻な
赤字JAが存在します。

 

地域的には、東海関東近畿の都市部JAが
信用事業で大きな黒字を上げている一方、
地方は様々です。

 

「JAバンクシステム」 は、JAバンクの
信頼性を確保する
「破綻未然防止システム」と、
スケールメリットときめ細かい
顧客接点を活かした金融サービス提供の
充実・強化を目指す「一体的事業推進」の
2つを柱としています。

 

東京都御蔵島村の御蔵島農協のように、
地域農協だが、信用事業を行っていないところもまれにある。

 

貯金保険制度
破綻未然防止システム
貯金者保護のための国の
公的な制度であり、JA・信連・農林中央金庫
などの加入が義務づけられています。

 

また、宮城県の農民の家農協は
農民運動活動家が組織した組合で、
利用事業として温泉のみを
経営する特殊な組合である。

 

JAの事業
幅広い事業をやっていることが、
総合農協=JAの特徴です。

 

信用事業=ローンや貯金業務を扱っています。
経済事業=生産購買事業として、
組合員にトラクターや肥料や農薬などの
販売を行います。

 

「一人は万人のために、万人は一人のために」と
いう精神のもと、農家の営農と生活を
守り、また高めていくことを目的
としています。

 

JAバンクは、JAバンク会員
(JA・信連・農林中金)で構成する
グループの名称であり、組合員・利用者の
皆様に便利で安全な金融機関
としてご利用いただけるよう、
JAバンク 会員総意のもと
「JAバンクシステム」を運営しています。

 

農協
また、生活購買事業として、地域利用者に、
Aコープを運営したり、ガソリンスタンドを経営したり、
プロパンガスを供給したりします。

 

全県1農協を目指しての合併促進が
されているところもあり、沖縄県・奈良県など
はすでに実現した。

 

万一JAが経営破綻して貯金の
払い戻しができなくなった場合、
JAなどから納付された保険料を
原資に、貯金を一定の範囲で保護します。

 

JAバンクでは、ペイオフに対応し、
二重のセーフティーネット
「JAバンク・セーフティーネット」を
構築しています。

 

まず、公的制度である『貯金保険制度』。
そして、「JAバンクシステム」のもと
JAバンク全体で経営の健全性を確保し、
JAが破綻しない独自の仕組み
『破綻未然防止システム』です。

 

貯金保険制度における貯金者保護の
ための仕組みは、預金保険制度
(銀行・信金・信組・労金)と
基本的に同じです。

 

農協の内定をもらって、何も
知らない人から「安定していいね」とか
言われて何か公的な組織と
勘違いして就職する人がいますが、
JAは完全な民間組織です。

 

経済系の部署については定着率が
低いため臨時採用が多く、そこから
正職員になる人も多いです。

 

江戸時代の天保期、農政学者・農村指導者の大原幽学が
下総国香取郡長部村一帯で興した先祖株組合が、
日本における農業協同組合の始まりとされる。

 

行政の基準よりもさらに厳しい
JAバンク独自の自主ルール
基準を設定し、JAバンク全体で
個々のJAの経営状態をチェックします。

 

この新たな仕組みは、
法律(JAバンク法)でも
裏付けられています。

 

この仕組みによって、組合員・利用者の
皆様により一層の「安心」をお届します。

 

現在農協(JA)は組合員約932万人、
約850の総合単位農協をかかえ、
さらにさまざまな事業ごとに、県段階、
全国段階で連合会が組織され、
JAグループを構成しています。

 

JAの経営
JAは金融機関であり、
黒字であることが必要です。

 

都市部の大規模JAについては給料もよく、
待遇も第二地銀や信金に準じているようですが、
大部分のJAでは給料は安く、経営も
信連(中金)・中央会まかせで、
いいとは言えない状況です。

 

一方、近代的意味における農業協同組合の前身は、
明治時代(1900年)に作られた産業組合にさかのぼる。

 

また、全国制度の「JAバンク支援基金」と
県制度の「愛知県JAバンク支援制度」の
二つの制度が互いに連携し、
万一の事態に至ることのないよう、
早期・適切に経営健全性の
向上のために必要な支援を行います。

 

また、貯金の受け入れや融資を行う
信用事業や万一の場合に備える
共済事業などさまざまな事業や
活動を行っています。

 

全農グループは、
JAグループにおける経済活動の担い手として、
経済活動に関するさまざまな情報・技術・物資を効率的に活用するしくみを構築し、
その事業活動を通して、
国民全体に「食料」を供給するという責務を負っています。

 

とりわけ近年では、
市場主義的な事業環境が激化する中、
食を通じて消費者に「安全」「安心」といった
真の生活の豊かさを提供する役割が強まっています。

 

その推進は種類が多く、特に毎年全員で
行う共済推進は重い負担であり、
半公務員どころかどちらかといえば
生保のおばちゃんにもっとも近い
職業と言えるでしょう。

 

テレビコマーシャルの多さで勘違い
する人がいますが、あれは
県連・全国連が放映しているのであって、
単協にそんな金はありません。
全農グループは、
わが国の食料生産・供給に関し大きなシェアを占める組織として、
これからも最大限の努力を続けていきます。

 

 

太平洋戦争中、
生産物を一元的に集約する目的で
「農業会」という統制団体に改組された。

 

戦後の農地改革の一環として、
GHQは欧米型の農業協同組合(行政から独立しており、自主的に組織できる)を作ろうとした。

 

そのため、1948年(昭和23年)、
既存の農業会を改組する形で
農協が発足した。

 

だが、当時の食料行政は深刻な食糧難の中で、
食料を統制・管理する必要があった。

 

共済事業=今日収益の半分か
それ以上は共済事業のものです。

 

このような単位JAの事業を、
より効率的に展開するための組織として
都道府県段階に 連合会・中央会があり、
中央段階にも全国連があります。

 

そしてJAは組合員の収益向上や、
生活改善を目的に組合員の
農業経営・技術指導や生活に
ついてのアドバイスを行うほか、
生産資材や生活に必要な資材の
共同購入を行ったり、農産物を
共同で販売したり、農業生産や
生活に必要な共同利用施設の
設置などを行っています。

 

現在、JA改革にともなう組織整備が行われ、
都道府県のJA連合会とJA全国連の
統合を進めています。統合後には、
都道府県本部が置かれています。

 

LAという恒常的に推進する人がいる一方、
一斉推進として、まったく関係のない業務の
人も全員推進を行います。

 

旅行業務=Nツアーとして、旅行業務も行っているJAが多いです。
販売事業=組合員の作った野菜お米
などを販売します。
経済連に出すほか、
直売所を運営したりします。

 

員外利用
JAは農家でなくとも利用可能です。
事業量の五分の一までは、まったく関係
のない人でも利用可能です。

 

 

単位JA−JA都道府県連合会・JA中央会ーJA全国連・
JA全中の3段階で組織が構成 されています。
この3段階の組織全体をJAグループと呼んでいます。

 

ローンなどを希望する場合、出資金を
出して利用するのが一般的です。

 

それでは協同組合についてですが
一般消費者・中小商工業者・小生産者が
その経済的立場や活動・事業の
改善のため、協同の出資により
営む相互扶助を原則とする
団体を指します。

 

今日農家は減少を続け、五分の一の
制限以上の員外利用が横行しており、
農協は事業のため農家以外の組合員を
増やそうとしており、農協は農家の
ための組織というよりかは、
もはや連合会のための組織となっています。

 

その際に、「協」を図案化した円形の
「農協マーク」が制定された(地方の古い
農業倉庫などに「農協マーク」が
残っている場合がある)。

 

すなわちJAは協同組合と
呼ばれる組織でとくに農業分野に
おいて始まったが所以で
農業協同組合=JAと称されます。

 

ということは協同組合とは
いったいなんぞや?
の疑問が浮かんでくるでしょう。

 

1992年4月から「農協マーク」に代わり、
「JA」の名称や「JAマーク」を使い始める。

 

日本人のかけがえのない主食である「お米」。
その需要と供給の安定をはかるために、
需要に見合った計画生産の推進や、
取引先等の需要を踏まえた安定的取引の拡大に、
JAグループ一体となって取り組んでいます。

 

消費者に安全・安心なお米が届けられるよう、
栽培履歴の記帳等が確認されている
「JA米」の取り扱いの拡大に取り組んでいます。

 

JA(農協)は、人々が連帯し、
助け合うことを意味する
「相互扶助(そうごふじょ)」の
精神のもとに、組合員農家の
農業経営と生活を守り、
よりよい地域社会を築くことを
目的としてつくられた協同組合です。

 

農協とは、正式には「農業協同組合」と呼ばれるように、
農業に従事する人たちの 協同組合です。

 

JAは日本の農業協同組合(農協)の英語
「Japan Agricultural Co-operatives」の
頭文字をとったものです。

 

Aの組合員である農業者は、消費者でも あり、
日常的な生活物資の提供も行っています。
また貯金・貸出などの信用事業や (JA信連)、
生命・建物・自動車などの共済事業(JA共済)、
高齢者福祉、健康管理、 旅行(農協観光)など
広い事業を展開しています。

 

その他経済事業=車の販売や、お墓のあっせん、
葬祭センターの運営、倉庫事業、
老人福祉事業など幅広い経済事業を行っています。

 

 

また、流通コストの削減や、
安全で高品質な国産米を海外へ輸出する事業にも力を入れています。

 

農家の集まり?
農業の専門会社?
それとも町のどこにでもある
役場みたいな公共機関?

 

水田機能をフル活用できる「飼料用米」の生産・供給、米粉パンをはじめとする
新しい米加工品の取り扱いにも取り組んでいます。

 

1992年4月から
CI活動のひとつとして、JAマークを
農協の愛称として統一しました。
JAは、組合員の参加と結集を基本に事業・活動を
行う組織です。

 

具体的には、農業生産に必要な肥料や農薬などの
資材を共同で購入したり、米やトマトなどの
農産物を共同で販売したりしています。J

 

加工利用事業=野菜果物加工
センターなどを運営します。

 

不動産あっせん事業=組合員が農業を
やめ宅地とした時に、それをあっせんします。

 

みなさんJAと聞くとどんな
イメージを思い浮かべますか?

 

どれもが一見正しいように
思いますが実は全部違います。

 

 

 

指導事業=農作物の栽培の指導を行います。
だいたい、こんなものでしょうか
おもしろいところでは、幼稚園、食堂、コンビニ、
電気店、郵便局、市民農園なんか
も聞いたことがあります。

 

また、国産米100%「パールライス」の販売推進など、
「米」の消費拡大も促進しています。

JA・農協・JAバンク・JA共済とは関連エントリー

農協について
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。
JAとは
JAとは
JAの特色
JAの特色
農協の人気は
農協の人気は
JA共済とは
JA・農協・JAバンク・JA共済にかんする様々な知識を集めてみました。
農協の知識
農協の知識
JAについての話
JAについての話
JAバンクについて
JAバンクについて
農協について2
農協について2
JAの特色2
JAの特色2